山田書店。 株主優待券・お知らせ・石垣島

日本の古本屋 / 山田書店について

山田書店

夏の猛暑の中で、ふと思い起こすことがある。 過去に起こった、子どもの車内放置や育児放棄などの放置事件だ。 炎天下の車内に乗り込む時や、息苦しいほど暑い部屋に居る時、「あぁ、あの子たちは一体どれ程苦しかっただろう」と胸が痛む。 特に強く記憶に残っているのは、2010年、3歳女児と1歳9ヶ月男児を自宅に閉じ込めて約50日間放置し、餓死させた「大阪2児餓死事件」。 事件当初は、居間の扉には粘着テープまで貼られていたことや、からしのチューブなども含め冷蔵庫は空っぽだったことなど、衝撃的でむごい話ばかり。 やり切れない思いが燻り、未だ灼熱と共に記憶が炙り出されるのだ。 本作は、その「大阪二児餓死事件」をモチーフに描かれた小説だ。 タイトルの「つみびと」とは誰か。 それは読む前からわかりきっている。 「鬼母」と呼ばれた彼女こそ「罪人」に違いない、と。 しかし、読後その確信が揺らぐ。 むごたらしい事件を引き起こした怒りの矛先に迷いが生じるのだ。 この育児放棄をした母親は、自らもネグレクトの母親に育てられている。 壮絶な生い立ちの母を追うように自らも過酷な人生を歩む。 ネグレクトがネグレクトを生む。 負の連鎖である。 灼熱の中、幼い子どもを部屋に閉じ込め、充分な食事も与えず、家にも帰らない。 とてもまともな人のすることじゃない。 そう、「まとも」じゃないのだ。 しかし、そもそもまともな家に育たず、まともを教わることなく育った子が、一体どうやってまともな大人になるのか。 それは想像以上に困難なことなのではないだろうか。 子ども二人を死に至らしめたことは、何がどうあれ絶対に許されないことだ。 しかし読み進めるうちに、自分はそれを責めることが本当にできるのだろうか?という疑問が生まれてくる。 今の自分の人格は、なにで形成されているのだろう。 生まれ持った人格は何パーセントくらいで、育った環境や経験は、今の自分にどのくらい影響を与えているのだろう。 彼女と私は、たまたま人生で積まれたピースが違っただけなのではないか。 そんな可能性の恐ろしさを感じずにはいられない。 タイトルである「つみびと」=「罪人」。 脳内でふと変換された、もう一つの「つみびと」。 それは、その罪に至るまで、沢山の苦しみや悲しみ、幾多の不幸が積み重なってしまった=「積み人」だ。 我が身に全く同じものが積み重なり「積み人」となった時、同じような「罪人」にならないという確証などどこにもない。 それと同時に、いつどのようにして、積む側の人間に加担することになるかもわからない。 「つみびと」は思いのほか、ありふれているのではないだろうか。 小説だからこそ読み解ける闇が本作にはある。 闇の中で浮き彫りになる母子家庭の貧困問題、誰にも助けを求めることができない社会からの孤立感。 彼女は、幸せになりたい、良い母親になりたい、きっとただそれだけだったのではないだろうか。 その結果があまりにもかけ離れていてやり切れない。 二度とこのような悲劇をくり返さないために、自分に何ができるのか。 読み切るには正直しんどい本作をここで紹介したのは、私なりのひとつの答えだ。

次の

【書評】『つみびと』山田詠美

山田書店

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに1冊在庫がございます。 (2020年07月16日 23時01分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 プロレタリア文学を出発点とする昭和の代表的作家・高見順。 戦争にのめり込む日本の姿を描き続けた彼の生涯が現在の日本社会を照らし出す。 目次 第1章 出生 第2章 生い立ち 第3章 関東大震災 第4章 プロレタリア文学への道 第5章 恋愛と最初の結婚 第6章 検挙、拷問、そして転向 第7章 再出発 第8章 戦時下の順 第9章 順が見た戦場 第10章 猛烈な創作活動中に発病 著者等紹介 山田邦紀[ヤマダクニキ] 1945年、福井県敦賀市生まれ。 早稲田大学文学部仏文科卒業。 出版社内容情報 昭和を代表する作家の一人である高見順 1907:明治40年? 1965:昭和40年 の生涯から、昭和という時代を見直し、現在の社会状況を照射する。 評論家・奥野健男が「高見順の青春、その文学的出発と変遷を辿る時、そのまま昭和という時代の特徴と変遷を辿っている思いがする」と述べているように、高見順は時代に鋭敏に反応して作家としての生涯を送った。 その高見順の生涯と作品をひもとくことは、昭和という時代について、またその時代に翻弄された人々の思いを知ることにつながる。 高見順らが経験した言論弾圧、戦争する体制下での暮らしが、今また不気味な影となって日本の社会に迫っている。

次の

今ひとたびの高見順 / 山田 邦紀【著】

山田書店

大阪府吹田市から絞り込み• 青葉丘北 0• 青葉丘南 0• 青山台 0• 朝日が丘町 0• 泉町 0• 内本町 0• 江の木町 0• 樫切山 0• 春日 0• 金田町 0• 上山田 0• 上山手町 0• 川岸町 0• 川園町 0• 岸部中 0• 寿町 0• 佐井寺 0• 佐井寺南が丘 0• 幸町 0• 芝田町 0• 清水 0• 尺谷 0• 昭和町 0• 新芦屋上 0• 新芦屋下 0• 吹東町 0• 末広町 0• 清和園町 0• 千里万博公園 0• 千里丘上 0• 千里丘北 0• 千里丘下 0• 千里丘中 0• 千里丘西 0• 千里山霧が丘 0• 千里山高塚 0• 千里山竹園 0• 千里山月が丘 0• 千里山虹が丘 0• 千里山星が丘 0• 千里山松が丘 0• 高城町 0• 高野台 0• 竹谷町 0• 竹見台 0• 天道町 0• 出口町 0• 中の島町 0• 長野西 0• 長野東 0• 西御旅町 0• 西の庄町 0• 原町 0• 東御旅町 0• 日の出町 0• 平松町 0• 広芝町 0• 藤が丘町 0• 藤白台 0• 円山町 0• 南金田 0• 南正雀 0• 南吹田 0• 南清和園町 0• 南高浜町 0• 目俵町 0• 山田市場 0• 山田北 0• 山手町 0• 芳野町 0• 五月が丘北 0• 五月が丘西 0• 五月が丘東 0• 五月が丘南 0• 岸部新町 0.

次の