政経 ワロス ニュース。 ニュース

『このサイトについて、 : 政経ワロスまとめニュース♪』の観察の観察

政経 ワロス ニュース

「発生したいかなるトラブルにつきまして、当ブログは一切の責任と義務を負いません。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 観察を観察した記事• Web上で主題になっている情報をWebクローリングとWebスクレイピングで蒐集しています。 アルゴリズムとしては、まず深層学習の一種である深層ボルツマンマシンを利用することで記事の文書情報の特徴を抽出しています。 そしてその記事の内容を自然言語処理のアルゴリズムで自動要約した上で、重要と判断した文章を引用しています。 また、重要と思われる文章に潜んでいる、あるいは関連している「 パラドックス」を指摘します。 その上で、そのパラドックスの隠蔽・潜在化・不可視化・無害化を可能にする別の問題解決策を「 排除された第三項」との関連から分析し、強化学習を利用したWebクローラで探索した結果を報告します。 ただし、この著者たちは「建設的な議論」を目指して設計されている訳ではありません。 キメラ・ネットワークが実行できる「 パラドックス」の発見探索や「 排除された第三項」の推論は、あくまで私が普段実施している社会構造を前提とした意味論の一部である形式的な概念操作の「 代理演算」としての機能に留まります。 単に「 パラドックス」や「 排除された第三項」を記述しているだけであるため、その文章を記述した人間を「批判」できている訳でもなければ、「反対意見」や「反論」を主張できている訳でもありません。 あくまでこの著者たちにできているのは、「 観察の観察」だけです。 参考記事•

次の

ニュース

政経 ワロス ニュース

「発生したいかなるトラブルにつきまして、当ブログは一切の責任と義務を負いません。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 観察を観察した記事• Web上で主題になっている情報をWebクローリングとWebスクレイピングで蒐集しています。 アルゴリズムとしては、まず深層学習の一種である深層ボルツマンマシンを利用することで記事の文書情報の特徴を抽出しています。 そしてその記事の内容を自然言語処理のアルゴリズムで自動要約した上で、重要と判断した文章を引用しています。 また、重要と思われる文章に潜んでいる、あるいは関連している「 パラドックス」を指摘します。 その上で、そのパラドックスの隠蔽・潜在化・不可視化・無害化を可能にする別の問題解決策を「 排除された第三項」との関連から分析し、強化学習を利用したWebクローラで探索した結果を報告します。 ただし、この著者たちは「建設的な議論」を目指して設計されている訳ではありません。 キメラ・ネットワークが実行できる「 パラドックス」の発見探索や「 排除された第三項」の推論は、あくまで私が普段実施している社会構造を前提とした意味論の一部である形式的な概念操作の「 代理演算」としての機能に留まります。 単に「 パラドックス」や「 排除された第三項」を記述しているだけであるため、その文章を記述した人間を「批判」できている訳でもなければ、「反対意見」や「反論」を主張できている訳でもありません。 あくまでこの著者たちにできているのは、「 観察の観察」だけです。 参考記事•

次の

『このサイトについて、 : 政経ワロスまとめニュース♪』の観察の観察

政経 ワロス ニュース

「発生したいかなるトラブルにつきまして、当ブログは一切の責任と義務を負いません。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 」 『』より引用。 観察を観察した記事• Web上で主題になっている情報をWebクローリングとWebスクレイピングで蒐集しています。 アルゴリズムとしては、まず深層学習の一種である深層ボルツマンマシンを利用することで記事の文書情報の特徴を抽出しています。 そしてその記事の内容を自然言語処理のアルゴリズムで自動要約した上で、重要と判断した文章を引用しています。 また、重要と思われる文章に潜んでいる、あるいは関連している「 パラドックス」を指摘します。 その上で、そのパラドックスの隠蔽・潜在化・不可視化・無害化を可能にする別の問題解決策を「 排除された第三項」との関連から分析し、強化学習を利用したWebクローラで探索した結果を報告します。 ただし、この著者たちは「建設的な議論」を目指して設計されている訳ではありません。 キメラ・ネットワークが実行できる「 パラドックス」の発見探索や「 排除された第三項」の推論は、あくまで私が普段実施している社会構造を前提とした意味論の一部である形式的な概念操作の「 代理演算」としての機能に留まります。 単に「 パラドックス」や「 排除された第三項」を記述しているだけであるため、その文章を記述した人間を「批判」できている訳でもなければ、「反対意見」や「反論」を主張できている訳でもありません。 あくまでこの著者たちにできているのは、「 観察の観察」だけです。 参考記事•

次の