マスク 不足 いつまで 続く。 マスク不足は解消するのか?いつまで続くか予想【増産・入荷・在庫状況】

続くマスク品薄状態…これっていつまで続くの?月にどれくらいのマスクがあったら不足じゃなくなるのか計算してみた

マスク 不足 いつまで 続く

現在、マスクが売り切れになっている主な理由は、 観光で来られている中国人などの 爆買いや、一部の転売ヤーによる 買い占めが原因だと考えられます。 また、今後は個人が買い占めるなどの行動に出る可能性があるため、さらに品不足が加速する可能性もありますね。 何よりも、日本で売られているマスクのほとんどは、 中国で生産されているものが占めているのが、一番大きな理由かもしれません。 そのため自国でも必要なマスクの生産が追い付いていない中国からの輸入は、だんだんと難しい状況になる可能性がありますね。 中国製のマスクに関しての記事はを、是非お読みください! そんな中、 日本国内でもマスクの生産は行っています。 Web静新: 新型肺炎影響、マスク注文殺到 島田の工場、フル稼働で生産急ぐ — 静岡新聞 shizushin しかし工場数などから、 生産数には限りがあるため、全国のマスクの在庫を潤すことは かなり厳しいのではないでしょうか? そのためマスクの売り切れや品不足、品薄状態がいつまで続くかは、現在のところ不明です。 ヤフオクやメルカリなどの転売ヤーが買い占め値段を釣り上げて出品していますね。 私は、このような方のマスクは在庫過多になる可能性が高い気がします。 現在のところ、確かに薬局やドラッグストアからマスクが姿を消していますが、マスクを製造している会社で日本国内のマスク生産工場の中には、いつもならしない24時間フル稼働でマスクを生産しているとのことです。 つまり、ある程度供給のメドはあるのではないかと考えます、そして地域差はあるが順次入荷していくのではないかと考えます。 ドラッグストアの従業員に等に確認すると、店舗にもよりますが、長くても2週間ほどで入荷しているようです。 速い場合は、それ以上の速さで入荷出来ているようです。 ただ、購入者一人あたりの販売数は限られてくると考えられますので、爆買いや人を雇っての買い占めなどは控えたほうがよろしいかと思います。 札幌駅アピアのコクミンにて。 店員さんが店頭に並べようとする矢先から、箱マスクに手を伸ばすのはアジア系外国人ばかり(会話を聞かなかったので国籍不明) 北海道に工場があるためか、アイリスオーヤマのマスクが多く納品されているようでした。 — ゆうこ yucoyuu 仮にメルカリやヤフオクで出品されているマスクを購入すれば、 転売ヤーがさらに買い占めに走り、マスクの購入が、さらに!難しくなってしまう可能性があります。 なので、現状、どうしても必要でない限り、転売ヤーからの購入は控えたほうがいいかもしれませんね!どうしても欲しい方は、ぜひメルカリやヤフオクで値上げされたマスクをご購入してください。 また中には、 金額を釣り上げるなど暴利をむさぼって販売しているマスクもありました。 くわえていえば、 送料で暴利をむさぼっている販売者もいますので、送料も確認されたほうがいいと思います。 どうしても必要でない限りは、購入を控えておきましょう。 Amazonや楽天などでも探してみましたが、かなりのスピードで欠品中になっていました。 また、ヨドバシカメラやソフマップなどドラッグストアなの?という家電製品を中心とした大手サイトでも、売り切れ状態になっていました。 なのでインターネットでの購入は大手サイトに限らず現段階では難しいようです。 どうしてもマスクが欲しい方は、大手サイトで発見次第、即購入することですね。 また、通販など大手サイト以外で購入する方法ですがとても単純なことです。 ふと昔を思い出してみましょう。 自分が幼い頃にお母さんといっしょに行った、小さな町の 薬局とか商店。 お父さんと言った日曜大工などの DIYを取り扱っている専門店。 業務スーパーや 作業着店などの中には、作業のために必要なマスクを置いているお店もあります。 さらには、 個人経営しているお店ですね。 マスクと言えば 日用品を扱っているお店なら、ほぼ売っていることでしょう。 ただ、個人経営のお店などは在庫をあまり抱えません。 そのため、どうしても欲しい方は在庫の確認しておきましょうね。 ただし必要以上に購入すると、他の方に行き渡らなくなるため、必要な数だけ購入しましょう。 さらに、品薄状態になっている場所ですが、どうやら外国など特に中国からの飛行機や船が到着する都道府県で見られます。 札幌・東京・名古屋・大阪・福岡などの大都市は当然ですが、地方でも外国からの便などがある場所では、やはり品薄になっているようですね、 外国人による爆買いが主な要因で、次いで日本国内での日本人による爆買いですね。 また、日本国内で感染が確認された都道府県も同様です。 そのように、新型肺炎の感染者が公表された都道府県や外国との航路がある都道府県以外では、マスクの在庫があるのではないかと考えられます。 もちろん、その地域に住んでいる人が、爆買いをしていれば話は別になります。 マスクの品薄状態が続く都道府県は、中国本土で感染の拡大が収まるまで、在庫調整が難しいのではないかと思います。 2020年2月3日追記 大手通販サイトなどくまなく探してみましたが、現状では「売り切れ」もしくは「入荷未定」などの表示のままでした。 また、車を使って薬局やドラッグストアなどを回ってみましたが、どの店も在庫など無く入荷も判らないとおっしゃっていました。 ただ、入荷が何時になるかわからないとはおっしゃっていましたが、突然入荷してくる可能性もないとは言えないと言っていましたので、引き続き調査してみます。 スポンサーリンク マスクの効果はあるの? 【感染予防 重要なのは手洗い】 新型コロナウイルス感染による新型肺炎から身を守る方法として、うがいやマスクより手洗いが重要だと医師。 SNSなどでは「紅茶・唐辛子に効果」など医学的根拠のないデマも拡散。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics マスクの装着の仕方次第で効果は、大きく変わります。 まず第一に、鼻を隠さない人を多く見かけますが、鼻を隠さないと飛沫しているウイルスを吸い込んでしまう確率が高くなります、 そのため、息苦しさを感じるかもしれませんが、必ず 鼻の孔も覆い隠すようにマスクを装着しましょう。 なぜならマスクの表面にはウイルスなど 病原体がいる可能性が高いからですね。 よくマスクの真ん中を指先で挟んで装着しなおしている方を見かけますが、それウイルス触っていますよ! 必ずマスクの 表面に手を触れた場合は、手洗いとマスクの交換を行うようにしましょう。 また、裏表ひっくり返して使用する方がおられるみたいですが、それウイルス吸い込んでいるのと同じになりますので、両面を使用するなどの行為は即やめましょうね。 うえの二つのことを守るだけでも、ウイルスに感染する確率を大きく減らすことが出来ますね。 もちろん、手洗いやうがいは必ず、徹底して行ったほうが良いと考えます。

次の

【最新】マスクはいつまで品薄続くのか?マスク通販の在庫速報まとめ

マスク 不足 いつまで 続く

提供 緊急事態宣言の解除後も、マスク姿の人がほとんどだ。 渋谷のスクランブル交差点では多くの人が行き交う…(c)朝日新聞社 午後6時過ぎ、仕事が一段落した記者(26)は運動着に着替えた。 在宅勤務による運動不足を解消するため、4月からジョギングを始めたのだ。 後には子どもを風呂に入れるという仕事が待っている。 妻にせかされ、そそくさと家を出る。 外はまだ明るい。 走り始めると、何人かの歩行者とすれ違った。 遠くには同じくジョギングをしている人の姿も見える。 仕事から解放された余韻に浸りながら体を動かす。 だが、なにか違和感を覚える。 そしてふと気がついた。 「そうだ、マスクを忘れた」 300メートルほど走っただろうか。 すぐに家へと引き返す。 固く結んだ靴ひもをほどくのをためらい、玄関先で妻(26)を呼ぶと、マスクを手渡してくれた。 だが、マスクは正直苦手である。 長時間着けていると耳が痛くなるし、ひどいときには頭痛に襲われることもある。 ジョギング中のマスクも息苦しくてしょうがない。 だが、不特定多数の人に取材する職業柄、勤務中を含め、しばらくはマスクを着けざるをえないだろう。 その答えは、仕事や立場によって変わってくるかもしれない。 例えば、「三密」がそろってしまう学校ではどうか。 神奈川県内の小学校の男性教師はこうため息を漏らす。 「教師はもちろんマスク必須です。 学校内で感染が広まったとき、マスクをしていない教師がいたなんてことになれば、保護者から何を言われるかわからない。 コロナ禍以前は教師数人で近くのファミレスで食事することもあったのですが、最近校長から禁止令が出されました。 プライベートで保護者と鉢合わせることもありますから、私生活でもマスクは外せない。 年内はこのような態勢が続くのではないでしょうか。 少なくとも教育現場が先駆けてマスクを外すなんてことは絶対にないでしょうね」 男性が言うとおり、教育現場では警戒が続いている。 全国で唯一、感染確認者数が0人(5月28日時点)の岩手県でも同様だ。 盛岡市教育委員会の担当者は「生徒たちにマスクを着用させるよう各校に通知しています。 年単位でお願いすることになりそうです」と話す。 では接客業の客室乗務員はどうか。 大手航空会社に勤める女性は、「国内だけでなく、世界的に終息するまで、マスクは外せないのではないか」と考えている。 「国際線も担当しているので、外国人のお客様も接客します。 海外にも頻繁に行くことになるので、新型コロナウイルスが世界的に終息するまでマスクを着けることになるのではないでしょうか。 一方で、欧米ではいまだにマスク=感染者という考えが残っているようです。 特にアジア人は差別されることもあるので、現地のホテルから出たらマスクを外すかもしれません。 そうやってマスクの着脱をしばらく繰り返すことになるでしょうね」 ここまで話を聞いていると、マスクの外し時については、「周囲の反応を気にしている」という印象だ。 妻に意見を求めると、「ずっと着けていればいいんじゃない?」と投げやりな答えが返ってきた。 では、外し時を「コロナが終息したとき」として考えたらどうか。 「医師のとも」が、「新型コロナウイルスの国内での終息はいつごろになると思うか」と医師1346人に行ったアンケートによると、「2021年7月以降」と答えたのが33. 5%と最多だった。 「21年4~6月」は14. 9%、「21年1~3月」は7. 1%だった。 年内では終息しないと考えている医師は半数以上(55. 5%)にのぼる。 マスク生活が年単位に及ぶのは必至か。 マスク生活が長期化すれば、マスクを外せなくなる「マスク依存」の人も増えるだろう。 依存症などに詳しい、新潟青陵大学大学院の碓井真史教授に話を聞いてみる。 「確かに、マスク着用を『面倒くさい』と思う人がいる一方で、今回のコロナ禍をきっかけに『マスクの楽さ』を覚えてしまう人もいるかもしれません。 顔を半分隠せるマスクは、コミュニケーションが苦手な人にとっては安心感をもたらすアイテムでもあります。 しかし、それに慣れてしまうと、コロナ後の生活でしんどい思いをする。 今回のマスク生活を『心地よい』と感じている人は要注意です」 実は記者も、マスク着用を窮屈に感じる一方で、「楽さ」も感じていた。 初対面の人への取材は少なからず緊張するものだが、マスクを付けると普段よりも少し落ち着いてのぞめているような感覚を覚えた。 思わぬマスクのリスクを耳にし、ますます外し時を見失ってしまった記者。 「これから夏になってウイルスが死にやすくなる半面、空調がきいた室内で過ごす時間が増えます。 つまり、外での感染リスクは低くなりますが、密室での感染リスクは高まるので、どちらの影響がより大きく出るかが、再流行するかどうかを左右する。 集団免疫を獲得するほどまでには感染が広がりきっていないので、油断すればすぐに流行する。 ひとまずは緩やかな行動変容を秋くらいまで続けて、様子を見る必要があると思います」 実際、首都圏などに先駆けて5月14日に緊急事態宣言が解除されていた福岡県の北九州市では、陽性患者が再び増加傾向にある。 このまま感染拡大の「第二波」となってしまうのか、気がかりだ。 こうした状況からか、マスク業界は長期に及ぶマスク需要を見込んでいる。 業界大手のユニ・チャームの広報担当者はこう話す。 「1月下旬ごろから生産ラインを24時間体制に切り替えて稼働させ、月に1億枚ほど生産しています。 生産量は以前の2倍になります。 増産体制をいつまで続けるかは未定ですが、生産枚数をさらに増やす見込みです」 アイリスオーヤマは6月から生産設備を拡大し、月に8千枚だった生産力を7月には2億3千万枚にまで伸ばす。 コロナ禍以前にマスクを作ったことのなかった電機メーカーのシャープは、3月下旬からマスク生産を開始。 これまで5回にわたり抽選販売をおこなったが、いまだに倍率は100倍超。 広報担当者によると、今後も抽選販売を続けていく予定だという。 各社がこぞってマスクの生産拡大に動く様子は、これからの私たちの長いマスク生活を予感させる。 ここまで取材をし、記者はひとまず秋まではマスク生活を続けてみようと思う。 「マスク、いつまで着ける?」 寝室で子どもを寝かしつけている妻に聞くと、「まだそんなこと考えてたの?周りにあわせるよ!」と一蹴されてしまったが、記者は人知れずマスク生活への覚悟と決意を固めたのだった。 (AERA dot. 編集部/井上啓太).

次の

マスク品切れいつまで続く?5月までは不足――国内増産追い付かず中国からの輸入停滞: J

マスク 不足 いつまで 続く

新型コロナウイルスの感染拡大で深刻なマスク不足が続く中、安倍首相は3月28日の会見で、新たに全国の小中学校にもマスクを配布すると表明した。 菅官房長官も「引き続き政府一丸となってマスクの供給拡大に向けて最大限の努力をしていきたい」と述べているが、政府はどのような手を打っていて、マスクが店棚に豊富に並ぶのは実際いつになるのだろうか。 「需要が青天井」政府の苦悩 供給量を増やしても、なぜマスクが手に入らないのか。 政府関係者は 「需要が青天井になってしまっている」と苦悩を語った。 例年、マスク需要のピークは花粉症シーズンの3月で、その量は5. 5億枚だという。 政府は、1月時点で国内メーカーに対しマスク増産を要請したほか、マスク製造設備を新たに導入する場合の補助金制度を設けたことで国内の製造量が増え、中国からの輸入再開も相まって 3月の供給量は約6億枚となった。 さらに菅官房長官は27日の会見で、 4月は7億枚の供給が見込まれると発表した。 例年ならばピーク時の需要を十分満たせる供給量が確保されているということだ。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、例年ならマスクを着用しない人を含め、大多数の国民が1日1枚のマスクを着用するようになったため、需要が高止まりしているのだ。 仮に1億2000万人の日本国民のうち1億人が1日1枚マスクを使えば、月30億枚は必要になる。 政府関係者が 「供給量が20億枚でも30億枚でも足りない」と漏らす通り、マスクの品薄状態解消は簡単な話でなく、菅長官も「品薄状態の解消には一定程度の時間を要する」と明かしている。 買い占め禁止の「抜かずの宝刀」 こうした品薄状態の中、これまでにインターネットでマスクが高額で取引されている事例の報告が相次ぎ、転売を目的としたいわゆる「転売ヤー」による購入が、店頭でのマスクの品薄状態に拍車をかけているとの指摘も出た。 そこで政府は、国民生活安定緊急措置法をマスクにも適用する政令改正を行い、マスクの転売行為を罰則付きで禁じたのだ。 この法律は、第一次オイルショックによる急激な物価高騰やトイレットペーパーなどの過度な買い占めを受けて制定されたものだが、これまでオイルショックの時を含めて実際に施行されたことはない。 今回初めて法律が用いられることになり、政府高官は 「抜かずの宝刀を抜いた」と語った。 とにかく少しでもマスク不足を解消したいという、政府の危機感がうかがえた。 必要なところへ支給 一方で、市中に出回るマスクが少ない中、優先度の高い医療機関でもマスク不足が深刻化している。 そこで政府は2月以降、 感染症指定などの医療機関に対し医療用(サージカル)マスク1500万枚、また再利用可能な布製マスク2000万枚を介護施設などに配布している。 「配布」と一言で言っても、配布先の把握、増産や調達の指示、配送手段の確保といった「大きなミッション」(首相周辺)となる。 そこで政府は9日、省庁の垣根を越えた特命部隊「マスクチーム」を立ち上げている。 「全国の小中学校にマスク配布」安倍首相が会見で表明 布製マスクの入荷量が増えてきたことを受け、安倍首相は28日の会見で学校再開を前提に、 全国の小中学校の児童・生徒と教職員に布製マスクを配布すると表明した。 「ざっと計算しますと小中校生が900万人でありますからそれを上回る、教職員等も含めて1100万枚の布製のマスクを今後、確保して、4月中を目途に配布をします。 」 さらに安倍首相は、「この布製のマスクは洗剤で洗えばもう一度使っていくことができます。 ですから、使い捨てではなくて、この1回のマスクを何回も使えることができるということでありますので、急激に拡大している需要に対応する鍵となると考えています」と述べ、 再利用可能な布製マスクがマスク不足解消の鍵だと強調した。 政府では、業界団体と連携して「布製マスクの洗い方」についての動画を作成するなど、布製マスクの配布にあわせたサポートを行っている。 経産省Youtube より 「5月か6月くらいまでには…」マスクメーカーの意見は それでは、一般的なマスクはいつ頃、お店に十分な品数が並び、購入できるようになるのか。 首相官邸でのヒアリングに参加した、マスクのメーカー・興和株式会社(Kowa)の三輪社長は、記者団に対し「今のペースでいくと、 5月か6月ぐらいまでには何とか(需要に)追いついてくる」「2ヶ月か3ヶ月で、なんとか(需要に)追いつくように頑張ってやっている」との見通しを示した。 興和の三輪社長 一方で布製マスクについては、政府関係者によると、国内で製造ラインを立ち上げたメーカーが相次いでいるほか、ミャンマーなどで日本企業が洋服向けの縫製工場を転用して製造し、製造量が増えてきているという。 前述の関係者は、「布製マスクは給食用マスクのようでダサいかもしれないが、飛沫を飛ばさない観点で極めて有効」だと強調するほか、「再利用可能な布製マスクを導入した分だけ、紙マスクの余力が生まれる」と意義を訴える。 今後の見通しは このように、需要が高止まりしている中でマスクの品薄状態が近々に解消されると考えるのは、非現実的だろう。 政府は医療機関、介護施設、学校へのマスク配布を行っているが、布製マスクを活用しつつ、一人一枚とは言わないまでも、最低限必要なところにマスクが行き渡るような施策が一層求められる。 あわせて、前述のマスクメーカーは政府に対し「国内外の生産態勢を確保するため、補助金が非常に助かる」と要望したことを明かしている。 野党からも、政府によるマスク生産への補助額が低いとの指摘があり、供給量を増やすべく、政府による一層の生産支援に期待したい。

次の