きびなご 漢字。 「いかなご」と「きびなご」の違いを調べていたら、ただの「なご」繋がりではないことがよく分かった

青魚の種類 一覧

きびなご 漢字

キビナゴ 企画管理部 日本の旬 魚のお話(春の魚-6) 吉備女子 きびなご 旬 キビナゴは、体側に美しい銀色と青の帯をもつ小さな魚で、産卵期である春先に多く獲れたことから、昔は肥料として、またはカツオやタイの一本釣り用の餌として、利用されていた。 しかし、キビナゴはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含むことから、近年は健康食品としての人気が高く、特に産地である鹿児島では人気が高い。 産卵が近づくと群をなして海岸にやってくるが、この産卵前の春先から初夏が旬である。 命名 九州や四国方面の呼名が和名となっている。 漢字の「吉備女子」、「黍魚子」などは当て字で、呼名の語意とは関連がない。 鹿児島南部では「帯」のことを「キビ」ということから、小魚の体側中央部にある青白色の模様を帯とみて、「帯 きび の小魚 なご 」と呼ぶのであろう。 地方名 キッポ 鳥羽 ・・・・・・・・小魚の意味から「寸魚 きお 」の転呼でキッポと呼ぶ。 「寸 き 」は古代の尺度の単位で現代の 寸 すん にあたる。 カナギ 九州・山口 ・・・糸のように細い魚の意味。 古語で「カナ」は糸のことであり、「ギ」は魚名語尾。 この地方では イカナゴもカナギと呼ぶ。 ハマゴイワシ 伊豆 ・・・・春の産卵期になると岸近くに群がることから、「浜魚 はまご イワシ」の意。 ジャムキビナゴ 長崎五島 ・・・・「ジャム」は「ジャミ」の転呼で、極めて小さいものをいう。 細身や細魚の意。 シュレン 奄美 ・・・・・・・呼名の語意は不祥であるが、珠簾 タマスダレ のように、すがすがしく美しい魚の意であろうか。 シザコ 種子島 ・・・・・・イワシの仲間なので、「ジャコ」が訛って「ザコ」になった。 英名 Banded blue-sprat White striped blue-sprat ニシン目ニシン科キビナゴ属 ニシン科の仲間には、ニシン、マイワシ、サッパ、ウルメイワシ、コノシロがいる。 キビナゴ属は世界に5種が知られ、日本にはそのうち、キビナゴ、バカジャコ、ミナミキビナゴの3種が生息する。 ニシン科の中でも、とくにスマートな体形の持ち主である。 分布 関東及び山陰沖以南、中部太平洋やインド洋に広く分布する。 暖海の沿岸から沖合の表層域に生息する。 形態 体は側扁して細長いが、側線はなく、尾ビレの後縁は深く切れ込んでいる。 各ヒレに棘 とげ を持たず、眼は大きく、その直径は吻長よりも長い。 吻端から尾ビレまでの体側に、幅の広い銀色の帯が縦走しているのが特徴で、腹面に稜鱗 りょうりん がないことから他の多くのイワシと区別でき、体長は10cmになる。 産卵 春から初夏にかけて、内湾や入江などの静穏域で産卵する。 卵は直径1.2mm前後の球形をしており、イワシ類には珍しい粘着沈性卵。 卵の表面には粘着層があり、産み出された卵は沿岸の岩礁や海藻、および砂底に付着する。 孵化直後の仔魚は全長5mm。 成長 幼魚期は、沿岸の浅海域で動物性プランクトンを食べて成長する。 昼間は水面近くを群泳しているが、夜間は表層から中層に分散していることが多い。 また、水深15m前後の砂底より1〜2m上層を、10万尾近い群で泳ぐこともあるといわれている。 体長5cm程になると沖合へ移動し、生後1年で成熟、寿命は1〜2年と思われる。 走行性 産卵前後の夜間には、港内の外灯や船の停泊灯の下に集まっているが、非常に臆病で、人影が動くと敏感に反応して沖へと逃げてしまう。 デリケートな魚 大変きれいな水の中でしか生きていけず、その上、ほんの1秒でも水から出すとすぐに死んでしまう為、水族館でも長期飼育できた例はない。 ウロコなども、人間の手に触れただけでボロボロと落ちてしまうという。 漁法 巻網や刺網で周年漁獲される。 特に産卵期には、定置網や地引網などでも漁獲される。 暗闇に灯を消して出港し、群を発見すると2000ワットの集魚灯を灯す。 キビナゴが船の周辺に集まり、グルグルと回り始めると一面が銀白色となる。 この状態で集魚灯の灯を突然弱めると、キビナゴは狂ったように水面にセリ上がってくるので、こうして集まったキビナゴを網で囲んですくい上げる。 鮮度が一番 キビナゴは夕方に餌を食べる。 餌は赤い色をしているアミエビで、アミを食べたキビナゴの腹は赤くなる。 この色が消えるのは消化が終わった午前3時以降となり、その頃から漁が始まるのも、このためである。 腹にアミが少しでも残っていると鮮度落ちが早くなるという。 食べ方 身が軟らかいので手開きにする。 まず全体に塩を振り、20〜30分おいてからサット水洗いして手開きにする。 獲れたてを刺身にして食べるのが一番美味しく、薬味には生姜が合う。 鹿児島では、手開きにして菊の花をかたどって並べた刺身「菊花造り」が有名。 天ぷらや唐揚げ、フライなどの揚げ物に向いており、丸ごと使うことも多く、唐揚げにしたものでマリネをつくっても美味。 また、サットと煮付けてもよいし、佃煮や甘露煮にすると日保ちもよい。 塩と薄口醤油で味付けした「すまし汁」はサッパリとした味わいで、また、酢の物にすれば夏の涼しい一品となる。 一夜干ししたキビナゴを、表面が少し焦げる程度に焼き、アツアツを食べると脂もほんのり乗ってシシャモに似た味がする。 あまり焼き過ぎないのがコツ。 すき焼き 種子島の郷土料理 ・・・・小鍋に醤油、ダシ、酒、味醂などで作った少し濃い目のタレを張り、熱したところに食べる分ずつ キビナゴを入れる。 煮込まずにサッとくぐらす程度がよい。

次の

きびなごは出世魚かどうか?

きびなご 漢字

英 名 ア行 アイゴ rabit fish (たぶんこれだけでは通じない) アイナメ greenling, lingcod, kelpling, rock trout (lingとはドジョウ型のタラの一種。 侮蔑的な意味があります) 青ウミガメ green turtle (脂肪が緑色がかっているから アオリイカ (ミズイカ・バショウイカ・モイカ) bigfin reef squid, oval squid reefは岩礁のこと 赤貝 ark shell, bloody clam (clamは二枚貝 アカムツ bee-line snapper アコヤ貝 pearl oyster アサリ short neck clam 鯵(アジ) bluefish, jack, scad, horse mackerel, jack mackerel (scadはたくさんいること。 ムロアジはround scad アナゴ sea eel, conger eel, white spotted conger (英国でポピュラーな"wreck fishing"で釣る conger eel は電信柱のようなバケモノで、日本の黒アナゴに近い種類のようです) 甘鯛 tilefish, butterfish まるでバターのように脂が乗っているから アメフラシ seaslug, seahare slugはナメクジ、hareは野ウサギ。 アメフラシとウミウシは多くの場合 区別されません) アユ sweetfish, sweety (イギリスにもアユがいます。 日本アユとかなり似ているものの、胸ビレの後ろの黄色いダ円模様がありません) アワビ disk abalone, ear shell トコブシもear shell。 基本、外人は海のものに対する関心が低いので何でもいっしょ 鮟鱇(アンコウ) goose fish, angler fish, frog fish, monk fish イカ squid, cuttle fish, ink fish, sleeve fish, sea sleeve, decapod (cuttle fishは甲イカ。 decaは10、podは脚。 sleeveは筒そでのこと。 烏賊は音読みならウゾク、訓読みがイカ) イカナゴ sand eel (夏は砂に潜って避暑するので砂のサンドね) イクラ salmon roe (魚の卵はeggではなく roe) イサキ threeline grunt, grunt (ネットではchiken gruntとも書かれてますがこれはイサキの漢字表記のひとつ"鶏魚"の直訳だと思います) 石鯛 striped knifejaw, parrot bass (クチバシの印象から・・) イシモチ croaker (イシモチ=シログチで、釣り上げると愚痴を言うからグチ。 英名のcroakerもカエルのシワガレ声のことです。 ニベを参照してください) 伊勢海老 lobster, spiny lobster (cray fishはオマールエビなどザリガニ系) イソギンチャク sea flower, sea anemone (アネモネ。 九州ではケツノスとも!) イナダ young yellowtail, baby yellowtail, juvenile yellowtail イモリ newt 鰯(イワシ) sardine, pilchard, anchovy 岩魚(イワナ) mountain trout, arctic char カワマスもchar) ウグイ dace, chub, white mullet daceの発音はデイス、chubby はポッチャリの意味) ウツボ moray, moray eel ウナギ eel イギリスではブツ切りで食べます。 99%天然もので養殖はアイルランドのみ。 スペインでは稚魚の油炒めを食べます。 旨くないです。 貴重品なのにバカですね ウニ echinoid, sea chesnut, sea egg, sea hedgehog, sea urchin (海の栗。 海のハリネズミ。 urchinはいたずらっ子。 スペイン北西部では生ウニも食べます) ウミウシ sea slug 海ナメクジ。 sea cowの海牛はジュゴンのこと 海ガメ sea turtle, marine tuetle. 赤ウミガメはloggerhead turtle. クルマエビはtiger shrimp) オコゼ stone fish, lump fish, lion fish, devil stinger 刺すからね) オタマジャクシ tadpale, spoon fish カエルの子なのにfish。 サカナがfishなのではなく、水中にいる生き物がfish。 日本でも両生類なのに山椒魚って言いますもの) オヒョウ halibut カ行 海草 seaweed (weed は雑草。 粉屋の親指は臼でつぶれているから 鰹(カツオ) bonito, oceanic bonito, skipjack, skipjack tuna (bonitoは美男。 ボニータは美女。 カツオのことも、ハガツオのこともある) カニ crub (タラバガニはking crub、ガザミはblue crub、カブトガニもヤドカリもhelmet crab、平家ガニはmask crab カマス barracuda カレイ flounder, halibut, turbot, plaice, flat fish (dabは小ガレイ。 フラウンダーはもがくやつという意味) 川魚 freshwater fish カワハギ filefish, threadsail filefish, leatherjacket (ファイルはヤスリのこと。 つまり鮫肌魚) キハダ鮪 autumn albacore, yellowfin tuna キビナゴ banded blue sprat キス japanese silver whiting, sand borer, sillago, whiting (borerは穴明け機のこと。 また、whitingはタラの仲間を指すことも) 魚雷 torpedo, fire cracker, tin fish (torpedoはシビレエイ) キンキ idiot fish, channel rockfish (idiotは間抜けのこと ギンポ gunnel, butterfish, shanny, blenny クエ(アラ) deep sea bass, kelp bass, kelp grouper クマノミ clownfish (王冠ではなくてピエロのこと) クラゲ jellyfish (刺すヤツはstinger。 トップはコマのこと。 螺旋形だからturboと呼ぶこともあります。 よく勘違いされるので注意が必要です) シシャモ shishamo smelt シジミ common fresh water clam 舌平目 sole (靴底。 有明海にもクツゾコが・・) 縞鯵(シマアジ) striped jack シャコ蝦 mantis shrimp (マンティスはカマキリ) シャコ貝 giant clum 白魚 ice fish (氷に穴を開けて釣るのがアイスフィッシング) シラス babu serdine, dried whitebait (ベイト!) 深海魚 deep sea fish スズキ sea bass, perch (本当はパーチじゃない。 たぶんbranziniで通じると思う) スルメイカ short finned squid ズワイガニ (越前ガニ・松葉ガニ) queen crab、snow crab, tanner crab ソイ・キツネメバル fox jacopever 遡上魚 anadromous fish タ行 鯛(タイ) sea bream, red sea bream, red snapper (レッドスナッパーは真鯛の近縁種のこともメヌケの近縁種のこともあります) タイラギ pen shell タコ octpus, poulp, devilfish (巨ダコ映画の tentaclesは触手のこと。 007のオクトパシーはボンドガールのアソコが吸盤のように吸い付くから。 たぶんボンドさんは8人とエッチするのでは? プルポはラテン語由来の言葉で、スペインやイタリアンのイカ・タコ料理とともに領地を広げていった) 太刀魚 ribbonfish, bandfish, beltfish, silverfish, snakefish, cutlass fish, hairtail, saber fish, scabbardfish (サーベル。 カトラスも刃物、スカバードは刀のサヤ。 roachだとゴキブリまたはコイ科の淡水魚) 飛び魚 flying fish トリ貝 cockle (なるほど〜) ハ行 バイ貝 ivory shell バカ貝・青ヤギ hen clam ハコフグ boxfish, trunkfish, cowfish バショウカジキ sail fish ハゼ gobioid, goby (ハゼ科の魚類はだいたいgoby) 八角(トクビレ) sailfin poacher ハタハタ sandfish, sailfin sandfish, sand launce ハマグリ clam, hard clam ハマチ young yellowtail, amberjack ハモ conger pike, pike conger, pike eel, silver conger (pikeはヤリ) ハヤ minnow (ミノー。 汽水域にいるウグイはハヤの大きくなったやつ。 ハヤは清流の鯉科小魚の総称。 素早いからハヤ。 学名のZaccoは雑魚に由来) ハリセンボン porcupine fish ヒイラギ pony fish ヒカリキンメダイ(発光魚) lantern-eye fish ヒトデ star fish, finger fish ヒメジ goatfish (山羊です。 メー) 姫鱒 (ヒメマス:陸封型の紅鮭) kokanee, kokanee salmon, sockeye salmon, land locked red salmon ヒラマサ amberjack, goldstriped amberjack ヒラメ halibut, flatfish, fluke, bastard halibut, japanese flounder, olive flounder ビンナガマグロ albacore tuna, white tuna (一般的にはアバコー) フエダイ snapper 孵化場 hatchery 河豚(フグ) puffer, ocellate puffer, globefish, swellfish, baloon fish, blow fish フジツボ scorn shell, barnacle, acorn barnacle, rock barnacle 鮒(フナ) crucian carp フナムシ sea slater ブリ yellowtail, amberjack 紅ザケ sock-eye salmon (sockは靴下ではなく殴ること。 でも意味を持たせるのは間違いで、じつは現地の呼び名に英語を当てただけ) ヘダイ bream, dorade ベラ gilthead, wrasse ホウボウ gurnard (ガーナードは胸鰭が手になっていて海底を這い歩く連中) 放流魚 hatchery fish (すごく正確にいうとartificial hatching and releasing. 栽培魚じゃない自然の魚はwild fish) 帆立貝 scallop 北寄・ウバガイ surf clam ホヤ sea squirt, ascidian squirtは噴水とか噴出という意味) ボラ mullet, grey mullet, cephalus striped mullet, herder mulletは愚か者・マヌケの意味。 herderは群れたがり) マ行 鮪(マグロ) tuna, bluefin tuna, tunny 鱒(マス) trout, spring salmon, tyee salmon, chinook (troutは主に淡水産のマス。 鱒の介はking salmon) マツカサウオ(発光魚) pineapple fish, pinecorn fish, knight fish ママカリ konosior, shad, scaled sardine マンボウ sunfish 淡水魚のbluegillもサンフィッシュなので注意) , head fisf, mola mola molaは臼のこと) 海松貝(ミルガイ) gaper ムツ big-eye チカメキントキなんぞもbig-eye ムツゴロウ mudskipper メカジキ sword fish メジナ(グレ) girella, girella punctada, green fish メダカ ricefish (田んぼの周辺にいるから。 学名Orygias latipesのorygiasは稲のこと) メバチマグロ big-eye tuna (日本語と同じ。 眼がバチッとしてるからメバチ) メバル rockfish, black rockfish, speckled rockfish, gray rock cod (メバルとかアラカブがrockfish。 speckledはシミとか斑点のこと。 オコゼのように刺すヤツは scorpion fish または lion fish) メルルーサ hake.

次の

日本の旬・魚のお話

きびなご 漢字

はてなキーワードでは、なぜか いかなごが、「食」の検索結果で一番目に表示されている。 春の風物詩として知られるこの「いかなご」だが、どのような食べ物かと訊かれると、「?」マークばかりが浮かんでくる。 なにはともあれ、調べてみることにした。 いかなごの正体は? 写真を見ればお分かりいただけるように、魚だね。 もっとも、年がら年中とれるわけではなく、漁が解禁になるのは2月で、3月の下旬にならなければ市場には並ばない。 ちょうど、この記事を書いている今この時期が、漁の真っ盛りになるのだろう。 ところで、 いかなごってどんな魚か分かるかな? 写真からはサヨリのようにも見えるが、口が長くない。 それに、実際にこの魚を魚屋で見ることはない。 また、これに似た名前のものに、 きびなごってのがあるが、こいつのこともついでに知りたいと思う。 これが結構面白いので、できれば最後までお付き合い願いたい。 どんな魚かと訊かれると、「さかなくんが好きそうな魚」のようだ。 なるほど、名前にはいささか面白い由来がある。 Wikipediaで調べても、名前の由来までは書かれていなかった。 しかし、探せば意外とあるもので、かなり親切に説明している図鑑があった。 それによると、 いかなごを漢字で書くと、 玉筋魚とか、 如何子となる。 そういえば、玉袋筋太郎って芸人がいたが、ひょっとして親戚筋か。 由来や語源を見たところ、これは関西での呼び名だそうだ。 広くは兵庫県で使われている。 関東では コオナゴ(コウナゴ)が一般的だ。 その昔、たくさんとれる小さな魚が いかなる魚の子であるか分からないことから、誰かが 如何子と書いたのが、 いかなごの名前の始まりといわれている。 まあ、名前の由来は諸説あるので、話半分に聞いておいてもらいたい。 それに、もしこれがタコの子だったら、何のタコか分からないからといって 如何蛸と書いて、 いかたこと読むだろうか? 洒落にもならんな。 先ず信憑性はない。 カマスの幼魚という人もいる。 いかなごは、その大きさによって呼び名も変わる。 東京ではコオナゴと云い、六月上総から来るものはコオナゴカマスと云い、佃煮としてはカマスジャコと云って売っている。 「図説有用魚類千種 正」より。 大阪ではカマスゴ(梭子魚子)。 これはシュロや藁で編んだ叺(かます)に入れて運んだため。 「広辞苑」より。 京都や大阪でも、非常に小さなイカナゴのちりめんを「かなぎ」と呼ぶ。 関西、兵庫などでは生まれたばかりのものをシンコ(新子)と呼び、漁期初めの非常に小さいものはコナと呼ぶ。 成長したものをフルセ(古せ)と呼ぶ。 北海道ではオオナゴと呼ばれている。 体調は20cmほどになるが、鮮魚として出回ることはない。 ある意味、可哀想な運命を背負っている。 なぜなら、加工品 (くぎ煮やしらす干し)として売られることがほとんどで、その姿を見かけることがないからだ。 20cm以上になるものを メロウド (一部の地方では)と呼び、刺し身にして食べることがある。 この時は魚の姿全体を見られるが、それは魚をさばく人に限られ、客の目に映ることはない。 ちなみに、いかなごを、醤油と砂糖と酒を入れて煮込んだものを くぎ煮と呼ぶ。 これは、煮られた魚の姿が古くて錆びたクギに似ていることから、この名が付いた。 加工品としての需要が多いこともあり、味はそれほど良いとは言えない。 ブリやマグロのように持て囃されることはなく、サンマやサバほどのポピュラーさもない。 いかなごは、認知度の低い、日陰者のような魚だった。 きびなごの正体を見た いかなごを知ったついでに、 きびなごのことも知っておこうと思う。 そもそも、 きびなごと いかなごは何がどう違うのか? これも、写真を見れば一目瞭然だ。 魚だな。 間違いない! 名前の由来は、鹿児島で帯のことを「きび」といい、この魚の体に走っている線が帯に見えることから、 きびなごと付いた。 なごは、「小さな魚」という意味だ。 他には、岡山県と広島県を合わせた地方を 吉備と呼び、そこでよくとれる小さな魚だから、 きびなごとなった。 その正体は、イワシの一種だ。 いかなごに比べると需要が高く、かなり人気の魚である。 元来、イワシは足が早く (傷むのが早いこと)、そうそう新鮮なものが店頭に並ぶことはない。 水揚げ量はあっても、地元で消費されるのがほとんどだ。 海の中では群れで行動するので、大型の魚の格好の餌食になる。 カツオ漁などで「ナブラが立つ」というが、これは小魚が群れていることを指し、そこには大型の魚がいるというサインでもある。 きびなごは、このカツオ漁の撒き餌にも使われる。 もちろん、食用としても一流で、値段は安いが色々な調理法が楽しめる。 身が柔らかく、骨が剥がしやすいので、指を使ってでも体が裂ける。 人気の料理は刺し身だが、天ぷらに良し、たたきにも良し、つみれにしても美味しい魚だ。 成魚でも10cmほどにしかならず、頭から尻尾の先まで食べられる。 新鮮なものなら臭みもなく、一夜干しともなればアジの開き以上に旨味がある。 一匹を丸ごと食べられるので、栄養面においても高い評価を受けている。 きびなごは、誰からも愛される隠れ人気キャラのような魚だった。 終わりに 魚か肉か、どちらが好きかと訊かれれば、個人的には肉が好きだ。 食べたいのは肉だが、サバやアジの干物もよく食べる。 特に、関サバの干し物にはちょっとうるさい。 いかなごを食べるならちりめんにしたようなものがよく、きびなごなら天ぷらがいい。 光物の刺し身には、どうも箸が伸びないが、タタキになれば結構行ける。 いかなごもきびなごも、安価で手に入る魚だが、鮮度を問うならマグロ以上だ。 これがなかなかバカにできない。 魚食離れが進む日本だが、たまには魚もいいものだ。 少なくとも、肉食よりは健康的といえるだろう。 太り難いのも魚食で、特にこの きびなごはおススメだ。 そういえば、肉食女子がいる一方で、そろそろ魚食女子が出て来てもいい頃だ。 どんなタイプの女性だか、想像するだけでも面白い。 wwptalk.

次の