蒼井優。 蒼井優が魔性と言われる理由はなぜ?魔性とはどうゆう意味?

蒼井優

蒼井優

お笑いコンビ『南海キャンディーズ』の山里亮太と女優の蒼井優が電撃結婚してから、まもなく1年。 その仲睦まじい様子は、さまざまな形でメディアでも話題になっている。 蒼井優、山里亮太にネタ案まで提供!? 「昨年12月には、蒼井は普段から通帳を念入りにチェックしており、食材を買いに行く際には事前に安いスーパーを調べてから向かう、などといった主婦ぶりが女性誌で報じられました。 また、木曜の深夜1〜3時に放送のTBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』が終了する直前には、蒼井が愛車で迎えに来ることもあるといいます」(芸能ジャーナリスト) 山里と蒼井の仲のよさはもちろんだが、同じように注目されるのが、蒼井の倹約妻ぶりだ。 「例えば、駐車料金が上がらないように蒼井がダッシュで車を取りに行ったとか、クリーニングは仕上がって2日以内に取りに行くと200円安くなるから、旅行に行く前には出さない、といったエピソードは枚挙にいとまがない。 山里は自宅でテレビ番組を全録・検索できる高性能録画機『スパイダー』にトラブルが生じたため、カスタマーセンターに問い合わせたという。 丁寧な説明と、いくつものアドバイスをしてもらい試してみるものの、トラブルは解決せず。 そのうち、山里は単にスパイダーのコンセントが外れていることに気づき、コンセントを差した瞬間にすべて解決した、と大失態を告白した。 蒼井のこうした相手の立場や事情を慮(おもんぱか)る極めて常識的な感覚や、先に紹介した堅実な生活感は、現場でも見られるようで、 「 蒼井は研究熱心というか、凝り性な一面があります。 かき氷好きが高じて各地を食べ歩き、書籍を出版したこともそうですが、料理が得意なだけあって食材や料理法はかなり細かくチェックしているそうです。 きゅうりの青臭さが苦手という山里のために、サラダはきゅうりの代わりにブロッコリーやほうれん草で彩りをよくする、など工夫しながら、毎日のように手の込んだメニューを作っているそうです。 (取材・文/小窪 誠子).

次の

蒼井優のぬれば(濡れ場・ラブシーン)2本お見せます モテるしかわいい!

蒼井優

人気女優の蒼井優(33)との結婚を発表し、5日に2ショット会見を開いたお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が会見から一夜明けた6日、日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜前8・00)に生出演。 出演者やスタッフからの祝福を受け、あらためて喜びをかみしめた。 スポニチ本紙が結婚を報じた4日には、山里の親友の「天の声」として同番組に出演したが、この日は祝福の紙吹雪が舞う中、本人として登場。 会見では触れられなかった正式なプロポーズの言葉を公開した。 2人きりの初めてのデート。 誘い文句は「(テレビ番組の)『テラスハウス』のご機嫌なゴシップがありますよ」だったという。 さらに「ゴシップの続報がありますよ」と2回目のデートに。 その際、山里は2軒目の店で飲みすぎて、かばんを置いたまま帰宅してしまったという。 蒼井が店に確認をとり、当日夜に再会。 そこで交際を申し込み快諾されたと明かした。 告白した翌日以降から「LINEに敬語が減ってきた」と変化を感じ取ったという山里。 プロポーズの言葉については「僕が先に家を出なくてはならないときに『重いと思わないでほしいんですけど、深い意味はなく、合鍵を渡していいですか』だった」と告白。 その際の蒼井の返事は「深い意味でもいいですよ」。 そこで「ぼくと結婚してみます?」と伝えたところ返事は「はい」だったと打ち明けた。 放送中から蒼井の「深い意味でもいいですよ」という反応がネット上で話題に。 「ドラマみたいなやり取り」「蒼井優ちゃんかっこいい!」「蒼井優に言われたら悶絶するでしょ」「最高の切り返しじゃん!」など絶賛の書き込みが寄せられた。

次の

蒼井優の本名が卒アルから判明?高校時代は?韓国人説も浮上している?

蒼井優

蒼井優主演の8Kドラマ『スパイの妻』(BS8K)が6月6日(土)に放送される。 放送に先立ち、蒼井と共演の高橋一生からコメントが到着した。 本作は、映画監督・黒沢清が演出を手掛けるラブ・サスペンス。 戦争という時代のうねりに翻弄されながらも、自らの信念と愛を貫く女性の姿を描く。 蒼井優を主演に迎え、高精細8Kで撮影される。 共演は高橋一生、坂東龍汰、恒松祐里、みのすけ、玄理、東出昌大、笹野高史ら。 1940年、太平洋戦争前夜の神戸。 福原聡子(蒼井)は、満州へ赴いていた夫・優作(高橋)の帰りを待ちわびていた。 ところが帰国後、幼なじみの憲兵・津森泰治(東出)から呼び出され、夫が満州から連れ帰った女の死を告げられる。 嫉妬心に駆られた聡子は、夫の行動を疑うなかで、彼が持ち帰った重大な秘密を目にしてしまう。 かの地で一体、何があったのか。 真実を知ってしまった聡子は驚きの行動に出る。 福原聡子役の蒼井は「この時代の女性を演じるのは今回が初めてだったのですが、思い描いたところに自分が行けているのか、どこか感覚が凝り固まっているのではないか、と常に自分を疑いながらの撮影でした」と振り返った。 続けて「黒沢監督は立ち位置と動きを決めてくださって、そこからどうするかは、演じる側の俳優に委ねられるため、終始『正解は何だろう?』と思いながら演じていました。 正解を当てに行くというよりは、不正解を知っていくことで役を形作っていくことができたように思います」と。 福原優作役の高橋は「黒沢監督の世界観は非常に明確でしたので、動きの指示や細かな機微において、提示されたものの中でどれだけの事ができるか、楽しみながら取り組むことができました。 特にこの時代の人間を演じるならではの、現代的な口調ではないせりふ群を、どう解釈して出力するかという作業は、個人的にも面白い体験でした」と振り返った。 また「撮影終盤には、大掛かりでクラシックなオープンセットを前に、百人以上のエキストラの皆さんが行き交う中で、1カットの非常に長いお芝居をやらせていただきましたが、各部署のスタッフの方々が動いていることを感じてここに参加させていただいていることの感謝と興奮がありました。 そして、蒼井さんはお芝居で会話ができる方なので、とても安心して刺激的な経験ができたと思っています」と語った。

次の