鼻 うがい 仕方。 新型コロナウイルスの感染予防に「うがい」は?

「うがい」の効果と正しい仕方※水より「ぬるま湯」がポイント!

鼻 うがい 仕方

点鼻薬の記事 点鼻薬の種類と副作用についてまとめています。 特に 血管を収縮させる成分は、使用の際に注意が必要です。 継続して使うことで、鼻の粘膜が変性を起こして鼻づまりを起こしてしまいます。 鼻うがいの記事 蓄膿症と鼻洗浄のやり方についてまとめています。 そうすることで、鼻の粘膜への刺激を少なくできます。 ためしてガッテンの内容の予測 今回のためしてガッテンの内容の予測は、 血管収縮作用を持つ点鼻薬を継続して使うと、鼻づまりが起こる。 この辺りの内容が、出てくると思います。 使用するものは、500mlのペットボトル。 詰まっている鼻と逆側のわきの下に、500ミリのペットボトルをおよそ20秒挟むだけです。 もし、右側の鼻が詰まっていたら、左側のわきの下にペットボトルを挟むということです。 鼻づまりが解消する理由 わきには鼻につながる神経が通っている。 わきをキュッと圧迫すると、その刺激が神経に伝わり、わきを圧迫した方と反対側の鼻甲介の血管が縮む。 すると、一時的に鼻が通ります。 ただ、 効果は1~2分しか続かないので注意。 鼻づまりの正体は鼻甲介の腫れ 東京慈恵医科大学 鴻信義(おおとりのぶよし)先生が出演されていました。 鼻づまりの原因は『 鼻甲介』というヒダの部分が、腫れることによって起こります。 鼻甲介は、鼻の穴の入り口から2cmのところにある。 鼻の右側に3本、左側にも3本の合計6本あり、空気の通り道を形つくっています。 鼻甲介の働き 鼻甲介は、外から入ってくる空気の加温と加湿をしてくれる働きがあります。 例えるなら、高性能な空気清浄器です。 その変化によって、肺はとても呼吸をしやすくなります。 加温などの温度調節ができる理由 鼻甲介の表面には、毛細血管が張りめぐらされていて、表面積も広いです。 そこに空気が触れて温められたりして、空気の温度が調節されます。 空気の加湿ができる理由 鼻水を出すことで、湿度をあげることができます。 一日に出す鼻水の量は、1~1. 1L以上も鼻水が出ているとは驚きです。 加温と加湿にかかる時間は、なんと1秒。 そして、外から入ってくるゴミの8割をカットします。 とても高機能な働きをしているんですね。 なぜ、鼻がつまるのか? 鼻甲介が腫れることで、空気の通りを減らして休憩していると考えられています。 左右の鼻甲介が、交代で休憩をする。 時間が経つと、腫れたり元に戻ったりします。 このことを『 ネーザルサイクル』といいます。 なくてはならない鼻の大事な機能なんですね。 困った鼻づまりを引き起こす原因は、• ダニ、ハウスダストなどのアレルギー性鼻炎• 花粉症• 風邪(感染性鼻炎)• 蓄膿症(慢性副鼻腔炎) などです。 鼻甲介の許容量を超える細菌やアレルギー物質が入ってくると、過剰に反応してはれてしまいます。 左右同時に起こることもあり、非常に息苦しくなります。 その時に点鼻薬をつかうと、瞬時に鼻甲介の腫れがおさまり、鼻づまりがなくなります。 スポンサーリンク 点鼻薬で鼻づまりが悪化する? 血管収縮剤入り点鼻薬を噴霧すると、血管が細くなりそれにつれて鼻甲介も小さくなり、鼻づまりが解消します。 即効性は抜群。 だけど、効果は一時的です。 血管を半ば強制的に縮ませるので、 使いすぎてしまうと、血流が悪くなって周りの組織が変性してしまう。 それが原因で、点鼻薬を使う前よりも腫れがひどくなってしまうこともあるので注意です。 点鼻薬の効果は、あくまでも短期的なものです。 苦しいからといって、使用上の用法を超えて使うことは控えるべきです。 使いすぎると『薬剤性鼻炎』と呼ばれる鼻炎となります。 市販の点鼻薬の2タイプ 鼻水を抑えるタイプ(抗アレルギー薬) 鼻づまりを解消するタイプ(血管収縮剤など) 鼻水を抑える成分の薬はずっと使っていても大丈夫です。 でも、血管収縮剤入りの点鼻薬を2週間以上使っても効果がない場合は、耳鼻科の受診をすべきです。 血管収縮剤と点鼻薬については、下の記事でまとめています。 血管収縮剤の具体的な名称も記載 しているので、気になる方はどうぞ。 鼻づまりと成長ホルモンの関係 鼻づまりの弊害で、睡眠の質が低下し熟睡できないということがあります。 特に子供には熟睡することがすごく大事です。 その理由は、 寝ている間に成長ホルモンが出るから。 眠りの質が落ちると、成長ホルモンの分泌が悪くなります。 その結果として、身長が伸びないとか、色々な発達障害の原因となり得ます。 子供の頃に鼻がつまって口呼吸が日常的になっていると、脳や体の発達にこれまで考えられてきた以上に、深刻な弊害をもたらすことが分かってきています。 ただ、あくまでも個人差があることなので、『鼻づまり=必ず発達に影響』ではないです。 こうした例が少なくはないということで、専門家の間で注目が集まっているとのことです。 実は大人でも成長ホルモンが分泌されていて、代謝を活性化させる働きがあります。 少なくなると、体調不良、肥満、肌荒れ、慢性疲労などになることもあります。 新鼻うがいの仕方 用意するもの• 水 200ml• 食塩 およそ2g 0. 9%濃度の食塩水を作るのに使用します。 鼻うがいの容器 中から水が噴射するタイプのもの(薬局で、2,000~3,000円程度) 先端がとがったものは使わないように注意。 容器は、2週間に1回程度、漂白剤などで消毒して清潔にしましょう。 鼻うがいをする時は 1. ノズルを鼻筋に沿うように少し上向きにして、鼻の穴に入れる。 顔を下に傾けて、水を噴射する。 水が奥に入らないように、「あ~」と声を出す。 鼻の中に残った水を出すために、ティッシュで優しく鼻をかむ。 水を入れている方の鼻の穴から水が出てくる。 無理して、反対側の鼻の穴から水を出さなくていい。 鼻の入り口をすすぐくらいの感覚でやるといい。 なるべく強くやらない。 入り口を洗うだけ。 軽い鼻炎ならおよそ5割の改善もある。 3日位したら、夜にスッキリ寝れるようになった人も。 風邪のウイルスやホコリがつく場所は、鼻甲介の中でも鼻の入り口である手前側が多い。 洗うのは、鼻甲介の前のほう。 軽くゆすぐというのが、理にかなっています。 水道水を使って、洗面所で鼻うがいをする人がいるが、それをやると痛いです。 鼻うがいの動画 鼻うがいの動画もあります。 鼻うがいは、動画で見る方がわかりやすいですね。

次の

鼻うがいは痛くない! むしろ超気持ちいい! 風邪予防に最適な鼻うがいの方法 / 60秒で元気になれる耳寄りヘルスケア

鼻 うがい 仕方

今や10代の2人に1人が鼻づまりで悩んでいるという事実にびっくり! そういえば、周りの若い同僚も鼻炎薬を使っている人が何人もいます。 手軽な点鼻薬、私も時々使っていますが、NHKのためしてガッテンでは点鼻薬で鼻づまりが悪化するという衝撃の発言と痛くない「 新・鼻うがいのやり方」が紹介。 どうか無理をして挑戦しないようにお願いいたします。 9%の食塩水を作り、 先の丸いポンプ式(点鼻薬の様な形)の容器で鼻の入り口を洗う。 ・「あー」と言いながら鼻洗浄をする。 ・入れた鼻から出てOK! 無理をして反対側の鼻から出さなくてOK! ためしてガッテンで紹介の方法は、悪化した鼻炎の改善は難しいと感じました。 どたらかというと、 鼻ケアという感じで予防的な洗浄ですね。 鼻炎改善の為の鼻うがいを行うのなら、もっとガッツリとした方法がおすすめです! 一般的な鼻うがいは 、• 水を沸騰させて冷ます(ぬるま湯くらい)• 1に食塩を入れる• 食塩水を鼻から吸う• 9%の食塩水を作る・・食塩大さじ1(18g)に対し、2リットル ・食塩水を鼻から吸い口から出す 最近は、ドラッグストアでも「 ハナノア」などの鼻洗浄商品がありますね。 それだと自分で液を作らなくてもいいので楽です。 私もいろんな人のやり方をみて、温度に拘っていなかった点など勉強になりました。 「 口にしっかりと含んで出す」というのも鼻うがいのポイントだと知りました^^ 是非参考にしてみて下さい 鼻うがいを失敗しやすい点は、口から出せずに飲んでしまうことです! これを防ぐには、喉を軽く締めておく必用があるんですね。 鼻うがいをした後の正しい鼻のかみかたも大切ですね。 鼻の奥に塩分が残らないようなやり方が紹介されてとても参考になりましたよ。 鼻がグジュグジュで涙目になるし、切り取って丸ごと洗いたくなるくらいの状況がアレルギーせい鼻炎です(笑)用法にある以上に点鼻薬を使ってしまったせいか、だんだん刺激がなくなった為か、お薬が効かなくなったと感じていました。 どうして点鼻薬が効かなくなるのでしょうか? ナザールやサジテンなどいろんな種類の市販品があります。 市販の点鼻薬には血管収縮薬が入っているものがあります。 鼻づまりがスッキリするからといって、用法以上に使用をしてしまうとだんだんと効果が落ちてきます。 鼻づまりって特に寝る時などは苦しくって、ちょっと依存症みたいに使ってしまうんですよね。 仕事の場合も使わなければ会社にも行けないほどです、そんな方も多いと思います。 でも、 「 点鼻薬性鼻炎」という症状があるくらい問題になっていることも事実なんです。 点鼻薬の副作用として報告されている症状• 血管収縮性鼻炎になり鼻づまりが悪化する• 依存性がある• 味覚障害になることがある 使う時の注意点• 短期間の使用にする• 用法を必ず守ること 点鼻薬は、鼻炎そのものを治すお薬ではなく一時的に鼻の通りをよくする働きのお薬です。 使用方法を守って慢性化することが無いように気を付けたいものです。 市販の点鼻薬を使うよりも、通院は大変ですが耳鼻科で治療をした方が安心ですよ^^ さいごに・・ アレルギー性鼻炎は一年中鼻がムズムズしていますが、アレルギー体質でもあるので、特に花粉の季節になると顔は痒いし目と鼻がグジュグジュだし・・毎年春が憂うつでした。 点鼻薬の怖さも改めて分かったので、 お薬よりもまずは鼻うがいで予防をすることが一番のやり方かなぁと思いました。

次の

私の人生を変えた「鼻うがい」のやり方!痛くない2つの方法とは!?

鼻 うがい 仕方

鼻うがいって本当に効果があるの? 鼻うがいは、鼻の中のほこり、ばい菌やウイルス、鼻水や鼻づまりを根こそぎ洗い流すことができます。 風邪の予防はもちろん、アレルギー性鼻炎、花粉症、蓄膿症など、鼻の不調に悩んでいる方へおすすめのうがいなのです。 慣れるまでは少し難しく感じるかもしれませんが、鼻をかむよりもすっきりするので、鼻うがいを習慣化する方も多いようです。 鼻うがいの方法 鼻から生理食塩水や洗浄液を入れて、口から出します。 始める前に、以下のものを準備しましょう。 9%、体液の濃度に近い塩水です。 ぬれてもいいように洗面所やお風呂場で行いましょう。 洗面器で鼻うがい 慣れないうちは、洗面器で試してみましょう。 洗面器に生理食塩水をためる• 片方の鼻を押さえて、水を吸い上げる• 上を向いて、口のほうへ水を流す• 飲み込まないように、口から水を出す• 以上を左右の鼻で2~3回繰り返す コップで鼻うがい• やや上を向きながら、鼻に生理食塩水を入れる• 水をいったん口にためて、出す• 以上を左右の鼻で2~3回繰り返す 市販の洗浄液セットで鼻うがい 専用の洗浄液、注入器などがセットになっています。 自宅で準備をするのが難しい場合は、買って試してみましょう。 鼻うがいをする際の注意点 水を鼻から吸い込みすぎない 鼻に水を注入時につばを飲み込んだり、鼻の奥に水が残った状態で強く鼻をかむと、耳のほうへ水が入り込み、中耳炎を引き起こすことがあります。 鼻から水を吸い込む際はやや前かがみになりましょう。 真水、特に水道水をそのまま使わない 真水を使うと浸透圧の影響で鼻粘膜を傷つけたり、痛みを感じる恐れもあります。 少々手間は掛かりますが、体液に近い濃度の食塩水を使ってください。 特に、水道水を直接鼻に入れることは危険ですので、絶対にやめましょう。 水道水に含まれる微量の細菌が体に入り込み、脳炎を起こす事例も報告されていますので、熱して滅菌したものを冷まして使ってください。 記事提供:GozoRopp.

次の