ブリ の 煮付け。 ぶりの煮付けのカロリーと栄養を詳細分析

ぶりの煮付けのカロリーと栄養を詳細分析

ブリ の 煮付け

由来・語源 魚へんに「師」とかくのは旧暦師走に美味であるからは俗説だと思う。 『魚鑑』に〈唐韻(唐の時代に作られた発音の書)にいふ鰤(し)は老魚なり。 鰤(し)の字ぶりと訓す〉。 「ぶり」は大型になると脂が多く、死んでもあまり早く死後硬直しない。 だから手に持って「ぶらぶら」するために「ぶら」がブリに転訛したもの、ではないか。 大きさによって名前が変わる出世魚。 イナダから値段がつくが、小さいものは未利用魚(資料などになる)となることが多い。 年取魚は西日本(富山県・長野県・岐阜県・愛知県を境にして)のブリ、東日本のサケと、年取り魚は東西で分かれる。 粕汁の材料も西ではブリ、東ではサケが使われることが多い。 歳時記では冬だが、実際にはむしろ春の魚だ。 また瀬戸内海などではハマチといわれる50センチ以下の若魚を尊ぶ。 このハマチの養殖が香川県で大正から昭和にかけて始まった。 これが海水養殖の始まりとなる。 そのため、ハマチは養殖魚の代名詞ともなっていた。 この養殖はますます盛んとなり、現在ではスーパーなどにも年間を通して並び、養殖ブリの切り身のない日はないといった状況になっている。 安いこともあり、刺身、照り焼きなど、総菜としても人気がある。 養殖魚もいいのだが、幼魚から成魚にかけて味が変わり、また季節によっても味が変わる。 これをもっと楽しんでもらいたい。 いなだ 石川県。 ブリを開いて干し上げたもの。 酒などに浸して食べる。 塩ぶり 富山県などで作られる。 これが岐阜県飛騨地方に送られて「越中鰤(えっちゅうぶり)」と呼ばれるようになり、飛騨から長野県などに運ばれて「飛騨鰤(ひだぶり)」と呼ばれるようになり年取りの魚となる。 塩ぶり 岡山県倉敷市や備中町(現高梁市)では正月に塩ぶりを食べる。 開き干し 静岡県などで作られている。 わかし、いなだ(若魚)クラスを開き干しに。 みりん干し 島根県松江市。 小振りのものを半身にしてみりん干しに。 粕漬け 天然ブリを粕漬けにしたもの。 非常に味がいい。 『山下水産(福井県越前町)』 ふくらげの飯ずし 「ふくらげ(ブリの若魚)」を塩漬けにし、糀、ご飯、にんじんなどと漬け込んだもの。 『千春丸(青森県鰺ヶ沢町 海の駅 あじ・彩・感)』 ぶり味噌煮 意外に珍しいのではないだろうか? 缶詰とは思えない美味しさだ。 『気仙沼ほてい(宮城県気仙沼)』 三陸産ぶり 西京漬け やや甘めの味つけながら、ブリ自体が上質でとても美味しい。 [阿部長商店 岩手県大船渡市] 季語歳時記/冬 歳暮鰤 年末年始の贈答用などとしても重要。 糸魚川静岡構造線の東西で別れ、東はサケ。 また前田家(石川県、富山県)では初代前田利家の頃から年取り魚としてブリをお歳暮に送る習慣があった。 こては現在でも娘が結婚すると、その年は嫁ぎ先と、仲人に大きなブリをそれぞれ1尾送るならわしがある。 嫁ぎ先ではこの半身を嫁の実家に返した。 嫁御どのぶり、婿どのぶり 「年末、大きな盬鰤が、勝手元にぶら下ると、すっかりゆたかな気持になったもので、新しい嫁先から、年末のつけ届け「嫁御どのぶり」「婿どのぶり」のしきたり、大きく吊された魚を、そんな家の奥に見出すのはほほ笑ましく、なんと巧い名前にしたものかと、感じ入ったものも子供時代のなつかしい思い出」(中村汀女 1900〜1988 熊本県飽託郡画図村[現熊本市])『ふるさとの料理』(近藤永之介ほか 中央公論社 1955) 嫁ぶり・嫁さんぶり 嫁ぎ先の家から嫁の実家にブリを1本丸ごと送った。 これ嫁の実家では「押しずし」にして重箱に詰めて親戚縁者に配った。 [島根県松江市/] 年取り魚・正月魚 主に西日本で年取りの魚となる。 徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)・徳島市などでもブリを年末、正月に塩焼きにして食べた。 恵比須と塩鰤の尾鰭 12月31日「恵比須大黒のほこらの前には鰤のヒレが一切皿にのせてそえてあった。 どうぞ来年はヒレだけではなく、切り身が供えられるようにしてくださいという願いであったと思う」『松本そだち』(丸山太郎 秋櫻舎 増補復刻版 2011) 飛騨鰤 「年越し肴はぶりで、昔は牛の背で富山から飛騨高山を通って来たので『ひだぶり』と呼んでいた。 」、「ゆでたぶりに人参、大根のなますが付いた」。 『松本そだち』(丸山太郎 秋櫻舎 増補復刻版 2011) 鰤街道 越中富山(富山湾)水揚げされたブリは山越えで飛騨(岐阜県)、信州(長野県)まで運ばれた。 この輸送路をさす。 越中鰤、飛騨鰤 飛騨では越中からくるブリを「越中鰤」、信州では飛騨から送られてくるブリを「飛騨鰤」という。 としとり 岐阜県古川(岐阜県飛騨市古川町)では〈正月よりもむしろこの「としとり(年取、大晦日)」に重きが置かれる。 300年以上の歴史を持つ、歳の市。 岡山県真庭市下呰部] 協力/長尾桂一郎さん(徳島県海部郡海陽町宍喰)、二宮定置(神奈川県小田原市)、福畑敏光さん(長崎県平戸市度島) 『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『鰤のきた道』(市川健夫 松本市博物館編 オフィスエム)、『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『あいちの水産物 ハンドブック100』(愛知県農林水産課)、『ふるさとの料理』(近藤永之介ほか 中央公論社 1955)、『宍喰の民俗』(徳島県文化振興財団 2004)、『松本そだち』(丸山太郎 秋櫻舎 増補復刻版 2011)、『酒と肴の文化地理 大分の地域食をめぐる旅』(中村周作 原書房)、『松江食べ物語』(荒木英之 山陰中央新報) 地方名・市場名 [?].

次の

俺のブリの煮つけ(フライパンで煮魚!) 野永 喜三夫シェフのレシピ

ブリ の 煮付け

SPONSORED LINK ぶりのあら煮臭みがなくなる下処理 次は「ぶりのあら煮臭みがなくなる下処理」を紹介します。 ぶりのあら煮臭みがなくなる下処理 材料 ぶりのあら・・・・2パック 牛乳・・・・・・・50cc しょうが・・・・・30gくらい しょうゆ・・・・・大さじ2 みりん・・・・・・大さじ2 酒・・・・・・・・大さじ2 ブリの臭い取りの下処理について調べてみると 色々やり方はありました。 こちらは牛乳を使って 臭みを取っています。 できるだけ下処理をしてから 調理するようにしましょう。 シェフ直伝ぶりの下処理ぶり大根などに 次は「シェフ直伝ぶりの下処理ぶり大根などに」を紹介します。 シェフ直伝ぶりの下処理ぶり大根などに 材料 ぶり400g 塩小さじ1 ブリ大根も美味しい料理ですよね~ 大根が柔らかく ブリの旨味を吸ってくれて 美味しくなります。 鰤のアラ煮豆腐 次は「鰤のアラ煮豆腐」を紹介します。 鰤のアラ煮豆腐 材料 (2人分) 鰤のアラ・・・300g 酒・・・・・・大め 生姜・・・・・ひとかけ 砂糖・・・・・適量 醤油・・・・・少々 豆腐・・・・・一丁 ブリのあらだと 値段も安いので ボリュームのある料理になります。 骨があって食べにくいですが 骨近くに栄養があると聞いた事があるので あらの方がいいかもしれませんね。 ブリカマの煮付け 次は「ブリカマの煮付け」を紹介します。 ブリカマの煮付け 材料 (2人分) 鰤のカマ・・・2切れ 水・・・・・・150cc 酒・・・・・・100cc 砂糖・・・・・大さじ3 みりん・・・・大さじ1 しょうゆ・・・大さじ3 生姜薄切り・・1片分 ブリのかまがの脂が好きな人多いですよね~ 酒のおつまみにもぴったりです。 SPONSORED LINK すき焼きのタレで簡単鰤のアラ煮 次は「すき焼きのタレで簡単鰤のアラ煮」を紹介します。 すき焼きのタレで簡単鰤のアラ煮 材料 (1~2人前) 材料 鰤のアラ・・・・・・200g~250g程度 長ネギ 1cm幅の斜め切り 3~4枚 生姜 スライス ・・・3~4枚 塩・・・・・・・・・・少々 煮汁 すき焼きのタレ・・・・お玉1杯 日本酒お玉・・・・・・1杯 水お玉・・・・・・・・1杯 味付け簡単 焼肉のタレで作ってみませんか? 照り焼き風 次は「照り焼き風」を紹介します。 照り焼き風 材料 (2〜3人) ブリのあら・・・5〜6個 酒・・・・・・・200cc しょうゆ・・・・50cc みりん・・・・・50cc 砂糖・・・・・・大さじ1 スライスしょうが・・3枚 コトコト煮て 照り焼き風に作っても美味しそう~ ぶりのあら煮梅風味 次は「ぶりのあら煮梅風味」を紹介します。 ぶりのあら煮梅風味 材料 (3~4人分) ぶりのあら・・・・2パック 梅干し・・・・・・大 4個 醤油・・・・・・・大さじ4 砂糖・・・・・・・大さじ2 みりん・・・・・・大さじ2 酒・・・・・・・・大さじ4 水・・・・・・・・1カップ ご飯に良く合いそうな 梅の味付け! ご飯がすすみそうです。 お勧めのレシピ ぶりのあら煮・大根、こんにゃく入り 次は「ぶりのあら煮・大根、こんにゃく入り」を紹介します。 ぶりのあら煮・大根、こんにゃく入り 材料 (ぶりのあら400g分) ぶりのあら・・・・400g 大根(皮つきで)・400g こんにゃく・・・・1枚 生姜(飾り用) ・1片 ゆずの皮・・・・・4㎝位 煮汁 水・・・・・・600cc 酒・・・・・・200cc 砂糖・・・・・大さじ2.5 濃口醤油・・・70cc みりん・・・・大さじ1,5 下処理(ぶりのあら) 塩・酒・・・・適量 鍋で熱湯・・・適量 洗う水・・・・適量 下処理(こんにゃく) 塩・・・・・・適量 茹でる熱湯(鍋で)適量 下処理(大根) 米のとぎ汁または水・適量 洗う水・・・・・・・適量 たっぷり作りたい時はこのレシピです! ブリのあらは いつも店にある商品ではありません。 次の日には売ってない事も! 今日の料理が決まっていないなら ブリのあらを使った料理 作ってみましょう~ SPONSORED LINK•

次の

魚の煮付け日持ちってどのくらい?冷凍保存はできるの?

ブリ の 煮付け

SPONSORED LINK ぶりのあら煮臭みがなくなる下処理 次は「ぶりのあら煮臭みがなくなる下処理」を紹介します。 ぶりのあら煮臭みがなくなる下処理 材料 ぶりのあら・・・・2パック 牛乳・・・・・・・50cc しょうが・・・・・30gくらい しょうゆ・・・・・大さじ2 みりん・・・・・・大さじ2 酒・・・・・・・・大さじ2 ブリの臭い取りの下処理について調べてみると 色々やり方はありました。 こちらは牛乳を使って 臭みを取っています。 できるだけ下処理をしてから 調理するようにしましょう。 シェフ直伝ぶりの下処理ぶり大根などに 次は「シェフ直伝ぶりの下処理ぶり大根などに」を紹介します。 シェフ直伝ぶりの下処理ぶり大根などに 材料 ぶり400g 塩小さじ1 ブリ大根も美味しい料理ですよね~ 大根が柔らかく ブリの旨味を吸ってくれて 美味しくなります。 鰤のアラ煮豆腐 次は「鰤のアラ煮豆腐」を紹介します。 鰤のアラ煮豆腐 材料 (2人分) 鰤のアラ・・・300g 酒・・・・・・大め 生姜・・・・・ひとかけ 砂糖・・・・・適量 醤油・・・・・少々 豆腐・・・・・一丁 ブリのあらだと 値段も安いので ボリュームのある料理になります。 骨があって食べにくいですが 骨近くに栄養があると聞いた事があるので あらの方がいいかもしれませんね。 ブリカマの煮付け 次は「ブリカマの煮付け」を紹介します。 ブリカマの煮付け 材料 (2人分) 鰤のカマ・・・2切れ 水・・・・・・150cc 酒・・・・・・100cc 砂糖・・・・・大さじ3 みりん・・・・大さじ1 しょうゆ・・・大さじ3 生姜薄切り・・1片分 ブリのかまがの脂が好きな人多いですよね~ 酒のおつまみにもぴったりです。 SPONSORED LINK すき焼きのタレで簡単鰤のアラ煮 次は「すき焼きのタレで簡単鰤のアラ煮」を紹介します。 すき焼きのタレで簡単鰤のアラ煮 材料 (1~2人前) 材料 鰤のアラ・・・・・・200g~250g程度 長ネギ 1cm幅の斜め切り 3~4枚 生姜 スライス ・・・3~4枚 塩・・・・・・・・・・少々 煮汁 すき焼きのタレ・・・・お玉1杯 日本酒お玉・・・・・・1杯 水お玉・・・・・・・・1杯 味付け簡単 焼肉のタレで作ってみませんか? 照り焼き風 次は「照り焼き風」を紹介します。 照り焼き風 材料 (2〜3人) ブリのあら・・・5〜6個 酒・・・・・・・200cc しょうゆ・・・・50cc みりん・・・・・50cc 砂糖・・・・・・大さじ1 スライスしょうが・・3枚 コトコト煮て 照り焼き風に作っても美味しそう~ ぶりのあら煮梅風味 次は「ぶりのあら煮梅風味」を紹介します。 ぶりのあら煮梅風味 材料 (3~4人分) ぶりのあら・・・・2パック 梅干し・・・・・・大 4個 醤油・・・・・・・大さじ4 砂糖・・・・・・・大さじ2 みりん・・・・・・大さじ2 酒・・・・・・・・大さじ4 水・・・・・・・・1カップ ご飯に良く合いそうな 梅の味付け! ご飯がすすみそうです。 お勧めのレシピ ぶりのあら煮・大根、こんにゃく入り 次は「ぶりのあら煮・大根、こんにゃく入り」を紹介します。 ぶりのあら煮・大根、こんにゃく入り 材料 (ぶりのあら400g分) ぶりのあら・・・・400g 大根(皮つきで)・400g こんにゃく・・・・1枚 生姜(飾り用) ・1片 ゆずの皮・・・・・4㎝位 煮汁 水・・・・・・600cc 酒・・・・・・200cc 砂糖・・・・・大さじ2.5 濃口醤油・・・70cc みりん・・・・大さじ1,5 下処理(ぶりのあら) 塩・酒・・・・適量 鍋で熱湯・・・適量 洗う水・・・・適量 下処理(こんにゃく) 塩・・・・・・適量 茹でる熱湯(鍋で)適量 下処理(大根) 米のとぎ汁または水・適量 洗う水・・・・・・・適量 たっぷり作りたい時はこのレシピです! ブリのあらは いつも店にある商品ではありません。 次の日には売ってない事も! 今日の料理が決まっていないなら ブリのあらを使った料理 作ってみましょう~ SPONSORED LINK•

次の