カラカス 治安。 世界一危険な国ランキング|訪れてはいけない危ない国とは一体どこなのか?

ベネズエラの治安は最悪?やばい?カラカスなどの旅行の危険度や注意点も紹介

カラカス 治安

世界一危険な16ヵ国をランキング形式で確認していこう! 世界一危険な国1:ブルンジ 広大なアフリカ大陸の中央から下寄りの東に位置するブルンジは、ルワンダ、コンゴ民主共和国、タンザニアに囲まれた内陸国で、2015年8月ンクルンジザ大統領の三期目の就任に伴って紛争状態に陥いり、それ以来政情は不安定。 国内の至る所で武力衝突が起こっており、特にブルンジの首都であるブジュンブラは危険。 ブジュンブラでは、政府要人や軍要人を標的にした暗殺事件が頻発しているだけでなく、反政府勢力と治安部隊の武力衝突や、銀行や外貨両替所を襲撃する武装強盗も日常的に起こっています。 万が一にもブルンジを訪れることがある場合、国内での移動は最小限にし、大きな集会には近づかないようにするが鉄則。 常に警戒を怠らないように注意が必要です。 世界一危険な国2:中央アフリカ共和国 名前の通り、アフリカ大陸のど真ん中にあるのが中央アフリカ共和国。 首都バンギを始め、国内全域において情勢は緊張状態にあるため、数ブロックごとに武装したパトロール隊が配備されているような状況にも関わらず、国内の至る所で武力衝突、報復殺人、略奪、人権侵害などの事件が絶えません。 2015年1月以来、政府の要人、人道主義者、国連職員を標的にした誘拐が多発しています。 また近年は、異民族間の紛争も繰り返されており、特にバンギやバンバリ (中央アフリカの都市の一つ)で頻発していると言われます。 世界一危険な国3:チャド 中央アフリカの上に位置して隣接するチャドも、他のアフリカの内陸国と同様に、多くの国民が貧困に喘ぎ、テロや誘拐が頻発している世界一危険な国の一つ。 また、ナイジェリア北部を中心に活動するイスラム教スンニ派の過激テロ組織「ボコ・ハラム」との局地戦にチャドは参加したため、テロによる報復攻撃を受ける可能性も高いと言えます。 過去にはチャドの首都ヌジャメナにて、大規模な無差別自爆テロが起きました。 世界一危険な国4:コンゴ民主共和国 中央アフリカの下に位置する中部アフリカの国「コンゴ民主共和国」も、世界一危険な国の一つです。 特に、国内東部の治安情勢が不安定で、武装勢力の存在、その武装勢力に対抗するための軍事作戦、コミュニティ間の紛争、隣国からの難民の流入など、様々な要素が入り混じりながら、政治情勢、治安情勢、人道的状況を悪化させ続けています。 また、国内では日常的に誘拐事件が起こっており、国際NGOや国連の職員も標的になっています。 世界一危険な国5:ブルキナファソ ブルキナファソは、アフリカ大陸の西側に位置する内陸国で、一人あたりの名目GDPは年間1000ドルにも満たない貧困国家。 テロの危険度が高く、外国人が訪れる場所でも無差別テロが起こる危険性があります。 また、テロ組織はホテル、カフェ、レストランへの攻撃を続けているだけでなく、マリとの国境や、ニジェールと接する北部の国境を越え、ブルキナファソに侵入して誘拐事件を起こす恐れもあり、滞在するには非常に危険な国になってしまっています。 世界一危険な国6:アフガニスタン 中東・中央アジアに位置するアフガニスタンは、世界で最も危ない国だと耳にしたことがある人は多いはず。 外国人が利用するホテルや宿泊施設、アフガニスタン政府施設が日常的に危険にさらされており、テロの危険性は高く、加えてテロの手口は進化そして巧妙化してきています。 また、アフガニスタン全域にわたって誘拐が多発しています。 国内全域は陸路で移動できますが、特に首都カブール郊外は極めて危険とされています。 世界的に見ても非常に美しい国土を持っているため、とてももったいない状況に陥っている国です。 世界一危険な国7:イラク 中東・西アジアの国家であるイラクは、国内全域に渡って治安が不安定で、また、急速に悪化する恐れも考えられる世界一危険な国の一つ。 少し前まではイスラム過激組織ISILが一部地域を実行支配していた過去があり、2017年12月9日にISILからイラク全土が解放されたと発表されましたが、未だにISILの分子グループが潜伏してテロを引き起こしているため、現在でも危ない国のままです。 世界一危険な国8:リビア 東のエジプトと西のアルジェリアに挟まれた北アフリカのリビアも、世界で最も危険な国の一つ。 イラクと同様に、イスラム過激派組織ISILからの解放を宣言した後も、未だに国内各地に潜伏している分子組織によってテロが散発しており、地域によっては激しい戦闘に発展する恐れが懸念されています。 政府は政治情勢、治安情勢の回復と安定化に努めているものの、その実現には程遠い状況で、また、テロ組織などによって、外国人を標的にした誘拐事件が起こる危険性も高く、非常に危ない状況だとされています。 世界一危険な国9:マリ アルジェリアの下に位置し、東はニジェール、西はモーリタニアとセネガルに隣接する西アフリカの内陸国マリは、国内全域でテロの脅威が高まっている国。 中でもマリ北部は極めて危険であるとされ、国土のちょうど中央辺りに位置するモプティ州の首都であるモプティの北部は特に、無差別テロや誘拐の危険性が高いと考えられています。 世界一危険な国10:モーリタニア アフリカ大陸の西に位置するモーリタニアは、国土の西が大西洋に面する国で、東を世界一危険な国の一つマリに隣接しています。 モーリタニアは国全体というより、一部地域が非常に危険な状態に陥っているのが特徴。 その一部地域とは東のマリに隣接する国境地帯です。 この地帯では武力勢力が無差別テロを引き起こす可能性があり、でも、危険度最高レベルの4とされています。 一方、その他の地域は比較的危険レベルは下がるものの、それでもテロの可能性があり、不要な渡航は止めるように勧告が出ています。 世界一危険な国11:ニジェール 西アフリカの中でも中央寄りに位置する内陸国ニジェールは、一人当たりの名目GDPが年間500ドルにも満たない世界最貧国の一つで、同時に世界一危険な国の一つ。 国内全域が危険で、いつテロや誘拐が起きてもおかしくない状況だとされています。 また、非常に危険な国としてこのランキングに含まれるチャド、リビア、マリ、ブルキナファソなどとも隣接しているため、国境地帯は特に危険だと考えられます。 加えて、南にはナイジェリアが隣接していますが、イスラム過激派テロ組織のボコ・ハラムはナイジェリア北部を拠点としているため、ニジェールとの国境を越境してテロ活動を行う可能性もあります。 世界一危険な国12:シリア 北を、東をイラクに接するシリアの国内は、イスラム過激派組織ISILの勢力が衰えたとは言え、未だに分子勢力のテロ活動が続き、情勢は非常に不安定で危険。 また、ロシアの支援を受けたアサド政権が、反体制派の地域を奪還するために大規模な作戦を続けているため、それに対するテロ活動も起こっています。 このような状況から、シリア全域が非常に危険な状況に陥っており、現在のところ、世界で一番危険な国に数えられるほどにまで悪化してしまっています。 世界一危険な国13:イエメン アラブア半島の南端に位置し、北を中東の大国サウジアラビアに隣接するイエメンは、国内全域が非常に緊張した状況になっており、治安も悪いまま。 地域によってはどの勢力の支配下にあるのかが不明瞭で、このことが一層不安定さを増す原因になっています。 また、イエメン政府と反政府勢力間の激しい無力衝突に加えて、イスラム過激派組織、地元の武装勢力、部族武装組織、犯罪集団などによる、外国人を標的とした誘拐や違法な身柄拘束も発生しているため、現状では世界一危険な国の一つとして数えられます。 世界一危険な国14:ソマリア アフリカ大陸の東側、アフリカの角と呼ばれる一帯を国土に持つソマリアは、東をインド洋に面する国。 この国の首都モガディシュでは日常的にテロの危険があり、その他の地域においても、外国人や国際機関で働く人々を標的としたテロ攻撃の脅威が続いています。 また、陸だけでなく海上も危険とされるのが、その他の世界一危険な国とソマリアとの大きな違い。 ソマリアの領海や周辺海域では、海上テロや海賊行為が多発しており、船舶航行にとっても非常に危険な地域になってしまっています。 世界一危険な国15:南スーダン 東スーダンに位置する内陸国「南スーダン」は、2011年7月9日にスーダン共和国の南部10州が分離独立して出来た非常に若い国家。 特に、かつてエクアトリアと呼ばれた南スーダン南部の地域の治安は、非常に不安定だとされています。 世界一危険な国16:ベネズエラ ベネズエラは南アメリカ北部に位置する国で、1980年代までは経済的に豊かな国であったのが、その後の原油価格の低迷や、政治の腐敗と失策などにより経済は低迷。 ここ最近(2018年の8月)も、急激なハイパーインフレを経験したことで、通貨の単位を5桁切り下げるデノミネーション (デノミ/通貨切り下げ)を実施することになるなど、多くの国民が希望を持てない状況に陥っています。 その結果、この世界一危険な国ランキングに掲載したアフリカや中東諸国とは違い、殺人、強盗、誘拐等の凶悪犯罪の発生率に関して、世界で最も高い国の一つであるのが特徴。 また、コロンビアとの国境地帯には麻薬密売人や不法入国者の武装勢力が存在するため、この地域では思わぬ事件に巻き込まれる危険性も高いと言えるでしょう。 合わせて読みたい世界雑学記事• 例えば、アルジェリア、パキスタン、ハイチ、ナイジェリアなどは危険な国として比較的有名かもしれません。 また、それ以外にも国単位ではないものの、南アフリカのヨハネスブルグ、ブラジルのファベーラ、コロンビアのカリなどは、危険な都市として有名です。 行ってみたら対して危なくなかったなどの感想もありますが、それはあくまでも一個人の意見であり、統計的に見るとこれらの場所での犯罪率や事件に巻き込まれる確率は高いため、万が一にも訪れる必要がある場合は、必ず、出来る限りの安全対策を施すようにしておきましょう。

次の

【ランキング】最悪は中米「治安悪い国トップ4」ベネズエラ/エルサルバドル/メキシコ

カラカス 治安

外務省海外安全ホームページとは、日本の外務省が国や地域の安全情報を公開しているページです。 国や地域ごとの治安情勢から以下のレベル1~レベル4までの危険情報が記載されています。 ・危険度レベル1:十分注意してください。 ・危険度レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 ・危険度レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告) ・危険度レベル4:退避してください。 渡航は止めてください。 (退避勧告) 気をつけなければならないのが、外務省が発信する情報であっても法的な強制力はないということ。 つまり、危険情報が出ていたとしても自動的に旅行会社のツアーなどがなくなることはありません。 海外旅行の際、特に危険な地域に行く場合は、必ず自分で危険情報が出ていないか確認するようにしましょう 朝鮮民主主義人民共和国、通称「北朝鮮」は世界平和度指数では149位、外務省の情報では「目的を問わず渡航は自粛」となっています。 北朝鮮と言えば核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返す国家。 そんな国への渡航自粛は日本独自の対北朝鮮措置にあたるようです。 以前、北朝鮮では観光業に注力している時期があり、その頃は日本から北朝鮮へと向かうツアーなども比較的多く組まれていました。 しかし、北朝鮮国内に日本大使館がないこともあり、当時でも安全だと言える状況ではなかったと予測されます。 北朝鮮国内の治安については不明な部分もあるものの、罪を犯した際の処罰が非常に厳しいことからひったくりやスリなどの発生率は低いようです。 コンゴ民主共和国は中部アフリカにある共和制の国家です。 世界平和度指数では155位、外務省の危険情報では、民兵組織と治安当局との衝突が起きている中部、反政府武装勢力が拡大している東部において危険レベル4とみなされています。 「シェゲ」というストリートチルドレンによるひったくりやスリ、「クルナ」という不良暴力集団による恐喝、強盗、誘拐、強盗殺人なども発生しており、徒歩での移動は避けるよう注意が促されています。 また、このような治安の悪い中では、公共のバスや流しのタクシーなども犯罪に巻き込まれる可能性が高いため、移動の際は公共交通機関は避け、ホテルや旅行会社を通してレンタカーやタクシーを利用するようにしましょう。 南アジアの国家、パキスタンは正式な国家名はパキスタン・イスラム共和国。 アフガニスタン、イランと国境を接しており、世界平和度指数では153位、外務省の危険レベルでは全土がレベル2以上という危険と隣り合わせの国です。 中でもアフガニスタンと接する北側の地域は危険レベル4。 退避を勧告され、渡航も中止を呼びかけられています。 しかし、アフガニスタン国境付近だけでなく、パキスタン全土で外国人を狙ったテロや誘拐事件、参加者が暴徒化するデモなどの危険性が認められます。 パキスタンはラホール市街の街並みやモヘンジョダロなど魅力的な観光地もたくさんある国。 かつては多くの観光客が訪れた国も今では非常に治安の悪い危険な国となっています。 スーダンは北東アフリカに位置する国で、正式な国家名はスーダン共和国。 世界平和度指数では151位、外務省の危険レベルでは全土でレベル3となっています。 2019年4月の軍部によるクーデターで暫定軍事政権がスーダンを統治するようになりましたが、民政移管を求める「自由と変化宣言」署名派というグループが台頭し、二つの勢力がぶつかり合い国内情勢が非常に不安定になっています。 デモなどの抗議行動はスーダン全土に広がっており、暫定軍事政権と「自由と変化宣言」署名派との衝突では大勢の死傷者数が出るなど被害と混乱が拡大しています。 また、2011年の南スーダンとの分離以後、治安の悪化や難民の流入などがさらに激しくなっていることも危険度を底上げしている要因だと考えられます。 中央アフリカ共和国は、通称「中央アフリカ」。 スーダン、南スーダン、コンゴ民主共和国などの治安の悪い国家をはじめとした国々に囲まれた内陸国であり、その名前が示す通りアフリカの中央部にある国家です。 中央アフリカの世界平和度指数では157位、外務省の危険レベルでは全土において危険レベル4となっています。 中央アフリカでは、1960年のフランスからの独立以降、クーデターの多発、経済低迷が問題になっており、現在にいたるまで混乱した状況が続いています。 国内全域において、イスラム系反政府勢力の一部とそれに反発する一部のキリスト教徒などの衝突・襲撃事件が慢性化している状況のため、非常に治安の悪い国だと言えるでしょう。 ソマリアは正式国家名をソマリア連邦共和国といい、東アフリカに位置する国です。 ソマリアが保有する領土は突出したような国土の形から「アフリカの角」と呼ばれることも。 世界平和度指数では158位、外務省の危険レベルでは全土においてレベル4です。 ソマリアでは、1991年のバレ政権崩壊後、なんと20年以上にわたって無政府状態が続いていました。 2012年に統一政府が誕生するも、国内情勢は依然として不安定なままイスラム過激派組織による大規模なテロ行為や誘拐事件などが多発しています。 また、ソマリア沖では海賊による略奪行為などの事案も発生しており、本土の危険と合わせて非常に不安定で危険な情勢だということができるでしょう。 アフガニスタンの正式な国家名はアフガニスタン・イスラム共和国。 南アジアまたは中央アジアにある共和制の国家です。 世界平和度指数ではワースト1位となる163位、外務省における危険レベルでは、当然全土においてレベル4です。 1989年に誕生したタリバン政権が長年支配してきた国ですが、全世界に衝撃を与えた2001年のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者アルカイダを保護したことでアメリカからの報復攻撃を受けて政権が崩壊。 しかし、政権崩壊後もタリバンは反政府武装勢力としてテロ行為や襲撃を繰り返しています。 厳重な警備が敷かれている首都カブールにおいてでさえも、即席爆発装置の爆発や自爆攻撃などのテロ攻撃などが多発。 民間人や外国人にも多く死傷者が出ています。 南スーダン共和国は、北にスーダン、南西にコンゴ民主共和国、西に中央アフリカという治安の悪い国をはじめとした国々と国境を接する内陸の国です。 世界平和度指数では161位、外務省の危険レベルでは首都ジュバ市を除いた全ての地域でレベル4となっています。 1950年代から約半世紀にわたってスーダンからの独立を巡って内戦が続いていた南スーダンでは、独立後にも大統領と当時の大統領の警護隊の間で衝突が2度に渡って発生。 それにより、ジュバ市内の各地で激しい銃撃戦が行われ多数の死傷者が出る事態に。 現在では首都ジュバ市からは反主流派勢力は退避しているため、比較的平穏だとされていますが、外国人を標的とした強盗などの事件は引き続き発生しています。 また、ジュバ市以外では今も衝突が繰り広げられており、一般市民にも被害が及んでいる状況です。 世界一治安の悪い国ランキング、ワースト1位は正式国家名シリア・アラブ共和国、通称シリアです。 世界平和度指数では、アフガニスタンについでワースト2位の162位、外務省による危険レベルでは全土においてもっとも危険なレベル4です。 シリアにおいては、ISILなどのイスラム主義過激派や反政府武装勢力、クルド勢力およびシリア軍と治安当局などの勢力が衝突し合い、多くの死傷者が発生。 非常に危険な地域となっています。 さらに、シリア内では日本人が巻き込まれる事件も多発。 ISILは2015年に公開した映像の中で今後、日本人がISILの攻撃の標的となる可能性についても言及しています。 シリア全土において日本人渡航者に危険が及ぶ可能性が非常に高いと考えられます。

次の

世界一危険な国ランキング|訪れてはいけない危ない国とは一体どこなのか?

カラカス 治安

調べて分かったこと 外務省が出している「」という情報サイトによると、ベネズエラ全国土に対し注意喚起をしているようですが…… ベネズエラは近年、南米で最も治安の悪い国の一つとされており、年に数回、邦人がけん銃使用の強盗の被害に遭っています。 ……2013年には殺人事件が13,569件、強盗事件が64,045件(自動車強盗を除く)発生…… ……渡航の是非を含め自らの安全につき真剣に検討を行い、渡航・滞在する場合も、各種犯罪(特に強盗、誘拐及び麻薬関係の犯罪)に巻き込まれることのないよう十分な安全対策を講じることをお勧めします。 出典: 読み進めると、エリアによってその危険度は異なることがわかってきます。 ……カラカス首都区では、2011年以降、外国人が被害に遭う誘拐事件が続発しており、今後も外国人が標的とされる可能性があるので、注意が必要です。 出典: わたしたちが滞在しているのはメリダ。 「渡航要検討」対象の首都カラカスや、コロンビアやブラジルとの国境エリアより危険度が一段階低い、「渡航の際は注意」に該当します。 だとしても、車で数時間走れば「渡航要検討」対象エリアに着いてしまうわけで、やっぱり怖い! だから怖い いくらメリダは比較的安全とは言え、危険なエリアまで距離が近いのは少し心配。 そしてもうひとつ、思わず眉間に皺が寄ってしまったのは 「本当に怖いのは警察である!」という情報を目にしたときでした。 そして同じく外務省が出している「」によると、 (3)不良警察官 現在ベネズエラにおいては,現職の警察官が勤務中に制服姿のまま犯罪を行うことが増えているといわれます。 警官に頼れずにして誰に頼れば良いのかという激しい憤りを覚えます。 自分の身は自分で守るしかない、食うか食われるかみたいな無法地帯なのでしょうか。 来てみてわかったこと 治安の悪さは首都カラカスほどではないようですが、山沿いの街メリダへやってきていました。 治安が良いとは思えませんが、気をつけていれば大概の悪事は防げる印象です。 朝の出勤タイムです。 小さい子どもは、しっかり親と歩いています。 朝は、ジョギングしたり筋トレを行う人々もいます。 これ、実は発展途上国であればあるほど、見かけない光景です。 ベネズエラでは、消費しなければいけない程十分にカロリーを採っていると見受けました。 昼間の中心部近くへやってきました。 路上で売られるコーヒーを飲みながら立ち話。 リラックスした時間を過ごしているように見受けられます。 大型スーパーの最上階にあるフードコートの様子です。 家族ずれやカップルが思い思いに楽しんでいるように見えました。 おやおや? 案外平和じゃないですか〜。 地元の人に話を聞いてみると 強盗に遭う危険性があるので特に金製のアクセサリーは絶対につけたくないそうです。 また強盗に遭ったときの対応策として、最低限の金額を渡し逃がしてもらうために、現金は各所に分散して持っておくそうです。 また、夜、特に日曜日は地元の人も出歩かない、などルールがあります。 まだ陽が暮れぬ日曜日、近所のピザ屋へ買い物しに行こうとすると、ホテルのおばちゃんに「どこいくの? 謙も一緒に連れて行きなさい。 日曜日は危ないわよ」と注意されたことがあります。 子どもになった気分でしたが、言うことを聞きました。 確かに、陽が暮れると一気に雰囲気が悪くなるんですね。 しーんとしているのに、酔っ払いだけが道端にいる感じです。 ところで、わたしはベネズエラに増加中の中国人移民に見えるので、欧米諸国の旅行客のように外貨は狙われないんじゃない? と言われたことがあります。 ここで地元の人以上に外国人が狙われる理由に触れたいと思います。 数万円程度の外貨を現地通貨ボリバルに両替すると、インフレの影響ですごい量の札束になって返ってきます。 外国人が持っているこの外貨の価値が狙われる要因にもなるのです。 ということで外国人である以上、道を歩くだけで気が張ります。 使う道はときどき変え、服は地味に、そして帽子を深く被り、存在を消すように歩くときもあります。 そして半径1メートルに入ってくる人には常に注意を払っています。 怪しい人がいるときはもちろん迂回します。 しかし大概は、すれ違う人にニッコリし、コミュニケーションを取ります。 名付けて「警戒しつつもニッコリ作戦」です。 無言ですれ違うだけですが、こわばった相手の顔が緩くなります。 メリダの人たちの心情 わたしの散歩コースにある、駐車スペースを利用した喫茶店です。 鉄格子がほぼ閉まっており物騒な印象を与えます。 しかし中に入ってみると、逆に守られているような気がして安心できます。 コーヒーもほっとする味。 なるほど、と思いました。 警戒心が剥き出しに見えるけれど、この仕組みのおかげで利用者は安心できます。 こちらメリダには美容院が至るところにあります。 どのお店もオープンしていてもこのように鉄格子だけ閉まっています。 警戒するベネズエラ人の心情がよく表れていると感じました。 他人に対してオープンにならないなど、ベネズエラ人は工夫して心の居場所をみつけているようです。 まとめ 結局メリダは安全なんだと思います。 治安の悪さを避け、カラカスから引っ越してきた30代女性と知り合いました。 「メリダはカラカスに比べて安全」、これがベネズエラ人の認識です。 ガイドブックやネットだけの情報に頼らず、実際にベネズエラに足を運んだ人から生の情報を聞き、自分の頭でよく考えて行動することをおすすめします。 怖い怖いと思っていたら旅の楽しさも半減してしまします。 だからよく現地の様子を観察した上で、大丈夫そうだと思った時間帯を、大丈夫だと判断したエリアのみ行動する。 ーーそうやって様子を見ながらちょっとずつ行動範囲を広げていっても良いかもしれません。 そして最後に、ベネズエラの人々が安心して暮らせる日が一刻も早く来ることを祈って止みません。

次の