テニスの王子様 1話 youtube。 テニスの王子様 51話〜100話

テニスの王子様 1話〜50話

テニスの王子様 1話 youtube

前回に引き続き海堂・桃白ペアVSだーね(名前忘れた)・木更津ペア(聖ルドルフ学園)の試合。 スネイクを警戒しているところにブーメランスネイクを海堂が決め、再び試合会場を沸かせました。 流石に雰囲気も良くなってきて桃白もほめます。 ケンカしつつもやっぱり良いペアということなのでしょうか。 青学のペースになって一安心かと思いきや、聖ルドルフの木更津、ブーメランスネイクがコートの端の方でなく、センターに返球することでブーメランスネイクを防ごうとします。 ですね。 大抵、ポイントを取ったり取られたりするときはエースやスマッシュではなく、ミスが多いです。 しかし、そう簡単にミスしないプレイヤー同士の試合になってくると、相手の得意球や戦略に対してどのように対応するかというのが大切になってきます。 ポーチに出れば点を取れる球も、あえて勝負を分けたり、流れを引き込めそうなタイミングまで残して置き、勝負所でポーチに出てみたりと、テニスしつつも、お互いの手札を出し合うカードゲームをしているような気分になってくるんですよね〜 と思っていたら「そんな勝ち方はつまらない!」とか言って海堂にブーメランスネイクを打たせる木更津。 結構アツイ選手でした。 そしてスライス回転でロブを上げて桃白のミスを誘う。。。 はずが、ダンクスマッシュがだーねの顔面に直撃して棄権により勝利。 最初からこれ狙ったほうが早そうw 続いてダブルス1の試合、大石・菊丸ペアVS赤澤・金田ペアに移ります。 負けたら3年が引退するというわりかし重い団体戦中に昼寝するリョーマ。 応援しないまでは良いとしても昼寝はさすがに。。。 w わざわざそんなリョーマを呼びにきた1年生達。 そんなことをしている間に全国大会で2回戦まで進む実力を持つ大石菊丸に対して先に2ゲーム先取する赤澤・金田。 作戦は菊丸の苦手なコースを集中的に狙うというもの。 シンプルだけど効きそうです。 そして、それに対して回り込んで得意な打ち方で返す菊丸。 ボレーだからまだわかるけど、バックにわざわざ回り込むのも珍しいですね。 ダイビングボレーがアウトになり、大石が声をかけるも、暑さからか菊丸の集中力が落ちている状況に気づきます。 さらに、バックハンドをわざとラケットのフレームに当てて返球することで球をブレさせることで動体視力の良い菊丸を疲れさせることが目的だと明かされます。 その後も菊丸を集中攻撃する赤澤。 ボレー後に体勢を崩した菊丸に対して「くたばれ!」とか言いつつ強打。 しかし、大石のムーンボレーが出たところで今回は終了。 各キャラに必殺技的なのが当て良いですね!.

次の

テニスの王子様 51話〜100話

テニスの王子様 1話 youtube

前回に引き続き海堂・桃白ペアVSだーね(名前忘れた)・木更津ペア(聖ルドルフ学園)の試合。 スネイクを警戒しているところにブーメランスネイクを海堂が決め、再び試合会場を沸かせました。 流石に雰囲気も良くなってきて桃白もほめます。 ケンカしつつもやっぱり良いペアということなのでしょうか。 青学のペースになって一安心かと思いきや、聖ルドルフの木更津、ブーメランスネイクがコートの端の方でなく、センターに返球することでブーメランスネイクを防ごうとします。 ですね。 大抵、ポイントを取ったり取られたりするときはエースやスマッシュではなく、ミスが多いです。 しかし、そう簡単にミスしないプレイヤー同士の試合になってくると、相手の得意球や戦略に対してどのように対応するかというのが大切になってきます。 ポーチに出れば点を取れる球も、あえて勝負を分けたり、流れを引き込めそうなタイミングまで残して置き、勝負所でポーチに出てみたりと、テニスしつつも、お互いの手札を出し合うカードゲームをしているような気分になってくるんですよね〜 と思っていたら「そんな勝ち方はつまらない!」とか言って海堂にブーメランスネイクを打たせる木更津。 結構アツイ選手でした。 そしてスライス回転でロブを上げて桃白のミスを誘う。。。 はずが、ダンクスマッシュがだーねの顔面に直撃して棄権により勝利。 最初からこれ狙ったほうが早そうw 続いてダブルス1の試合、大石・菊丸ペアVS赤澤・金田ペアに移ります。 負けたら3年が引退するというわりかし重い団体戦中に昼寝するリョーマ。 応援しないまでは良いとしても昼寝はさすがに。。。 w わざわざそんなリョーマを呼びにきた1年生達。 そんなことをしている間に全国大会で2回戦まで進む実力を持つ大石菊丸に対して先に2ゲーム先取する赤澤・金田。 作戦は菊丸の苦手なコースを集中的に狙うというもの。 シンプルだけど効きそうです。 そして、それに対して回り込んで得意な打ち方で返す菊丸。 ボレーだからまだわかるけど、バックにわざわざ回り込むのも珍しいですね。 ダイビングボレーがアウトになり、大石が声をかけるも、暑さからか菊丸の集中力が落ちている状況に気づきます。 さらに、バックハンドをわざとラケットのフレームに当てて返球することで球をブレさせることで動体視力の良い菊丸を疲れさせることが目的だと明かされます。 その後も菊丸を集中攻撃する赤澤。 ボレー後に体勢を崩した菊丸に対して「くたばれ!」とか言いつつ強打。 しかし、大石のムーンボレーが出たところで今回は終了。 各キャラに必殺技的なのが当て良いですね!.

次の

テニスの王子様 51話〜100話

テニスの王子様 1話 youtube

ani. 困った青学は堀尾にレギュラージャージを着せ何とかエントリーする。 青学の緒戦の相手は鎌田中。 ストレートで勝ち進む青学に次の対戦相手の秋山三中は戦々恐々としている。 そこへ、一人の生徒が現れる。 青学は次の秋山三中との試合も順調に勝ち進むが、不二&河村、大石&菊丸ペアも口々に戦い辛い相手だったという。 乾はそれに疑問を持つ。 リョーマの試合も順調に進むが、それを見ている一人の男がいた。 それは聖ルドルフ学園マネージャーの観月だった・・・。 youtube. youtube.

次の