ご自愛ください 言い換え。 目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント|OTONA SALONE[オトナサローネ]

【知らないと失礼】「ご自愛ください」 の正しい意味と使い方と例文

ご自愛ください 言い換え

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。 頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください」は、例えるなら釈迦に説法。 それとは少し違う意味ですが、目上の方、特に体を気遣うべき年齢の方や、少し体が弱っている方に「お体ご自愛ください」というのは、実は失礼に当たります。 1・お願いごとのメールはお願いで結ぶのがルール 2・返信不要メールに返信不要と書くのはNG 3・「取り急ぎ」もNG 4・「ご自愛ください」は元気な人にだけOK 5・身体が弱っている方へは、むしろ一般的な挨拶でOK 6・元気な方への結びの言葉は季節を盛り込むとOK 7・「おいといください」は目上の人にOK 「結びの文」は何を重視して選ぶべきか ビジネスで使うメールには、何種類か目的があります。 「お願い」なのか「お詫び」なのか、はたまた「連絡」なのか。 締めの言葉もその目的に応じたものにしないといけません。 そしてそのメールが「急ぎ」なのか「取りあえず」なのかも、メールを読む中、早い段階で分かった方が良いのです。 そのため、結論を先に書くメールが重宝されるようになってきました。 忙しい人を相手にする時に、いまだに季節の挨拶を長々と書く人はいないでしょう。 「平素は~」などのくだりも、不要とさえ言われています。 そんな忙しいビジネスシーンでは、結び、締めの言葉さえおろそかにされるように思えるでしょうが、実はこの「締め」ほど大切な部分はありません。 「終わりよければすべてよし」と言うように、イベントでも、お料理でも、エンディングに何を持ってくるか。 それこそ大切なデザインなのです。 1・お願いメールの結びにはお願いの言葉を したがって、お願いのメールには「願いを叶えてくださいね」というメッセージ、お詫びのメールには「本当にごめんなさい」というメッセージ、連絡のメールには「連絡しましたからね」というメッセージが、最後の最後に相手に伝わる必要があります。 もちろん中身も大切なのですが、必要なことを書き足して行くと、結局受け取った人は「どうしたらいいのか」が分からなくなりがちです。 あなたもメールを受け取る立場でそのような思いをすることはありませんか? そのメールを読み終わった時に、すぐにどこかに連絡すべきか、手帳に記すべきか、返事が必要かどうか、さっと判断できるように、目的を結びの文に込めると良いでしょう。 2・返信不要メールに返信不要と書くのは不躾 男性の場合は、最後に「返信不要です」とズバッと書くのは簡潔で良いと思いますが、女性の場合はそういうわけにはいきませんよね。 そこで、結びの文に相応しい「返信不要」に該当する言葉を提案します。 では、またこちらからご連絡を差し上げます。 簡単ですよね?「次に連絡をするのはこちらなのです、あなたはこれを受け取っただけで良いのです」ということが、しっかりと、しかも優しく伝わります。 もちろん男性が使っても好印象を与えるでしょう。 何か不都合がございましたら、お知らせください。 こういう条件をつける場合もありますが、これはあまりお薦めしません。 相手に選択肢を与えてしまう、つまり「都合が良いか、不都合かを考えてくださいね」と言っているようなものなのです。 本当に都合が悪ければ「返信不要」と書いてあっても出しますよね? なので、このような条件付けは相手の負担でしかないので、やめた方が良いというわけです。 3・「取り急ぎ」もNG 「取り急ぎ、メールにて」のようなくだりも、できたら避けたいもの。 確かに言葉通りなのですが、受け取った方が何か少しひっかかるのはなぜでしょうか。 それは、差出人の忙しさが伝わるからではないでしょうか。 つまり「今、とても忙しいの。 取りあえず要件だけ伝えておきます!詳細はのちほど!」と言われている気分になるからですね。 何かこの件よりも重要で急ぎで大切な用事があり、今はそちらにかかり切りなので、こちらの案件はあとで詳しく話すけど、とりあえず、要件だけは押さえておいてね、と言われているような印象なのです。 そして「取り急ぎ」と言われた方は、後で重要な話が来るので、今はこの件は保留状態なのだと思ってしい、メールをよく読まない危険性さえあります。 かといって、忙しいのは事実です。 この場合はどう書いたら良いのでしょうか。 まずは、メールにて失礼致します。 「取り急ぎ」を「まずは」に変えるだけで、こんなに印象が変わります。 書いてあることは同じです。 「詳細は後回し」という事実も同じです。 しかし「まずは」と書くことで、「一刻も早くお伝えしたかったんです!」感さえ伝わるから、日本語、特に大和言葉って素敵ですよね。 お礼のメールなど、丁寧にしなければいけない場合、でも、急いで感謝の気持ちだけでも早く伝えたい、そんな時にはこんなフレーズはいかがでしょうか。 略儀ながら、まずはメールにてお礼申し上げます。 >>> 4・「ご自愛ください」は元気な人にだけOK 体調を気遣った結びの言葉は、基本的に元気な人に対してだけ使うようにしましょう。 元気でない方が受け取った場合、ただでさえ弱っている体と心に、そして毎日精一杯自分の体と向き合っているところに「体を気遣ってあげてね」というメッセージは酷なのです。 元気な人なら大丈夫です。 体への気遣いのメールは、感謝する余裕がありますし「あなたもね」と言い返す気力もあります。 なお「ご自愛ください」は「体を大切にする」という意味があり「体」が重複するので「お体ご自愛ください」とは言いません。 「ご自愛」の場合は「体」という言葉は不要なのです。 5・身体が弱っている方へは、むしろ一般的な挨拶で 冒頭の「頑張って下さい」は「益々のご活躍をお祈りしています」「これからも楽しみにしています」というように、相手に何かをさせようという言葉ではなく、こちらが「活躍を楽しみにしている」という気持ちを素直に伝えるのが良いようです。 それではまたお目にかかれるのを楽しみにしています。 こんな普通の挨拶が、健康を病んでいる人にとっては、心強く感じるのではないでしょうか。 >>> 6・元気な方への結びには季節の言葉もプラス 体を気遣う結びにしたい場合「ご自愛下さい」に関しては元気な人を対象に、季節の言葉を添えて書くと良いでしょう。 「寒さ厳しき折」「暑い日が続きますが」などの言葉です。 寒さ厳しき折、どうぞご自愛下さい。 7・おいといくださいはとりわけ目上の人にOK• 寒さの緩む季節ではございますが、どうかお身体おいといください。 「おいといください」という素敵な大和言葉があります。 こちらは「体を厭(いと)う」という言葉からできていますが、年配の方に送る時には重宝です。 「お疲れ様」を「お疲れの出ませんように」と言い換えるように、「ご自愛ください」を「おいといください」と言い換えるのも良いでしょう。 ただし「厭う」は漢字で書かないほうが印象がいいでしょう。 意味は違うのに「厭(いや)」と同じ漢字を使うからです。 また「体」を「身体」にすると印象がさらによくなります。 >>> 何を伝えたいのかを結びの文できちんと伝える、相手を気遣う言葉に気をつける、その際、女性は大和言葉を使うと美しく伝えられる、この3点を覚えておきましょう。

次の

【季節別】「ご自愛ください」の意味と使い方|目上/年賀状

ご自愛ください 言い換え

「ご自愛ください」の「自愛」とは自ら、自分自身を愛する、つまり自分自身の体を大切にする意味を持つ言葉です。 敬語の接頭語をつけて「ご自愛」とし、ビジネスシーンにおける「ご自愛ください」のフレーズでは「あなた自身の体を大切にしてくださいね」と、相手の健康を気遣う意味が込められています。 ビジネスシーンにおける手紙やメールだけでなく、日常生活でも暑中見舞いや年賀状などの最後のフレーズとして季節や気候を表す表現を前に添えて、例文として「寒い日々が続きますので、どうぞご自愛ください」のように使用します。 遠く離れている相手に対しても、「体に大切に、健康に気を付けて」と相手を気遣う気持ちのこもった、日本人らしい表現です。 「ご自愛ください」は、目上にも使える敬語なのか? 「ご自愛ください」は、 主にビジネスシーン、プライベートシーンともに暑中見舞いや寒中見舞い、年賀状など季節の節目に出す挨拶状の文末言葉として多く使用されています。 挨拶状の文末表現での使い方は、「寒い日が続いていますが」などのように、気候や季節の分かる言葉を前に添えて使用するのが一般的です。 そのため、全ての季節で使用できます。 また、プライベートでの結婚式の招待状やお悔やみの言葉をいただいた時の文末の挨拶でも使用できます。 また、こちらが訃報を受けてお悔やみの言葉を送る時には、遺族の方に対しての健康を気遣うフレーズとしても使われます。 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 良き新年をお迎えのことと存じます。 寒い日が続きますのでご自愛ください。 新年おめでとうございます。 よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。 朝晩の冷え込みが辛い日々が続きますので、どうぞご自愛ください。 謹んで新年のお祝いを申し上げます 昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。 まだまだ寒い日が続きますので、ご自愛ください。 明けましておめでとうございます 春はまだまだ先です、どうぞご自愛くださいね。 謹んで新年のご祝辞を申し上げます 旧年中は公私にわたって大変お世話になり、心より感謝申し上げます。 ご家族ともども、どうぞご自愛くださいませ。 謹んで新春のお喜びを申し上げます 旧年中はたいへんお世話になりました。 そちらは雪の日も多いと存じますので、どうぞご自愛ください。 すでに病気やけがなどで体調を崩している人に対しては、体調の回復を願う気持ちを込めた使い方の敬語を選びます。 もしも、同じ部署内や同僚の人で、仕事を気にしている場合は「仕事のことは気にせずに」という言葉も一緒に添える心遣いをするとスマートです。 例文の「お体にお気を付けて」も、相手の体調を気遣う表現ですが、目上の人に「お体にお気をつけて」の使い方をすると、語尾が呼びかけの「て」で終わっているため、命令のような印象に取られてしまいます。 そのため、 「お体にお気をつけください」や「お体にお気をつけてお過ごしください」などの敬語に言い換えましょう。 「お気をつけください」は、相手に対して注意してほしい、気を払って欲しい時に使用するだけでなく、「お体にお気をつけください」の使い方をすると、ビジネスシーンでも相手の健康を気遣う表現になります。 ただし、「お気をつけください」だけでは、目上の人に対して命令のような印象を与えてしまうため、「どうぞお体にお気を付けください」や「お体にお気をつけてお過ごしくださいませ」のように、丁寧な表現をプラスすればより印象が良くなります。 なお、「お気をつけください」が正しく、「お気をつけてください」は間違いです。 一方で、「お気をつけてお過ごしください」など、動詞「気をつける」+並列の助動詞「て」+ほかの動詞の形の場合は、「お気をつけて~」が正しいです。 「お気をつけください」の使い方.

次の

正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

ご自愛ください 言い換え

ご自愛くださいの意味 まずは、「ご自愛ください」という言葉の意味を解説していきます。 自身の健康に気を付けるという意味 「ご自愛ください」に使われている「自愛」という単語ですが、自身の体調に気をつける・自分を大切にするといった意味があります。 つまり、「ご自愛ください」とは「あなたの体調に気を付けて、自分を大切してください」といった意味になります。 手紙やメールなどでは、最後に結びの言葉として「ご自愛ください」のような相手を気遣う言葉を記すのがマナーです。 用件を伝えて終わりにするのではなく、マナーに則って正しく美しい言葉を使えるように意識しましょう。 英語での読み方 英語で「ご自愛ください」という言葉を表現すると、「Please take care of yourself」という文になります。 「yourself」は「自分自身」という意味ですので、「自分自身にお気遣いください=ご自愛ください」という表現が適切と言えます。 ご自愛くださいの使い方 次に、「ご自愛ください」という言葉の使い方について、詳しく解説していきます。 元気な人に使う表現 「ご自愛ください」は相手の体調を気遣う言葉ですので、基本的に現在は健康な人に向けて使います。 すでに病気などを患っている人に対して、「体調に気をつけて」と伝えることは不適切な表現になります。 あくまでも、健康な人に「体調を崩さないように気をつけて」と伝えるための言葉ですので、お見舞いなどでは「回復をお祈りしています」などの言い回しを使いましょう。 上司や目上の人に使える 「ご自愛ください」という言葉はかしこまった表現ですので、ビジネスシーンでも上司や取引先に向けて使うことができます。 仲の良い友だちや目下の人に対しては「体に気をつけて」と簡単な表現でも問題ありません。 ビジネス文書で使う例文 それでは、ビジネス文書で「ご自愛ください」という言葉を使う際の例文をご紹介していきます。 ご自愛のほどお願い申し上げます 「厳しい寒さが続きますが、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」 「暑さ厳しい折、ご自愛のほどお願い申し上げます」 上記のように、季節によって暑さや寒さを表す言葉の後に、「ご自愛のほどお願い申し上げます」と続けるのが一般的です。 くれぐれもご自愛ください 「ご多忙かと思いますが、くれぐれもご自愛ください」 「残暑が厳しいですが、くれぐれもご自愛ください」 「くれぐれも〜ください」とは心をこめて依頼・懇願するという意味です。 相手の体調を気遣う気持ちをより丁寧に表した言葉になります。 ご自愛をお祈り申し上げます 「お風邪など召されぬよう、ご自愛をお祈り申し上げます」 こちらも同様に、相手の体調が悪くならないよう気遣う表現です。 季節の言葉などの後に続けて記します。 ご自愛くださいの類似表現 次に、「ご自愛ください」と似た意味の言葉をご紹介していきます。 基本的に、「ご自愛ください」よりも簡易的な言葉遣いになりますので、仲の良い友達や目下の相手に使うことが多いです。 お体お気をつけ下さい 「体調を崩さぬよう、お体お気をつけください」 「ご多忙かとは存じますが、お体お気をつけください」 意味としては「ご自愛ください」を使った場合とほぼ同じですが、やや口語的な表現になります。 使い方としても「ご自愛ください」と同様に、季節の言葉や相手の状況について述べた後に、「お体お気をつけください」と記します。 お体をお大事にしてください 「季節の変わり目ですので、お体をお大事にしてください」 「お体お気をつけください」と同様に、少しくだけた表現です。 相手との親密さや立場によって、「ご自愛ください」との使い分けをしましょう。 ご健勝をお祈り申し上げます 「皆様のご健勝をお祈り申し上げます」 「ご多幸とご健勝をお祈り申し上げます」 「健勝」とは、「元気であること、健やかであるさま」といった意味です。 よって、「ご健勝をお祈り申し上げます」は「健康であることを祈っています」ということを丁寧に伝えるための表現になります。 ご自愛くださいの反語 最後に、「ご自愛ください」とは逆の意味を持つ言葉をご紹介します。 ご慈愛ください メールなどを打つ際に「ごじあい」と入力すると、「ご自愛」と「ご慈愛」2つの候補が出てきます。 どちらも「愛」という漢字が含まれていますので、似たような意味を持つかと思うかもしれません。 しかし、この2つは全く逆の意味になります。 「自愛」は自分の体を大切にするという意味ですが、「慈愛」は慈しみを注いで可愛がる心を指します。 よって、「ご慈愛ください」といった場合は、「(相手に対して)自分へ愛情を注いでください」という意味になってしまいます。 相手を気遣う言葉であるはずの「ご自愛ください」が、誤って相手に愛情を求める表現になってしまいますので、変換ミスや覚え間違いには注意しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご自愛ください」という言葉の意味や使い方について、しっかりと理解し相手や状況に合わせて使えるようにしていきたいですね。 また、似た意味の表現や逆の意味になってしまう言葉もありますので、合わせて理解し、デキるビジネスマンを目指していきましょう。

次の