安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図。 麻生太郎の家系図がすごい!妹・信子は皇族&親戚と戦国時代の祖先もヤバい|KININARU JORNAL

麻生太郎の家系図がすごい?!安倍首相は親戚?!学歴や経歴もまとめてみました!!

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

最近は、異彩を放つ政治家が少なくなりましたが、著名な政治家として、麻生太郎さんが挙げられます。 麻生太郎の家系をたどると実に驚くべきものです。 麻生太郎の祖父は吉田茂・実父は九州財界のドン 麻生太郎の父親である麻生太賀吉はもともとは麻生商店の社長です。 麻生商店は麻生太賀吉の父である(麻生太郎の祖父)麻生太吉が始めた事業で、その麻生セメントを一代で築きました。 麻生商店は麻生セメントの関連会社であり、現在は株式会社麻生に発展しています。 ところで、この麻生太賀吉の妻である和子は、あの吉田茂の娘です。 ですから、麻生太賀吉は吉田茂の娘婿に当たるわけで、サンフランシスコ講和条約において吉田茂のために奔走したと言われています。 なお、太賀吉は義理父の総辞職の折に、政治家を引退します。 そして、のちに九州電力会長にも就任し、九州財界のトップになります。 そして、祖母雪子はあの大久保利通の孫と言われています。 麻生太郎の妹は皇室へ 妹は三笠宮寛仁親王妃信子さまです。 兄弟が皇室とはなんとも驚きですが、信子さまのお子様である彬子(あきこ)女王、瑶子(ようこ)女王は姪にあたることになります。 一緒に食事などされたのか知る良しもありませんが、想像に固くないですね。 妻・千賀子さんは鈴木善幸元首相の娘 奥さんは鈴木善幸元首相の娘です。 若手議員だった麻生太郎が父親の懇談会に参加していたことをきっかけに知り合い、1983年に結婚したそうです。 なお、結婚後、麻生グループの各会社の役員に就任し、経営の手腕も発揮しています。 麻生太郎の作文 実は、麻生太郎は学習院中等科1年のときに、祖父・吉田茂のことについて作文を書いていました。 『ぼくのおじいちゃま』 学習院中等科1年 麻生太郎 ぼくはおじいちゃまをとてもいい人だと思っている。 大磯に行ってもいつもにこにこしておられるし、官邸でお会いしても笑ってらっしゃることが多い。 議会でむっとしているのは、ぼくが学校でつまらない時やむずかしい勉強の時、しかめつらするのと同じことで、あたりまえのような気がする。 まあ、怒るのは玉にきずだが、家にいらっしゃる時は、とてもごきげんがいい。 この間、官邸でいっしょにおやつをいただいた時、甘いものが好きなおじいちゃまは、モナカのあんこだけを食べて外側を残したりして、まるで子供のようだ。 それからぼくは、おじいちゃまの服装では和服が一番好きだ。 ゆったりとしてよくあい、白たびもきれいだ。 声は特長があってとてもマネしやすいし、聞いていておもしろい。 頭ははげているからかわいく、はな眼がねや葉巻はおじいちゃまからはなせないものだ。 もし、おじいちゃまが、パイプを吸ってたり、普通の眼がねをかけたら、おかしくって見ちゃいられないと思う。 出典:毎日グラフ別冊復刻版 (サン写真新聞9-昭和29年)1990年8月30日発行 昭和29年はバカヤロー解散の後第五次吉田内閣をつくった後だが、鳩山民主党や、緒方竹虎との確執の中で退陣してしまう年でした。 しかし、かわいい孫の麻生太郎に対しては、安らぎの一時だったと感じられる作文ですね。 まとめ まさに、華麗なる一族と言われるに相応しい麻生家一族。 麻生太郎のユーモアは祖父である吉田茂譲りなのでしょうか? 吉田茂がGHQ外交で発揮した能力は現在、副総理として各国と交渉する麻生太郎にも脈々と受け継がれていることでしょう。

次の

麻生太郎の家系図に驚愕!安倍晋三総理、天皇家も親戚だった!

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

華麗なる一族(麻生邸) 近年、日本社会には大きな変化が起きている。 それは、権力の中枢が「名家・名門」に回帰していることだ。 政界では安倍政権の要職を「政治家一族」で占め、財界では大企業のトップが次々、「創業家一族」に戻っている。 政界の3大名門といえば、「安倍(岸)家」、「麻生家」、そして「鳩山家」だ。 安倍晋三・首相と麻生太郎・副総理が縁戚にあたることは、世間にはなじみがなくても政界ではよく知られている。 だが、安倍政権を支える岸田文雄・外相や宮沢洋一・前経産相(現自民党税調会長)まで結ばれ、実は政敵の鳩山家とも親戚だと聞けば驚く人は少なくないはずだ。 安倍家と麻生家の両家を軸に系図を辿ると、吉田茂、鳩山一郎をはじめ、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、三木武夫、鈴木善幸、宮沢喜一、細川護煕、橋本龍太郎、鳩山由紀夫と、戦後の総理大臣のうち13人が繋がり、まさに日本政界のエスタブリッシュメント(支配階級)を構成する閨閥が構成されている。 この閨閥は皇室ともつながり、住友財閥、森コンツェルン(昭和電工)、日産コンツェルン(日産自動車)など多くの財界人、外交官、高級官僚、軍人を輩出してきたのだ。 安倍家は平安時代末、「前九年の役」で源頼義に敗れた安倍貞任の末裔を名乗っており、安倍首相自身、岩手県を遊説した際、「安倍貞任の末裔が私となっている。 ルーツは岩手県。 その岩手県に帰ってきた」と演説したことがある。 安倍家は長州の大庄屋(造り酒屋)を務めた家系だが、華麗なる閨閥を誇るのは岸信介、佐藤栄作の兄弟宰相を生んだ母方の佐藤・岸家だ。 岸家は長州藩の郡代官の家柄、佐藤家の祖・信寛は吉田松陰の兵学の師で明治維新後は島根県令(知事)などを務めた。 さらに佐藤栄作の次男・信二の夫人を通じて美智子皇后の実家の正田家や住友本家、森コンツェルン、三木武夫に辿ることができる。 佐藤・岸家と麻生家の繋がりは、岸信介の従兄弟の夫人が吉田茂の長女で、すなわち麻生副総理の伯母である。

次の

麻生太郎の家系図に驚愕!安倍晋三総理、天皇家も親戚だった!

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

最近は、異彩を放つ政治家が少なくなりましたが、著名な政治家として、麻生太郎さんが挙げられます。 麻生太郎の家系をたどると実に驚くべきものです。 麻生太郎の祖父は吉田茂・実父は九州財界のドン 麻生太郎の父親である麻生太賀吉はもともとは麻生商店の社長です。 麻生商店は麻生太賀吉の父である(麻生太郎の祖父)麻生太吉が始めた事業で、その麻生セメントを一代で築きました。 麻生商店は麻生セメントの関連会社であり、現在は株式会社麻生に発展しています。 ところで、この麻生太賀吉の妻である和子は、あの吉田茂の娘です。 ですから、麻生太賀吉は吉田茂の娘婿に当たるわけで、サンフランシスコ講和条約において吉田茂のために奔走したと言われています。 なお、太賀吉は義理父の総辞職の折に、政治家を引退します。 そして、のちに九州電力会長にも就任し、九州財界のトップになります。 そして、祖母雪子はあの大久保利通の孫と言われています。 麻生太郎の妹は皇室へ 妹は三笠宮寛仁親王妃信子さまです。 兄弟が皇室とはなんとも驚きですが、信子さまのお子様である彬子(あきこ)女王、瑶子(ようこ)女王は姪にあたることになります。 一緒に食事などされたのか知る良しもありませんが、想像に固くないですね。 妻・千賀子さんは鈴木善幸元首相の娘 奥さんは鈴木善幸元首相の娘です。 若手議員だった麻生太郎が父親の懇談会に参加していたことをきっかけに知り合い、1983年に結婚したそうです。 なお、結婚後、麻生グループの各会社の役員に就任し、経営の手腕も発揮しています。 麻生太郎の作文 実は、麻生太郎は学習院中等科1年のときに、祖父・吉田茂のことについて作文を書いていました。 『ぼくのおじいちゃま』 学習院中等科1年 麻生太郎 ぼくはおじいちゃまをとてもいい人だと思っている。 大磯に行ってもいつもにこにこしておられるし、官邸でお会いしても笑ってらっしゃることが多い。 議会でむっとしているのは、ぼくが学校でつまらない時やむずかしい勉強の時、しかめつらするのと同じことで、あたりまえのような気がする。 まあ、怒るのは玉にきずだが、家にいらっしゃる時は、とてもごきげんがいい。 この間、官邸でいっしょにおやつをいただいた時、甘いものが好きなおじいちゃまは、モナカのあんこだけを食べて外側を残したりして、まるで子供のようだ。 それからぼくは、おじいちゃまの服装では和服が一番好きだ。 ゆったりとしてよくあい、白たびもきれいだ。 声は特長があってとてもマネしやすいし、聞いていておもしろい。 頭ははげているからかわいく、はな眼がねや葉巻はおじいちゃまからはなせないものだ。 もし、おじいちゃまが、パイプを吸ってたり、普通の眼がねをかけたら、おかしくって見ちゃいられないと思う。 出典:毎日グラフ別冊復刻版 (サン写真新聞9-昭和29年)1990年8月30日発行 昭和29年はバカヤロー解散の後第五次吉田内閣をつくった後だが、鳩山民主党や、緒方竹虎との確執の中で退陣してしまう年でした。 しかし、かわいい孫の麻生太郎に対しては、安らぎの一時だったと感じられる作文ですね。 まとめ まさに、華麗なる一族と言われるに相応しい麻生家一族。 麻生太郎のユーモアは祖父である吉田茂譲りなのでしょうか? 吉田茂がGHQ外交で発揮した能力は現在、副総理として各国と交渉する麻生太郎にも脈々と受け継がれていることでしょう。

次の