甘酒 を 使っ た レシピ。 【あさイチ】甘酒の作り方・レシピ!米麹(米糀)のすごい力がいっぱい!酒粕を使った方法も【12月5日】

甘酒を使ったレシピ・作り方一覧(54件)

甘酒 を 使っ た レシピ

この記事の目次• 「米麹」を使用した甘酒• 「酒粕」を使用した甘酒 どちらも栄養満点で、体があったまる美味しい甘酒がつくれます。 ですが、どの材料を使うかによって、できる甘酒の特長が変わることは覚えておきたいものです。 アルコールが含まれているかいないか• 甘味があるのかないのか(砂糖が必要になることも) という二つの点がその材料による大きな違いになります。 1.の「米麹」を使ってできる甘酒は、アルコールが含まれない、砂糖を入れなくて甘味がある甘酒に。 2.の「酒粕」を使って作ると、アルコールが含まれる、砂糖を加えないと甘くない、といったものになります。 「米麹」ベース・・ 甘味がある、アルコールなし• 「酒粕」ベース・・ アルコールあり、甘くない なので、お子様にはアルコールが含まれない 米麹で作る甘酒を!アルコールが無いと始まらないお酒好きの大人には、 酒粕がベストということになりますね。 簡単に 炊飯器や 魔法瓶を使ってつくるレシピが今、いろいろ出てきています! 『酒粕』を使った人気のバラエティー甘酒レシピ13選 【1】 (簡単)酒蔵レシピ まずは基本の形から。 鍋1つで簡単、酒粕で手作り甘酒! こちらは酒蔵の方に教わったという基本の甘酒レシピ。 しかしこちらは豆乳やすりごま、クコの実を加えて柔らかな口当たりにした甘酒ラテ。 お塩を少し加えるのがポイントです。 甘酒と珈琲の香りが意外と相性がよくてホッコリ温まります。 黒糖のコクが加わって、さらに美味しい甘酒に。 保存もできますよ。 参考: 【7】 フルーツ甘酒 基本の甘酒に果物酢を加えるだけ。 実際の果物を使ったフルーツ甘酒も人気ですが、こんな風に手抜きのフルーツ甘酒も美味しいんです。 爽やかな酸味も加わり、飲みやすくなります。 参考: 【8】 フルーツ&甘酒カクテル リンゴのコンポートを使用したお洒落な甘酒カクテルです。 何も知らない方に出して、甘酒なんだよって教えてあげるとびっくりされること間違いなしです。 マーマレードやシナモンパウダーを加えた洒落た一品です。 特に生姜は酒粕を使用した甘酒との相性がバッチリなんです。 レモン汁、またお好みでシロップを加えましょう。 スライスしたレモンを浮かせて完成!冬に飲みたくなる甘酒とレモネードのコラボです。 【17】 酒粕ペーストの作り方• 板粕を用意します• 200g程度の酒粕に対して、水は100cc~150cc• 黒砂糖15g~20g程度用意します。 板粕を砕きます• 柔らかいタイプならすり鉢などで砕けますが、無理ならフードプロセッサーやミキサーを使用します• 50cc程度水を加えながらペースト状にしていきます• 鍋で水や黒砂糖と一緒に加熱する。 弱火程度で行います。 黒砂糖とも溶けて、なめらかなペースト状になれば完成です! こちらのペースト酒粕を作っておくととっても便利です。 溶かして甘酒や粕汁に、またジャムのようにヨーグルトにトッピングしたりもできますよ。 今美容と健康、そしてダイエットにも話題の甘酒。

次の

決定版! 甘酒レシピ。簡単&失敗しない基本の作り方

甘酒 を 使っ た レシピ

注意点は蓋をせずに濡れタオルを 軽く被せておく程度にしておくことです。 おすすめはそのまま保温機能を切って 炊飯器の蓋をして一晩おくと ちょっと乳酸菌の酸が出て より美味しい甘酒が完成します。 湯煎で作る方法 我が家ではこの方法でも作ります。 スポンサーリンク 甘酒の何がいいの? これだけ甘酒の作り方を紹介しましたが いったい甘酒の何がいいのかというと 飲む点滴と呼ばれる位に 栄養が満点なのです。 冬に飲む機会が多いので 冬の飲み物だと思いがちですが 昔は夏バテ防止に飲まれており 栄養ドリンク的存在だったのです。 麹のアミノ酸も豊富で 美容にもいいですし 現代でもその甘酒の効果は かなり注目するべきだと思います。 また、料理の下味に使うと 塩麹が流行りましたが そんな感じで料理がとても美味しくなります。 おすすめは鶏肉を甘酒に漬けこむことです。 ジューシーで旨みもすごいですよ。 酒粕の甘酒の作り方 もちろん酒粕の甘酒もそちらはそちらで 酒粕のうま味があっておいしいです。 作るのも短時間で作れるので サクッと作れるのがポイントです。 大吟醸の粕を使うと また風味が変わって美味しいですよ。 10分程度でだいぶ柔らかくなります。 お好みで生姜を入れて飲んでください。 番組で紹介された甘酒の効果は こちらをご覧ください。 まとめ 甘酒の作り方とその効果を 少しですがまとめてみました。 ちなみに保存方法は作ったら 冷蔵庫で保存して早めに飲む方がいいです。 急速冷却しないと甘酒が 褐色になって美味しそうじゃなくなるので 注意が必要ですよ。 ぜひ、ご家庭でも試してください。 カテゴリー•

次の

甘酒を使うとこんな効果が!簡単でおいしい甘酒料理レシピ5選

甘酒 を 使っ た レシピ

この記事の目次• 「米麹」を使用した甘酒• 「酒粕」を使用した甘酒 どちらも栄養満点で、体があったまる美味しい甘酒がつくれます。 ですが、どの材料を使うかによって、できる甘酒の特長が変わることは覚えておきたいものです。 アルコールが含まれているかいないか• 甘味があるのかないのか(砂糖が必要になることも) という二つの点がその材料による大きな違いになります。 1.の「米麹」を使ってできる甘酒は、アルコールが含まれない、砂糖を入れなくて甘味がある甘酒に。 2.の「酒粕」を使って作ると、アルコールが含まれる、砂糖を加えないと甘くない、といったものになります。 「米麹」ベース・・ 甘味がある、アルコールなし• 「酒粕」ベース・・ アルコールあり、甘くない なので、お子様にはアルコールが含まれない 米麹で作る甘酒を!アルコールが無いと始まらないお酒好きの大人には、 酒粕がベストということになりますね。 簡単に 炊飯器や 魔法瓶を使ってつくるレシピが今、いろいろ出てきています! 『酒粕』を使った人気のバラエティー甘酒レシピ13選 【1】 (簡単)酒蔵レシピ まずは基本の形から。 鍋1つで簡単、酒粕で手作り甘酒! こちらは酒蔵の方に教わったという基本の甘酒レシピ。 しかしこちらは豆乳やすりごま、クコの実を加えて柔らかな口当たりにした甘酒ラテ。 お塩を少し加えるのがポイントです。 甘酒と珈琲の香りが意外と相性がよくてホッコリ温まります。 黒糖のコクが加わって、さらに美味しい甘酒に。 保存もできますよ。 参考: 【7】 フルーツ甘酒 基本の甘酒に果物酢を加えるだけ。 実際の果物を使ったフルーツ甘酒も人気ですが、こんな風に手抜きのフルーツ甘酒も美味しいんです。 爽やかな酸味も加わり、飲みやすくなります。 参考: 【8】 フルーツ&甘酒カクテル リンゴのコンポートを使用したお洒落な甘酒カクテルです。 何も知らない方に出して、甘酒なんだよって教えてあげるとびっくりされること間違いなしです。 マーマレードやシナモンパウダーを加えた洒落た一品です。 特に生姜は酒粕を使用した甘酒との相性がバッチリなんです。 レモン汁、またお好みでシロップを加えましょう。 スライスしたレモンを浮かせて完成!冬に飲みたくなる甘酒とレモネードのコラボです。 【17】 酒粕ペーストの作り方• 板粕を用意します• 200g程度の酒粕に対して、水は100cc~150cc• 黒砂糖15g~20g程度用意します。 板粕を砕きます• 柔らかいタイプならすり鉢などで砕けますが、無理ならフードプロセッサーやミキサーを使用します• 50cc程度水を加えながらペースト状にしていきます• 鍋で水や黒砂糖と一緒に加熱する。 弱火程度で行います。 黒砂糖とも溶けて、なめらかなペースト状になれば完成です! こちらのペースト酒粕を作っておくととっても便利です。 溶かして甘酒や粕汁に、またジャムのようにヨーグルトにトッピングしたりもできますよ。 今美容と健康、そしてダイエットにも話題の甘酒。

次の