アメリカ スペイン 戦争。 米西戦争/アメリカ=スペイン戦争

米西戦争

アメリカ スペイン 戦争

*これは 『 』のひとつです。 このページではアメリカ合衆国の歴史の概略をゴロ合わせでおさえていきたいと思います。 *音声で耳から覚えるため YouTubeに教材を上げています。 *アメリカ大統領とその在任期間を覚えるには次のページを参考にしてください。 失われた植民地 * ローリーによる植民は、 ローリー個人と知人たちによる出資で行われたものでしたが、その後の ヴァージニア会社は、国王の勅許のもと、多くの株主から広く出資を募ることで植民地の建設を可能にました。 ・ヴァージニア植民地議会 1619年 ヴァージニア 挑む一括りの会議 *語呂に引っ張られて youtube が『 ヴァージニア植民地会議』 となっていますが『 議会』 です。 *本国イギリスの議会制にならって行われた最初の 植民地議会 です。 初期の植民地存続の困難から、 ヴァージニア植民地 には大幅な自治が認められていましたが、議会設立により 自治 の精神がより固く培われていくことになります。 ・メイフラワー号プリマス到着 1620年 理想郷の 位置むけ つれだすメイフラワー *信仰の自由を求めて移住を決めた、清教徒の 『ピルグリムファーザーズ』達が、船上でキリスト教徒の理想社会をつくることを互いに誓い合い メイフラワー誓約 、アメリカに上陸しました。 *イギリスは、フランスから ニューファンドランド島、 アカディア島、 ハドソン湾沿岸部を獲得しました。 ・13植民地成立 1732年 13の地が いーな満つ *イギリスの 13植民地が全て揃いました。 *ここから 『イーナ』ばっかりになりますが、意外とその方が覚えやすかったりします。 *ヨーロッパの オーストリア継承戦争 1740~1748 、インドの 第一次カーナティック戦争 1744~48 と並行して行われた戦争です。 * wikiでは1749年とされています。 * イギリス植民地 の人々は、 アパラチア山脈以東に居住地を定められました。 *本国が戦後の 財政赤字のしわ寄せとして植民地に 課税しようとしたことが、 独立戦争につかながっていきます。 ・イギリスのカナダ支配 1760年 英領カナダの 人なろう *前年の ケベック占領、この年の モントリオール占領により、イギリスのカナダ支配が確立しました。 1763年の パリ条約でイギリスの カナダ領有が決まります。 ・英仏パリ条約 1763年 フランスの 人南無三のパリ条約 *七年戦争 フレンチ=インディアン戦争 が終結し、フランスは ニューファンドランド島沖の漁業権と、 サンピエール島・ミクロン島の領有権を残し、他の北アメリカ領土のすべてを失いました。 ・砂糖法 1764年 いーな無視して砂糖法 *イギリスがフレンチ=インディアン戦争によって負った莫大な負債の穴埋めとして、植民地に対し立て続けに新たな課税が行われます。 *以前よりラム酒の製造を行って海外に輸出していたアメリカでは、その原料として必要な『糖蜜』に本国が高い関税をかけたため、これを密輸入していました。 これに対し、 本国イギリスが、法の違反者に対する処置を厳しくて、密貿易を行えない様にしたのが砂糖法です。 アメリカの業者は、法外に高い関税を本国に払う以外になくなりました。 つまり商売あがったりということです。 当然不満の声が上がります。 ・印紙法 1765年 代表ないから いーな無効と印紙法 *様々な出版物や広告、証券類に、本国発行の 『印紙』を購入し貼ることを義務付けた法律で、言論・出版の自由を制限するとして、各地でボイコットが起こるなど騒動となりました。 *これを受けて翌年には撤廃されました。 *このころ 『代表なくして課税なし』という主張が行われました。 イギリス議会に代表を出すことを認められていないアメリカ植民地人は、本国から税を課せられるいわれはない!という理屈です。 ・タウンゼント諸法成立 1767年 本国に 否むなタウンゼント諸法 *イギリス本国がアメリカ植民地に対して定めた一連の法律です。 植民地からの税収を増やして、統治に携わる総督・判事の報酬を賄い、かつそれらの担当者を、現地のルールから独立させる。 法の厳格化により、植民地の貿易を本国が統制し、植民地への課税権が本国にあることを明確にすることなどをねらいとしていました。 *植民地側の抵抗にあい、現地のイギリス軍と住民との間で緊張が高まり暴動、翌年1768年には、イギリス軍によるボストン占拠が行われます。 ・ボストン虐殺事件 1770年 散髪でもめても英雄 いーななれ *タウンゼント諸法への反対から、暴動が頻発する中、イギリス軍大尉と現地の民間人が、散髪代が元でもめたことがもとで、他の民間人も加わって軍兵士に投石を行うなどの騒ぎになり、イギリス軍が民間人に発砲、5人が死亡し6人が負傷しました。 *独立派は、積極的にこの事件を『虐殺』と呼び、反イギリス本国の宣伝材料としました。 ・ボストン茶会事件 1773年 お茶の海 イーナ波乗り茶会事件 *ボストン虐殺事件の後、本国は新税のほとんどを廃止しましたが、茶への課税は残し新たに 『茶法』を制定しました。 * 『茶法』は、本国の課した茶税を逃れるため、植民地人が、オランダから茶を密輸入していたのを取り締まり、大量の茶の在庫を抱えていた 東インド会社に茶の販売独占権を与えるという内容でした。 * 『茶法』に反対するボストン住民が、インディアンに扮装し、ボストン港に停泊していた東インド会社の貨物船を襲撃し 『ボストン港をティーポットにする』などと言いながら、積まれていた多数の茶の箱を海に投げ入れたという事件です。 *サラトガから1年毎に独立側に立って参戦する国を覚えます。 この ヨークタウンの戦いで、ほぼ独立軍の勝利が確定しました。 〈ワシントン 1789〜97 〉 ・ワシントン大統領就任 1789年 イーナ約束人権宣言 フランス革命 *フランス革命と同年と覚えます。 *この前々年の1787年、アメリカ合衆国憲法がフィラデルフィアの憲法制定会議で採択され、前年1788年に施行されています。 ・ホイットニー綿繰り機を発明 1793 沢山の 人無くさっと綿繰り機 *この綿繰り機の発明があったことで、アメリカ南部の生産性が上がった一方で、 奴隷制度は不可欠のものとなり、 南北対立、ひいては 南北戦争の遠因となりました。 アダムズ 1797〜1801 〉 〈ジェファーソン 1801〜09 〉 ・1800年の大統領選挙 1800年 独立宣言書いた 人は俺大統領 *民主共和党 リパブリカン党 のトマス=ジェファソンが大統領に選出され、連邦党の時代が終わりました。 このことから、アメリカの政治史の画期、1800年の革命とも言われます。 *独立宣言の主な起草者、ジェファソンの任期は、1801〜1809の二期。 ・ルイジアナ、スペイン領からフランス領へ 1800年 ルイジアナ いーわまるまるフランス領 *スペイン領でしたが、既に100年以上もの間、フランス人社会が定着していました。 *スペインを占領したナポレオンは、ルイジアナを取り戻していましたが、イギリス カナダ を警戒しこのことは秘密とされました。 ・合衆国がルイジアナ買収 1803年 フランスの 人は押されてルイジアナ売る *当時、イギリスと敵対していたナポレオン執政下のフランスには、カナダのイギリス軍にこの地に侵攻された場合これを守り切ることはほぼ不可能でした。 *また、財政上の必要もあって、ナポレオンはアメリカ合衆国ジェファーソンに対しルイジアナを1500万ドルで売却しました。 ラテンアメリカ諸国の独立は、アメリカ合衆国の モンロー主義の主張につながっていきます。 〈マディソン 1809〜17 〉 ・アメリカ=イギリス戦争 1812〜14 州の団結 祝いにイーヨ米英戦争 *ナポレオン統治下のヨーロッパで、イギリスが海上封鎖を行い合衆国の通商を阻害したために起こりました。 *イギリスの工業製品の輸入が途絶えることで、かえって国内の 工業化が進みました。 *ミズーリ妥協とも言います。 ミズーリ州が、奴隷州として合衆国への加盟申請を出したことに端を発しました。 *問題は議員数でした。 各州から上院議員が2名ずつ代表となっていたのですが、当時、自由州11、奴隷州11と、数が同数で、ミズーリ州が加わると奴隷州の代表が自由州の代表を上回ってしまうことになり、奴隷州の議員の発言権が大きくなります。 *結局、奴隷州の ミズーリ州に加えて、自由州のの メインを州に昇格することで均衡を保とうやとなったのが、ミズーリ協定です。 *また、将来的には、 北緯36度30分を境界に、それより 以北に奴隷州を作らないという修正も加えられました。 当時すでに世界的に奴隷制は問題とされていたわけです。 ・モンロー教書 1823年 アメリカ はいー奴見せかけモンロー教書 *反動主義的なウィーン体制下にあって、ヨーロッパと同様にアメリカ大陸でも、社会改革的な動きを封じたいと望む西欧諸国に対して、その干渉を排除し、合衆国の 『孤立主義』を外交政策として鮮明に打ち出したものです。 *特に、独立を達成したラテンアメリカ諸国に圧力をかけ、再び植民地化を狙うスペインを警戒し、アメリカ両大陸とヨーロッパ大陸との相互不干渉を主張しました。 *これは実際には、ラテンアメリカ諸国に対する合衆国の優先権の主張となっていきます。 という背景から作った語呂です。 アダムズ 1825〜29 〉 〈ジャクソン 1829〜37 〉 ・ジャクソン大統領就任 7代 1829年 ジャクソンの開拓西部に 人は着く ・先住民強制移住法 1830 先住民の 人は去れよと強制す *ジャクソン大統領のもと、アメリカ先住民をミシシッピー川以西の辺境に移住させる法律が制定されました。 カルフォルニアなど獲得。 ・カルフォルニアで金鉱発見 1848年 金鉱に 人は呼ばれてゴールドラッシュ 〈テーラー 1849〜50 〉 〈フィルモア 1850〜53 〉 ・1850年の妥協 1850年 いーわこれでと妥協する。 *米墨戦争により発生した領土について奴隷州と自由州の利益のバランスをとった協定です。 ・ストゥ夫人『アンクル=トムの部屋』 1852年 アメリカの 人はゴッツ買うアンクル=トム *前年より、雑誌に掲載された、黒人奴隷の悲惨な状況を描いた小説で、単行本として発売されると、一大ベストセラーとなりました。 * リンカーンも読み、南北戦争を生み出したとされる小説です。 〈ピアス 1853〜57 〉 ・カンザス=ネブラスカ法 1854年 南部の人の総 意はこーよとネブラスカ法 *カンザス・ネブラスカ両準州の昇格の際に民主党主導の議会が制定した、ミズーリ協定を破棄し、将来的に自由州・奴隷州の選択はその地の住民の意志に任せるとした法律。 *本来ならミズーリ協定により奴隷州となることが禁じられた土地であったため、奴隷廃止派にとっては許容できない後退であり、反発した北部は共和党を結成 1854。 二大政党が、奴隷制の是非をめぐり相争う形となった。 〈ガーフィールド 1881 〉 〈アーサー 1881〜85 〉 ・中国人労働者移民排斥法 1882年 もう イーワ奴入れんでと排斥法 * ゴールドラッシュの金鉱採掘や 大陸横断鉄道といった苛酷な労働に当てるため中国から輸入されていた 『苦力 クーリー 』ですが、安価な労働力が白人労働者の仕事を奪っているという不満の声が高まり、 中国人労働者移民排斥法が成立しました。 *以後、中国人に代わって 日本人移民が急増していきます。 〈クリーヴランド 1885〜89 〉 ・アメリカ労働総同盟 AFL 結成 1886年 労働者 一派やろうや総同盟 〈B. ・シャーマン反トラスト法 1890年 独占じゃ社 会は暗えとシャーマン法 *独占資本が自由競争と消費者の利益を損なうとして、その防止のために制定されましたが、現実に独占を抑えるだけの効力はありませんでした。 当時 世界一の工業国となり、 大財閥の政治的影響力も顕著となっていたアメリカの、最初の帝国主義戦争です。 ・ジョン=ヘイが中国の門戸開放を要求 1899年 ジョン=ヘ イはぎゅーぎゅー開けと門の戸を押す *アメリカ=スペイン戦争で フィリピンを得たアメリカは、そこを拠点に 中国市場への参入を模索することになります。 然し、既に1898年に英仏独露などの租借地が設けられ、中国分割が始まっていました。 *そこで、 国務長官ジョン=ヘイは、清における各国の通商権や関税などをすべて 『平等』とする 門戸開放・機会均等の原則を提唱しました。 *更に1900年には、これらに清の 領土保全の原則を加えます。 *人道主義や公正の論理で、自国の国益に有利な展開を作り出そうとする合衆国の外交の特色がよく表れています。 ルーズベルト 1901〜1909 〉 ・ライト兄弟飛行機発明 1903年 飛行機で 行く大空 さライト兄弟 ・日露戦争 1904年 満州の イー地くれよと戦争す *満州をめぐって日露戦争が始まると、セオドア=ローズヴェルトは、どちらかが決定的な勝利を収めて 満州権益を独占するのをおそれ、仲介に乗り出しました。 *日本の 南満州鉄道の敷設権獲得についてもアメリカは、 門戸開放に反すると主張して抗議しました。 *日本はこれに対しロシアに近付き、満州南北の双方の権益を、日露で互いに認め合う 『日露協約』を結びました。 〈タフト 1909〜13 〉 ・メキシコ革命 1910〜17 これうまく 行くといーなメキシコ革命 * ディアスの独裁政治に対する自由主義者の マデロを中心とした革命。 ラテンアメリカ初の民主化を求めた革命でした。 *後に 『宣教師外交 ラテンアメリカに民主主義を布教しようという外交 』のもと、ウィルソン大統領は革命に介入し、軍隊を派遣しましたが、却って反米感情を強める結果になり失敗しました。 〈ウィルソン 1913〜21 〉 ・パナマ運河完成 1914年 右左 いく人良いわパナマの運河 *合衆国が管理権をにぎり、中米カリブ海の覇権を確立しました。 ・ドイツ無制限潜水艦作戦 1915年 Uボート 行く以後魚雷で無制限 *英仏の海上封鎖に対してドイツは無制限潜水艦作戦を宣言し、イギリス周辺の商船は予告なしに魚雷攻撃を行うと宣言しました。 *Uボートに沈められたアメリカ行きの イギリスの豪華客船ルシタニア号に、多くのアメリカ人乗客が乗っていたことで、米国世論は対ドイツ開戦へと傾いていきます。 *ドイツは国際的な非難の高まりの中、無制限潜水艦作戦を一時的に控えました。 ・ウィルソン14ヶ条 1918年 財団も ひどくいーわと14カ条 *前年、ロシア革命により誕生したソヴィエト連邦のレーニンが、即時講和や秘密外交の廃止を宣言したのに対し、協商側の戦争目的の明確化のためにウィルソンが発表したものです。 *その中でウィルソンは、 国際協調主義、 無賠償・無併合・民族自決の原則、戦後の 国際平和機構の設立などを掲げました。 *ウィルソンはノーベル平和賞を受賞しました。 ということでこの語呂です。 『財団』はノーベル財団です。 ・パリ講和会議 ヴェルサイユ条約 1919年 行く行く三一五四ヴェルサイユ *中学生向けの語呂で 『三一運動』『五四運動』と一緒に一気に覚えるものです。 *米英仏伊日の5大国を会議の中心として行われました。 *ウィルソンの提唱した14カ条を基調とし、国際連盟の発足などの成果もありましたが、主として フランスの対ドイツ報復の色合いの強い ヴェルサイユ条約が成立しアジアの独立運動に対しても冷淡でした。 *ヴェルサイユ条約によって作り出された ヨーロッパの秩序を 『ヴェルサイユ体制』と言います。 ・禁酒法 1919年 ヒクヒク酒飲みカッコ悪いと禁酒法 〜33 *キリスト教篤信者の団体などを中心にして、南北戦争以前から、幾つかの州で禁酒協会が作られる様になり、禁酒運動は一種の精神運動としてじわじわとその社会的な影響力を伸ばしていきました。 *開戦により、対ドイツ感情が悪化していた時代、ビールの醸造を行っていたドイツ系移民に打撃を与えようという考えや、穀物の節約のために、禁酒を好ましく思う政府の意向などを追い風として1919年1月、飲用アルコールの醸造・販売・運搬・輸出入が禁止する法律が、議会で可決されました。 *この法律は、 F. ルーズベルトの大統領就任後すぐに廃止されました。 ・国際連盟発足 1920年 イー国連盟仲良くしよう *ウィルソンの提唱で発足した国際連盟ですが、前年のアメリカ上院の否決により合衆国は参加しないことになります。 〈ハーディング 1921〜23 〉 ・ワシントン会議 1921年 ワシントン いー国一斉軍縮会議 *この会議で作り出された 東アジアと太平洋の国際秩序を 『ワシントン体制』と言います。 〈クーリッジ 1923〜29 〉 ・移民法成立 1924年 日本人 卑屈よ移民の禁止法 *1882年の 『中国人労働者移民排斥法』に続き、 東アジア移民を全面的に禁止するとした法律です。 中国人移民は既に禁止されていたので、 日本人を締め出すための法律でした。 *理由は、安価な労働力が白人労働者の仕事を奪っているというものでしたが、既に普通選挙を実現していた合衆国では、移民が選挙権を得ることになるため、特定の民族の 新移民の増加が、 旧移民にとって 『脅威』となるのは必然でした。 *日本は、合衆国の 『移民排斥運動』を人種差別問題ととらえ、すでにパリ講和会議の国際連盟委員会席上で 人種差別撤廃提案を行っていますが、ウィルソン大統領の議長裁定によって採択されませんでした。 このことは日本でも新聞などで報道され、日本国民の対米感情の悪化を招きました。 ・パリ不戦条約 ブリアン=ケロッグ条約 1928年 列強の 人急にやる不戦条約 * 米・英・仏・伊・日など当時の列強を中心に多くの国が署名した、締約国間の国際紛争を解決する手段として戦争を放棄し、紛争は平和的に解決することを定めた条約です。 *アメリカ国務長官 ケロッグと、フランス外務大臣 ブリアンの名をとって ブリアン=ケロッグ条約とも呼びます。 *アメリカはこの条約に、他国による 『侵略』に対する 『自衛権』を妨げるものではない、という条件を付帯させました。 〈フーヴァー 1929〜33 〉 ・ニューヨーク市場株価大暴落 1929年 人の国苦しむ株価の大暴落 〈F. ローズヴェルト〉 ・F. ローズヴェルト大統領就任 1933〜45年 F. ルーズベルト 戦もさーしごろ。 ・ワグナー法 全国労働関係法 1935 労働者の 意が 組み込まれたワグナー法 * 団結権・団体交渉権・ストライキ権など保障。 労働組合の権利を認め、 公正な雇用を実現しようとしたものです。 ・大西洋憲章 1941年 戦争に 行く用意して大西洋憲章 *フランクリン=ローズヴェルト大統領とイギリス首相チャーチルの間で行われた、第二次世界大戦の戦争目的と戦後の国際協調のあり方についての合意。 もちろん、ナチス政権の崩壊を前提としたものです。

次の

アメリカ・スペイン戦争(あめりかすぺいんせんそう)とは

アメリカ スペイン 戦争

「」および「」も参照 世界的な強国としてのの地位は19世紀後半までの数世紀の間に低下し、、およびでのほんの少数の散在した植民地しか残らなかった。 その多くも、独立のための運動を繰り広げていた。 ではによりでは や()、などにより既に数十年に渡る戦争が展開されていたがスペイン政府はこれらの脅威に対する金融あるいは人的資源を持っていなかった。 そこでキューバに於いてを構築し住民と独立軍を分離し支援を止めさせる作戦を布告した。 スペインはさらに反逆者と疑わしい人々の多くを処刑し、村々に残酷な扱いを行った。 にはキューバ島の約半分がマクシモ・ゴメス将軍の率いる独立軍に支配され、結局スペインの立場は完全には回復しなかった()。 ジャーナリズムの読者数獲得競争と捏造記事 [ ] 「」、「」、「」、「」、および「」も参照 キューバでのこれらの出来事は、アメリカのが読者数を伸ばそうとしていた時期と一致した。 1897年の「アメリカ婦人を裸にするスペイン警察」という新聞記者による捏造記事をきっかけに 、各紙はスペインのキューバ人に対する残虐行為を誇大に報道し、アメリカ国民の人道的感情を刺激した。 そしてキューバへの介入を求める勢力の増大を招いた。 西部への拡張およびアメリカとの大規模交戦の終了はの任務を減少させ、軍の指導陣は新しい任務を望んだ。 早期からアメリカ人の多数はキューバが彼らのものであると考えており、に関する理論はちょうどの沖合に非常に魅力的に見える島を作った。 キューバの経済の多くは既にアメリカの手にあり、ほとんどの貿易 その多くは闇市場だった はアメリカとの間のものであった。 何人かの財界人は、開戦を同様に要求した。 の議員ジョン・M・サーストンは「スペインとの戦いは、すべてのアメリカの鉄道ビジネスおよび所得を増加させるだろう。 それは、すべてのアメリカの工場の出力を増加させるだろう。 それは、産業と国内通商のすべての流通を刺激するだろう」と明言した。 太平洋を渡ってマニラまで2ヶ月はかかる時代であったが、開戦からわずか約2週間後の5月1日に、が勃発した。 戦闘の経過 [ ] 戦争の始まり [ ] 1898年にでアメリカ海軍の戦艦(USS Maine, ACR-1)が白人士官の上陸後に爆発、沈没し266名の乗員を失う事故が発生した(この中には8名の日本人コックとボーイが含まれていた)。 爆発の原因に関する証拠とされたものは矛盾が多く決定的なものが無かったが、ニューヨーク・ジャーナル、ニューヨーク・ワールドの2紙を始めとした当時の米国のメディアはスペイン人による卑劣なが原因であると主張した。 「Remember the Maine, to Hell with Spain! (メインを思い出せ!くたばれスペイン!)」という好戦的で感情的なを伴ったこの報道は、一層米国民を刺激することとなった。 この愛国的で好戦的な風潮はスプレッド・イーグリズムあるいはとして知られている。 爆発原因に関する専門家の見解は現在も定まっていないが燃料のの偶然の爆発によるものとするのが一般的であり、コンピューター・シミュレーションによって確認もされている(は、調査により原因をのと結論づけている )。 一方石炭自体にその原因を求めるものや米国を戦争に引き込もうとするキューバ人によるサボタージュによるものとする異論も存在するが、スペインが戦争に消極的であったという点では一致している。 は開戦に同意せず、世論に対して長い間持ちこたえた。 しかしメイン号の爆発は、戦争への世論を非常に強力に形成した。 スペイン首相・サガスタ()はキューバから職員を撤退させてキューバ人にを与えるなど、戦争を防ぐ為の多くの努力をした。 しかしながらこれはキューバの完全独立には不十分なもので有り、大きく現状を変更するには足りなかった。 、マッキンリー大統領は内戦の終了を目的としてキューバへ米軍を派遣する権限を求める議案を議会に提出。 に議会はキューバの自由と独立を求める共同宣言を承認し、大統領はスペインの撤退を要求する為に軍事力を行使することを承認した。 これを受けて、スペインはアメリカとの外交関係を停止。 にはアメリカとスペインの間の戦争状態が以来存在することを宣言した(議会はその後、に戦争の宣言をさかのぼらせる議決を承認した)。 太平洋 [ ] フィリピン [ ] 「 (、)」も参照 フィリピンでの最初の戦闘は5月1日のである。 を出港した提督率いるアメリカ太平洋艦隊が、マニラ湾で()提督率いる7隻のスペイン艦隊を攻撃した。 6時間でスペイン艦隊は旗艦を含む3隻が沈没、4隻が炎上するなど壊滅状態に陥ったが、アメリカ艦隊の被害は負傷者7名のみとほぼ無傷であった。 の結果、フィリピンのスペイン海軍は壊滅したが、マニラでは1万人以上のスペイン陸軍が駐留していた。 海戦後にデューイと会談し、勝利の暁に独立させると約束されたフィリピン独立運動の指導者率いるフィリピンの民族主義者は、アメリカ軍の支援と相互連携してスペイン軍を攻撃した。 独立軍は1万人を超え、1898年6月にはルソン島中部を制圧し、アギナルドはフィリピン共和国の独立を宣言し、暫定政府を組織した。 アメリカ本国のマッキンリー政権はマニラ市を占領するためウェズリー・E・メリット()少将の指揮で大規模な派遣軍(正規軍5千人を含む2万人規模)を派遣した。 6月30日に派遣軍の先発部隊、7月半ばにはメリット少将も現地に到着し、8月にはスペイン軍に降伏勧告を行い、14日に休戦協定が決定した。 フィリピン人による報復を恐れたスペイン軍は、へフィリピン軍が入城しないことを降伏条件としており、スペイン降伏後のフィリピンの統治はアメリカが握ることとなった。 これは側からすると不満な結果であり、独立運動の対象はスペインからアメリカへ移り、へ繋がることとなった。 グアム島 [ ] 率いる キューバに駐屯していたスペイン軍は約 10 万を数えたが、サンチャゴ湾付近には 14,000 人ほどしか配置されていなかった。 アメリカの陸上兵力は義勇騎兵隊であるを含む約 17,000 人である。 陸上での大きな戦いは7月1日の ()と ()(サン・フアン・ヒルの戦い)だけだったが、要所であるサンフアン高地が陥落するなど一日で決着がついた。 この時ラフ・ライダーズ連隊の中佐としてサン・フアン高地の戦いを指揮し、戦争の英雄となったのがである。 米軍はガルシア将軍 によって率いられた独立支持者によってキューバで援助された。 7月3日にスペイン艦隊が湾外に脱出したところ、アメリカ海軍に捕捉され攻撃を受け沈没、座礁、降伏などで全滅した()。 米軍はスペイン艦隊を撃破しキューバ周辺のスペインに管理された水路を破った。 これはスペイン軍の再補給を妨げ米軍が相当兵力を安全に上陸させることを可能にした。 その後、サンチャゴ要塞に籠城したスペイン軍との間でサンチャゴ攻囲戦が続いた。 地上戦は、スペイン軍に対するよりも熱および疾病への対処の方が問題であった。 7月17日にサンチャゴ要塞は降伏。 7月21日には小規模なが発生し、アメリカ艦隊がスペイン艦を撃破した。 アメリカ軍は、8月7日にはキューバからの撤収を開始した。 秋山真之は報告書「サンチャゴ・デ・クーバの役」(極秘諜報第百十八号)において、米軍の前線部隊がハイチ島経由の海底電線の端末を用いてアメリカ本国と通信を交わしていたこと、仮の根拠地を作り軍需品の供給のスピードを高めていたこと、キューバ独立軍に兵器や食料を与えることにより米軍が独立軍の支援を受けていたことなど、兵站・後方支援に見るべきものがあったと強調している。 プエルトリコ [ ] 詳細は「 (、)」を参照 7月25日に、米軍はに上陸した。 影響 [ ] アメリカ軍管理下のキューバの独立 [ ] スペインは太平洋艦隊、大西洋艦隊を失い戦争を継続する能力を失った。 交戦状態はに停止した。 形式上の和平条約はにで調印され()、にアメリカ上院によって批准された。 アメリカはフィリピン、およびプエルトリコを含むスペイン植民地のほとんどすべてを獲得しキューバをとして事実上の支配下に置いた。 以降、アメリカのは飛躍的に拡大していき南北アメリカ大陸と太平洋からスペインの影響力が一掃され代わりにアメリカが入れ替わって影響力を持つというの移譲とも取れる流れになっている。 スペインは戦後、植民地を失ったために国力が低下し新興国家・アメリカにあっけなく敗れたことから欧州での国際的地位も発言力も同時に失った。 から始まった・のが破綻し、に支えられた新しい帝国主義へ完全に移り変わった瞬間とも取れる。 連邦議会は開戦前に、キューバの独立を支持してこれを討論の後承認した。 アメリカ軍はまでキューバを占領した。 南北間の和解 [ ] この短い戦争の、もう一つの興味深くほとんど注目されなかった影響はアメリカの北部と南部の関係を固める役目をしたということである。 この戦争は、のの終了以来初めて両側に共通の敵を与えた。 は北軍支持者と南部連邦支持者の間の和解の期間で、北部と南部の政治家の政治的な調和を増加させた。 人種差別の再燃 [ ] 1890年代はさらに、北部におけるの再燃との可決による白人と黒人の分離を増加させた。 それはのの最高裁判所による判決で最高潮に達して、その「分離すれども平等」主義を法律の中へ成文化した。 イエロー・ジャーナリズム [ ].

次の

建前と本音の米西戦争 : 塩はうまくてまずいです

アメリカ スペイン 戦争

2018年10月02日 07時00分 戦争よりも多く人を殺した「スペイン風邪」はなぜ未曽有の猛威をふるったのか? by 1918年から1919年にかけて大流行したスペイン風邪は感染者5億人、死者は5000万~1億人だといわれています。 第一次世界大戦の死者は 、第二次世界大戦の死者は であることから、戦争と同程度かそれ以上の大きな被害です。 これほどまでに多くの死者が出たのは感染力の高さ、そして5~10%という非常に高い死亡率が理由だと考えられています。 なぜスペイン風邪は未曽有の規模でまん延したのか、そして、このような大規模な病気の流行を防ぐには、何が必要なのかが に記されています。 しかし、初期のインフルエンザの症状は人には現れないことがあるので、最初に感染が報告されたAlbert Gitchellが患者第一号ではない可能性は大いにあるとのこと。 「最初にスペイン風邪が現れた場所」には、2018年時点で3つの仮説が存在します。 1つはイギリスのウイルス学者であるジョン・オックスフォード氏が提唱した説で、フランス北部の海岸・エタプレスにあるイギリス軍基地が始まりだというもの。 ここでは1916年に患者の顔色が青くなる膿性気管支炎の流行が報告されていました。 また、2004年にはジャーナリストのジョン・バリー氏が、1918年1月にアメリカ・カンザス州ハスケル郡でインフルエンザのような病気が小規模ながらも発生していたことを伝えており、これが軍事基地での流行に繋がったとしています。 さらに、歴史学者のマーク・ハンフリー氏は中国の山西省で1917年に深刻な呼吸器疾患が流行したことを挙げ、中国の労働隊がカナダを経由してヨーロッパに送られたことでスペイン風邪として広まったと主張しています。 by 起源については説が分かれているものの、スペイン風邪は3つの波で世界中に広がっていきました。 このうち、1918年に北半球で起こった第2波がもっとも深刻だったため、2018年の秋は「スペイン風邪100周年」にあたります。 ルイスビル大学の進化生物学者であるPaul Ewald氏は、第2波の世界的広がりと毒性の強さは、西部戦線での に起因しているとみています。 基本的にウイルスは、宿主が長生きすればするほど、他の人に感染する確率を上げられるため、感染が起こるにつれその毒性は弱くなっていきます。 しかし、若い男性が1つの塹壕に何日も何週間も押し込められた西部戦線では「感染が容易」「インフルエンザ以外で人が死ぬ可能性がある」という理由によって、通常時のような が起こりませんでした。 「いつホストの体が利用できなくなるかわからない」というリスクによってウイルスは「宿主の体の中で急速に増加し周囲に多くを巻き散らさせる」ように変化したとのこと。 そして、戦争に生き残った兵士たちは、毒性・感染力が高いウイルスと共に母国に帰りました。 1918年の休戦によってアメリカ・オーストラリア・カナダ・ニュージーランドの兵士たちが となったことでウイルスは一気に世界中に広まったといいます。 スペイン風邪の死者数を正確に推定するのが難しい理由は、当時、「ウイルス」という概念がまだ新しかったということにあります。 スペイン風邪の患者は喉の痛み・発熱・頭痛といった症状を経験し、悪化すると呼吸困難に陥りました。 しかし、多くの場合、実際の死因は免疫が落ちて によって肺炎が引き起こされたことにあり、世界中の多くの医師が患者の死因を「細菌による感染症」と見ていたのです。 by 分子レベルでスペイン風邪の について説明することは、現在でもできていません。 しかし、 氏の率いる研究グループが遺伝子配列を用いてスペイン風邪のウイルスを再建して研究を行うことで、その毒性について明らかにしようとしています。 ただし、このような研究は軍事へ適用される可能性が指摘されており、議論の的となっているのも事実。 一方で、Tumpey氏は研究によってより効果のあるインフルエンザワクチンが作成できる可能性を強調しています。 スペイン風邪の流行における驚きの1つが、20代や30代の人々が大きな被害にあったのに対し、通常はインフルエンザにかかりやすい高齢者が生き残る割合が高かったということです。 これは1889年にA型インフルエンザH3N8亜型が大流行したことで、子どもの頃にH3N8亜型への免疫が作られ、スペイン風邪のH1N1型に耐性を持たない世代が発生していたためだとみられています。 それとは対照的に高齢者たちは若い頃にH1N1型への「免疫刷り込み」が生じていたため、ウイルスに対して耐性があったわけです。 免疫刷り込みを理解することで、将来的にパンデミックを引き起こす可能性があるものが何かを予測すること、そして、より効き目のあるワクチンを作りだすことも可能です。 当時は船と鉄道が主な交通手段でしたが、現代は旅客機が存在し、また世界人口は1918年の4倍となり、そのうち半数は人口密度の高い都会で暮らしています。 パンデミックが発生するのに必要な条件はそろっていることからも、常に警戒していく必要があるとのことです。

次の