山下 達郎 bomber。 山下達郎 BOMBER 歌詞

BOMBER (山下達郎の曲)とは

山下 達郎 bomber

解説 [ ] 前作 『』 に収録されているライブの雰囲気からも分かるように、東京を中心とした山下への音楽的評価は決して低いものではなかった。 当時の山下のレコードセールスはその8割近くが東京周辺におけるものだった、という。 CM音楽等において、匿名性の下で活動する作家・ミュージシャンとしての山下の需要は高かったが、レコード会社の契約ミュージシャンとしての、換言するならば「トータル・キャラクター」としての山下への評価は「技術はあるが(セールスの)数字が期待できない」というものにならざるを得なかった。 山下自身も当時、自分の生きてきたやの世界が新しい段階に入ったことを感じ、このまま行けばおそらく自分のレコードやライブ活動はいずれあきらめざるを得ないだろうと思っていたという。 そのため、多分このアルバムが最後になるだろうという悲観的な予測をしていた。 そんな状態では曲作りもままならず、どうせ最後だからやりたいことをやって終わりにしようと書き下ろした数曲は、それまでのものよりずっと作家性の強い作品で、それは、この先作曲家で生きて行こうという意志の表れでもあったという。 アルバム1枚分の曲を書ける自信がなかったので、その頃作曲家として人に提供していた作品や、カヴァーなども入れることにしたので作家性はさらに強まり、『』 からはがらっと変わって、山下自身言うところの五目味、あるいはバラバラな曲調が混在するアルバムとなった。 そのため評論家やリスナーからは、まとまりがないなどと随分批判されたというが、苦し紛れに始めた作家主義が、以降に連なるアルバム制作方針の萌芽だったともいえるという。 アルバム・カヴァーのイラストとデザインは、それまでの3作と同じ。 予算なし、時間なしで、知己を頼みで3日で書いてもらったイラストは、日本のメディアから酷評されたが、アメリカに持っていくと誰もが素晴らしいと褒めてくれ、日本と海外のカルチャー・ギャップはこんなにも深いのかと思わされたという。 「」「」「」の3曲は、『』 に収録されたほか、「PAPER DOLL」を加えた4曲が『』 に収録された。 本作では、担当ディレクターのも、コーラスやパーカッションの演奏で参加している。 収録曲 [ ] SIDE A [ ]• OVERTURE — 0:48 一人アカペラによるオープニング曲。 主にCMの仕事で実験してきた一人多重の成果を、本作から意識的に多用し始めた。 LOVE CELEBRATION — 4:26 もともとは1978年 1978 春に、プロデュースでリンダ・キャリエール(Linda Carriere) という女性シンガーのアルバムが企画・制作されたが、 の出来が思わしくなく、デモ・レコーディングのみで中止となった。 山下はそのアルバムのために2曲を書き下ろしたが、もったいないのでそのうちの1曲であるこの曲を、本作で使用した。 同年、この曲にはによる「バイブレイション」という日本語の歌詞が付けられ、の歌でシングル・カットされた(アルバム『TOKYO SPECIAL』に収録、は)。 — 4:12 ある日、東芝のディレクターからのアルバムを作るので曲を書いて欲しいと、突然電話が来た。 行ってみると、既に歌詞はすべてできていて、3曲分が渡された。 の詞が2曲、の英語詞が1曲。 その中の1曲がこのだった。 当時、自分用の曲が全然できなかったため、この曲もこのアルバムのレコーディング・リストに加えたところ、この曲のいきさつを全く知らなかったディレクターが「これはいい。 この曲をシングルにしよう」と、あれよあれよという間に、アルバム4作目にして初のシングル曲となった。 この当時、レコード会社は何の関心も示さず、そのためジャケット写真はアメリカで小杉に撮ってもらったスナップが使われた。 4人の緊張感の衝突ともいうべき演奏によって山下自身、素晴らしいテイクに仕上がったと思っている。 エンディング近くのピアノのグリス・ダウンが落ちきって静寂が訪れた時、コントロール・ルームで聴いていた全員がため息をついたという。 ついておいで FOLLOW ME ALONG — 4:48 当時アメリカで流行していた16ビートの世界をやってみたいとの理由で作られた。 ヴァースには、別に作られていたモチーフから持ってきたものが付けられている。 2010年 2010 発売のシングル「」 に2009年 2009 のライブ・ヴァージョンが収録された。 SIDE B [ ]• — 5:58 このアルバムで最初にレコーディンされたこの曲は当時、・ファンクに耽溺していたので、こういった曲調を一度やってみたかったというだけの作品だったという。 本作のレコーディングはそれまでとは違ったライン・アップで行きたいと思い、以前からセッションで目を付けていたと、旧友のに声をかけ、前作『SPACY』 のレコーディング・メンバーだった上原・田中の二人を加えたメンバーで録音された。 次作『』 は、全面的にこのメンバーでレコーディングが行われた。 シングル「」 のB面に収録された。 — 4:23 自分にとっての隠れた人気曲にあたるというこの曲を作ったもともとの動機は、のようなコード・プログレッションで1曲やってみたかった、という安易な発想だったという。 後にシングル「」 のB面に収録された。 PAPER DOLL — 3:27 シングル用にと1978年春にレコーディングされた作品だったが、レコード会社に「売れない」とシングル発売を拒否された。 ギター・ソロも山下自身の演奏だが、が不得手なので、後からペダルを手で動かしている。 楽器のソロ回しがしやすいことから、ライブでよく演奏されている。 — 3:56 のプロデュースによるによる楽曲のカバー。 山下が一人でドラム、ベース、ピアノ、ギターを演奏した上に、が当時最先端だったを加えて完成された。 山下によれば、自分の前のレコーディングだったのバンドのドラマーのセットをそのまま借りて、この曲のドラムをレコーディングしたという。 2000トンの雨 2000t OF RAIN — 3:05 「ペイパー・ドール」と同じ日のセッションで録音された曲。 従ってこれもアルバム『』 以前の作品となる。 『ポッピン・タイム』収録の「スペイス・クラッシュ」はこの曲の歌詞のバリエーションだったが、発表が後先になった。 1975年 1975 に始まった「電リク'75」のエンディング・テーマ()のモチーフからふくらませて作られた曲。 山下によれば、小ぶりのウォール・オブ・サウンドといったところで、この曲も「潮騒」同様、隠れた人気曲だという。 , 1977 P. BVCR-17015 [ ] 『 GO AHEAD! 』 の リリース 2002年2月14日 2002-02-14 録音• CDには各タイトル毎に未発表音源を含む収録にて再度リイシューされた。 本作には未発表音源3曲をボーナス・トラックとして収録。 収録曲 [ ]• OVERTURE (オーヴァーチュア) — 0:47• LOVE CELEBRATION (ラブ・セレブレイション) — 4:25• — 4:14• MONDAY BLUE (マンデイ・ブルー) — 7:12• ついておいで FOLLOW ME ALONG — 4:51• — 5:56• — 4:22• PAPER DOLL (ペイパー・ドール) — 3:28• — 3:55• 2000トンの雨 2000t OF RAIN — 3:09• 潮騒 [英語ヴァージョン -English Version-] (未発表 -Previously Unreleased-) — 4:21 当時、山下が所属していた出版社、では、海外マーケットに売り込む目的で、作品に英語詞を付けるという試みが盛んに行なわれていた。 多くは外国のシンガーによってデモが作られていたが、山下自身が仮歌を入れた「潮騒」の英語ヴァージョンが残っていたことから、収録された。 2000トンの雨 [] (未発表 -Previously Unreleased-) — 3:06 生演奏では再現できない曲のため、1978年 1978 暮れにアルバム発売記念ライブを行った際、ステージで歌うために作られた。 潮騒 [カラオケ -Karaoke-] (未発表 -Previously Unreleased-) — 4:19 本作収録のために英語ヴァージョンをリミックスした際、あわせて作られたカラオケ。 音源が発見できなかったため、最後ののSEは収録されていない。 クレジット [ ]• Electric Guitar Left ,• 山下達郎 :• Electric Guitar Left , Percussion, Bang! 山下達郎 :• Electric Guitar, Bass ,• 山下達郎 :• Electric Guitar, Percussion• 山下達郎 :• Electric Guitar, Arp Odyssey Synthesizer Bass ,• 小杉は、過去に「春城伸彦」の芸名で、GSバンド『ブルー・シャルム』のドラマーとして活動した経験がある。 のと同姓同名だが、同一人物かは不明。

次の

BOMBER (山下達郎の曲)

山下 達郎 bomber

Last Up Dated:2012. 26 山下達郎 1953年2月4日生まれ。 東京出身。 1975年、シュガー・ベイブとしてアルバム 『SONGS』 でエレックレコードからデビュー。 76年、アルバム『CIRCUS TOWN』でソロ・デビュー。 80年発表の 「RIDE ON TIME」 がブレイク。 アルバム 『MELODIES』 に収められた 「クリスマス・イブ」 が、'89年にオリコンチャートで1位を記録。 20年以上にわたってチャートイン。 日本で唯一のクリスマス・スタンダード・ナンバーとなる。 '84年以降、竹内まりや全作品のアレンジ及びプロデュースを手懸け、また、CMタイアップ楽曲の制作や、他アーティストへの楽曲提供など、幅広い活動を続けている。 音質は決して良くない。 達郎ファンクラブ通信限定で販売しているもの。 ディスコグラフィーの時系列から取り上げた。 したがって正式リリース日は不明。 収録曲は 「WENDY」 「DON'T WORRY BABY」 「SINCEARLY」 他全12曲。 25 SONGS ジュガーベイブ ジュガーベイブとしてのレコーディング。 メンバーは山下達郎・大貫妙子・村松邦男・野口明彦・鰐川己久男。 Produced は 大瀧詠一。 リリースの翌年6月 エレックは倒産し、コロムビアからの76年10月に再発される。 この枠での掲載画像は貴重なエレック盤。 時系列として再発も掲載しているので画像はその日時を参照。 SHOW/2. DOWN TOWN/3. 蜃気楼の街/4. 風の世界/5. いつも通り/7. すてきなメロディー/8. 今日はなんだか/9. 雨は手のひらにいっぱい/10. 過ぎ去りし日々"60's Dream/11. 21 LP 27AH-1240 エピック・ソニー 「SONGS ジュガーベイブ」 は3社レーベルからリリースされている。 25 DOWNTOWN/いつも通り レコードデビューはアルバムからのシュガー・ベイブの記念すべき1stシングルであり名義としては1枚のみだった。 『SONGS』 からのシングルカット。 シングル用にリミックスしたモノーラルバージョンでリリースされた。 76年に解散したがメンバーの山下達郎や大貫妙子らの活動で、その名はさらに存在感を増している。 21 NIAGARA TRIANGLE VoL. 1975年4月に 『SONGS』 がリリースされて本格的な活動の折、エレック・レコードが倒産。 本アルバムは日本コロムビアと新契約を結んだ76年のリリース。 山下達郎のパートは「ドリーミング・デイ 」 「パレード」 「遅すぎた別れ」 「フライング・キッド」 の4曲。 このあとリリースのシングル 「幸せにさよなら 」 は達郎は担当していないバージョン。 ドリーミング・デイ 02. パレード 03. 遅すぎた別れ 04. 日射病 05. 幸せにさよなら 07. 新無頼横町 08. フライング・キッド 09. FUSSA STRUT パート1 10. 夜明け前の浜辺 11. 25 幸せにさよなら /ドリーミング・デイ リリース時系列からとすると 『NIAGARA TRIANGLE Vol. 1』 からのシングル・カット アルバムでは作者の伊藤銀次のソロ・ヴォーカル。 本シングルは、バックコーラスに細野晴臣・松任谷正隆が参加して山下達郎と大滝詠一と伊藤銀次が一小節づつを交替でヴォーカルをとっている別テイク。 1を経た山下達郎が、ソロとして初めて世に放った作品。 プロットにもとづいた音を忠実に再現すべく、スタッフ選びにも余念がないようで、結果、ニューヨークとロサンゼルスでの海外レコーディングとなっている。 超一流のミュージシャンたちを適材適所に配し、その「いい意味でのこだわり」が充分に伝わってくる傑作となっている。 裏方に転職することまで考えていた。 セールスは芳しくなく、シングルカットも行えない状況だったという。 しかしレコードの流通システムや経費管理のノウハウが、その後の自らのキャリアに大きく役立った、と後に語っていた。 20 GO AHEAD! レコード会社側も色よい反応を見せず、セールスの向上の兆しがない状態の中ソロミュージシャンを終えざるを得ないのではないか、という心境でこのアルバムは制作された。 「これが最後になるかもしれない」 という中、自らの音楽指向を縛ることなく録音しよう、と考えた。 このアルバムは、達郎が後に 「五目味」と言い表したように、シカゴ・ソウルやファンクのフレイバーを持つ曲から、カバー曲、果てにはフィル・スペクター的なアレンジの曲まで、一人のミュージシャンのセルフ・プロデュースアルバムとは思えない多彩な作風の曲が収録されることになる。 「BOMBER」 によって、ソロミュージシャンとしてのキャリアは大きく加速することになる。 転換点となった3枚目。 ファンクやソウルをベースにした温かいグルーヴと、フィル・スペクター的ポップスが同居したサウンドで、どの曲も美しいメロディが冴え渡っている。 潮騒はアルバム 『GO AHEAD! 』 からのシングルカット曲で、アルバム収録曲と同内容。 初めての全国ツアー 『フライング・ツアー Part 1 Part 2 Part 3』 を行うことになった。 ファンクの要素を多く含む作品の演奏のために、バックバンドは上原裕-田中章弘-椎名和夫-難波弘之に、Sax. の土岐英史、コーラスの吉田美奈子と大貫妙子を加えた構成に変更された。 この年の5月、大阪のサンケイホールで行われたライブで、山下は普段のライブとは明らかに異なる客層に、自らの音楽が熱狂的に受け入れられているのを目の当たりにした。 一人ア・カペラで始めるというところに現在につながる自身の音楽センスに対する自信と頑固さがうかがえる。 1 Dancing Side 01. BOMBER 02. LET'S DANCE BABY 03. SOLID SLIDER 04. 愛を描いて~ドリーム・オブ・ユー 05. ついておいで~蛍の光~ 06. 2 KIKI Station Side 07. LOVE SPASE 08. WINDY LADY 09. CIRCUS TOWN 10. 素敵な午後は 11. PAPER DOLL 12. 潮騒 ザ・ウィスパリング・シー A面は当時のディスコのDJ風、B面はハワイのKIKIラジオ・ステーションの再現という内容。 曲間にDJが入り、ノンストップで繋いでいくという構成で、DJを小林克也が担当し、当時山下と同じレコード会社に所属の英語に堪能な竹内まりやの協力で、プロモーション目的で制作。 リスナーからの問い合わせが寄せられるようになり、会社は正式発売を山下達郎に打診。 が、山下達郎は、正式なカタログとして発売することに抵抗を感じていた。 結局、「カセットだけの発売なら」 という条件で生まれたのが、この 『COME ALONG』 である。 マクセル・カセット・テープのTVコマーシャルに出演し、その撮影のためのサイパン・ロケを挟んでのレコーディング。 B面の 「RAINY WALK」 はアルバム 『MOONGLOW』 からのシングルカット曲で、アルバム収録曲と同内容。 10 TATSURO YAMASHITA FROM Niagara アルバム 『Let's Ondo Again』 を最後に権利が日本コロムビアにまだ残っていたため、 「RIDE ON TIME」 のヒットと時をほぼ同じくして 『SONGS』 と 『NIAGARA TRIANGLE Vol. 1』 の2枚のほか 「幸せにさよなら」 のシングル・ヴァージョンも含む、山下達郎のリード・ヴォーカル曲をまとめたレコード会社主導による編集盤。 Down Town/2. ドリーミング・デイ/3. パレード/4. 遅すぎた別れ/5. フライング・キッド/6. Show/2. 今日はなんだか/3. 雨は手のひらにいっぱい/4. 過ぎ去りし日々"60's Dream" /5. Sugar /6. アカペラも織り交ぜてスローテンポに生まれ変った 「RIDE ON TIME」 のアルバムヴァージョンやシュガー・ベイブをテーマにしっとり歌うスローナンバーなどハイクオリティなアルバム。 じっくり作りこんだ感触のある秀作。 中でもシュガー・ベイブ時代に思いを馳せた 「マイ・シュガー・ベイブ」 は、達郎の名唱。 ジャケ写は2パターンあって後半は同年12月に差し替えられる。 1980. 達郎が好んでいるオールディーズの楽曲のうち特にドゥーワップの曲を取り上げてカヴァーしている作品。 発売当時は現代ほどア・カペラが浸透しておらず、作品の売り上げとしてはほとんど失敗に終わった。 限定盤として発売された。

次の

GO AHEAD!

山下 達郎 bomber

解説 [編集 ] 「BOMBER」はアルバム『』から、A面の「LET'S DANCE BABY」とともにリカットシングルとしてリリースされた。 後に『』と『』の2作のに収録されたほか、1980年 1980 リリースの『』にも収録された。 山下自身、後に「私の音楽生活のターニング・ポイントとなった」 というこの曲は、1977年 1977 リリースの前作『』 のレコーディングに参加していたとの2人に、とを加えたメンバーでの最初のセッション。 この後、このメンバーでツアーへ出かけ、次作『』 は全面的にこのメンバーでレコーディングが行われた。 山下によれば「当時、僕は完全にのフリークだったから、ああいうハード・ファンクをやってみようと思って『ボンバー』を作ったら、大阪のディスコで大ヒット。 アメリカン・ポップスの男が一転して、16ビートの実践者になってしまった。 しかし、本人にとってはこの曲で踊れるということが不思議でならなかった」 という。 シングルの発売前、試験的にAB面を逆にしたプロモ盤を大阪のディスコを中心に配布したところ評判となり、大阪では「BOMBER」のタイトルで臨時のジャケットが作られて販売された。 レコーディング・メンバー [編集 ]• — Drums• — Bass• — Electric Guitar Solo• — Keyboards• — Background Vocals•

次の