ひと よ ネタバレ。 『ひとよ』あらすじ・キャスト・感想【ネタバレ】・動画配信サイト紹介

映画『ひとよ』ネタバレ感想と評価。結末のカーチェイスは原作にはない家族のあり方を見事に表現

ひと よ ネタバレ

ひと夜婚・最新15話のネタバレ 幼い美森と一狼は綾人の邸宅に遊びに行きます。 そこで使用人に丁重に扱われる美森ですが、一狼は歓迎されません。 「それなら結構」と美森は言い放ち、一狼と共に正面玄関を去ります。 「裏口は手薄なのよね」と悪びれもなく邸宅の裏口へ。 美森は一狼が町の人からあからさまに避けられてることが嫌だと話します。 そして自分はいつだって一狼の味方だと言い、いつかこんな裏口から入らなくて済むようにすると笑いかけました。 そんな男前な美森に見惚れる一狼。 裏口から使用人の目をくぐって邸宅に忍び込み、綾人のもとへ向かいました。 2人の様子を気付いていた綾人はにっこり笑い、美森は助けてくれればよかったのにとふくれっ面。 しかし綾人はクールに「一時的に僕が助けてもダメ。 町の革新がいる」と分析します。 そして 美森も綾人も、一狼が大好きなんだと互いを抱きしめ合いました。 そして場面が変わり、現在の綾人の腕に抱かれる美森。 その手は怪我をしていて、綾人が手当してくれたようです。 話は3時間前に遡り、綾人の策略で美森は正式な妻として迎えられます。 今の妻はお払い箱だという綾人の言葉に、美森さえいなければと思った綾人の妻は 美森を飾られたナイフで刺してしまいました。 彼女は今、綾人の指示で地下に閉じ込められてしまいました。 そのことを非難する美森ですが、その時、一狼が2人のもとへやってきました。 昔通った裏口のルートを使って来たのです。 綾人は一狼の浅知恵で美森が怪我をした、狼の血族なのに贄姫を手にしようとした身の程を知れと言い放ちます。 そして美森を自分から奪った一狼に今までの恨みを怒鳴りつけ、激しく怒る綾人。 それよりも早く美森を病院に連れて行こうと傷を心配する一狼。 しかし綾人は拒否します。 美森を屋敷からはもう出さないと。 説得を試みる一狼ですが、それを遮って綾人は 「お前は絶対美森を連れていくことはできない」と断言して突き放します。 そして突然綾人は一狼に勝負を持ち込みます。 一狼に真剣を渡し、本物の矢じりを弓で弾く綾人。 2人の制止も聞かず、美森に矢を放つ綾人に、とっさに一狼は真剣の鞘で美森を守ります。 何度も矢を放つ綾人、ボロボロの一狼。 そして綾人の口から 「美森はこの町から出ていけば死ぬ」という運命が語られます。 その運命を聞かされても一狼と一緒にいたいと願う美森ですが、 一狼は拒みました。 「お前を失うのが怖い…」 いつか迎えに行くと約束する一狼と本当にそうなのか不安で泣く美森。 そして、その後、一狼は町を去り、美森は綾人の邸宅で暮らすことになりました。 そんな日々でも一狼が恋しくて苦しい美森。 一狼は果たして迎えに来てくれるのでしょうか…? ひと夜婚の最新話を無料で読むには?! 『ひと夜婚』の最新話を今すぐ読みたい方は 動画・漫画配信サービス「U-NEXT」をお得に利用する方法が最もオススメ! 「解約できなかったらどうしよう?」「本当に料金かからない?大丈夫?」と心配になる方も多いと思いますが、 U-NEXTは31日間もの間無料で沢山の動画や漫画が見放題。 31日間の間に解約をすれば一切料金が発生しません! さらに、U-NEXTのお得な点を上げると、今なら 無料登録したと同時に600ポイントがもらえます。 つまり、 無料登録すれば31日間の間は『見放題作品』と『ポイントレンタル作品 600円分 』が無料で読めてしまうんですね! 数週間使用してみて、「なんだか自分には合わないかも…」と思ったらアカウントページにある【解約】というボタンを押せば、 簡単に解約できるので、お試し感覚で是非チェックしてみて下さいね! ひと夜婚・最新15話の感想 昔は仲が良かった3人がまぶしい…!運命は本当に残酷ですね。 今後3人の関係はどうなってしまうのでしょうか!? そして一狼は迎えに来てくれるのでしょうか!?次回の展開が気になって仕方ありません! 続きはこちら。

次の

映画『ひとよ』のあらすじネタバレは?キャストや監督、原作について徹底解説します!佐藤健主演映画!

ひと よ ネタバレ

映画『ひとよ』のあらすじとネタバレ C 2019「ひとよ」製作委員会 港町の大洗。 15年前の大雨のある夜、両親の帰りを待っていた高校生の兄・大樹、弟・雄二、妹・園子の前に母・こはるが帰ってきます。 母親は3人の子供に震える声で「お母さん、さっき……お父さんを殺しました。 」と伝えます。 その父親は子供たちに暴力を振るっていました。 こはるは子供たちを守るため父親を車で轢いたのです。 そして、15年後には必ず戻ってくると伝え、警察へ出頭します。 15年の時が過ぎ、雄二(佐藤健)は東京で大衆雑誌の編集者として働くフリーライターになっていました。 大樹(鈴木亮平)は地元の電気店の娘と結婚し、雇われ専務として働き、そして園子(松岡茉優)は美容師の夢を諦め、地元のスナックで働いていました。 3人の実家「稲村タクシー」は、親族が経営を引き継ぎ、嫌がらせを受けながらも「稲丸タクシー」として営業を続けていました。 その日も、酒もタバコもしない新人運転手の堂下(佐々木蔵之介)を雇用し、仕事を教えていました。 そして3人は事件の傷が癒えないまま、それぞれの日常を送っています。 ある日の夜、大樹と園子の前に母こはるが帰ってきます。 大樹は母親が帰ってきたことを雄二に電話します。 電話を受けた雄二は実家に帰省します。 何も変わらない実家を見た雄二は、父親に暴力を受けていた日々を回想します。 次の日の朝、朝ご飯の食卓を4人で囲みますがそこには会話がありません。 3人は突然帰ってきた母親を前に何を話して良いのかわかりませんでした。 こはるは、名前を変え守り続けてくれたタクシー会社の皆に恩返しをするため、再び働き始めます。 そんな母を雄二は冷めた目でみます。 大樹と園子は母親を迎えたものの、雄二だけは事件後の出来事から母親を許せないでいました。 雄二は事件のことについて記事を書き、公表したことで再び嫌がらせが始まります。 また大樹は妻の二三子(MEGUMI)と別居しており、上手くいってませんでした。 そして雄二の書いた記事を見た二三子は事件のこと、母親のことを秘密にされていたことに腹を立て、大樹と言い争いをします。 言い争いの中で頭に血が上ってしまった大樹は、妻を殴ってしまいます。 その暴力性を父親と重ねた大樹は、こはるに「母さんは立派だから、暴力を振るった僕を殺すのか?」と怒りをぶつけてしまいます。 その言葉に腹を立てたこはるは、15年前に雄二がエロ本を万引きした店屋で、エロ本を万引きします。 周りの謝罪もあり、通報は免れたこはるに対して、雄二は「周りを巻き込むな」と言います。 それを聞いていた稲丸タクシー会社の社長の丸井(音尾琢真)は「巻き込まれてやれよ。 行動でしか思いを伝えれない人だって知ってるだろ」と雄二を叱責します。 その言葉に3人は、こはるは血の繋がった母親であることを痛感します。 一方で、新人運転手の堂下は会社から給与を10万円前借りします。 その夜、堂下は別れた息子と会います。 次の日、出社した堂下はこはると昨夜のことを話し、「親というものは仕方がないもので、子供の行動ひとつに一喜一憂する」と言います。 堂下に一人の顧客が接触します。 その顧客は、以前ヤクザをしていた堂下の後輩でした。 そして堂下は覚醒剤の運び屋の送迎を依頼されます。 依頼当日、堂下は運び屋をタクシーに乗せます。 しかし送迎の途中、その運び屋が自分の息子であることに気がつきます。 C 2019「ひとよ」製作委員会 その夜、絶望した堂下はウイスキー片手にタクシーを運転し、こはるを連れ去ります。 それをたまたま目撃したタクシー運転手の同僚の牛久(韓英恵)は、タクシー会社に無線を入れます。 その無線を聞いた大樹、雄二、園子の3人は母親がまた自分たちの元からいなくなってしまうと思い、追跡に向かいます。 3人と堂下のカーチェイスの末、雄二は、こはると共に海に飛び込み自殺を図ろうとした堂下の車に車をぶつけ、間一髪のところで阻止します。 雄二は堂下に飛びかかります。 堂下は雄二に「母親を出版社に売ることで母親のせいにして逃げるな」と言います。 その言葉に対して、雄二は今まで心に秘めていた思いをぶつけます。 その思いは、「母親が罪を犯してまで作ってくれた自由・夢を捨てるわけにはいかない」「母親を踏み台にしてでも夢を叶えなきゃならない」と言ったものでした。 園子はこはるの髪を切るため、外でこはるを待たせ、ハサミを取りに行きます。 兄妹3人で外で待つこはるを見ると、日光に照らされ、まるで聖母のような穏やかな表情で空を見上げていました。 互いに家族の繋がりを確認し、それぞれが日常を過ごす日々に戻りました。 映画『ひとよ』の感想と評価 C 2019「ひとよ」製作委員会 2018年の過去作『孤狼の血』や、同じ年の『止められるか、俺たちを』などで、擬似家族のような関係性から人間の信頼関係のあり方を描いてきた白石監督が、今回制作した映画『ひとよ』は、 血縁関係の呪縛という新しい視点から家族を説いた秀でた作品と言っても過言ではありません。 本作品『ひとよ』では、ギリシャ神話にあるオイディプス王の父親殺しをきっかけに、家族4人の間に軋轢が生まれます。 シリアスとエンターテイメントのバランス C 2019「ひとよ」製作委員会 本作では、とても重くなりがちなテーマを扱いながらも、ユーモアとアクションを巧みに挿入していくことで、重くなりすぎず、伝えることは、しっかりと伝えるという白石監督の見事な手腕が光る作品です。 そして脚本もとても素晴らしい完成度になっており、張っていった伏線を回収することは当たり前とし、 物語の核心を映像表現で視覚的に訴えかける演出は、お見事としか言いようがありません。 ラストのカーチェイスからの車同士のクラッシュは原作にはない演出ですが、母親が乗った車と子供たちが乗った車をクラッシュさせることで 家族同士でも衝突がなければ互いの思いは理解し合えないことを表現しているのでしょう。 ここには並々ならないほどの白石監督の 映画だからこそできる情熱を感じました。 さらに白石監督の魅力の1つに、 俳優の演技を引き出すことの上手さがあります。 もちろん実力ある俳優陣をキャスティングしていますが、俳優の持つポテンシャル以上の力を引き出し、さらに上の段階に上げています。 血縁関係にない俳優陣に血を通わし、血縁関係にあるように錯覚させるほどとても魅力的なものにしています。 また、母こはる演じる田中裕子さんの演技には 目が離すことができないほどの迫力がありました。 しかし個人的に混乱する演出もあり、それは「回想と現実」「家族4人の視点」が繋がったシークエンスのまま展開されていくため、時間軸と視点の持ち主に混乱しました。 2020年には『孤狼の血』の続編も公開されるそうなので、白石和彌監督の今後のご活躍にも大いに期待しています。

次の

きみのすきなひと ネタバレ 39話!得体の知れない流とその言葉に困惑する樹

ひと よ ネタバレ

「あなたたちが生まれた夜、わたしがどんなに嬉しかったか。 」 どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。 それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。 そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った— 時は流れ、現在。 次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。 抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。 そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。 「これは母さんが、親父を殺してまでつくってくれた自由なんだよ。 」 15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。 やばいを超えてヤヴァイ.... ほんとに..... あの色気にあのシーンはもっとやばい........ モネちゃんも見たんだもんね...... 素朴な感想として、「万引き家族」でもそうだったが、環境要因的ヤンキーを演じさせたら松岡茉優さんに並ぶ役者は居ないのではと… コナミ感 — サ者 kingdom2mercy 今日はお休みだったので 観た。 paraviでチケットがあったので!とても重い内容だけど最初から最後まで引き込まれてた。 暴力の連鎖によってバランスが崩れてしまった家族のぶつかり合いを豪華な俳優陣の演技で魅せてくれる映画。 『凪待ち』の香取慎吾さんに続き、佐藤健さんのダーティーな魅力を引き出した白石和彌監督の審美眼は流石です。 — チャポカ chartpop696 映画「ひとよ」を観ました。 新たな出演作を観る度に印象の違う鈴木亮平という役者は本当に面白いな、と感心します。 この人が西郷隆盛を演じてくれたのは思い返すにつけ、嬉しいことでした。 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、佐々木蔵之介など、私が好きな役者が勢揃いした作品です。 しかし、そんな豪華俳優人たちを差し置いて、存在感を発揮していたのは田中好子さんでした。 子供たちのために、父親を殺す母親役を見事に演じています。 作品は家族の良さも十分に伝わる映画ですが、逆に家族の難しさも考えさせられる映画です。 家族だから起こる問題、逃げられない問題、そんな問題だらけの家族に向き合う人々が描かれています。 しかし、最後はやっぱり家族は素晴らしいと思わせてくれる映画でした。 そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。 そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。 失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。 警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。 不潔で下品な陣治に嫌悪感を抱きながらも、彼の少ない稼ぎに頼って働きもせずに怠惰な毎日を過ごしていた。 ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島。 彼との情事に溺れる十和子は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。 出典:『彼女がその名を知らない鳥たち』公式サイト.

次の