済生会病院 看護師 給料。 看護師の年収は525万円!年収・給料・病院ランキングを徹底解説します!

済生会で働く看護師の実態は?評判や年収を調べてみた

済生会病院 看護師 給料

大阪府済生会吹田病院の看護師求人・採用おすすめポイントは、 教育制度が充実している点です。 役割研修や選択研修のほか、「日本看護協会・大阪府看護協会が主催する研修・講演会」など 院外研修にも積極的に参加することができます。 また 資格取得支援制度があり、スキルアップをサポートする体制が整っています。 さらに 完全週休2日制となっており、プライベートの時間もしっかりと確保することができるのがポイント! そのほか 出産・育児休業休暇、介護休暇などがあり、育児・介護とお仕事の両立を目指せます。 福利厚生が整っているのも魅力! 財形貯蓄制度や 職員診療費補助制度、 永年勤続表彰制度などがあります。 精神対話士による カウンセリングルームを設置しており、お仕事の不安や悩みも相談しやすくなっています。 大阪府済生会吹田病院の口コミや評判など ここで大阪府済生会吹田病院で働くにあたって口コミや評判などについてみていきましょう。 大阪府済生会吹田病院の看護師の口コミや評判ってどうなの? 大阪府済生会吹田病院の口コミや評判は以下のようになっています。 実際に大阪府済生会吹田病院で働いている看護師さんからは、「 休日も多く、お給料や福利厚生も良い方だと思います」「 夜勤に入れば、それなりに稼げるかと思います」との声があります。 そんな不安を解消する方法を紹介。 夜勤なしの職場で働くメリット・デメリットから、「夜勤なし・正社員」が可能な職場まで幅広く紹介。 ではそんな時、ほかの看護師さんはどのように対応したのか?看護師の本音に迫ってみました。 大阪府済生会吹田病院の看護師求人・採用の特長 大阪府済生会吹田病院は 阪急電鉄京都本線「相川駅」から徒歩8分の場所に立地しており、アクセス良好です。 大学を卒業した看護師さんの初任給は217,100円、3年過程を卒業した看護師さんの初任給は214,500円、2年過程を卒業した看護師さんの初任給は211,200円となっています。 また通勤手当や住宅手当、夜勤手当等が支給されます。 勤務体系は完全週休2日制で年次有給休暇やリフレッシュ休暇のほかにも 出産・育児休業休暇、介護休暇などがあり、育児・介護とお仕事の両立を目指せます。 さらに 院内保育所を併設しているので、送迎の負担が少ないのもポイントです。 看護部では「看護の責任と誇りを自覚し、患者・家族・地域の人々に質の高いサービスを提供する」などを理念に掲げ、親切・思いやり・笑顔をモットーにやすらぎの看護を実践することに努めています。 新入職の看護師さんに対しては実技研修・病棟研修などを実施しており、卒後3年目までを「ひとり立ち」期間として段階的にレベルアップを図っています。 またプリセプター・臨地実習指導者や管理者(師長・主任)を対象とした役割研修を実施。 さらに 選択研修も行っており、積極的にキャリアアップを目指す看護師さんをバックアップしています。 そのほか「 日本看護協会・大阪府看護協会が主催する研修・講演会」や「 認定看護師・認定看護管理者・専門看護師養成コースの受講」など、院外研修にも積極的に参加することができます。 オリジナルナースバンク制度を導入。 あらかじめ働きたい日・時間などを提出してスケジュールを調整するので、 子育て中の方や資格取得に取り組む方も、無理なく働くことが可能。 大阪府済生会吹田病院の基本情報 社会福祉法人恩陽財団 大阪府済生会吹田病院の看護師求人・採用情報 医療機関名 社会福祉法人恩陽財団 大阪府済生会吹田病院 診療科目 内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・小児科・精神科・神経内科・腎臓内科・外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸器外科・産婦人科・婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・皮膚科・泌尿器科・放射線科・麻酔科・リハビリ科・病理科・集中治療室・救急・人工透析・人間ドック 所在地 大阪府吹田市川園町1-2 病床数 500 アクセス 阪急電鉄京都本線 相川駅 徒歩8分 大阪府済生会吹田病院の特徴 大阪府済生会吹田病院は大阪府吹田市に位置し、「高度の医療レベルと総合医療機能を持ち、地域に貢献する病院」などを理念として昭和20年に設立されました。 500床の急性期病院で地域に根差した医療、保健、福祉活動に取り組んでおり、救急医療、がん医療や老化予防・リハビリテーションにも注力しています。 また無料低額診療事業や生活困窮者支援事業(なでしこプラン)を実施。 そのほか地域医療支援病院やがん診療連携拠点病院などにも指定されているのが特徴です。

次の

看護師の年収比較!国立病院と民間

済生会病院 看護師 給料

ランキング1位:横浜市立大学附属市民総合医療センター 10秒でわかる横浜市立大学附属 市民総合医療センター 横浜市立大学附属市民総合医療センターは、横浜市内最大となる726床の病院です。 横浜市民の多様な医療ニーズに応えるために、 高度救命救急センターや総合周産期母子医療センターなどを有し、救急・災害医療やがん、難病医療など高度で専門的な医療を提供しています。 看護部ではYCU-N shipという病院独自のジェネラリスト育成計画を採用し、レベルを4層に分けて、ジェネラリストに必要な能力を着実に獲得し、自分のキャリアデザインを描くことができます。 もちろん、認定看護師や専門看護師を目指すことも可能で、多数のスペシャリストの看護師が活躍しています。 院内検定制度もありますので、幅広い分野の知識・技術を学びながらスキルアップしていくことができる病院です。 大学附属病院ですから、福利厚生が充実していて、待遇のレベルが高く、看護師が長く働ける病院です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・横浜市立大学の病院というブランド力 ・給料が経験7年目で年収600万円以上という高給与! ・教育制度が整っていてジェネラリストもスペシャリストも目指せる ・4週8休+祝日と休みが多く、有給も50%以上は消化できる ・託児所ありで育休が長く取れるなど育児サポート制度が充実 横浜市立大学附属 市民総合医療センターの看護師の給料・年収 ・基本給=235,540円~(月給目安289,491円~) ・ボーナス=4. 45ヶ月分 ・夜勤手当=約6,700円(3交代) ・住宅手当あり 横浜市立大学附属 市民総合医療センターはこんな看護師さんにおすすめ 横浜市立大学附属 市民総合医療センターは、 高度な医療に携わりながらも、待遇を重視したい看護師さんにおすすめです。 横浜市最大級の大病院であり、神奈川県内で2ヶ所しかない高度救命救急センターを有するなど、横浜市の中では最も高度な医療を提供していると言っても良い病院です。 さらに、待遇は全国トップレベルです。 横浜市立大学附属 市民総合医療センターの詳細情報 所在地 最寄り駅 市営地下鉄阪東橋駅徒歩5分 病床数 726床 看護師数 約1650名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制(一般病棟の場合) 看護方式 継続受け持ちペア看護方式 勤務体制 3交代制 年間休日 約130日 診療科 内科・心療内科・神経内科・脳神経内科・腎臓内科・血液内科・呼吸器科・消化器科・胃腸科・循環器科・内分泌科・歯科・矯正歯科・小児歯科・小児科・外科・小児外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸器外科・消化器外科・胸部外科・腹部外科・精神科・神経科・歯科口腔外科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・耳鼻咽喉科・気管食道科・皮膚科・泌尿器科・眼科・産科・産婦人科・人工透析科・リウマチ科・臨床腫瘍科・乳腺外科・病理診断科(附属病院)・総合診療科・乳腺甲状腺外科・病理診断科(市民総合医療センター) 開設 平成12年1月(前身の十全病院は明治4年開設、昭和27年に横浜市立大学病院に改称) 連絡先 045-261-5656(代表) ランキング2位:横浜市立市民病院 10秒でわかる横浜市立市民病院 横浜市立市民病院は、地域がん診療連携拠点病院、救命救急センター、神奈川県内唯一の第一種感染症指定医療機関、地域周産期母子医療センターなどを有している県内屈指の総合病院です。 救急医療・がん診療・感染症医療・周産期医療を4本柱として、診療科の枠を超えた横断的で高度な医療を提供しています。 看護部では30名以上の認定看護師・専門看護師が活躍し、高度な医療に対応できる質の高い看護を提供しています。 また、「豊かな人間性を持ち、臨床実践能力に優れ、幅広い視野で状況判断し対応できるキャリアナース」を育成するための教育制度が整っていて、 CDP(Career Development Program :臨床実践能力開発ツールを導入し、キャリアアップをサポートしてくれます。 市立病院ですから、横浜市公務員と待遇となります。 福利厚生が充実していて、ワークライフバランスを取りながら働ける環境が整えられています。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・横浜市の公務員になることができる ・教育体制が整っていて、キャリアアップできる ・子育て支援体制が充実している ・一通りの看護技術を身につけられるが忙しい ・休みが多いから、オンオフのメリハリをつけやすい 横浜市立市民病院の看護師の給料・年収 ・基本給=218,500円~(月給目安256,100円~) ・ボーナス=4. 45ヶ月分 ・夜勤手当=約5,000円(3交代) ・住宅手当=19,600円 横浜市立市民病院はこんな看護師さんにおすすめ 公務員看護師になりたい看護師さんは、横浜市立市民病院をおすすめします。 市立病院ですから、常勤で働けば公務員になることができます。 しかも、看護師としてスキルアップできる環境ですので、安定性を重視したい看護師さんにぴったりの病院です。 横浜市立市民病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 市営地下鉄ブルーライン三ツ沢上町駅徒歩12分 病床数 650床 看護師数 約640名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制(一般病棟の場合) 看護方式 PNS(パートナシップナーシングシステム) 勤務体制 2交代制・3交代制(部署により異なる) 年間休日 約130日 診療科 神経内科・腎臓内科・血液内科・小児科・整形外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・呼吸器外科・消化器外科・歯科口腔外科・リハビリテーション科・麻酔科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・眼科・産婦人科・糖尿病リウマチ科・神経内科・呼吸器内科・腫瘍内科・消化器内科・循環器内科・炎症性腸疾患(IBD)科・乳腺外科・脳神経外科・救急脳神経外科・心臓血管外科・神経精神科・放射線診断科・放射線治療科・感染症内科・救急総合診療科・病理診断科・緩和ケア内科・がん検診センター診断科 開設 昭和35年10月 連絡先 045-331-1961(代表) ランキング3位:神奈川県立がんセンター 10秒でわかる神奈川県立がんセンター 神奈川県立がんセンターは、2007年に都道府県がん診療連携拠点病院に指定されているがん専門病院で、 神奈川県内のがん医療の中核病院として、最新の医療設備と専門医による高い医療技術を提供しています。 看護部ではクリニカルラダーを取り入れ、新人からベテランまでを5段階に分けて、レベルに応じた研修を受けることができます。 さらに院外研修・学会は勤務扱いで出席することができるんです。 また、専門看護師・認定看護師の人数は国内トップクラスで質の高い看護を学ぶことができます。 公休は4週8休+祝日と多いですし、有給も消化できます。 独身寮や24時間託児所があるなど、看護師が働きやすい環境が整えられています。 がん看護の専門性を高めつつも、ワークライフバランスを取りながら働ける病院です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・がん看護を専門にすることができる ・年間休日が多く、1週間以上の連休を取ることができる ・神奈川県地方職員共済組合に加入して公務員待遇を受けることができる ・託児所あがあるほか時短勤務も使えるのでママ看護師も比較的働きやすい ・PNSを導入していて、残業が少なくなってきている 神奈川県立がんセンターの看護師の給料・年収 ・基本給=229,000円~(月給目安268,000円~) ・ボーナス=4. 4ヶ月分 ・夜勤手当=9,750円~(2交代の場合) ・住宅手当=上限28,500円 神奈川県立がんセンターはこんな看護師さんにおすすめ 神奈川県立がんセンターは、 がん看護を極めたい看護師さんにおすすめです。 教育体制は充実していますし、専門・認定看護師がたくさんいますので、専門性の高い看護を学ぶことができます。 神奈川県立がんセンターで働けば、がん看護のスペシャリストになることができます。 神奈川県立がんセンターの詳細情報 所在地 最寄り駅 相鉄線二俣川駅から徒歩15分 病床数 415床 看護師数 約400名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 チームナーシングとプライマリーナーシング(一部PNSを導入) 勤務体制 2交代制 年間休日 130日 診療科 消化器内科(消化管)・消化器外科(食道)・消化器外科(胃)・消化器外科(大腸)・消化器内科・外科(肝胆膵)・呼吸器内科・呼吸器外科・乳腺内分泌外科(乳腺)・乳腺内分泌外科(甲状腺)・婦人科・泌尿器科・骨軟部腫瘍外科・頭頸部外科・脳神経外科・皮膚科・形成外科・腫瘍内科・血液内科・放射線治療科・病理診断科・放射線診断科・IVR科・循環器内科・東洋医学科・免疫療法科・麻酔科・ICU科・輸血医療科・緩和ケア内科・リハビリテーション科 開設 昭和38年4月 連絡先 045-520-2222(代表) ランキング4位:横浜市立みなと赤十字病院 10秒でわかる横浜市立みなと赤十字病院 横浜市民のための横浜市立病院であり、日本赤十字社が運営する赤十字病院でもある横浜市立みなと赤十字病院は、三次救急の救命救急センターを有し、年間の救急搬送受け入れ件数は全国トップクラスの11,000件なっています。 さらに、地域がん診療拠点病院として専門性の高いがん診療を行い、各診療科において最先端の医療を提供しています。 看護部ではクリニカルラダー制度に基づいたレベル別の研修を受けることができるほか、赤十字のネットワークを利用したキャリア開発や人事交流も行っています。 赤十字医療救護班を9個班常設していて、全国で起こった災害では積極的に活動しています。 赤十字病院ですから、年間休日は121日、独身寮・院内保育施設があるなど福利厚生が充実していますので、働きやすい環境が整えられています。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・赤十字病院という安心ブランド ・教育制度が整っていて、急性期看護を学ぶには最適な環境 ・休みが多く、希望休が取りやすい。 積極的に有給を消化させてくれる病棟もある ・福利厚生が充実している ・希望すれば赤十字活動に参加できる 横浜市立みなと赤十字病院の看護師の給料・年収 ・基本給=206,400円~(月給目安295,080円~) ・ボーナス=年2回支給 ・住宅手当=上限28,500円 横浜市立みなと赤十字病院はこんな看護師さんにおすすめ 急性期看護全般を学びたい 横浜市立みなと赤十字病院では、救急搬送件数が多く、様々な急性期の症例を見ることができます。 教育体制が整っていますので、急性期看護を一通り学びたい看護師さんにおすすめです。 災害派遣活動をしたい 赤十字病院は全国各地で災害が起こった際に医療救護班を派遣しています。 横浜市立みなと赤十字病院で学びスキルアップしていくことで、赤十字活動に参加することができます。 横浜市立みなと赤十字病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 みなとみらい線元町・中華街駅(横浜駅や桜木町駅からバス乗車の必要あり) 病床数 634床 看護師数 約630名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 固定チーム継続受け持ち制 勤務体制 2交代制(希望者のみ3交代制) 年間休日 121日 診療科 内科・内分泌内科(糖尿病内分泌内科)・血液内科・腎臓内科・リウマチ科(膠原病リウマチ内科)・緩和ケア内科・呼吸器内科・消化器内科・肝臓内科・循環器内科・神経内科・アレルギー科・精神科・小児科・外科・消化器外科・大腸外科・肝臓外科・乳腺外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科(めまい・平衡神経科)・リハビリテーション科・放射線診断科・放射線治療科・麻酔科・歯科口腔外科・救急科・病理診断科 開設 平成17年4月 連絡先 045-628-6100(代表) ランキング5位:済生会横浜市東部病院 10秒でわかる済生会横浜市東部病院 横浜市鶴見区にある済生会横浜市東部病院は、横浜市で5番目の地域中核病院として2007年に開院した新しい病院です。 がん・心疾患・脳血管疾患の三大疾病を中心とした総合的な医療を展開し、 大学病院並みの高度で多機能な医療を提供しています。 看護部では「急性期看護のプロフェッショナル」を育む教育環境を整えていて、「安全な医療サービス提供能力」「コミュニケーション能力」「チーム医療実践能力」の3つを持つ看護師に成長していくことができます。 診療特定看護師や認定看護師、専門看護師など資格を持った看護師が多くいますので、質の高い看護を提供しています。 年間休日が多く、24時間対応の託児所や独身寮もあり、福利厚生が充実していることが特徴です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・休みが多く1週間以上の連休を取ることができる ・急性期の総合病院ながら残業は10時間以下と少なめで残業代もきちんとつく ・済生会病院というブランドと安心感 ・急性期看護を深められる職場環境 ・託児所があり育児に理解があるのでママ看護師でも働きやすい 済生会横浜市東部病院の看護師の給料・年収 ・基本給=220,000円(月給目安293,095円) ・ボーナス=4. 3ヶ月分 ・夜勤手当=約10,000円 ・住宅手当=10,000円 済生会横浜市東部病院はこんな看護師さんにおすすめ 急性期看護をしっかり学びたいけれど、ワークライフバランスも大切という欲張りな看護師さんに、済生会横浜市東部病院はおすすめです。 急性期看護を極めることができる教育体制が整っていて、幅広い症例を見ることができます。 残業が少なくて休みが多く、福利厚生が整っていますので、ワークライフバランスも重視できますよ。 済生会横浜市東部病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 JR南武線尻手駅徒歩15分 病床数 560床 看護師数 約670名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 チームナーシング、受け持ち制看護、PNS 勤務体制 変則2交代制 年間休日 125日以上 診療科 内科・循環器科・消化器科・消化器外科・神経内科・小児科・外科・整形外科・形成外科・リウマチ科・脳神経外科・呼吸器科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・リハビリテーション科・精神科・放射線科・麻酔科・歯科口腔外科・救急科・病理科 開設 平成19年3月 連絡先 045-576-3000(代表) ランキング6位:けいゆう病院 10秒でわかるけいゆう病院 けいゆう病院は昭和8年に警察病院として開院し、平成8年には「警友病院」から「けいゆう病院」へと名前を変えて、みなとみらい21地区に新築移転し、「アメニティー」、「ホスピタリティー」、「インターナショナリティー」という3つをメインテーマに掲げる病院へとステップアップしました。 最先端の医療設備を整え、国内外の要人や外国人にも対応できる総合病院です。 最寄り駅がみなとみらい駅で横浜の人気エリアにある病院です。 通勤にはもちろん、プライベートも楽しめる立地です。 急性期から医療のケア継続が必要な方、がんの治療、緩和ケアにも力を注いで、一人ひとりを全人的に捉える視点を大切して看護を提供しています。 キャリアラダー(横浜赤レンガ方式)に基づく積み上げ式の教育制度があり、神奈川県看護協会や、近隣の施設のオープンセミナー等を院内LANで発信していますので、しっかりとスキルアップしていくことができます。 年間休日は130日近くありますし、託児所や家賃補助制度があるなど看護師が働きやすい環境を整えている病院です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・みなとみらいという好立地! ・休みが多く、有給消化率も50%以上! ・研修制度が整っていてキャリアアップも支援してくれる ・福利厚生が整っていて子育てしながらでも看護師を続けられる ・残業はできるだけしないようにする風潮で総合病院の中では少ない方 けいゆう病院の看護師の給料・年収 ・基本給=220,900円(月給目安274,243円) ・ボーナス=4. 4ヶ月分(年3回) ・夜勤手当=9,401円~ ・住宅手当=あり けいゆう病院はこんな看護師さんにおすすめ けいゆう病院は 横浜のおしゃれ&便利な地区にある総合病院で働きたい看護師さんにおすすめです。 みなとみらい駅から徒歩3分というこの上ない立地です。 オーシャンビューの病院ですよ! 退勤後のショッピングや食事も十分に楽しめます。 教育制度も整っていますので、看護師としてもスキルアップしていくことができます。 けいゆう病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 みなとみらい線みなとみらい駅徒歩3分 病床数 410床 看護師数 約430名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 固定チームナーシング 勤務体制 変則2交代制 年間休日 129日 診療科 内科・神経内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・歯科・小児科・外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・精神科・歯科口腔外科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・眼科・産婦人科 開設 昭和9年5月(平成8年に現在地に新築・移転) 連絡先 045-221-8181(代表) ランキング7位:横浜医療センター 10秒でわかる横浜医療センター 独立行政法人国立病院機構の横浜医療センターは、2010年4月に新病院を開院して、地域医療支援病院に認定され、三次救急に対応し、横浜市西部地区の中核病院としての役割を果たしています。 32の診療科を持ち、 急性期医療を中心に高度で専門性の高い医療を提供している一般病床470床・精神病床40床の総合病院です。 看護部では患者中心の看護を理念に掲げ、高い看護実践力発揮できる看護師を育成しています。 国立病院看護職員能力開発プログラムVer. 2に基づいて、レベル別の研修を受けて、看護師一人ひとりが目標に向けてキャリア形成できるように支援しています。 寮や院内託児所があるなど福利厚生が充実していますし、年間休日も多めで、全体的に待遇のレベルが高いので、長く働いている看護師さんが多い病院です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・国立病院機構というブランド ・国家公務員並みの待遇の良さ ・急性期看護をしっかり学ぶことができる ・部署によっては残業が多いが、幅広い症例を見ることができる ・施設がキレイで働きやすい! 横浜医療センターの看護師の給料・年収 ・基本給=197,100円~(月給目安273,116円~) ・ボーナス=4. 2ヶ月分 ・夜勤手当=11,000円(2交代) ・住宅手当=上限27,000円 横浜医療センターはこんな看護師さんにおすすめ 総合病院で長く働いていきたい看護師さんには、横浜医療センターをおすすめします。 横浜医療センターは国立病院機構の病院ですから、 国家公務員並みの待遇ですし、安定性は抜群です。 子育てと仕事を両立させるためのサポート制度も充実していますので、総合病院で急性期看護を学びつつ、長く働いていくことができます。 横浜医療センターの詳細情報 所在地 最寄り駅 JR・地下鉄戸塚駅からバス乗車 病床数 510床 看護師数 約520名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 固定チームナーシング 勤務体制 2交代制 年間休日 120日以上 診療科 内科・腎臓内科・糖尿病内分泌内科・心療内科・精神科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・緩和ケア内科・アレルギー科・リウマチ科・小児科・外科・消化器外科・乳腺外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・歯科口腔外科・救急科・病理診断科 開設 昭和20年12月 連絡先 045-851-2621(代表) ランキング8位:昭和大学横浜市北部病院 10秒でわかる昭和大学横浜市北部病院 2001年(平成13年)4月1日に開院した昭和大学区横浜市北部病院は、横浜・港北ニュータウンに地域の基幹病院としての役割を担い、 幅広い疾患に対応している総合病院です。 ICU、NICU 、GCU、救急センター(1, 2次救急)を有しているだけでなく、 緩和ケア病棟や精神・認知症を持ち、精神科ではスーパー救急も受け入れています。 看護部の教育制度は非常に充実していて、卒後教育プログラムは何と73コースもあります。 屋根瓦体制による新人教育とジェネラリストの育成に力を注いでいて、さらに認定看護師・専門看護師へのキャリアアップ支援もあるので、看護師としてのキャリア実現を応援してくれる制度が整っています。 大学病院の1つですので、給料が高めで、福利厚生が充実しています。 さらに年間休日も多いので、看護師がワークライフバランスを取りながら働ける環境です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・大学病院という安心とブランド ・年間休日が130日以上あり10連休を取れる ・ボーナスが5ヶ月分とたっぷり ・教育体制が整っているので、しっかりスキルアップできる ・福利厚生が申し分ないほどに充実している 昭和大学横浜市北部病院の看護師の給料・年収 ・基本給=203,000円~(月給目安265,700円~) ・ボーナス=5ヶ月分 ・夜勤手当あり ・住宅手当=自宅5,200円、借家24,000円 昭和大学横浜市北部病院はこんな看護師さんにおすすめ 昭和大学横浜市北部病院は、 大学病院で急性期以外も経験したい看護師さんにおすすめの病院です。 緩和ケア病棟や精神科病棟がありますので、配属先によっては大学病院にいながら、急性期以外の看護を経験することができます。 昭和大学横浜市北部病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 市営地下鉄センター南駅徒歩7分 病床数 689床 看護師数 約670名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 継続受け持ち制固定チームナーシング 勤務体制 2交代制 年間休日 130日以上 診療科 呼吸器センター・消化器センター・循環器センター・心臓血管カテーテル室(循環器内科)・こどもセンター・メンタルケアセンター・救急センター・内科・皮膚科・放射線科・外科・脳神経外科・整形外科・産婦人科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・リハビリテーション科・緩和医療科・歯科・歯科口腔外科 開設 平成13年3月 連絡先 045-949-7000(代表) ランキング9位:KKR横浜南共済病院 10秒でわかるKKR横浜南共済病院 KKR横浜南共済病院は、1939年に横須賀海軍共済病院追浜分院として創立された病院で、 神奈川県災害拠点病院、がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、救命救急センター、神奈川県DMAT指定病院などの指定を受けている総合病院です。 565床を有し、大学病院に負けない設備を備え、専門性の高い医療を提供しています。 年々高度化する医療現場の中で、看護師が患者中心の看護を提供できるように、集合教育とOJTを組み合わせた教育を行っています。 自らキャリア発達ができるように自分のペースで研修を受けられることが特徴です。 また、キャリアアップを支援するために、 認定看護師養成機関受験を受験時や研修受講中のサポートをしています。 KKR(国家公務員共済組合連合会)の病院ですので、看護師の待遇の水準が高いことが特徴です。 さらに、24時間託児所や職員旅行など福利厚生も充実しています。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・教育制度が充実していてスキルアップできる ・国家公務員に準じた給与で、基本給が高く、昇給もしっかりある ・いろいろな症例を見ることができるが、忙しく残業が多い病棟もある ・お休みが多く、ワークライフバランスを取りやすい ・福利厚生が充実していて、年に一度職員旅行があり、海外も選ぶこともできる! KKR横浜南共済病院の看護師の給料・年収 ・基本給=237,684円~(月給目安275,864円~) ・ボーナス=4. 45ヶ月 ・夜勤手当=9,545円~ KKR横浜南共済病院はこんな看護師さんにおすすめ 急性期看護を学びながら、国家公務員と同じ待遇を期待する看護師さんにおすすめです。 KKR横浜南共済病院は急性期看護、救急看護、災害看護を学ぶにはもってこいの病院です。 さらに、国家公務員共済組合連合会の病院ですので、国家公務員に準じた給与・福利厚生となっています。 KKR横浜南共済病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 京浜急行追浜駅徒歩徒歩7分 病床数 591床 看護師数 約600名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 PNS(パートナーシップナーシングシステム) 勤務体制 2交代制 年間休日 120日以上 診療科 内科・精神科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・血液内科・代謝内科・内分泌内科・腎臓内科・神経内科・アレルギー科・リウマチ科・小児科・外科・消化器外科・乳腺外科・呼吸器外科・整形外科・形成外科・美容外科・脳神経外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・歯科口腔外科・麻酔科・病理診断科・救急科 開設 昭和14年 連絡先 045-782-2101(代表) ランキング10位:聖隷横浜病院 10秒でわかる聖隷横浜病院 聖隷横浜病院は平成15年3月に国立横浜東病院から経営移譲されて誕生しました。 横浜市二次救急拠点指定病院として、積極的に救急車を受けいれて救急診療体制の再構築と強化に力を入れているほか、高齢者医療の充実、将来を見据えた診療体制の再編、地域連携部門の強化を病院運営の柱として、地域医療に貢献しています。 地域包括ケア病棟がありますので、 1つの病院の中で急性期だけでなく慢性期や訪問看護まで幅広い分野に挑戦することができます。 専門看護師・認定看護師が多数活躍していて、質の高い看護を提供していて、さらに久里認可るラダーなど教育制度が整っていますので、しっかりとスキルアップしていくことができます。 院内研修留学制度があるので、他部署で研修を受けることもできます。 独身寮や託児所など福利厚生が整っていて、看護師が働きやすい環境を整えているので、長く働いていくことができる病院です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・年間休日120日以上+有給消化率80%以上でお休みたっぷり ・ボーナスは4. 6ヶ月分で年3回、給与水準が高め! ・横浜駅まで1駅という好立地 ・24時間対応の託児所や短時間勤務制度ありでママ看護師が働きやすい ・認定看護師や専門看護師の資格取得支援制度があってキャリアアップできる 聖隷横浜病院の看護師の給料・年収 ・基本給=232,870円~(月給目安300,366円~) ・ボーナス=4. 60ヶ月分(年に3回) ・夜勤手当=10,185円 ・住宅手当=上限27,000円 聖隷横浜病院はこんな看護師さんにおすすめ 聖隷横浜病院は ワークライフバランスを取りながら急性期看護を学びたい看護師さんにおすすめです。 年間休日が120日以上で有給消化率が80%以上と高い7:1看護体制の急性期病院はなかなかありません! 独身の看護師さんはもちろん、ママ看護師になっても育児と仕事を両立してワークライフバランスを保つことができます。 聖隷横浜病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 JR保土ヶ谷駅から徒歩12分 病床数 300床 看護師数 約250名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 チームナーシング 勤務体制 2交代制 年間休日 123. 5日(公休+厚生休暇) 診療科 呼吸器内科・消化器内科・腎臓内科・内分泌・糖尿病内科・循環器内科・小児科・外科・呼吸器外科・脳神経外科・整形外科・皮膚科・心臓血管外科・産婦人科・泌尿器科・眼科・耳鼻いんこう科・放射線診断科・ペインクリニック外科・救急科・リハビリテーション科・臨床検査科・病理診断科・形成外科・リウマチ科・総合内科・腎臓・高血圧内科・リウマチ・膠原病内科・心臓血管センター内科・脳神経外科・脳血管内治療科・麻酔科(ペインクリニック)小児科・形成外科・皮膚科・放射線診断科・救急科・リハビリテーション科・臨床検査科・病理診断科・総合診療科・ドック・健診科 開設 平成15年3月 連絡先 045-715-3111(代表) ランキング11位:県立こども医療センター 10秒でわかる県立こども医療センター 県立こども医療センターは昭和45年に開院した小児専門病院で、子ども専門病院・肢体不自由児施設・重症心身障害児施設の3つの施設からなる総合医療福祉施設です。 子ども専門の総合病院として、高度で専門的な医療を提供しています。 重症度が高く、希少な疾患を持つ子どももたくさん入院しています。 また、ハイリスクの胎児・妊婦への医療を提供するために、母性病棟とMFICU(母体・胎児集中治療管理室)も有しています。 看護部ではクリニカルラダー制度に基づいた院内研修が充実していて、小児看護をゼロから学べるようになっています。 認定看護師や専門看護師も多数活躍していて、質の高い看護を提供しています。 看護師がワークライフバランスを取りながら働けるように、年間休日は多く設定されていて、さらに出産後のサポート体制が充実しています。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・小児看護を専門にできる ・仕事に熱心な看護師が多く、スキルアップ・キャリアアップしやすい ・公務員に準じた待遇を受けられる ・忙しいけれどやりがいがある ・ワークライフバランスを取りやすい待遇 県立こども医療センターの看護師の給料・年収 ・基本給=230,500円~(月給目安269,500円~) ・ボーナス=4. 4ヶ月分 ・夜勤手当=約5,000円(3交代) ・住宅手当=上限28,500円 県立こども医療センターはこんな看護師さんにおすすめ 県立こども医療センターは、小児看護を専門にしたい看護師さんにおすすめです。 全国から重症疾患を持つ子どもが集まっていて、教育体制も整っているので、小児看護を学び経験するには最適な病院です。 県立こども医療センターの詳細情報 所在地 最寄り駅 京浜急行弘明寺駅からバスで約10分 病床数 419床 看護師数 約580名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 チームナーシングと受け持ち制を併用(一部病棟ではPNS) 勤務体制 2交代制 年間休日 約130日 診療科 総合診療科・救急診療科・集中治療科・血液・再生医療科・内分泌代謝科・感染免疫科・遺伝科・輸血科・アレルギー科・神経内科・循環器内科・外科・整形外科・リハビリテーション科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻いんこう科・放射線科・歯科・麻酔科・病理診断科・児童思春期精神科・新生児科・内科(母性)・産婦人科 開設 昭和45年 連絡先 045-721-3324(代表) ランキング12位:横浜労災病院 10秒でわかる横浜労災病院 「勤労者医療」「癌対策」「脳卒中急性期医療」「心血管系疾患(心筋梗塞等)」「糖尿病(生活習慣病)対策」「救急医療」「小児医療」「周産期医療」「老年病対策」を中心に 横浜市北部の中核病院として高度な医療を提供しています。 365日24時間の救急医療では、ER型救急診療体制を取っていて、各診療科の連携体制が取れています。 また、多職種間のチームワークがよく、チーム医療を推進し、患者満足度を高めています。 看護部では教育体制が充実していて、クリニカルラダーに基づく院内研修のほか、専門コース・トピック研修があり、専門性を高めていくことができます。 認定看護師・専門看護師が多数在籍し、横断的に活躍しています。 年間休日は多めで有給休暇も比較的消化しやすい、さらに独身寮や敷地内に保育所があるなど福利厚生が整っているので、看護師が長く働ける環境が整っている病院です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・急性期看護の経験を積むことができる ・忙しいけれどやりがいを感じる ・休みが取りやすく、長期連休を取ることもできる ・教育体制・キャリアアップ支援が整っている ・交通の便が良く通勤しやすい 横浜労災病院の看護師の給料・年収 ・基本給=189,200円~(月給目安230,428円~) ・ボーナス=4ヶ月 ・住宅手当=上限27,000円 横浜労災病院はこんな看護師さんにおすすめ 急性期医療を総合的に学びたい 横浜労災病院は新横浜周辺の中核病院であり、年間6,000件を超える救急搬送を受け入れていますので、幅広い急性期の症例を経験することがあります。 教育体制が整っていますので、無理なくスキルアップしていくことができます。 将来引越しをする可能性がある 労災病院は全国に32の病院を持っていますので、今後家族の転勤などで引っ越しをする可能性がある看護師さんにおすすめです。 家族が転勤する時は、あなたも一緒に横浜労災病院からほかの地域の労災病院に転勤することができます。 横浜労災病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 市営地下鉄新横浜駅徒歩7分 病床数 650床 看護師数 約600名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 固定チーム継続受け持ち制 勤務体制 2交代制 年間休日 122日 診療科 内科・血液内科・糖尿病内科・代謝内科・内分泌内科・腎臓内科・腫瘍内科・リウマチ科・精神科・心療内科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・小児科・新生児内科・外科・乳腺外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線治療科・放射線診断科・麻酔科・臨床検査科・病理診断科・救急科・歯科・歯科・口腔外科 開設 平成3年6月 連絡先 045-474-8111(代表) ランキング13位:横浜栄共済病院 10秒でわかる横浜栄共済病院 1939年に開院し、 横浜市栄区の唯一の急性期医療を担い、横浜市南部医療圏の中核病院として、4疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病)および1事業(救急医療)の診療を地域完結型とすることを目指している総合病院です。 「豊かな感性をもつ、自律した看護師の育成」を教育モットーにし、組織のニーズと個々のニーズを統合した評価方法である「KKRキャリアラダー」に基づいたレベル別の教育研修を用意しています。 PNS(パートナーシップナーシングシステム)を導入していますので、業務負担が減り、残業時間は減少してきています。 国家公務員共済組合連合会の病院ですから、公務員並みの待遇で福利厚生が充実しています。 ライフスタイルに合わせた勤務を配慮してくれますので、看護師が長く働いていける病院です。 2016年には新病棟が開設し、全棟リニューアルしますので、キレイで明るい施設になっています。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・基本給が高いので、夜勤なしでもしっかり稼げる ・年間休日が多く、有給も半分くらいは消化できる ・福利厚生が充実していて働きやすい ・教育体制が充実しているが、研修参加が義務になっている ・人間関係が良い部署が多い 横浜栄共済病院の看護師の給料・年収 ・基本給=236,820円(月給313,609円~) ・ボーナス=4. 45ヶ月 ・夜勤手当あり ・住宅手当=上限27,000円 横浜栄共済病院はこんな看護師さんにおすすめ 横浜栄共済病院は、 総合病院でPNSで働きたい看護師さんにおすすめです。 全病棟でPNSを導入していますので、2人1組で働くことができ、経験が浅い看護師さんやスキルに自信がない看護師さんも安心して働けますし、スキルアップしていくことができます。 横浜栄共済病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 JR本郷台駅徒歩7分 病床数 430床 看護師数 約350名(嘱託含む) 看護体制 10:1看護体制 看護方式 PNS(パートナーシップナーシングシステム) 勤務体制 2交代制 年間休日 125日以上 診療科 内科・小児科・外科・脳卒中診療科・脳神経外科・胸部心臓血管外科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・耳鼻科・産婦人科・眼科・歯科口腔外科・麻酔科・放射線科・リハビリテーション科・呼吸器外科・救急科・形成外科・精神科・神経内科・病理診断科・循環器内科・代謝内科・内分泌内科・消化器内科・呼吸器内科・腎臓内科・健康医学センター(人間ドック) 開設 昭和25年12月 連絡先 045-891-2171(代表) ランキング14位:康心会汐見台病院 10秒でわかる康心会汐見台病院 平成28年4月に神奈川県から委譲されて県立汐見台病院から康心会汐見台病院へと生まれ変わった病院で、 2次救急・24時間対応で横浜市磯子区唯一の総合病院として地域医療に貢献している病院です。 救急・急性期だけではなく、周産期や回復期リハなど各ステージに応じた医療を提供していることが特徴です。 レベルに応じた院内研修の年間計画が立てられていて、自分のレベルに応じた研修を受けて、しっかりスキルアップしていくことができますし、「ふれあいグループ」内の教育機関を活用したキャリアアップ支援を受けることもできます。 年間休日は121日と多く、さらに福利厚生が充実していますので、長く働いていける病院です。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・急性期だけでなく回復期リハもある ・ボーナスは年3回・4ヶ月分なのでたっぷりもらえて給与水準も高め ・医療費還付があるなど福利厚生が充実している ・磯子区唯一の総合病院なので、色々な症例を看ることができる ・一通りの看護技術を学べるが、病棟によっては人手不足で忙しい 康心会汐見台病院の看護師の給料・年収 ・基本給=209,000円~(月給目安295,000円~) ・ボーナス=4ヶ月分(年3回) ・夜勤手当=14,000円 ・住宅手当=10,000円 康心会汐見台病院はこんな看護師さんにおすすめ 将来的に 急性期だけではなく、回復期リハの看護を経験したい人におすすめです。 急性期病棟で経験を積んだ後は、回復期リハ病棟の落ち着いた雰囲気の中で患者さんに寄り添った看護をすることができます。 また、小児科に強みを持つ総合病院ですので、小児看護に興味がある看護師にもおすすめです。 康心会汐見台病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 京浜急行屛風浦駅徒歩15分 病床数 225床 看護師数 約240名(嘱託含む) 看護体制 10:1看護体制 看護方式 固定チームナーシング+一部機能別、プライマリーナーシング 勤務体制 2交代制 年間休日 121日 診療科 内科・腎臓内科(人工透析)・循環器内科・呼吸器内科・小児科・外科・消化器外科 内視鏡 ・整形外科・産婦人科・皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・神経内科・放射線科・麻酔科・リハビリテーション科・精神科 開設 平成28年4月 連絡先 045-761-3581(代表) ランキング15位:聖マリアンナ横浜市西部病院 10秒でわかる聖マリアンナ横浜市西部病院 横浜市21世紀プランにおける地域中核病院建設の一環として開設された総合病院です。 救命救急センターや周産期センターを併設し、高度先端医療の提供や総合的医療機関として横浜西部地区の在宅支援、住民の健康保持と福祉の向上に努めています。 一人ひとりが輝ける存在になることを目指した様々な教育プログラムが用意されていて、聖マリアンナ横浜市西部病院のクリニカルラダーは何と7段階にも細かく分かれています。 ジェネラリストだけでなく、スペシャリスト、看護管理者、看護教員を目指すコースもありますので、各看護師が理想とする看護師キャリアを実現することができます。 スキルアップ・キャリアアップのための支援制度もあります。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 健康保持と福祉の向上に努めています。 一人ひとりが輝ける存在になることを目指した様々な教育プログラムが用意されていて、聖マリアンナ横浜市西部病院のクリニカルラダーは何と7段階にも細かく分かれています。 ジェネラリストだけでなく、スペシャリスト、看護管理者、看護教員を目指すコースもありますので、各看護師が理想とする看護師キャリアを実現することができます。 スキルアップ・キャリアアップのための支援制度もあります。 看護師から人気が高い5つの秘密と気になる評判 ・大学病院というブランド ・教育体制が整っていて、スキルアップ・キャリアアップできる ・病児保育もありママ看護師が働きやすい雰囲気がある ・やりがいはあるが忙しい ・人間関係が良い部署が多い 聖マリアンナ横浜市西部病院の看護師の給料・年収 ・基本給=216,260円~(月給目安268,760円~) ・ボーナス=4. 4ヶ月分 ・夜勤手当=9,400円 ・住宅手当=19,000円 聖マリアンナ横浜市西部病院はこんな看護師さんにおすすめ 聖マリアンナ横浜市西部病院は、総合病院で働きたいママ看護師におすすめです。 病児保育OKの託児所があるほか、時短勤務があり、夜勤を免除してもらえるなど、病院全体でママ看護師が働きやすい雰囲気を作っています。 聖マリアンナ横浜市西部病院の詳細情報 所在地 最寄り駅 相鉄三ツ境駅徒歩12分 病床数 518床 看護師数 約500名(嘱託含む) 看護体制 7:1看護体制 看護方式 固定チームナーシング 勤務体制 2交代制 年間休日 116日 診療科 血液内科・リウマチ・膠原病内科・腎臓・高血圧内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・代謝・内分泌内科・神経内科・神経精神科・小児科・消化器・一般外科・(消化器外科・)消化器・一般外科・(乳腺・内分泌外科・)小児外科・心臓血管外科・脳神経外科・整形外科・形成外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・麻酔科・病理診断科 開設 昭和62年5月 連絡先 045-366-1111(代表) 横浜市の看護師 求人に強い転職サイト 看護師転職サイトを使うと?• 人気ランキングに載っている病院に現在求人が出ているか、条件を含め調べてくれる• 表に出てこない非公開求人も含めて探してくれる• ランキングには無い病院についても、好条件の病院を薦めてくれる 参考コラム<>• 看護roo! 横浜市を初めとした神奈川県や首都圏の看護師求人に特に強いのが、看護roo!。 ただ単に良質の求人数が多いだけではなく、各求人の詳細もしっかり調べてくれているので安心です。 ナース人材バンク ナース人材バンクは業界では老舗的存在で、全国各地の幅広い看護師求人を取り扱っています。 横浜市内の求人も沢山ありますので、看護roo! と併用してみるのもオススメです。

次の

募集概要

済生会病院 看護師 給料

この企業や職業よりあなたの年収は高い?低い?潜在年収力を診断 看護師・准看護師の平均年収は 525万円でした。 では、実際にあなたが貰っている現在の年収、そして本来もらうべき年収はどのくらいなのでしょうか。 是非あなたの潜在的な年収力をチェックしてみましょう。 平均給料 正看護師: 35. 6万円 平均年齢37歳 准看護師: 30万円 平均年齢45歳 年収、月収、時給ともにほぼ横ばいで安定した推移を見せています。 【年代別】看護師の平均月収はどれくらい? 給料bankの情報を元にした平均月収がこちらです。 20代の給料:28万円 30代の給料:33万円 40代の給料:35万円 年代でも若干の差があります。 参考: 看護師の平均ボーナスは? 平均でおよそ128万円ほどです。 看護師職場別ランキング 都道府県 平均年収 北海道 473万円 青森 446万円 岩手 488万円 宮城 525万円 秋田 431万円 山形 483万円 福島 473万円 茨城 525万円 栃木 525万円 群馬 525万円 埼玉 473万円 千葉 525万円 東京 735万円 神奈川 578万円 新潟 473万円 富山 473万円 石川 525万円 福井 525万円 山梨 473万円 長野 525万円 岐阜 473万円 静岡 525万円 愛知 578万円 三重 525万円 滋賀 525万円 京都 525万円 大阪 630万円 兵庫 525万円 奈良 525万円 和歌山 473万円 鳥取 473万円 島根 473万円 岡山 525万円 広島 525万円 山口 525万円 徳島 525万円 香川 473万円 愛媛 473万円 高知 473万円 福岡 525万円 佐賀 420万円 長崎 473万円 熊本 473万円 大分 473万円 宮崎 420万円 鹿児島 473万円 沖縄 420万円 比較してみると、一番年収が高い東京都の看護師・准看護師の年収が、およそ735万円。 一番低い沖縄県の年収が420万円 となり315万円の年収差ができています。 看護師の平均年収はどれくらい? 1年目の新人看護師の場合、平均年収はおよそ491万円です。 新人看護師の多くは20代前半で、平均月収を算出するとおよそ30万円。 ボーナス平均は122万円という結果になっています。 これはあくまで常勤・夜勤の正社員看護師のケース。 夜勤がない診療所やクリニック、准看護師となるともう少し年収が下がります。 男女差?女性看護師より男性看護師の年収が高い理由は? 圧倒的に女性が多い看護師ですが、男性看護師もいます。 一般的に男女差で年収の変動はないものの、職場によっては男性看護師の年収が高いところもあります。 例えば医療業界の中でも体力的・精神的にハードな現場。 ・救急医療 ・救急病院 ・精神科病棟など 慌ただしく急患が運ばれてくる・患者さんが暴れることがあるなど、体力や力がある男性看護師を重宝する現場も確かにあるのです。 一昔前と比べると、現在の男性看護師は2倍以上。 日本国内ではおよそ6万人を超える男性看護師が活躍しています。 また逆に、女性看護師が重宝される現場もあります。 産婦人科は女性看護師限定で募集をかけるところがほとんどですし、一般病棟でも女性の患者さんがお世話を女性看護師にしてほしいとお願いすることもあるんです。 看護師の詳しい仕事・業務内容とは? 看護師の仕事・業務は非常に多岐に渡ります。 幅広い知識が求められ、医療の発達や複雑化への対応も必要です。 病院や医療機関で働く看護師がメインとする仕事は ・医師の補助業務 ・患者さんや家族への対応業務 です。 ・問診 ・各種検査(その説明) ・点滴、注射 ・与薬(その説明) ・検温、測脈、血圧測定 ・食事、排泄、入浴、食事の介助 ・患者移送 ・座位訓練 ・体位交換 ・新生児のケア ・手浴、足浴 ・リフトバス ・配膳、下膳 ・ベッドメーキング ・記録、巡回 ・自宅に帰った時のための指導 介護関連施設で働くなら、訪問介護も含まれます。 現在、日本の医療現場で活躍している看護師は95万人以上。 それだけの看護師が必死に働いているにもかかわらず、以前看護師は人材不足です。 また定年まで勤め上げる看護師も少なく、平均的な勤続年数が6年です。 給与や年収は高いけれど離職率も高めなので、人材不足の解消は先になりそうです。 仕事もハードな一面があり、患者さんの生命に関わるプレッシャーがあるのも離職率に繋がっているようです。 看護師として平均年収をUPさせる働き方・コツは? 看護師の中でも精神科病院・重度心身障害者施設は「危険手当」なるものがプラスされます。 患者さんが暴れて殴られたら手当が入るという噂もあるほど、仕事上の負担が発生しやすい分野があるのは確かです。 また有料老人ホームや美容整形外科の看護師も収入が高い傾向にあります。 透析関連も高収入だと言われています。 体力的にも精神的にも大変な分野になると、平均年収も高め。 体験談の中には、転職会社に登録してより良い条件の就職先を探すのがベスト、というものも見られました。 年代別!看護師の平均年収の変動は? 看護師の割合は圧倒的に女性が多く、また人気も高い職業です。 医療機関や病院で働くので、手厚い福利厚生や給与条件の良さなどもあり人気を集めています。 看護師の正社員として働いている方の平均年収がこちら。 20代:平均年収324万円 30代:平均年収437万円 さらに勤続年数や年齢と比例して年収UPが期待できます。 40代・50代のベテランや役職がつくとさらに年収は上がるでしょう。 例え、ば看護師長になれば手当がつきます。 正看護師で年収800万超えのケースもあるので、一生涯働いて稼ぐたいという方も年収UPのメリットが得られます。 看護師の雇用・求人情報は? 高齢化社会の日本では医療関連の職業はニーズが拡大しています。 看護師も雇用・求人が増えており、病院だけでなく介護施設でも募集がかかります。 今後も高齢化社会に歯止めはかかりそうにないので、需要は拡大する見込みです。 関連コンテンツ 受験資格・難易度・過去問例 受験資格は先ほども申し上げたとおり、それぞれで定められている教育機関を卒業することが条件となっています。 難易度は、やはり医療系であるということから高く、仕事をしながらの資格取得はとてもハードなスケジュールで行わなければならないといいますが、できないことはないのだそうです。 試験問題にはこのようなものが出題されるといいます。 (問)血中濃度が上昇すると黄疸となるのはどれか。 グルコース 2. ビリルビン 3. クレアチニン 4. 総コレステロール 答え 2 看護師の就職先として人気なのは? 東京都内で看護師の就職先として人気がある大学がこちらです。 ・順天堂大学医学部附属 順天堂医院 ・東邦大学医療センター大森病院 ・慶應義塾大学病院 ・東京慈恵会医科大学附属病院 人気がある理由は「給与条件が良い」「キャリアアップ・ステップアップの勉強ができる」など、職場環境が整っているという点でした。 看護師として働くメリットは? 病院にやってくるのは病気を抱える患者さんや、怪我をした来院者。 体も心もケアが必要なので、看護師の親身な対応は感謝され役に立てていることを実感します。 多忙でも患者さんの感謝・笑顔で「この仕事をやっていてよかった」と思えるもの。 また国家資格で手に職ありの専門職でもあるので、仕事以外のプライベートでも知識やスキルを家族のために活かせます。 子育てを終えて社会復帰したい女性にとっても、復帰先が見つけやすいというメリットがあります。 看護師として働く道のり 看護系大学や専門学校、養成機関で十分な知識を身につけ、国家試験に合格することで看護師として働けます。 専門分野を徹底的に学んで国家試験に挑むので、国家試験の合格率は9割を超えるのも珍しくありません。 看護師免許を取得したのち看護師求人を探すわけですが、看護系大学などに進学するための学力が必要です。 国家試験は毎年2月下旬の金曜日。 応募者数だけでも5万人を超えます。 求人の探し方は多数ありますが、求人情報誌や看護師専門求人サイトなら比較的ラクに探せますよ。 看護師のやりがい・面白さ・充実度は? 看護師は生命に関わる仕事なので責任もありますがやりがいも感じられます。 患者さんのお世話を通して面白さも感じられるでしょう。 担当した患者さんが元気になって退院する日には、やりがいと面白さと高い充実度を実感できます。 ハードな一面もありますが、人の命に関わる仕事で役に立てるというのは素晴らしいことです。 医療系の年収一覧•

次の