ご理解いただきありがとう。 「ご了承」の意味と使い方!「ご容赦、ご理解」との違い、類語、英語表現も紹介

上司に「理解」を使ったら失礼なのでしょうか?

ご理解いただきありがとう

日本語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語など、さまざまな言い回しがあり、立場に応じて使い分けていかなくてはなりません。 しかし、上下の関係に不慣れな若いうちは、そうした言葉遣いが苦手な人もいます。 ここでは、「ご了承いただき~」という言い回しの、意味や使い方についてご紹介していきます。 了承の読み方は? 了承の読み方は「りょうしょう」です。 了承の意味は? 了承の意味は、「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」です。 一般的には、目下の人が、目上の人から承諾を得る場合に用いる言葉です。 そのため、自分自身が誰かに承諾の意思を伝える時は「了承しました」とは言いません。 自分が目上の人に対して承諾の意思を伝える場合は「承知いたしました」「承りました」「かしこまりました」などが一般的ですし、それほど丁寧でない言い回しの場合は「分かりました」「了解しました」と言うことなどもあります。 「ご了承いただき~」の意味と使い方は? 「ご了承いただき」、は「目上の人から承諾していただき」という意味です。 「ご了承いただき~」の例文にはどんなものがある? 「ご了承いただきたく存じます」はどんな時に使う? 「ご了承頂きたく存じます」は、お客様や上司、目上の人に向かって了承を得たい場合に使用します。 例えば、受注した商品の納期が発注から一か月必要な場合です。 それをあらかじめ、顧客にも納得してもらわなくてはなりません。 その際、 「ご注文いただきました商品の納期は、ご発注から1ヶ月後となります。 その旨、あらかじめご了承いただきたく存じます」 という使い方をします。 「ご了承いただきありがとうございます」はどんな時に使う? 「ご了承いただきありがとうございます」は、自分が同意していただきたい内容に、お客様や上司、目上の人から同意していただけた場合などに使用します。 例えば、商品の納品までに一か月の納期がかかるということに対して、顧客が同意してくれた時などに、 「納期の件、ご了承いただきありがとうございます」 といった使い方をします。 「ご了承いただき~」の類語・同義語は? 【シチュエーション1】 顧客に納期の延長を願い出て、それが承認された。 先輩「君、このお客様の納期、当初予定していた月末から翌月の5日に変更されているが、これはお客様からご了承を得ているのか」 後輩「はい。 お客さまに事情を説明して、ご了承いただきました。 課長にも報告済みです。 気に掛けていただき、ありがとうございます」 【シチュエーション2】 前日、深夜まで残業していたため、翌日は午後からの出社が認められた。 先輩「どうしたの、遅刻?」 後輩「昨日深夜まで残業だったので、今日は午後からの出勤になりました。 」 先輩「上司の許可は得たの?」 後輩「はい。 部長にご了承いただきました」 目上の人に「ご了承いただき~」と使うのは失礼なの? よくある謙譲語の誤用 シチュエーション1 別の担当者が一度説明したことを改めて説明する時 誤用: 「既に別の担当者から伺っていただいていると思いますが」 「伺う」は謙譲語。 正用: 「既に別の担当者からお聞きいただいていると思いますが」「既に別の担当者からもご説明申し上げたとおり」 シチュエーション2 顧客に資料を見せる時 誤用: 「まずは、こちらの資料を拝見していただきたいのですが」 拝見は謙譲語。 正用: 「まずは、こちらの資料をご覧頂きたいのですが」 社会人1年生2年生と言った新人さんだけでなく、既に20代後半に差し掛かった中堅どころのビジネスパーソンの中にも、こうした言い回しをする人は実在します。 こうした間違いは、社外の人はなかなか正してくれません。 社内で上司や先輩にあたる人が、しっかりと教育してあげる必要があるでしょう。 ビジネスで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「了承を得る」ということと、「お伺いを立てる」ということは、似ているようで実際のニュアンスはかなり異なります。 ビジネスで「ご了承いただき~」という言葉を使う際は、ここを混同してしまわないよう、注意することが必要です。 確かに、有給休暇の取得は社員の権利です。 しかし、休暇を取得する時期については、それが事業に影響を与える時期である場合、上司は休暇の日程を変更する権限を持っています。 つまり、休暇が希望の日程で許可されるとは限りません。 にもかかわらず、勝手に自分が指定した日程で休暇の取得を了承していただきたい、というのは、話の進め方としては少し勇み足と言わざるを得ません。 ご了承いただきを使ったほうが良い場合 前章のパターンとは逆に、了承を得ておかなければならない場面で、お伺いを立てる形で話を進めてしまうと、ややこしいことになってしまうケースがあります。 例えば、最低限の納期や価格、契約条件など、契約を結ぶ上で変えることのできない要素は、「この条件で良いでしょうか?」とお伺いをたてる形ではなく、「このような条件になりますので、あらかじめご了承いただきたく、お願い申し上げます」といった表現が適切でしょう。 メールで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「ご了承いただき~」という文言をメールで使う場合も、基本的な使い方は変わりません。 ただ、言葉で話す時と文字に起こした時では、文字の方がキツく感じる、というのはよくあることです。 ただ、書いている時にはそれになかなか気づくことができませんので、自分が書いた文章が、相手にきつい印象を与えないか、失礼な点がないかなどをチェックしたい場合は、文章を書き上げた後、少し時間をおいてから再度読み返す、という方法がおすすめです。 尊敬語・謙譲語をスマートい使いこなせるビジネスパーソンはカッコイイ!.

次の

「~について協力頂きありがとうございました」って英語でなんて言うの?

ご理解いただきありがとう

謙譲語とは、目上の人に対して自らがへりくだることで、敬意を表現する言葉です。 「許してくれてありがとう」に謙譲語を使えば、「くれて」という部分を「いただく」という謙譲語で表現することができます。 尊敬語 尊敬語とは、社会的な地位が上の人や、年上、親など目上の人を敬って使う言葉です。 尊敬語の簡単な使い方は「お」や「ご」をつけて表現します。 今回は「許してくれてありがとう」なので、そのままでは使うことはできませんが、「許し」という言葉に対して「お」をつけ「お許し」と尊敬語で表現することができます。 使い方 敬語表現の種類を紹介しましたが、原則的に謙譲語と尊敬語を混在させることはできません。 したがって「許してくれてありがとう」の文を変形して「お許しいただきましてありがとうございます」などとしがちですが、「お許し」という尊敬語と「いただく」の謙譲語が混在してしまっているので使い方としては間違いです。 「許していただき感謝しております」などのように、どちらかに統一しましょう。 メールでの使い方 メールでの使い方といっても、特別なことはありません。 「許してくれてありがとう」は友人や同僚などに使うことができます。 問題はビジネスメールです。 謝罪をするということは、何らかの迷惑を相手にかけてしまった状況です。 このため、失礼のないように細心の注意を払いましょう。 それには、次項で紹介するように、「許す」や「ありがとう」をより敬意を表す言葉に置き換えることが必要です。 ただ、メールの場合、あまり表現が硬すぎると読みにくく、回りくどい印象を恐れがあるので気を付けましょう。 「許してくれてありがとう」の部分は、結局のところ自分の気持ちを伝えているに過ぎないので、今後どのように改善していくか、過ちを二度と起こさないために何をするなど具体的な内容で補強したほうが良い場合も多いです。 「許してくれてありがとう」を敬語表現するときの例文 「許してくれてありがとう」がビジネスシーンで使う時に使われる例文を紹介します。 メールでは、過度に敬語表現を使わないほうがいいことがあると説明しましたが、謝罪の正式文書などでは、敬語を使って堅い表現にしたほうが誠意が伝わりやすいです。 寛大なご処置を賜り まず、「許してくれてありがとう」の中の「許し」に形容詞をつけることで、敬意を表すことができます。 例えば「寛大(かんだい)な」などです。 そして、「許し」を「お許し」などの尊敬語にするだけでもいいですが、仕事の内容によっては納期延長許可や、工事の施工許可などさまざまありますので状況に応じて変更しましょう。 例えば「ご処置」のように処置に「ご」という尊敬語を付けます。 これに「下賜(かし)する」という「(目上の人が)物を与える」を意味する言葉の尊敬語「賜る」を使って「寛大なご処置を賜り、誠にありがとうございます」などと表現します。 なお、「賜る」は「くれる」の謙譲語として使う場合があります。 尊敬語と謙譲語の混在は間違いとなりますので、使い方に注意が必要です。 「許してくれてありがとう」の別の敬語表現例 寛大なご処置 「寛大なご処置」の例文は先ほど紹介しました。 この他には「寛容(かんよう)な」という言い方が良く使われます。 「寛容なご処置を賜り、誠にありがとうございます」 となります。 このように、少し難しい言葉を使うと言葉に重みが出て「許してくれてありがとう」より敬意を表すことができます。 寛大な措置 「寛大な措置」の「措置」に「ご」をつけて「ご措置」という尊敬語にすることができます。 このほかにも「ご配慮」「お心使い」「ご容赦」などさまざまな言葉を尊敬語にすることができます。 「許してくれてありがとう」の謙譲語という敬語表現のところでも触れたように、自らがへりくだることで敬意を表すことができます。 例えば、 「寛大な措置をいただきまして、誠にありがとうございます」 などと使います。 その他 「許してくれてありがとう」や、それを敬語で言うためには、そもそも、しっかり謝罪し、許しを乞わなければなりません。 迷惑をかけたのに放置していては、相手の怒りは静まるどころか高まってしまいます。 プライベートで敬語を使う必要がない相手では「ごめん、許して」「本当に申し訳なかった」「心から謝ります」などでかまいませんし、相手が許してくれたら「許してくれてありがとう」などと返答すればいいです。 しかし、ビジネスシーンでは、もっと気遣いが必要です。 始末書 「始末書」とは、相手に迷惑をかけた内容を説明する書類ですが、許しを得るということが目的でもあります。 始末書は、 ・不始末の内容 ・不始末の理由・原因の説明 ・反省とお詫び ・二度と不始末を起こさないと誓う ・結び のような構成で書かれることが多いです。 そして、この最後のところで、「今回に限り、寛大なる措置をお願い申し上げます。 」などが使われます。 他にも「ご宥恕をたまわりたく存じます」「ご寛恕いただきたく存じます」などの表現がありますので、覚えておきましょう。 誠意をもって謝ろう!

次の

ご了承いただきの意味と使い方|目上に使える?快諾・了解との違いは?

ご理解いただきありがとう

感謝の気持ちを伝える英語表現はたくさんあります。 場面に応じてスマートに使い分けましょう。 ここではビジネス英語における「ありがとう」の使い分け方を紹介します。 ) これは覚えておくと非常に便利な表現です。 toの後には動詞の原形が入ります。 )と感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。 ) 相手に不便をかけた場合などにはこのフレーズが使えます。 ) これはビジネスメールで使用できるフレーズです。 )とするとよいでしょう。 ) 何かを手伝ってもらったり、依頼に対して迅速な対応をしてもらったりした場合には、このフレーズが使用できます。 ) 何回か助けてもらったときに使用しましょう。 非常によく使われるフレーズなので、ぜひ覚えておいてください。 上司やクライアントなどの目上の人に対して使用するのは避けましょう。 ) 親密な仲での粋な表現です。 同僚や目下の人に何かしてもらったときに使えます。 oweには「借りがある」という意味があります。 ) これはプロジェクトやチームで働いた際、リーダーや上司の立場の人が、最後のスピーチでよく使用するフレーズです。 ビジネス英語の定番フレーズであり、メールでも使用することができます。 また、一緒に働いたクライアントに対しても使用できる丁寧な表現です。 ただし、特別なときに限定し、多用は避けましょう。 ) クライアントや顧客に対して使用する定番表現です。 これはビジネス英語独特の表現なので、このまま丸暗記しましょう。 最後になりますが、神田外語EXTENSIONのプログラムを受けてくだされば、適切な語彙・フレーズを使える英語力を身につけることができるでしょう。 ので、ぜひご参加ください。

次の