七五三 は いつ やる。 七五三とは?いつから始まった?由来はある?

七五三はいつやるの?男の子と女の子満年齢と数え年とどちらでやるべき?

七五三 は いつ やる

我が家では、unaが7歳・5歳の時に一緒にやりました! (あ、unaが3歳の時にもしていました^^;) 七五三とは 七五三は幼児の成長を祝う日本の年中行事です。 一般的には女の子は3歳と7歳。 男の子は3歳と5歳で行われています。 江戸時代から3歳と5歳と7歳の年齢を祝う風習はあありましたが、当時は男女での違いはありませんでした。 昔は「 七つまでは神の子」とされていて、病気で亡くなってまう子どもが多かった時代に、子どもが無事に成長するまでの7歳というのは大きな人生の節目でもあったのです。 一般的に七五三のお祝いをするようになったのは明治の終わりごろとされ、初めは関東地方だけで行われていました。 その後、商家の営業政策の影響が大きく、高度経済成長とともに関西でも行われるようになり、現在に至ります。 年齢の意味 七五三のお祝いの、3歳・5歳・7歳には意味があるんです。 3歳(髪置きの儀) 昔は3歳までは髪を剃り坊主で育て、この3歳になると髪を伸ばし始めます。 この時に行われるのが髪置きの儀式です。 5歳(袴着) 平安時代に初めて袴をはかせる儀式が袴着です。 当時は5~7歳の子供の儀式として行われていました。 着袴(ちゃっこ)とも言います。 袴着は室町時代に11月15日と定められ、元々は男女の区別がありませんでした。 5歳の男の子として定着したのは江戸時代以降と言われています。 7歳(帯解き) それまで着ていた着物のひもをとり、初めて帯をしめるお祝いのことです。 古くは宮中の儀式でしたが、江戸末期には11月15日と定められました。 七五三はいつやるの? 先ほども記述しましたが七五三はもともと、江戸時代に関東地方が発祥でした。 天和元年11月15日に江徳川綱吉の長男であった徳松の健康を祈願したのが始まりであるといわれています。 これをきっかけに、徳川将軍家では男の子の「袴儀」を11月15日に行うい、この日に子どもの成長を祝う儀式が広まっていきました。 現在では、11月15日にこだわらず近い日にちの土日などに七五三のお参りをするご家庭が多いですね。 七五三のお参り、時期がずれても大丈夫? 現在では、11月15日にこだわらず近い日にちの土日などに七五三のお参りをするご家庭が多いですね。 ジンベエ一家では、11月15日に近い、15日より前に来る日曜日にお参りをしました。 個人的には「日にちが近ければ、土日ならいつでもいい」という考えでしたが、私の母が 祝い事を遅れてすることはけしからんっ! という考えの人だったので、それならということでその日にちを選んだわけです。 そもそもは、成長をお祝いする儀式ですので、 こ の日でなければ絶対だめという根拠はありません。 むしろ、11月15日近くの土日、祭日となると神社や写真スタジオなどはものすごく混雑します。 最近はその混雑を避けるために、あえて日をずらすというご家族も増えてきました。 でも、気候は考えたほうがいい では、日にちをずらしたとして9月や12月などに行う予定にするとします。 その時に大事なことは気候です。 9月ではまだ暑い日が多いです。 そんな時に、小さなお子様に着物を着せて歩かせることを考えると、きっと長い間は着るのはとても辛いものになってしまいますよね。 12月では、逆に寒くなります。 神社でご祈祷をされる場合には、寒い境内でダウンコートを着るわけにもいきません。 風邪などひいてしまったら本末転倒なことになってしまいます。 なので、日にちをずらすとしても、気温や天候などには注意した方がいいのです。 お参りする神社がやっていないことも 時期をずらしてお参りするときにもう一つ注意してもらいたいのは、ご祈祷を行う神社のことです。 地域や場所によっては、その時期でないと七五三のご祈祷は行えない場所もあります。 また、 千歳飴もその時期でないと用意していない、あるいは古いものになってしまう、といったこともあるようです。 時期をずらして七五三のお参りをするときには、行く予定の神社に確認をした方がいいですね。 では、写真撮影は? スタジオアリスやスタジオマリオといった子供の写真を撮影するスタジオでは、一年中七五三用の着物、衣装が揃っています。 今では混雑のためにお客様を長く待たせてしまわないように、あえて時期をずらすキャンペーンなどが「早割り」などとして展開されていることがあります。 お得なキャンペーンを利用して、空いているときに写真撮影するのはありだと思います。 しかし、デメリットとして 撮影した衣装と、お参りした時の衣装が違う ということもあるようです。 実際、我が家もunaの晴れ着がそういうパターン・・・。 数え年とは、お腹の中にいるときが0歳と考え、生まれたときには1歳であり、それ以降はお正月を迎える度に一歳ずつ増えて行くという数え方です。 では、どっちでやるのがいいの? これは、それぞれの地域や親族間の風習などを踏まえて、ご家庭で決めてよいことだと思います。 特に決まりはありません。 ただ、小さいとき(3歳)の七五三のお祝いの時は、数え年だとまだ2歳。 このころに着物を着せたり、足袋をはいたり、おむつの心配などを考えると3歳になってからの方が無難です。 でも、小さいころのかわいい印象をとっておきたいとの理由で、2歳の数え年でやってしまう人も少なからずいるようです。 さいごに 七五三のお参りは、それぞれのご家庭で無理なく行える時にしてしまうのが一番いい方法だと思います。 お子様の成長をお祝いする喜ばしい日ですから、心からお祝いしてあげたいし、子どもにもその喜びを感じてほしいですものね。 もし、これからお祝いを控えていらっしゃるご家族様には、心からお祝いをお祈りしたいと思います。

次の

七五三、いつやる??ベストな季節や日程選び、時間について

七五三 は いつ やる

七五三に行く年齢はいつがベスト? 七五三は、無事に3歳・5歳・7歳を迎えたことを祝い、こらからの健やかな成長をお祈りする年中行事です。 男女で七五三の年齢は違っていて、• 男の子は、3歳と5歳• 女の子は、3歳と7歳 にお参りします。 ここで出てくるのが、3歳・5歳・7歳と一口に言っても、 数え年・満年齢・学年のどれに合わせるかということ。 数え年と満年齢では実質1歳の違いがありますが、この年代の1歳差は本当に大きいですしね。 また、早生まれの子の場合、5歳・7歳となると、お友達のほとんどが七五三に行くので、学年で合わせたほうが良いの?というのも悩みどころ。 もちろん、 地域によっては数え年が多いということもありますし、 ご家庭によっても年長の方が数え年でというお考えということもあります。 その場合は、そちらを 参考に決めるのが良いですね。 では、年齢ごとのポイントは後ほど詳しく見ることにして、まずは2018年が七五三の年齢にあたる 2011年から2016年生まれの年齢早見表を確認してみましょう。 それに、皆が11月1日に七五三に行くと、神社がパンクしちゃいます 笑。 最近は、9月下旬に七五三というご家庭もあるようですが、やはり 10月から12月初旬に七五三という家庭が多いですし、11月が最も多い月です。 中でも 大安と 土日・祝日が重なる日が人気が高く 神社はかなり混みます。 六曜の吉日・大安も良い日柄ですが、七五三の由来からすると 鬼宿日(きしゅくにち)という二十八宿の吉日もおススメしたいところです。 そこで、 2018年10月から12月の 大安と 鬼宿日が一目でわかるカレンダーを作りました!七五三詣でに行く日の参考になさってください~。 (クリックすると大きくなります!) まとめ 七五三は、• 男の子は、3歳と5歳• 女の子は、3歳と7歳 の年に、その年齢を迎えたことを喜び、これからも 健やかに成長することを祈る行事です。 かつては、数え年で行うことが一般的でしたが、最近は 満年齢で行う家庭が多くなりました。 特に 3歳の七五三は、数え3歳ではまだ2歳と小さいため、 満年齢の方が子どもにとっても良いでしょう。 5歳・7歳の七五三は、数え年でも満年齢でも、家族のスケジュールや兄弟と何歳離れているかなどで、いつするかを決めましょう。 また、子どもが 早生まれの場合は、 同学年の人に合わせるという考え方も増えています。 東京では7歳の七五三は小学1年生(4~12月生まれは満7歳、1~3月の早生まれは数え7歳)でとなってきているようですよ。 子どもの成長を願う行事ですから、あまり年齢に縛られず、子どもさんのために七五三をいつするのか決めてくださいね。

次の

七五三 時期(お参り・写真)はいつ頃なの?|七五三ドットコム

七五三 は いつ やる

2020年もいよいよ春本番。 新年度を迎えますね。 今年、七五三を迎えるお子さんがいらっしゃるご家庭では、いつ何をして、どうお祝いしようか…と悩まれているかも知れません。 七五三は、氏神様などに出向き、子供の健やかな成長を感謝、祈願する行事ですが、そのお詣りには、いつ行くのが良いのでしょうか?ここでは2020年(令和2年)の暦を考慮に入れ、七五三のお詣りに行く時期についてご紹介したいと思います。 2020 年の七五三(11月15日)のお日柄は? 七五三は、平安や鎌倉の時代に宮中や公家で行われていた、子供が無事に成長することを祈る儀式に由来した行事です。 地域の氏神様に、晴れ着を着た子供とお詣りに行き、無事に成長したことの感謝を伝え、今後の健やかな成長を祈る七五三詣(しちごさんもうで)をするのが習わしです。 一般的には11月15日とされていますが、この日にちは絶対の決まりではありません。 お子さんの体調やご両親のお仕事の都合、参拝者の混雑を避けるために、時期をずらして行うご家庭も多くあります。 日本では行事を執り行う際、特に冠婚葬祭といった儀式行事の場合は、日取りを決めるのに六曜や六輝と言われる暦注の「お日柄」が影響する場面がたびたび見られます。 「結婚式は大安に」「お葬式は友引を避けて」などと言われるのがそれで、七五三のお詣りもお日柄の良い日が選ばれる傾向にあります。 では、今年2020年(令和2年)の11月15日はどんなお日柄なのでしょうか。 調べてみると2020年は、昨年と同様に「仏滅」だそうです。 そのため、暦の本やサイトなどによっては情報が異なる場合があります。 )仏滅は、何をするにも良くない日、特にお祝い事にはふさわしくない日、と考えられています。 ですが、曜日で見てみると日曜日となっています。 これらを考慮すると、2020年の11月15日は仏滅ではあるものの、七五三のお詣りに行く方は多めなのではないかと推測されます。 とは言え、暦の吉凶の捉え方はさまざまで「七五三はどうしても11月15日に」という考えの方もいれば、「仏滅は絶対に避けたい」と六曜を重視する方もいらっしゃいます。 どちらが正しい、というようなものではありませんが、11月15日が日曜日ということを考えると、参拝やご祈祷の混雑は見越しておいた方が無難と言えるでしょう。 七五三のお詣りの日取りはどう決める? 先述したように、日本では冠婚葬祭といった儀式行事の日取りを決めるのに、六曜(または六輝)と言われる暦注が目安にされることがよくあります。 この六曜とは、中国から伝わってきたもので、もともとは時刻や日の吉凶を占うものだったようです。 それが日本で変化し、その日の運勢や吉凶、禁忌などを表すものとして定着したようです。 六曜では、その月の1日から末日までが「大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」「仏滅」の6種類に、決まった順番で割り当てられます。 言わば、一週間の「曜日」と同じようなものです。 これは、旧暦の各月1日が六曜のどの日になるのかがあらかじめ決められているからです。 例えば、1月1日と7月1日は「先勝」。 2月1日と8月1日は「友引」。 3月1日と9月1日は「先負」と決まっています。 これによって順番が強制的にリセットされるため、不規則な順番になる場合があるのです。 なお、「大安」「赤口」「先勝」「友引」「先負」「仏滅」はそれぞれに意味があり、縁起の良し悪しや禁忌の内容が異なります。 七五三のお詣りをするのに向いているかどうかは、この内容が影響します。 大安 六曜の中で最も縁起の良い日。 やってはいけないことが何もなく、何事においても吉とされる日です。 時間帯によって凶ということもないため、結婚式や開業といった慶事に好まれる日柄で、七五三のお祝いにも向いている日と言えるでしょう。 友引 朝と夕は吉、昼は凶とされています。 「友」を「引く」という意味合いで、結婚式などの慶事は良いものの、お葬式などの弔事はNGとされる日柄です。 慶事においては大安に次ぐ吉日なので、七五三のお祝いの日に選ぶ方も多い日です。 先勝 「先んずれば即ち勝つ」とされる日で、なるべく先回りして行動することが吉と考えられます。 そのため、時間帯で言うと午前は吉、午後は凶の日柄です。 七五三のお祝いをするには午前中が良いということになります。 先負 「先んずれば即ち負ける」とされる日で、急いで何かを行うのは凶と考えられます。 午前中は凶、午後は吉の時間帯となりますが、平静を保つのが吉とされる日柄です。 何かを行う場合は午後の方がベターなので、七五三のお祝いも午後が良いでしょう。 赤口 午の刻と言われる11時~13時あたりのみ吉で、他の時間帯はすべて凶。 何もしない方が無難とされる日柄です。 慶事を行うのは避けた方が良いと考えられているので、七五三のお祝いに向くとは言いづらい日ですが、もし選ぶなら正午前後が良いでしょう。 仏滅 時間帯に関係なく一日中凶の日柄。 六曜の中で最も縁起が悪い日と考えられています。 何をするにも不向きとされる日で、特に慶事は避けられます。 七五三のお祝いも、別の日で検討される方が良いと言えるでしょう。 このように、六曜の内容についてご紹介してきましたが、これらに根拠はありません。 信憑性という点で言うと、かなり薄い、という答えになるでしょう。 六曜はカレンダーに広く使われてきたものの、公的に管理されているものではなく、言わば「迷信」のようなものです。 また、その解釈もさまざまあり、暦の本や専門家などによって異なる部分があります。 信じるか信じないかは自由ですし、解釈も人それぞれ違って当然ですので、お詣りの日取りはご家庭ごとの方針でお決めいただいて全く問題ありません。 2020 年(令和元2年)で七五三のお詣りが混み合いそうな日は? 一般的に、七五三のお詣りシーズンと言われる10月と11月について、六曜と休日の並びを考慮に入れて混み具合を予測してみたいと思います。 まず2020年の10月ですが、土曜、日曜の週末で見てみると25日(日)と31日(土)が大安です。 10月の後半なので気候的にも過ごしやすく、大人と比べて体温が高い傾向にあるお子様でも、着物を着て暑さに悩まされることはないでしょうし、お日柄の良さも手伝って、多くの参拝者が集中することが予測されます。 10月は、他に祝日や振替え休日もありませんので、この両日は混み合うことを念頭に置いておく方が良いでしょう。 次に2020年の11月ですが、こちらも土曜、日曜の週末で見てみると22日(日)と28日(土)が大安です。 本来の七五三の日を過ぎているため、例年の11月の大安と比べるとやや少なめかも知れませんが、六曜を気にされる方は集中するでしょう。 なお、3日(火)の文化の日、23日(月)の勤労感謝の日も休日です。 どちらも大安ではありませんが、土日もお仕事があるご家庭の場合は、この日にお詣りをされる方も多いでしょう。 11月15日より前の大安は、6日(金)、12日(木)しかないので、2020年の場合は一極集中と言うよりも、毎週末が平均して混み合うことになるのではないでしょうか。 最後に 有名な神社仏閣になると、七五三のお詣りシーズンは参拝者の大行列ができるほど境内は混み合います。 子供の健やかな成長を祈願する行事という由来や意味を知ると、やはりきちんと七五三詣りをしておきたい…と思うのが親心なのでしょう。 ですが、お子様の年齢によっては、慣れない晴れ着でのお出かけに疲れたり、はじめての神社や祝詞の儀式に戸惑ったりで、グズッたり泣いたりする場面もあるでしょう。 七五三の主役はお子様本人。 良い想い出になるよう体力や体調を最優先して、あまり格式張らずにお詣りに臨まれてはいかがでしょうか。 晴れ着の丸昌 横浜店では、お詣りの晴れ着レンタルだけでなく、着付けサービス、記念写真の前撮りサービスなど、さまざまなプランをご用意しております。 ぜひお気軽にお問い合わせください。

次の