あなたの番です 2話 ネタバレ。 扉の向こう【あなたの番です】102号室児島夫婦編ネタバレ感想!佳世の秘密が明らかに!|ちむちむライフ.com

第12話 あらすじ|あなたの番です

あなたの番です 2話 ネタバレ

次々と人が殺されていく怖さに怯えながらも、一度観るとハマってしまうと話題の ドラマ『あなたの番です』は11話から第2章反撃編がスタート!! 第一章が菜奈の死という衝撃のラストで幕を下ろし、翔太の復讐のスイッチがON。 翔太は一体どうやって犯人にたどり着き、復讐するのでしょうか。 前回特別、編と題して二人の出会いからこれまでが描かれたことで、ますます二人に愛着が湧き、感情移入しやすくなってしまいました。 あんなに好き合った二人がどうして死という最悪の結末を迎えてしまったのか、残された翔太がかわいそうで仕方ありません。 それでは、翔太の様子が気になる「あなたの番です」第11話のあらすじ、ネタバレ、見どころ、感想などをお届けしたいと思います。 一方翔太(田中圭)は、犯人が撮影したとみられる動画のことを警察に連絡します。 警察が訪れ、投稿者を特定しようと試みますが、特定には至りませんでした。 頼りない彼らに対し翔太は苛立ちをあらわにし、水城(皆川猿時)につかみかかります。 その後、住民会に出かける幹葉(奈緒)に出くわし、出席することにした翔太。 西村(和田聰宏)が立候補で新会長に決定します。 その時、管理人の蓬田(前原滉)に、半ば無理やり連れてこられたのは、304号室に引っ越してきたばかりの二階堂(横浜流星)でした。 大学院で人工知能を研究していると言う彼は、AIが昨今凶悪事件の捜査にも導入されつつあると話し、住人たちを困惑させます。 しかし、誰が菜奈を殺したのか突き止めたい翔太は304号室を訪ねるのでした。 あなたの番です 11話 ネタバレ 戻らない時間 葬儀を終えた翔太は何をする気にもなれず、抜け殻のように菜奈の面影を探していました。 日記を読んで、彼女の思いを知り、会いたさを抑えきれない翔太。 そして犯人からの挑戦状のような、菜奈の最後を映したとみられる映像を目の当たりにし、復讐を決意します。 早苗が逮捕され、山際の殺害に関しても怪しまれますが、神谷(浅香航大)と水城の取り調べに、早苗も監禁容疑で逮捕となった正志も黙秘。 藤井(片桐仁)は、早苗の供述によって自分の罪がバレるのではと恐れていました。 あの日、脅迫に耐えかねてタナカマサオを殺すしかないと店に忍び込んだものの、実行することをためらっていた藤井。 その時目に入ったのはタバコとライターでした。 藤井はガスホースを切ってその場を立ち去っていたのです。 その後タナカマサオはガス爆発により死亡しました。 苛立つ翔太 翔太が映像のことを警察に知らせ、神谷と水城がサイバー班と共に訪れました。 投稿者を特定しようと試みますが、動画はすでに消されている上、海外のサーバーをいくつも経由していることから特定には至りませんでした。 翔太は、捜査が進展せず頼りない警察に苛立ち、思わず水城につかみかかります。 そして、解剖の結果、菜奈が亡くなったのは注射で塩化カリウム製剤を入れられ、心不全を起こしたからだとわかりました。 その後、幹葉と廊下で鉢合わせた翔太。 彼女の今日のプレゼントは、ボトルに入った自分の涙でした。 困惑する翔太でしたが、住民会に行くところだと聞き、参加することに。 西村の立候補で新会長が決定します。 管理人が亡くなった夜、西村が管理人室から出てきたことが翔太の脳裏をよぎり、事件のことを今後口にしないという彼の提案に、「まだ何も解決してないのに!」と声を荒げます。 新たな出会い その時、管理人の蓬田に無理矢理連れてこられたのは、304号室に引っ越してきたばかりの二階堂でした。 彼は、人工知能を大学院で研究しているようで、AIはすでに凶悪犯罪の捜査に利用され始めていると話します。 殺人マンションにわざわざ来たことに疑問を抱く住人たちでしたが、大学から近いことや、家賃が格安だったことでここを選んだようでした。 住民会のあと、欠席していたシンイーを訪ねた西村は、何か話していました。 その頃、近くの公園で総一(荒木飛羽)を見かけた黒島(西野七瀬)は、彼に話しかけ、友達になってあげると告げました。 そこへ、施設から戻ってきてから共に生活している叔母のサンダーソン正子(池津祥子)がやってきて、二人はどういう関係なのかと聞くのでした。 AI技術の導入 一方翔太は、マンションの住民を書き出し、菜奈を殺したのは誰なのか考えていました。 冷蔵庫に菜奈が買っておいた食材が残っていることに気づき、彼女の残したものだから取っておきたいけれど、腐らせるわけにはいかないと、鍋を作り始めます。 その鍋を持ってなぜか304号室へ。 研究のために食生活は偏っているだろうと考え、一緒に食べようと言うのです。 しかしそれは口実で、二階堂に、菜奈が殺されたこと、交換殺人ゲームのことを明かし、協力を頼むことが本当の目的でした。 他人の手料理が苦手だと食事は拒否したものの、事件の話は「おもしろい」「興奮してきた」などと冷酷そうな表現で興味を示す二階堂。 翔太は、黒島宅の事件に関するボードの情報を二階堂に見せます。 分析には一つでも多くの情報が必要となり、二階堂はその全てをパソコンに入力しました。 その後、翔太は23時という遅い時間にも関わらず、情報を得るため他の部屋を回ろうと二階堂を連れ出します。 二階堂のプロファイリング 石崎洋子は、この時間に訪ねて来ることが非常識だとわかっている、常識のある人。 そして、玄関先に家族分の雨具が用意されていたので、計画性がある。 シンイーは、彼氏と靴下がお揃いだったことから、人生において恋愛のプライオリティーが高いことがわかり、立ち上がった時に大体の身長も判断できました。 幹葉のネームプレートを裏返すと、いくつもの目が描かれていて、絵がうまいことがわかります。 藤井については、臆病で短気。 猜疑心が強い。 飾られた女性の肖像画の写真を撮り、異性に対する奇妙な執着?などと入力。 翔太に関してわかった情報は、常識がないこと。 その時204号室のドアが開き、西村とあいり(大友花恋)、遼(中尾暢樹)が出てきたので、接点が気になるところですが、住民会に不参加の人は後にすることになり、時刻は深夜の1時を回っていました。 常識など頭の片隅にもない様子の翔太は、黒島に関することを聞いていなかったと彼女に電話し、304号室に来てもらいます。 二階堂は彼女の情報を含め、徹夜でデータをまとめました。 ソファで目を覚ました黒島。 他人の匂いが嫌いな二階堂が用意していた消臭スプレーを、イラッとしながら黒島が自分が寝ていた場所にスプレーしようとした時、朝食を持った翔太がシンイーと入って来ました。 該当する部屋がどこかまではわからないようですが、3階だと言います。 それは菜奈が亡くなる前。 302号室の鍵かと蓬田に聞くと、自分が預かっているのは賃貸の部屋だけだと、全てのスペアキーを見せます。 渡したのは二階堂が来る前の304号室の鍵だと言う蓬田。 翔太は、401号室のスペアキーを奪って木下の部屋へ。 木下はいませんでしたが、マンションでの殺人に関する記事や写真で壁一面埋め尽くされ、それを目にした一同は言葉を失います。 さらに凶器に関する資料や、死体の処理など殺人に関する本や道具が部屋中に置かれ、カーテンで隠された棚にはマンションの住人たちのゴミから採取したさまざまなものが瓶に分けて保存されていました。 あまりの異様な光景に後ずさりした黒島がオーディオのスイッチにぶつかり、突然大音量で音楽が流れます。 それは「ジュリアに傷心」。 赤池夫妻の殺害時に流れていたものだったのです。 するとそこへ、木下が現れます。 彼女は不気味な笑みを浮かべ、「このタイミングで私までたどり着いちゃいますか」と意味深なことを言うのでした。 あなたの番です 11話 見どころ 第二章のスタートということで、これまで菜奈に甘えるまっすぐで無邪気な犬ころキャラだった翔太が、愛する菜奈を理不尽に奪われたことで復讐に向かうことになります。 憎しみに心を支配された彼の変貌ぶりが今回の大きな見どころとなります。 そして、これだけ立て続けに殺人事件が起こり、世間から怖れられているマンションに新たにやって来た住人。 わざわざ殺人マンションに引っ越してきた彼の目的はなんなのか。 翔太とどのように関わっていくのかも注目すべきところです。 さらに今回は翔太の後先も他人の都合も何も考えない必死の捜査により、疑わしき人物にたどり着くことになります。 まるで交換殺人ゲームで次々人が死んで行くのを楽しんでいたかのような光景は鳥肌が立ちます。 高校卒業後、美容師を目指して上京した和田さんは、専門学校を経て渋谷の美容室に入店。 その傍ら2000年、映画「BULLET BALLET」のオーディションに合格し、俳優デビュー。 2004年、フジテレビ系月9ドラマ「東京湾景」で、連ドラ初出演にして仲間由紀恵さんの恋人役に抜擢され、注目を集めます。 デビュー後、本名の和田 聡宏 わだ としひろ という名前で活動されていましたが、2005年に和田 聡宏 わだ そうこう と改名しました。 その後もたくさんの作品に出演されている人気俳優さんですが、まだ知名度は低い気がします。 見たことはあるけど名前は知らないという人が多いのではないでしょうか。 大人でおしゃれで存在感もある俳優さんで、今回の西村役もクールな印象があったのですが、第二章が始まった途端に住民会会長に立候補し、やたらと住人たちとの関わりも目に入りました。 西村の人となりが見えてくるのはこれからのようですね。 管理人が残したお詫びの品がなんだったのかも気になります。 あなたの番です 11話感想 ついに翔太の反撃が始まりましたが、始まった途端にすごい進展でびっくりしています。 302号室のマスターキーはないと言われたのに、ためらうことなく401号室に侵入した翔太。 菜奈を殺した犯人を探すということで、周りに構っていられないのかもしれないけど、翔太の非常識で自己中心的な行動にはドン引きでした。 西村が怪しげに描かれていましたが、意外にお友達が多い人なのかもしれませんね。 あの日管理人室から出て来たのも、管理人さんと接点があったからなんでしょうか。 犯人なら鍵をジャラジャラ回しながら出てくるなんて目立つことしないでしょうし、管理人さんからのお詫びの品は麻雀用のシートか何かで、あいりや遼は麻雀仲間って可能性もあります。 木下はジャーナリストか置いてあった本を書いている人ってとこでしょうか。 自分にたどり着くのが早いというあの言い方だと、木下が黒幕である可能性は低いと思います。 しかしあまりにも怪しい人たちばかりですよね。 まとめ これまでほぼ毎回誰かが死ぬというスピード感ありすぎのドラマでしたが、第二章からは翔太の反撃が始まりました。 ここからはこれまでの無数の伏線の回収や、怪しげな住人の謎を明かしていくことになりそうですね。 そして二階堂という心強いパートナーと出会えた翔太。 今はまだあまり人間味が感じられない二階堂が、ここからどう変わっていくのかも楽しみなところです。 ドラマ『あなたの番です』は動画配信サービス Huluで 第1話から全話の動画をフルで配信中!! 今なら初めて利用される方は 2週間無料お試しトライアルで完全無料視聴ができる! 期間内に解約すればお金は一切かかりません!!.

次の

あなたの番です ネタバレあらすじ第19話とキャストや相関図

あなたの番です 2話 ネタバレ

海外で活躍したいという希望をもって、入社した、赤池さん。 それなのに、配属されたのは 国内のパセリ関連の部署でした。 それでも、入社してから30年間、パセリ一筋にがんばってきた吾郎さん。 吾郎さんにとって、かけがえのないものとなっているのは、自宅にある、たくさんのパセリたち。 毎日、水やりをしながらパセリとお話するのが、日課になっています。 ところが最近、大事なパセリたちがどうも元気がない・・・。 その時、奥様の美里さんと姑の幸子さんが外出から戻ってきました。 幸子さんは吾郎に、愚痴をこぼします。 「美里さんが買ってくれた飲み物、炭酸飲料だったの。 炭酸飲料は骨を溶かすのに。 」 「美里さんは私のこと、骨も残したくないのね。 」 「美里さんは炭酸飲料だったのを知ってて、買ってくるんだから。 」 幸子さんは不機嫌になり、部屋へ閉じこもってしまいます。 吾郎が「おふくろは炭酸嫌いなんだよ。 だから今度から気をつけてあげて。 」と美里さんに伝えます。 すると「私のせいですか・・・?至らなくてすみません・・・。 」と、美里さんは泣きながら部屋に閉じこもってしまいます。 専業主婦の美里さん。 幸子さんの介護を、つきっきりでやってくれてます。 それなのに幸子さんは、いつも自分がいじめられているように演じている。 その事に、気付かない吾郎さん。 赤池家では、食事は毎日薄味にしています。 幸子さんの身体を考えて、美里さんが用意してくれてるんです。 「たまには揚げ物が食べたいなぁ。 揚げ物!!」 嫌味を言いながら、食事中にワザと箸を落とします。 そして美里さんに箸を拾わせて、頭の上からワザとお茶をこぼします。 「最近足だけじゃなくて、手も弱ってきたのよねえ・・・。 」 美里さん、我慢は限界に来ている様子・・・。 そんな美里さんを見て、吾郎さんは、PCで嫁姑問題について検索します。 すると、検索で出てきた言葉は・・・ 「嫁 姑 仲良し 無理」 「嫁 姑 仲良し 幻想」 「嫁 姑 仲良し 不可能」 絶望的な気分になる中、1つのブログが目に止まります。 吾郎さんは、気になって覗くと、黒地に赤文字で書かれたホラー要素なタイトルが・・・。 そんなある日、家にゴキブリが出てきました。 ゴキブリが大嫌いな幸子さん。 ここぞとばかりに、美里さんが掃除をちゃんとしないからだと責め立てます。 美里さんは、ゴキブリにオロオロする幸子さんを見て嬉しくなります。 そして吾郎さんは、ある夜、リビングから聞こえてくるカタカタという物音に、目を覚まします。 様子を見に行くと、美里さんがパソコンを高速タイピングしています。 美里は吾郎が来たことに気がつくと、すぐさまパソコンを閉じる。 「母さんの介護、辛くないか?ストレスとか溜まってない?」 「大丈夫です。 」 「おふくろ、最近は嫌味っぽいことばかり言うようになったなあ・・。 」 「こっちもピリピリしてて耐えられないよ。 デイサービスとか・・・」 老人ホームに入れようと言おうとしたところで、吾郎さんは背後に視線を感じます。 なんと、幸子さんが話を聞いていたんです。 「あー夜風にでも当たりたい。 」 「美里さんお願い!」 ピリピリムードのまま、散歩にでかけた2人。 吾郎さんは、パソコンを開きます。 驚く、吾郎さん。 恐る恐る記事をクリックします。 「味が薄い? 揚げ物が食べたい? 高血圧のお前に合わせてやってるのはこっちだ!」 「姑、ゴキブリが嫌いとの情報入手! すぐにゴキブリぽいぽいを買ってこなくっちや ゴキブリさん、ここですよ~!」 美里さんは幸子さんが寝ているベッドの下に、大量のゴキブリぽいぽいを 仕込んでいたのです。 他の投稿画面にも、驚く内容が・・・。 「旦那はいつも姑の味方をする! だから、旦那の観葉植物の水に酢を混ぜてやった! お前は自らの手で愛する仲間をゆっくり枯らすのだ。 」 衝撃の連続に、言葉を失う吾郎さん。 するとそこへ美里さんと幸子さんが帰ってきました。 吾郎さんは、急いでパソコンを閉じます。 吾郎さんの様子がおかしいことに気付く、美里さん。 「パソコン、使いました?」 「・・・使ってません。 」 (うちは、うまくいってるほうなんだ・・・。 ) 吾郎さんは現実が受け止められないのでした。 スポンサーリンク あなたの番です扉の向こうネタバレおわりに・・・ 今回の502号室の住民たち・・・。 嫁姑問題はどこも深刻ですよね~。 こんな人の介護は大変だろうなあ、と思わされることばかりでした。 私がもし、美里さんの立場になっていたら、ブログを書く以前に、家を出ていってるでしょう(^^;) なぜなら、旦那さんの吾郎さん、奥さんが24時間中つきっきりで介護してるのに、どことなくお母さんの味方っぽいです。 一番味方になってほしい旦那さんがカバーしてくれないのは、辛いですよね。 でも、美里さんはやられっぱなしではなく、ちゃんとやり返してましたね。 でも、美里さんがパセリの専用水に酢を混ぜていたとは、かなりコワいですが・・・。 旦那さんが、おかしいなあ・・ぐらいにしか思ってないのもダメですね。 まああれでは、美里さんに嫌がらせされても仕方ないのかも・・・。 赤池家は、とっくに崩壊してるような感じがします。 美里さんが「この世から消したいと思っている人物」は 確実に姑の幸子さんでしょう! 定例住民会には美里さんも参加していて、恐らく姑さんの名前を書いてるはず・・。 誰かが「赤池幸子」と書かれた紙を持っていると思います。 赤池幸子さんは、施設に入ることになりましたが、反撃編がスタートして以来、事件のことを聞かれると、異常に反応して取り乱す場面が出てきます。 事件が起きた時、何かとんでもない人を見てしまったのではないかと思います。 その後「あなたの番です・反撃編」15話では、事件の真相を独自に探ろうとして、翔太が赤池幸子さんの施設を訪ねる場面があります。 この時、幸子は翔太に「飲み物を買ってきて。 貸しを作りたくないから、これで。 」と、自分の財布を渡しています。 翔太が買おうとして財布をあけると、何と「児嶋佳世」と書かれた紙が出てきました! 赤池幸子は、絶対発狂してるフリをしてると思います。 「児嶋佳世」の紙は、幸子が書いたのか? それとも美里さん?? 何か分かることがあれば、ここに追記していきます^^ 今回の赤池さんの話は、4話以降のストーリーに関わってくる話です。 7月28日に14話が放送され、放送終了後に配信されている「扉の向こう」は、赤池おばあちゃんと、親しかった404号室・江藤祐樹の回でした。 ネット上では、赤池さんが見たのは、江藤じゃないか??なんて声もあがっています。 一方16話の予告動画では、赤池家の事件に、神谷刑事(浅香航大さん)が関わっているとのエピソードも出ています。

次の

【第13話】ドラマ『あなたの番です』視聴率とネタバレ。横浜流星の格闘シーンで視聴者興奮!

あなたの番です 2話 ネタバレ

『あなたの番です』13話のあらすじネタバレ 毒物(塩化カリウム製剤)を注射され、心停止(高カリウム血症)で死に至った妻の菜奈(原田知世)の復讐に燃える手塚翔太(田中圭)。 塩化カリウム製剤は一般人には入手困難ですから、医療関係者が怪しいということになります。 しかも、菜奈の最後の発信履歴が藤井淳史(片桐仁)が勤務する大学病院のナースステーション。 菜奈の携帯は発見されていませんが、発信履歴として、それが確認されています。 そうなると、俄かに、看護師の桜木るり(筧美和子)が怪しくなっています。 翔太が後先考えずに証拠集めに突っ走り、それで、不法侵入も構わずに藤井の部屋を急襲。 そこで、菜奈の死に関係ありそうな大量の薬物を発見。 が、その時、袴田吉彦(当人)殺しで指名手配中の2人の外国人容疑者によって翔太は拘束されます。 もともとシンイー(金澤美穂)の部屋に匿われていた容疑者でしたが、黒島沙和(西野七瀬)の部屋のホワイトボードを翔太の部屋に移動する際、この容疑者2人は、翔太、沙和、二階堂忍(横浜流星)に見られていますので、シンイーとしては、容疑者を匿う場所の提供を藤井に要求していたものと思われます。 藤井は、シンイー、イクバル(バルビー)、クオン(井阪郁巳)との秘密の取引きにより、容疑者を引き取ることになった。 ところが、そこに突然、翔太が飛び込んで来たことになります。 翔太は、袴田殺しの容疑者と鉢合わせになってしまったことになります。 前話でのラストで翔太は、容疑者によって、どこかに拉致されようとしていましたが、それを二階堂が阻止します。 翔太を拘束した容疑者がエレベーターに乗ろうとするところで二階堂が現れ、容疑者の2人を倒します。 袋を被せられていた翔太は、眼の前にいる管理人の蓬田蓮太郎(前原滉)が助けてくれたものと勘違いします。 管理人は騒ぎを聞き付け、木下あかね(山田真歩)の部屋から着衣を乱して出て来ていました。 続いて、服装を整えて現れた木下が、スマホで現場を撮影します。 二階堂がスマホで警察に通報します。 警察の手が回る前に逃亡を図ります。 翔太を襲った2人は略取誘拐で警察に拘束され、そして、袴田殺しについての取り調べを受けることになります。 だから殺した」の一点張りです。 外人2人が薬を引き取りに来たので、渡す手筈だったと言い逃れます。 翔太が、これまで個々の住民の思惑によって警察には伏せていた「交換殺人ゲーム」のことを警察にハッキリと伝えます。 ブータン料理店主のドルジこと、田中政雄(名倉右喬)殺しの容疑をかけられている藤井は、神谷将人(浅香航大)と水城洋司(皆川猿時)の取り調べを受けます。 全てを自白しようとしたところで、新情報がもたらされます。 ブータン料理店が爆発した時間、藤井は夜間診療の当番医で、緊急搬送された患者の手当てをしていたというアリバイがもたらされます。 新しく502号室に入居した南雅和(田中哲司)の部屋を訪ねる翔太と二階堂。 臨時住民会でも、何かと不審な言動が多かった南。 お礼を言いたいので、家主・赤池幸子(大方斐紗子)の居場所(看護施設)を教えて欲しいと翔太に言う南。 翔太は知らないと答えます。 一方、警察病院では、突如、意識不明だった久住が覚醒して上体を起こします。 大きく目を見開き「佐野~」と叫びます。 佐野豪(安藤政信)のことなのでしょうか。 勾留されている袴田殺しの外人容疑者が、袴田を襲った直後のことを思い起こしています。 3人目の黒装束の人物が覆面を脱ぎますと、桜木るりの顔が現れます。 金属バットを持って、袴田の撲殺に関わった3人目の人物は、看護師の桜木るりなのでした。 スポンサーリンク 『あなたの番です』13話のネタバレ感想 このドラマでは登場人物全員が怪しいです。 マトモな人は、1人もいません。 主人公のひとりの菜奈は「黒幕」かと疑われたまま死んでしまうし、刑事も怪しいどころか、実際に犯罪に手を染めています。 この人だけは絶対に大丈夫だから、この人の言ったこと、見たことは真実として、それを前提に「真犯人」とか、「黒幕」を探し当てようという推理が成立しません。 例えば、映像として出現していたとか、あるいは、当人がそう言っていたから、それは真実だろうという判断も揺れ動きます。 そういうのは、個々が感じ取った「現象」に過ぎないのかも知れないという作りになっているように思われます。 当人にとって、そう見えた、そう聞こえた、そう言っていたということで、必ずしも、客観的事実とは限りません。 秋元康さんは、そういう全く新しいミステリーを構築しようとしている気がします。 今のところ、全員が真犯人、黒幕に見えるよう作られています。 サイト上の推理、考察によっては、いくらでもその裏をかく変更が可能なのでしょうね。 桜木るりは菜奈の娘?袴田殺害の動機は? 考察、を通り越して妄想を。 桜木るり、久住(役、袴田吉彦)の元婚約者なんじゃないかなってね…。 フールー?だっけ、無料視聴した時に、婚約者さん久住の顔理由で不安なって結婚してなかったし。 袴田吉彦の顔が嫌いなのかなって。 翔太くんに近づいてくるのも怪しいし。 さて、中でも注目されたのが看護師・桜木るり。 彼女はなぜ、わざわざ袴田吉彦殺しに加わったのでしょうか? 動機や今噂されていることについて考察してみました。 桜木るりが袴田殺しに加わった理由は… 1. 袴田吉彦の顔が嫌い!なぜなら元不倫相手で捨てられたから 2. 考察されている通り、プロの殺し屋でイクバルに雇われた というのが有力かなと考えます。 2番目はネットでつぶやかれている考察です。 ギャグのようですが、ジムで翔太に「ある意味肉体労働なんで」といい、通常3セットが限界のマシントレーニングを12セットもやれたことを考えると、まんざらでもないかな?と思えてきます(まあないとは思いますが…)。 わたし的には、袴田さんということで、元不倫相手というリアルでのあの件の続きを匂わせていると予想しています。 また、桜木が藤井の田中殺しを庇う理由は… 1. 藤井のことが実は好き(ツンデレ) 2. 藤井を手駒にして利用しようとしている というのが有力な説ですが、わたしは手駒にして利用しようとしていると予想します。 というのも、桜木は袴田殺し以外にも、交換殺人ゲームに関わっていそうだからです。 桜木はジムで翔太を指名して近づいているし、菜奈の最後の発信履歴が桜木が勤務する大学病院のナースステーションでした。 そして、桜木るりは菜奈ちゃんの隠し子かもしれないのです。 なぜなら、扉の向こうで桜木るりが母親にネックレスを渡すと発言した後、菜々のネックレスが変わっていたのです。 つまり、母の死に対して、桜木は翔太を怪しんでいる(マークして情報を得る)ために、ジムに通い翔太を指名したと考えることができます。 何にせよ、浮田・赤池夫妻・菜奈ちゃん殺しをした真犯人としては、素性のネタバレが早すぎるので、桜木は黒幕ではないでしょう。 『あなたの番です』14話のあらすじ 公式サイトが発表している『あなたの番です』14話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 翔太(田中圭)のもとに、久住(袴田吉彦)が目覚めたという連絡が入る。 急いで病室に向かうが、久住の様子は以前と変わっていた…。 取調べで自供を始める早苗(木村多江)。 しかし、供述には矛盾があり必死で誰かをかばっているようだ。 早苗は、問い詰められるたび様子がおかしくなっていく。 二階堂(横浜流星)のAI分析では、美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)、浮田(田中要次)、菜奈(原田知世)を殺害したのは同一人物で、快楽殺人者の可能性が高いという結果が出る。 その犯人の可能性が高い人物として、意外な名前が挙げられる。 神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)は、交換殺人ゲームについて澄香(真飛聖)に話を聞きに行くと、そら(田中レイ)が総一(荒木飛羽)と遊んでいた。 総一の姿を見た神谷は、榎本夫妻に協力していたことをバラされるのではと動揺する。 ntv.

次の