おでこ 小さい ブツブツ。 「肌のぶつぶつの原因見つけた!」キレイに治す方法教えます!

額のニキビ、治らないおでこのブツブツ治し方、予防、かゆい原因意味

おでこ 小さい ブツブツ

一見するとニキビに見えるのですが、それは「カビ」が原因かもしれません。 ブツブツの正体と自宅でのケア方法をご紹介いたします。 誰もが憧れるのはツルツルとした綺麗なおでこですが、鏡を見たら額に謎のブツブツが沢山出来てしまったという経験はありませんか? 顔の中でも比較的広い面積ですので、他の人からも目に入りやすい額ですので、大切なイベント前にまさかの額にブツブツが発生してしまってはつらいですよね。 メイクで念入りに隠しても明るい場所や、ライトが当たって逆に目立ってしまったりと、なかなか上手く誤魔化せない事が多いです。 今回はそんな気になる額のぶつぶつの正体や、出来てしまう原因を明確にし、ツルツルの綺麗な額を取り戻しましょう。 このページの目次• 額のブツブツの正体は? 額にブツブツが出来てしまうとなかなか治りにくく、悩んでしまいますよね。 下手に隠してしまうと余計に目立ったり、ブツブツを悪化させてしまう事もあります。 洗顔料やスキンケア方法、食生活を見直しているにも関わらず、一向に改善されないという方もいらっしゃるかと思います。 普段私たちが「ニキビ」と呼んでいるブツブツは、アクネ菌が繁殖したものです。 アクネ菌は様々な場所に繁殖しますので顔の中でも頬や鼻と、特定した場所には出来ない為に、額に出来ているブツブツも「ニキビ」と認識していると思います。 ところが 額にできるブツブツは、マラセチア菌と呼ばれる肌に出来るカビの一種の可能性があります。 マラセチア菌ってなに!? 額にできたあのブツブツはニキビではなく、正体がまさかカビだったなんて…。 なかなか治らなかった原因は、まず正体を間違えていたからなのです。 正体も違えば治療方法も変わっていきますので、通常のニキビとしての治療法では効果が出ずに症状が長引いていたのです。 この肌のカビと言われる マラセチア菌は、元々は誰の肌でも持ち合わせている常在菌です。 そしてマラセチア菌は不衛生な環境になるとより活発に繁殖していきます。 肌のカビとも言われているマラセチア菌は、 異常繁殖すると皮膚疾患を引き起こしてしまいます。 このマラセチア菌は額だけでなく、頭皮や脇の下など汗をかきやすい所にも繁殖しやすいですので、繁殖させない為にも日々のケアが大切です。 マラセチア菌によるブツブツの特徴 マラセチア菌が原因で出来てしまったニキビは、 小さな吹き出物が広範囲に渡って発生するのが特徴と言われています。 またアクネ菌が原因となって出来た通常のニキビの場合には、単体で出来るのが特徴です。 吹き出物自体の大きさも、マラセチア菌よりも大きくぽっこりと盛り上がっている事が多いです。 この為小さいブツブツが大量に出来ていてお困りの方は、アクネ菌が原因のニキビとは治療の仕方も変わっていきます。 広告 マラセチア菌が引き起こす皮膚炎 マラセチア菌が異常に発生してしまい、症状がより酷くなってしまうと皮膚炎を引き起こしてしまいます。 マラセチア菌が主な原因となる皮膚炎のご説明をします。 1.脂漏性皮膚炎 脂漏性皮膚炎はマラセチア菌が原因となって、 皮脂が多い額や頭鼻の周りなどに出来る湿疹です。 たまにフケに似ている白い付着物が出来てしまいます。 乳児も比較的脂漏性皮膚炎になりやすいと言われていますが、大人とは少し違った出方をします。 大人の場合は冬場が悪化しやすいので注意が必要です。 2.癜風 癜風はシミのような 白や褐色の斑点が出来きてしまいます。 主に体幹である背中などに出来ます。 春夏あたりに悪化しやすく斑点で色素が変色した箇所が目立たなくなるまでに、数年かかる場合があります。 3.マラセチア毛包炎 背中などに赤いプツプツした物が出来ます。 大きさは数ミリ程度ですが、膿が中に溜まってしまう場合があります。 このマラセチア毛包炎は自然治癒がなかなか難しいので、皮膚科の受診をおすすめします。 これらは皮膚科にかかった場合抗真菌薬を処方されます。 処方された場合は正しく使用し早急に治るようにしていきましょう。 マセラチア菌が繁殖する理由 額の皮膚はとても乾燥しやすくなっており、その薄い皮膚を乾燥から守るために常に皮脂が分泌されています。 この分泌された皮脂が間違ったケア方法やホルモンバランスの乱れなど、様々な理由で多く分泌されてしまうとマラセチア菌が大繁殖してしまいます。 マセラチア菌が繁殖しやすくなる原因を詳しくご説明していきます。 1.洗顔料をちゃんと落とせていない 急いでいる時や仕事で疲れていて早く寝たい時などは、洗顔料やメイク落とし、そしてシャンプーやコンディショナー早く流してしまいしっかり落とせてないという事はありませんか? こういった 洗い残しで汚れや油分が残ってしまった状態ですと、マラセチア菌が繁殖しやすくなります。 ブツブツは洗髪料・洗顔料の洗い残しで起こりやすくなるので、髪の生え際や額などに発生しやすいのも特徴です。 洗い残しが原因で起こるマラセチア菌の繁殖を抑える方法として、先に髪の毛の洗ってから洗顔するようにしましょう。 時間がない時は焦りがちになりますが、くれぐれも洗い残しにご注意ください。 このシャンプーやコンディショナーの洗い残しは 背中にも影響する場合がありますので、しっかり落としていきたいですね。 2.前髪が額に常に触れている 前髪が額や顔にかかっている方は良く額にブツブツが出来てしまう事はありませんか? 毛先が常に肌に当たってしまっていると刺激になってしまい、汚れがついている髪の毛が不衛生な状態を生み出しやすくしているのです。 前髪や髪の毛が長い方はずっと顔にかかる状態にしないように気を付けていると、額のブツブツを予防することが可能ですのでぜひとも覚えておいてください。 自宅にいる際は前髪をピンで留めたり、髪を結んでおくと良いですね。 3.ストレス ストレスは様々な不調をもたらします。 ストレスによりなかなか 寝付けなくなってしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。 肌の皮脂分泌にも影響するので、過剰に分泌してしまう事もあります。 健康な肌にする為には、ストレスをあまり溜めないように気を付けていきたいですね。 4.ペットにいる菌がうつってしまう 自宅で犬などのペットを飼っている方でしたら、仲良く夜は一緒に寝ているという方も多くいるのではないでしょうか?しかしマラセチア菌は人間だけが持っている訳ではなく動物も持っている菌なのですので注意が必要です。 また 頬を擦りよせたり舐められたりすると雑菌がついてしまい、そのままの状態ですと不衛生になってしまいます。 自分の肌のケアは入念にしていてもこういった今まで気にせず行なっていた行為が悪化させてしまう原因となり得ます。 5.湿気が多い マラセチア菌は 他のカビと同様に湿気などを好みます。 ですので汗をかいて肌が湿っているのにそのままにしておくと、マラセチア菌が繁殖してしまいます。 気温や湿気が高くジメジメしている所には長時間いないようにすると良いでしょう。 汗をかきやすい方も清潔な状態に出来るように注意しましょう。 広告 自宅ケアの方法 いつものニキビだと思い、いつも通りのお手入れしてきたけれど、特に効果がなかった額のブツブツですが、マラセチア菌は正しいお手入れをする事で予防することが可能です。 普段の生活の中でもすぐにでも始められるケア方法もありますので、ぜひ取り組んでみてください。 ただし、すでに発生してしまった マラセチア菌のブツブツに関しては自然治癒が難しいとされている為、薬の使用が必須になってくることを理解しておきましょう。 1.メイク道具などを清潔に保つ 基本中の基本として肌に触れる メイク道具などは常に清潔にする事が大切です。 様々な肌トラブルの原因にもなりますし、肌を清潔にした後にマラセチア菌が付着しているメイク道具を使用しては清潔にした意味がなくなってしまいますよね。 メイクスポンジは使った後は洗ってしっかり乾かしたり、使い捨ての物を使うと良いでしょう。 メイクブラシは専用のブラシクリーナーなどを使い定期的に清潔な状態にしましょう。 2.シーツや枕カバーをこまめに取り替える タオルや枕カバーなど 肌に触れる寝具類もこまめに取り換えて清潔にしていきましょう。 肌はとても敏感なので、ちょっとした汚れでも敏感に反応してしまうのです。 肌が弱っている状態ですと尚更症状が出やすくなってしまいます。 3.過剰に皮脂が分泌しないようにする 不規則な生活によってホルモンバランスが乱れたり、よかれと思って顔などを洗いすぎてしまった場合などに、過剰に皮脂が出てしまう事があります。 また思春期などもホルモンバランスが乱れやすくなります。 生活リズムを整えたりバランスの良い食事を心がけると共に、必要以上に洗顔しないように気を付けましょう。 また自分の肌質について理解しておくと、自分の肌にあったケアを行えますので過剰に皮脂を出さないようにする事が出来ます。 4.頭皮や顔を清潔にする 汗をかきやすい季節は身体や顔が汗でベタベタしてしまいます。 汗で湿った肌にはマラセチア菌が繁殖しやすい環境になりますので、シャワーなどで洗い流し清潔に保つ事が大切です。 なるべく こまめに汗を拭きとったり、汗拭きシートで拭いておくのもおすすめです。 5.睡眠をしっかりとる 睡眠をしっかりとることは健康上とても大切な事です。 マラセチア菌は皮膚にいる菌になりますので基本的には悪さはしません。 免疫力の低下などで菌が繁殖しやすくなってしまう可能性もありますので、 規則正しい生活と睡眠を心がけてしっかりした身体つくりをしていく事が大切ですね。 6.ビタミン類を摂取する 健康や肌にも良いといわれているビタミン類は摂取するように意識していくと良いでしょう。 ビタミンB2は細胞の代謝を良くしてくれたり、肌荒れ予防に必要なビタミンです。 ビタミンB2を多く含む食べ物は、 鮭・鶏の卵・海苔・アーモンドなどです。 ビタミン B6は皮膚炎の予防をしてくれ 免疫力を正常な状態に保ち 健康の皮膚を作ってくれます。 ビタミンB6を多く含む食べ物は、 唐辛子・にんにく・まぐろ・鶏肉・ごまなどです。 普段よく食べるような食品に含まれていますので、バランスよく食事に摂り入れていきましょう。 7.皮膚科を受診する マラセチア菌によるブツブツの症状がなかなか改善しない場合は、 悪化する前に皮膚科を受診する事をおすすめします。 専門家の医師に処方してもらった薬でしたら安心して使用する事が出来ますよね。 処方してもらった薬と共に、マラセチア菌が大繁殖してしまわないように日頃から気をつけて行くと良いでしょう。 薬剤師さんがいる薬局などで市販薬を購入する事も可能ですが、購入した薬ではあまり改善しない場合もあります。 そうなると最初から病院を受診した方が結果として時間と費用が安く収まる事も実際にありますよね。 なかなか時間が取れないという方も多いと思いますが、なるべく医師に診てもらうと安心出来ます。

次の

おでこのぶつぶつができる原因と治し方について!

おでこ 小さい ブツブツ

一見するとニキビに見えるのですが、それは「カビ」が原因かもしれません。 ブツブツの正体と自宅でのケア方法をご紹介いたします。 誰もが憧れるのはツルツルとした綺麗なおでこですが、鏡を見たら額に謎のブツブツが沢山出来てしまったという経験はありませんか? 顔の中でも比較的広い面積ですので、他の人からも目に入りやすい額ですので、大切なイベント前にまさかの額にブツブツが発生してしまってはつらいですよね。 メイクで念入りに隠しても明るい場所や、ライトが当たって逆に目立ってしまったりと、なかなか上手く誤魔化せない事が多いです。 今回はそんな気になる額のぶつぶつの正体や、出来てしまう原因を明確にし、ツルツルの綺麗な額を取り戻しましょう。 このページの目次• 額のブツブツの正体は? 額にブツブツが出来てしまうとなかなか治りにくく、悩んでしまいますよね。 下手に隠してしまうと余計に目立ったり、ブツブツを悪化させてしまう事もあります。 洗顔料やスキンケア方法、食生活を見直しているにも関わらず、一向に改善されないという方もいらっしゃるかと思います。 普段私たちが「ニキビ」と呼んでいるブツブツは、アクネ菌が繁殖したものです。 アクネ菌は様々な場所に繁殖しますので顔の中でも頬や鼻と、特定した場所には出来ない為に、額に出来ているブツブツも「ニキビ」と認識していると思います。 ところが 額にできるブツブツは、マラセチア菌と呼ばれる肌に出来るカビの一種の可能性があります。 マラセチア菌ってなに!? 額にできたあのブツブツはニキビではなく、正体がまさかカビだったなんて…。 なかなか治らなかった原因は、まず正体を間違えていたからなのです。 正体も違えば治療方法も変わっていきますので、通常のニキビとしての治療法では効果が出ずに症状が長引いていたのです。 この肌のカビと言われる マラセチア菌は、元々は誰の肌でも持ち合わせている常在菌です。 そしてマラセチア菌は不衛生な環境になるとより活発に繁殖していきます。 肌のカビとも言われているマラセチア菌は、 異常繁殖すると皮膚疾患を引き起こしてしまいます。 このマラセチア菌は額だけでなく、頭皮や脇の下など汗をかきやすい所にも繁殖しやすいですので、繁殖させない為にも日々のケアが大切です。 マラセチア菌によるブツブツの特徴 マラセチア菌が原因で出来てしまったニキビは、 小さな吹き出物が広範囲に渡って発生するのが特徴と言われています。 またアクネ菌が原因となって出来た通常のニキビの場合には、単体で出来るのが特徴です。 吹き出物自体の大きさも、マラセチア菌よりも大きくぽっこりと盛り上がっている事が多いです。 この為小さいブツブツが大量に出来ていてお困りの方は、アクネ菌が原因のニキビとは治療の仕方も変わっていきます。 広告 マラセチア菌が引き起こす皮膚炎 マラセチア菌が異常に発生してしまい、症状がより酷くなってしまうと皮膚炎を引き起こしてしまいます。 マラセチア菌が主な原因となる皮膚炎のご説明をします。 1.脂漏性皮膚炎 脂漏性皮膚炎はマラセチア菌が原因となって、 皮脂が多い額や頭鼻の周りなどに出来る湿疹です。 たまにフケに似ている白い付着物が出来てしまいます。 乳児も比較的脂漏性皮膚炎になりやすいと言われていますが、大人とは少し違った出方をします。 大人の場合は冬場が悪化しやすいので注意が必要です。 2.癜風 癜風はシミのような 白や褐色の斑点が出来きてしまいます。 主に体幹である背中などに出来ます。 春夏あたりに悪化しやすく斑点で色素が変色した箇所が目立たなくなるまでに、数年かかる場合があります。 3.マラセチア毛包炎 背中などに赤いプツプツした物が出来ます。 大きさは数ミリ程度ですが、膿が中に溜まってしまう場合があります。 このマラセチア毛包炎は自然治癒がなかなか難しいので、皮膚科の受診をおすすめします。 これらは皮膚科にかかった場合抗真菌薬を処方されます。 処方された場合は正しく使用し早急に治るようにしていきましょう。 マセラチア菌が繁殖する理由 額の皮膚はとても乾燥しやすくなっており、その薄い皮膚を乾燥から守るために常に皮脂が分泌されています。 この分泌された皮脂が間違ったケア方法やホルモンバランスの乱れなど、様々な理由で多く分泌されてしまうとマラセチア菌が大繁殖してしまいます。 マセラチア菌が繁殖しやすくなる原因を詳しくご説明していきます。 1.洗顔料をちゃんと落とせていない 急いでいる時や仕事で疲れていて早く寝たい時などは、洗顔料やメイク落とし、そしてシャンプーやコンディショナー早く流してしまいしっかり落とせてないという事はありませんか? こういった 洗い残しで汚れや油分が残ってしまった状態ですと、マラセチア菌が繁殖しやすくなります。 ブツブツは洗髪料・洗顔料の洗い残しで起こりやすくなるので、髪の生え際や額などに発生しやすいのも特徴です。 洗い残しが原因で起こるマラセチア菌の繁殖を抑える方法として、先に髪の毛の洗ってから洗顔するようにしましょう。 時間がない時は焦りがちになりますが、くれぐれも洗い残しにご注意ください。 このシャンプーやコンディショナーの洗い残しは 背中にも影響する場合がありますので、しっかり落としていきたいですね。 2.前髪が額に常に触れている 前髪が額や顔にかかっている方は良く額にブツブツが出来てしまう事はありませんか? 毛先が常に肌に当たってしまっていると刺激になってしまい、汚れがついている髪の毛が不衛生な状態を生み出しやすくしているのです。 前髪や髪の毛が長い方はずっと顔にかかる状態にしないように気を付けていると、額のブツブツを予防することが可能ですのでぜひとも覚えておいてください。 自宅にいる際は前髪をピンで留めたり、髪を結んでおくと良いですね。 3.ストレス ストレスは様々な不調をもたらします。 ストレスによりなかなか 寝付けなくなってしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。 肌の皮脂分泌にも影響するので、過剰に分泌してしまう事もあります。 健康な肌にする為には、ストレスをあまり溜めないように気を付けていきたいですね。 4.ペットにいる菌がうつってしまう 自宅で犬などのペットを飼っている方でしたら、仲良く夜は一緒に寝ているという方も多くいるのではないでしょうか?しかしマラセチア菌は人間だけが持っている訳ではなく動物も持っている菌なのですので注意が必要です。 また 頬を擦りよせたり舐められたりすると雑菌がついてしまい、そのままの状態ですと不衛生になってしまいます。 自分の肌のケアは入念にしていてもこういった今まで気にせず行なっていた行為が悪化させてしまう原因となり得ます。 5.湿気が多い マラセチア菌は 他のカビと同様に湿気などを好みます。 ですので汗をかいて肌が湿っているのにそのままにしておくと、マラセチア菌が繁殖してしまいます。 気温や湿気が高くジメジメしている所には長時間いないようにすると良いでしょう。 汗をかきやすい方も清潔な状態に出来るように注意しましょう。 広告 自宅ケアの方法 いつものニキビだと思い、いつも通りのお手入れしてきたけれど、特に効果がなかった額のブツブツですが、マラセチア菌は正しいお手入れをする事で予防することが可能です。 普段の生活の中でもすぐにでも始められるケア方法もありますので、ぜひ取り組んでみてください。 ただし、すでに発生してしまった マラセチア菌のブツブツに関しては自然治癒が難しいとされている為、薬の使用が必須になってくることを理解しておきましょう。 1.メイク道具などを清潔に保つ 基本中の基本として肌に触れる メイク道具などは常に清潔にする事が大切です。 様々な肌トラブルの原因にもなりますし、肌を清潔にした後にマラセチア菌が付着しているメイク道具を使用しては清潔にした意味がなくなってしまいますよね。 メイクスポンジは使った後は洗ってしっかり乾かしたり、使い捨ての物を使うと良いでしょう。 メイクブラシは専用のブラシクリーナーなどを使い定期的に清潔な状態にしましょう。 2.シーツや枕カバーをこまめに取り替える タオルや枕カバーなど 肌に触れる寝具類もこまめに取り換えて清潔にしていきましょう。 肌はとても敏感なので、ちょっとした汚れでも敏感に反応してしまうのです。 肌が弱っている状態ですと尚更症状が出やすくなってしまいます。 3.過剰に皮脂が分泌しないようにする 不規則な生活によってホルモンバランスが乱れたり、よかれと思って顔などを洗いすぎてしまった場合などに、過剰に皮脂が出てしまう事があります。 また思春期などもホルモンバランスが乱れやすくなります。 生活リズムを整えたりバランスの良い食事を心がけると共に、必要以上に洗顔しないように気を付けましょう。 また自分の肌質について理解しておくと、自分の肌にあったケアを行えますので過剰に皮脂を出さないようにする事が出来ます。 4.頭皮や顔を清潔にする 汗をかきやすい季節は身体や顔が汗でベタベタしてしまいます。 汗で湿った肌にはマラセチア菌が繁殖しやすい環境になりますので、シャワーなどで洗い流し清潔に保つ事が大切です。 なるべく こまめに汗を拭きとったり、汗拭きシートで拭いておくのもおすすめです。 5.睡眠をしっかりとる 睡眠をしっかりとることは健康上とても大切な事です。 マラセチア菌は皮膚にいる菌になりますので基本的には悪さはしません。 免疫力の低下などで菌が繁殖しやすくなってしまう可能性もありますので、 規則正しい生活と睡眠を心がけてしっかりした身体つくりをしていく事が大切ですね。 6.ビタミン類を摂取する 健康や肌にも良いといわれているビタミン類は摂取するように意識していくと良いでしょう。 ビタミンB2は細胞の代謝を良くしてくれたり、肌荒れ予防に必要なビタミンです。 ビタミンB2を多く含む食べ物は、 鮭・鶏の卵・海苔・アーモンドなどです。 ビタミン B6は皮膚炎の予防をしてくれ 免疫力を正常な状態に保ち 健康の皮膚を作ってくれます。 ビタミンB6を多く含む食べ物は、 唐辛子・にんにく・まぐろ・鶏肉・ごまなどです。 普段よく食べるような食品に含まれていますので、バランスよく食事に摂り入れていきましょう。 7.皮膚科を受診する マラセチア菌によるブツブツの症状がなかなか改善しない場合は、 悪化する前に皮膚科を受診する事をおすすめします。 専門家の医師に処方してもらった薬でしたら安心して使用する事が出来ますよね。 処方してもらった薬と共に、マラセチア菌が大繁殖してしまわないように日頃から気をつけて行くと良いでしょう。 薬剤師さんがいる薬局などで市販薬を購入する事も可能ですが、購入した薬ではあまり改善しない場合もあります。 そうなると最初から病院を受診した方が結果として時間と費用が安く収まる事も実際にありますよね。 なかなか時間が取れないという方も多いと思いますが、なるべく医師に診てもらうと安心出来ます。

次の

目指せツルツルおでこ!額のブツブツの正体と自宅ケア方法

おでこ 小さい ブツブツ

一般的には思春期にできやすく、大人になったらできにくい場所って言われていますね。 そんな、おでこニキビができる原因を紹介します。 1.ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスの乱れは皮脂を過剰に分泌させる原因。 ホルモンバランスは自分で調節できるものではないので、どうすることもできないように思えますが、大人ニキビであればバランスを崩した原因があるはずなので対処可能です。 思春期と大人それぞれのホルモンバランスが乱れる原因がこちらになります。 思春期の場合 中学生・高校生といった思春期にホルモンバランスが乱れるのは、 第二次性徴期に増える成長ホルモンの過剰分泌が原因です。 思春期にニキビができやすいTゾーン(おでこ・鼻)の皮脂がさらに多くなるので、対処法としてはあぶらとり紙やティッシュで皮脂を取ること。 成長ホルモンを止めるのは無理なので、皮脂対策に専念しましょう。 大人ニキビの場合 20代後半~30代になってから、おでこにニキビができてしまうのは、仕事や家庭での ストレスによる自律神経の乱れや食生活・睡眠不足などによってホルモンバランスを崩している可能性があります。 便秘気味の場合、溜め込んだ毒素を処理できなくなって、ニキビとして排出しようとします。 もし便秘気味なのが当てはまるのであれば、 腸内環境を良くすることがおでこニキビを治す近道になりますよ。 関連記事 おでこニキビを早く治したいならスキンケア+薬を使う おでこニキビを早く治したいなら、ニキビ用のスキンケア商品や薬を使うようにしましょう。 ニキビケア商品はニキビの状態に合ったものを使った方がより効果的です。 おでこは皮脂が多い部分にはなるので、洗顔で皮脂を落とすことも大事ですが、お肌に水分がなければニキビができやすくなるので、化粧水による保湿も欠かさず行いましょう。 あなたのおでこの状態に合ったものを選んでくださいね。 おでこにできた大量のブツブツニキビを治したい場合 大量にできたブツブツニキビはまだ、皮脂が詰まっただけの白ニキビの場合が多いです。 白ニキビの場合は洗顔料で過剰な皮脂を落とすことが重要になっていきます。 もっと早く大量ニキビを治したい場合は洗顔料をだけでなく、古い角質を取り除くピーリングをすることで ターンオーバーが遅れを正常にし、白ニキビが治りやすくなります。 ただ、ピーリングの使い過ぎは肌が弱くなるので注意も必要です。 関連記事 古い角質を落としてくれる洗顔料を使う 上記で「もっと早く大量ニキビを治したいならピーリング」を使うことをおすすめしたので、ピーリングを試してみようと思ったかもしれませんね。 でも、ピーリングは肌への負担も強いので、使うとしても月に1~2回程度。 中学生や高校生って洗顔でもなんでも、やり過ぎてしまい肌荒れが悪化するケースもあるので、たまーに使うだけにしましょう。 ピーリングほど強い効果があるわけではないので、毎日使っても肌への負担も少ないので安心して使うことができます。 ゴシゴシと肌をこするように使うことだけは注意してください。 そのため、「スキンケア+ニキビ薬」を使って、早く治すことが大切。 病院でもらえる「ディフェリンゲル」や市販で買える「テラ・コートリル」や「ペアアクネクリームW」を利用しましょう。 関連記事 おでこニキビを繰り返さないための6つのポイント おでこニキビを早く治すならスキンケアや薬を利用した方が早いけど、繰り返さないようにするためには「」で紹介したものを改善する必要があります。 おでこニキビを繰り返さないように以下のことを行っていきましょう。 1.お風呂に入ったら、汚れが残らないよう順番で洗っていく お風呂に入ったときに、体を洗う順番って考えたことありますか? 原因のところでも紹介しましたが、シャンプーやコンディショナー、洗顔料がしっかりと落とされていないと肌にケア剤が残って、それをエサにニキビが増えてしまいます。 これが逆だと、シャンプーしたときに落ちてくる汚れが顏をつたってしまいます。 そのような汚れが顏に残らないように洗顔は最後に行ってください。 そんなことで…。 と思いつつ、毎日お風呂ではこの順番で体を洗っています(笑) 2.髪が肌に触れない髪形&整髪料のつけ過ぎに注意する 髪はホコリなどの汚れから守ってくれる役割もあるので、想像以上に汚れています。 しかも、髪をセットするためにワックスやヘアスプレーを使うことで、肌に触れるとそれが刺激になってニキビができたり、悪化する原因につながります。 特にヘアスプレーは霧状で見えないので、使うときに地肌に付着している可能性もあります。 顏にかからないように使うか、ニキビが酷いときは使わないようにしましょう。 また、おでこニキビが恥ずかしいからと言って、前髪で隠すのはNGです。 髪が刺激になるだけでなく、蒸れて雑菌を繁殖させる原因になります。 とはいえ、学校や職場でどうしても隠したいなら、誰も見てないときにおでこを出して汗を拭いたり、家に帰ったら前髪を出すようにしてください。 3.枕など寝具を清潔な状態に保つこと 枕などの寝具には目に見えない雑菌やダニ、皮脂、寝汗などが多く潜んでいます。 そんなところで毎日寝ているとニキビが治らないのもしょうがないと思いませんか? 服はきちんと洗うのに、布団のシーツや枕カバーは1か月以上洗わない、買ってから一度も洗ったことない…なんて人もいますよね。 枕カバーはできれば2~3日に一度、最低でも週に1回は洗うようにしましょう。 テレビ番組である芸能人がパジャマや布団を2週間以上変えない…というのを話してて、他の出演者やお客さんに驚かれていました。 4.食事や睡眠に気を遣うこと おでこニキビに限らず、ニキビを治すために食事と睡眠にも気を遣いましょう。 といっても、偏った食事や暴飲暴食、睡眠不足といったことをしていなければ、頑張って改善するほどのことではありません。 野菜を摂っていないと思うなら野菜不足(特にビタミン群や食物繊維)を解消したり、夜寝るのが遅いと思うなら少し早く寝るように心がけましょう。 食事に関してはこちらをご覧ください。 関連記事 5.便秘気味なら腸内環境を整える 便秘は本当なら排出すべき 老廃物や毒素が腸の中に溜まっている状態。 便が長期間溜まってしまうと、腸内で便が腐り、それが自律神経の乱れや活性酵素の発生につながって、肌トラブルや疲労、血流が悪くなる原因になってしまうのです。 もし、洗顔や化粧水などのスキンケア、睡眠もしっかり取っているのに、ニキビができてしまうなら腸内環境が一番の原因になっている可能性もあります。 食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などの腸内環境を整える成分を摂取したり、 お水を1日に1. 5~2リットル飲むようにしてください。 6.ストレスを溜め過ぎないようにする ストレスも自律神経を乱したり、活性酵素を増やす原因。 自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れることで皮脂が増えてしまいます。 ストレスを溜めるなと言われても、学校や職場、人間関係、鏡を見ればニキビ顔の自分…。 誰でも多かれ少なかれストレスを感じていると思います。 ストレスを完全に排除することは難しいですが、運動や趣味、映画や音楽など自分なりのリフレッシュ法を見つけて、溜め過ぎないように発散していきましょう。

次の