すき家 モバイル オーダー。 2重取りもok!すき家で貯まるポイント・使えるポイントカードの種類と3つの注意点まとめ

すき家のアプリで注文・決済がスムーズに。モバイルオーダー導入のメリットとは

すき家 モバイル オーダー

クーポンで食べてみた すき家のクーポンの情報が先に見たい方は、まで移動してください。 うな牛あさり汁おしんこセット 2020年4月1日 水 から新発売された『うな牛あさり汁おしんこセット』を食べてみました。 うな牛 並盛 あさり汁おしんこセットは1,150円ですが、秋のあさり汁フェアで160円安く、さらにで70円割引になったので最終的には920円になりました。 うなぎ商品は高めなので少しでも安くなるのはありがたいですね。 こちらがテイクアウトした『うな牛あさり汁おしんこセット』です。 ふっくらと香ばしいウナギと牛丼のお肉がしっかり入っています。 味のアクセントにちょうど良い「おしんこ」と期間限定の「あさり汁」です。 あさり汁は結構大きめの容器に入っています。 あさりは写真では見えませんがちゃんと入っていますよ。 あさり汁からあさりを出してみたところです。 意外と沢山あさりが入っていました。 あさりの旨みがハンパなく美味しいです。 黒毛和牛すき焼き丼 2019年11月6日 水 から新発売された『黒毛和牛すき焼き丼』を食べてみました。 本当は『黒毛和牛すき焼き膳』が良かったのですが、テイクアウトできないメニューなので、『黒毛和牛すき焼き丼』780円にサイドメニューの「おんたま」80円と、「みそ汁」80円を追加してみました。 合計940円のところ、で70円割引になったので最終的には870円になりました。 ちょっと贅沢なメニューですね。 こちらが『黒毛和牛すき焼き丼』です。 綺麗にすき焼きが盛り付けられています。 意外と脂がのった黒毛和牛がしっかり入っていて嬉しいですね。 たまごを溶いて黒毛和牛に絡めたらすごく美味しそうです。 という事で「おんたま」をのせて食べてみます。 黒毛和牛特有の甘みと旨みがあり、割下のタレとたまごがマッチして贅沢なすき焼き丼になりました。 寒くなってきたこの季節にピッタリの『黒毛和牛すき焼き丼』。 クーポンを使ってお得に食べてみてくださいね。 クーポンや割引でお得に利用する方法 ここからはすき家をお得に利用するクーポンなどの情報を紹介します。 すき家のSuki passクーポン すき家では2020年6月1日 月 より、お得な「Suki pass」という6月30日 火 まで何度でも使えるパス形式クーポンを販売しています。 牛丼・オニオンサーモン丼・カレー・うな丼・うな牛が期間中は何度でも70円引きになるクーポンです。 店内とテイクアウト両方に使え、一回の会計で3食まで利用できますよ。 第23弾より「うな丼」「うな牛」にも利用できるようになりました。 がおススメです。 他にも、牛丼ライト・お子様牛丼・お子様カレーも対象になりますが牛皿、牛皿定食、うな皿は対象外です。 「Suki pass」の購入方法 「Suki pass」の購入方法ですが、店内で食事する場合は下記の写真のようにSuki pass購入カードがテーブルに置いてあります。 食事が終わったらこのカードをレジカウンターに持っていけば「Suki pass」を購入できます。 Suki pass購入カード テイクアウトの場合は直接レジに行き、「Suki pass」を購入したい旨を伝えます。 下記はすき家のレジカウンターです、券売機では無く対面式のレジになります。 レジカウンター まずSuki passを200円で購入します。 その後、Suki passを提示して会計もしくはテイクアウト商品を注文します。 下記は『うな牛あさり汁おしんこセット』のクーポンを利用し70円引きで購入した時の写真です。 レジカウンターのモニター このようにレジカウンターのモニターに青文字で「すきパス 70円」と割引金額が表示されているのを確認してください。 店内でもテイクアウトでも、どちらも場合でも初回から「Suki pass」を使って割引を受けられます。 1商品につき70円引きになるので3食購入すれば元が取れます。 お得になるなら迷わず購入してみてくださいね。 すき家公式アプリのクーポン すき家では公式アプリでクーポンを利用できます。 ただ、このアプリでは単にクーポンを表示して割引を受ける、といった使い方はできません。 クーポンを使用するには「モバイルオーダー」で注文する必要があります。 「モバイルオーダー」とは、レジに行かずにアプリから注文したい商品を選び、着席したテーブルに設置されたQRコードを読み取り決済すると、メニューが席まで運ばれてくるシステムです。 テーブルに設置されたQRコード 上の画像のように「すき家公式アプリでのご注文 決済はコチラ」と記載のあるQRコードが座席ごとに設置されています。 この「モバイルオーダー」を利用して商品を注文すると、クーポンがある場合は自動的に割引が適用されます。 ただ、今どの商品がクーポンでお得になっているのかは注文してみないと分からないですよね。 という事で、最新のクーポンを紹介します。 下記のメニューを「モバイルオーダー」で注文するか、レジでクーポン画面を見せれば利用できます。 最新のクーポンはこちら「こだわり丼 各種 50円引き」 出展:すき家 会計時にクーポン提示で「こだわり丼 各種」が3個まで50円引きになります。 持ち帰りにも利用できます。 「Suki pass」との併用はできません。 (株主優待券、すき家お食事券、ZSC特別お試し券のみ併用できます。 ) 有効期限は2020年7月3日 金 AM8:00までです。 クーポン画面を開く 出展:すき家 閉じる クーポン対象メニューは、うな丼商品、牛カルビ丼商品、オニオンサーモン丼、まぐろたたき丼、まぐろユッケ丼、とろうま豚中華丼、とりそぼろ丼、お子様とりそぼろ丼の全サイズです。 対象外のメニューは、うな皿、特うな皿、牛カルビ皿、牛カルビ定食、たまご単品、おんたま単品です。 次で紹介するになると最新のクーポンが届きますので登録しておく事をオススメします。 モバイルオーダーでどのように注文するかはで紹介しているので参考にしてみてください。 すき家 公式アプリについて詳しくはこちらからどうぞ すき家 公式アプリはこちら すき家では2019年10月16日 水 よりお得な牛丼ランチセットが開始されました。 クーポンを使わなくても最大80円お得になるワンコイン500円のセットです。 80円お得な「牛丼(並盛)・サラダ・みそ汁・たまご」のセットと、60円お得な「牛丼(中盛)・みそ汁」のセットがあります。 この牛丼ランチセットは店内限定で毎日11時から14時まで11月19日 火 まで実施しています。 さらに、すき家公式ツイッターでは牛丼ランチセットの発売を記念して、 500円分のお食事券が総計1,000名に当たるキャンペーンを実施しているので挑戦してみてはどうでしょうか。 店舗の紹介 すき家クーポンや割引が使用できるか調べたお店の紹介です。 すき家の2020年福袋 すき家の2020年福袋 すき家では福袋を販売していました。 すき家の2020年福袋を下記で詳しく紹介しています。 すき家 西新宿五丁目駅前店 『うな牛あさり汁おしんこセット』を購入したすき家 西新宿五丁目駅前店です。 西新宿五丁目駅を出てすぐの場所にある店舗です。 新宿中央公園からも近いので、お花見シーズンにはこちらでテイクアウトすると便利ですよ。 ちなみに道路を挟んで斜め前にはもあるのでそちらもおススメ。 住所:東京都新宿区西新宿四丁目3番12号 すき家 西新宿五丁目駅前店 すき家 新宿南店 新宿南口から新宿通りの方に向かって3分ほど坂を下った甲州街道沿いにある店舗です。 2階にはテーブル席があり駅に向かう人並みを眺めながら食事ができます。 住所:東京都新宿区新宿3-32-2 すき家 新宿南店 とても人通りの多い通りに面していますが、お店の前も綺麗に掃除されています。 角地なので日当たりも良く、24時間営業なので朝早い時間に朝食をいただくと気持ちが良いです。 終了したクーポンや割引 下記のクーポンや割引は終了しています。 総額1,000万ポイント山分けキャンペーン.

次の

モバイルオーダーの「SelfU(セルフ)」の詳細と導入方法について

すき家 モバイル オーダー

モバイルオーダーサービスとは すき家のアプリを利用できるディバイスにダウンロードすることで 事前に決めたオーダーや席で決めたオーダーをテーブルのQRコードを読み込むことにより即座に決済と注文が出来るサービスです。 簡単に言うとスマホやアンドロイドですき家の公式アプリをダウンロードして利用環境が整えば通常利用可能なサービスです。 iPhoneでもアンドロイドでもすき家公式アプリで検索しダウンロードすることで利用が可能です。 使い方 使い方はすごく簡単でスリーステップで完了!!• アプリを開く• 注文を決める• 支払い方法を選択しテーブルのQRコードを読み込む!! これだけです!! スマホのこの作業だけで注文と決済が完了してしまうのです! 初期設定 もちろん、アプリをダウンロードしたからと言ってすぐに利用できるわけではありません最初に簡単な初期設定が必要です、初期設定というと難しく思えるかもしれませんが支払い方法の設定です ZENSHOクーカアプリ ゼンショーグループで利用できるお得なポイントや支払いが出来るアプリです!すき家公式アプリと連携させることによりより便利に使えます。 クーカカードはその場で簡単に作ることも 現金やクレジットでチャージするることも可能なのですき家に限らずゼンショーグループをよく利用する人なら持っていて損はありません。 (2019年11月26日にCooCaマネーのチャージを終了となりました。 電子マネーの利用も2021年11月30日までとなります。 ) カードの登録はクーカカード裏面にあるカード番号とPIN番号をアプリのこの画面に打ち込むだけです!カードが手元にあれば1分で完了です、残高があればすぐに利用可能です。 Sukipass 期間中ならいつでも70円引きのSukipas(スキパス)はこのアプリではすごく簡単に購入できます!ホーム画面のスキパスをクリックするとすぐにこのような画面になります。 OKを押すと決済され購入完了になりますが、注意点が表示の通り アプリで購入した場合Sukipass スキパス)はモバイルオーダーででしか利用できません!! 通常時にもモバイルオーダーでも両方使うためには通常のスキパスを購入して登録するほうがいいですね Sukipass(スキパス)の登録 スキパスのQR コードを読み込みだけで登録可能!! 通常のスキパスを持っている場合はQRコードで連携することが出来ます。 1分で牛丼並つゆだくがテーブルに届きました! 文章にするとややこしく感じますが、アプリを起動し電車移動中に牛丼、つゆだく並を選択して店内に入りテーブルのQRコードを読み取り牛丼が出てくるまで約1分とかなり早く感じました、そして今回は牛丼が届くと同時に会計も終了しているので食べ終わるとレジに行く必要もないのです。 会計済み伝票 定員さんが牛丼提供時に 会計済みを確認できる伝票も一緒にもらえます、正直初めて利用したのでちゃんと決済出来ているのか支払い済みのレシートで確認!! ちゃんと支払っているのかを定員さんに再度確認してのでレジ素通りすると定員さんのありがとうございました!!という声にほっとしました(笑) まとめ 今回利用して思ったのはクレジットカードやCooCaを利用するならかなり便利なアプリで、すき家公式アプリを使うだけで注文内容や割引クーポン、Sukipassuなども自動で割引対象になります。 使う側としては一番安くなる方法で最速に注文と決済ができ、 クレジットカードやCooCaカードで決済済みなのでレジで並んだりすることなく、テーブルで注文と会計を済ませることもできます。 支払いで現金のやり取り、電子マネー支払いでも一度店員さんとのやり取りがレジで必要ですがこのモバイルオーダーならお店に入ってお店を出るまで一切注文や支払いのやり取りは必要ないので お持ち帰りでも商品を受け取るだけと超便利です。 また、牛丼注文時につゆだくやつゆ抜きを注文するのに言いにくいという知人も結構いますので前もって選択できるのはすごく便利ですね。 (情報はあくまでも記事記載時のものなので詳細は公式ホームページご確認ください。

次の

すき家アプリ・モバイルオーダーの使い方!注文から会計・決済方法までを解説!

すき家 モバイル オーダー

スポンサードリンク 「モバイルオーダー」で注文する 「モバイルオーダー」は「すき家」アプリから行います。 下段の真ん中から「注文」します。 最初にカテゴリーから商品を選びます。 牛丼やスイーツ、朝食やサイド商品などで分かれています。 続いて注文をカスタマイズしていきます。 この画面になると、初めてごはんサイズが選べるとか、玉子をおしんこに変更できるといったことに気づく人もいるのではないでしょうか。 「トレイに乗せる」でカートに進みます。 カートでは商品の選択を続けるか、それでOKなら「QRコードを読み取る」をタップします。 クレジットカードを設定しなければ、初回にクレジットカードを登録します(3Dセキュア対応のクレジットカードのみ登録可能)。 「QRコードを読み取る」をタップするとカメラが起動し、テーブル上にあるQRコードを撮影すれば決済&注文完了です。 各テーブルにはQRコードのシールが貼られています。 アプリからこのQRコードを読み取ると注文が完了となります。 カメラが起動してテーブル上のQRコードを読み込もうとしているところです。 けっこう簡単に読み取りします。 あっという間です。 今回はクルマで「すき家」に行ったため、念のため駐車場で注文を選んでおきました(クレジットカードの登録含む)。 店内に着席し、テーブルにQRコードがあることを確認し、それを撮影して決済&注文が完了しました。 店員さんは水を運んできて「注文が決まったらボタンを押してください」と言って去っていくので、その後にアプリで商品を選んで、QRコードを撮影というのが自然な流れになるでしょう。 「モバイルオーダー」で注文が届く 今回は「鮭朝食」をオーダーしてみました。 注文後にどんなオペレーションになるのかとワクワクしていたのですが、すぐに「鮭朝食」が出てきました。 QRコード読み取りから商品が出てくるまでが本当にファストフードです。 商品が運ばれてきた際に「帰りに伝票を店員に見せてください」と言われたのですが、伝票を確認すると「会計済」と大きく書かれていました。 食べ終わった後は、会計済みの伝票を店員さんに見せて退店しました。 2回目のモバイルオーダー 最初とは違う店舗で、2回目のモバイルオーダーを試してきました。 注文して料理が届くところまでは一緒でしたが、今回はテーブルに伝票は置いていかれませんでした。 そのため、食べて「ごちそうさま」と言いながら退店したところ、特に呼び止められることなく終了しました。 忙して時間帯ではないので「モバイルオーダーで支払いまで完了している客」というのは分かりやすいのだと思います。 今度は、混雑している時間帯にモバイルオーダーを試してみたいと思います。 3回目のモバイルオーダー 2回目と同じ店でモバイルオーダーしてきたのですが、さらにオペレーションが変わっていました! 恐らく、食べ終わった後のオペレーションが分かりにくい(店も客も)というクレーム(?)が多かったのではないかと思われるのですが、モバイルオーダー決済済みのプレートが用意されていました。 食事が運ばれてくるのと同時に「モバイルオーダー決済済み」というプレートが、伝票と一緒に届けられました。 「お帰りの際はこちらのクリップと伝票をレジ周辺の返却BOXへお入れください」と書いてあります。 食後にレジまで行ってみました。 「モバイルオーダー専用 会計済み伝票返却BOX」というものが用意されていました! ここに先ほどのプレートと伝票を入れれば終了です。 これだと店員さんも料理を出せば終了ですし、お客さんも食べて「どうやって帰ったらいいんだろう?」と悩む必要がなくなりますね。 「モバイルオーダー」の感想 を沖縄で体験していたのでモバイルオーダー自体は初めてではなかったのですが、それでもスマホアプリの中で注文&決済が完了するというのは、新鮮な体験に感じました! ファストフードというのは注文にハードルを感じる人もいると思うんですね。 メニューが多種多様で。 そういう人の不安も解消してくれるのがスマホアプリだと思いました。 「すき家」はクレジットカードで支払いも可能ですが、混雑している時間帯だと支払いの待ち行列ができることもあります。 それをスキップできるのも魅力になりそうです。 店側とすれば注文を受ける、決済をする、という手間がなくなるので、人手不足の店舗では「モバイルオーダー」が増えれば省力化に繋がりそうです。 そう考えると、今後はモバイルオーダーを促進するために、モバイルオーダー割引などのキャンペーンが行われる可能性は大いにありそうですね。 いずれにせよ、楽です。 楽すぎです。 ぜひ「すき家」で「モバイルオーダー」を試してみてください! 追記:マクドナルドの「モバイルオーダー」も全国で利用可能になったようです。 という記事を書きました。

次の