バカ 殿 じい。 1/9「バカ殿」正月SPに豪華ゲスト→不思議な気分だったよ。

アイーン X バカ殿

バカ 殿 じい

桑野信義と元妻の息子MASAがイケメン!?DNA鑑定を受けた理由は? 桑野信義と元妻の息子MASAがイケメンと話題!似たのは音楽の血だけ? 桑野信義と元妻の間に生まれた息子MASAこと桑野将直は、ヒップホップグループJon Smith Crewで活動するミュージシャンです。 桑野信義の祖父は軍隊のラッパ手、父親はプロトランぺッター先名信勝、そして桑野信義自身もラッツ&スター(旧シャネルズ)で活躍するジャズトランぺッター。 息子MASAもまたミュージシャンとは血は争えないものですが、容姿は桑野信義に似ず、今時のシュッとしたイケメン風です。 桑野信義を渋めのイケメン!と定義したとしても、どうやら息子のMASAは、元妻似のようです。 桑野信義と元妻が離婚したのは、1984年11月21日生まれのMASAが4歳の時でした。 以来、全く育児経験のないながら息子を引き取って育ててきた桑野信義でしたが、現妻と再婚する際に、15歳のMASAと離れて暮らす選択をしています。 桑野信義と元妻の息子MASAのDNA鑑定結果が判明!売名企画だった? 桑野信義と息子MASAのDNA鑑定が、2014年4月放送の「私の何がイケないの?SP」で特集されました。 このDNA鑑定は、長らく桑野信義と自分が似ていないことに疑念を抱いていたMASAによって提案されたもの。 桑野信義と元妻の離婚理由は不明ですが、両親共に自分を置いて出て行ったこと、父親が再婚先で2人の子供をもうけたことで、MASAが父子関係を怪しむようになっても無理はありません。 いかにも親子ではない雰囲気を醸し出していた番宣に反して、鑑定結果は桑野信義とMASAは99. 9%親子であることを証明するものでした。 あの歓喜と安堵の涙もMASAの売名目的だったとしたら、現状は、それほど功を奏していない気がします。 しかし、「桑野信義&MASAオフィシャルブログ」を共同発信するまで親子の絆が深まったのですからめでたい話です。 桑野信義も田代まさし5度目の逮捕で見放す?箸の持ち方が独特過ぎるワケ! 桑野信義の田代まさし逮捕時のコメント!鈴木雅之や志村けんより落胆は大きかった? 桑野信義にとって、田代まさしは、ラッツ&スター(旧シャネルズ)の先輩。 1980年代以降は、共に「志村けんのだいじょうぶだぁ」などで、コメディアンとして人気を博した仲でもありました。 田代まさしが2010年に薬物取締法違反で5度目の逮捕となった時、桑野信義は「先輩、初めて呼び捨てします」とだけコメントしています。 鈴木雅之や志村けんが愛想を尽かす中、青少年保護育成条例違反の疑いで書類送検されて謹慎生活を送った過去を持つ桑野正義は、田代まさしの心情を誰よりも慮っていたはず。 落胆のあまり、それ以上の言葉が出てこなかったのも当然です。 ところが、田代まさしが出所してから約半年後の某番組で、昔のラッツ&スター時代の桑野信義の映像が放送された時、これまでNG扱いだった田代まさしの姿が映し出される意図的な演出が。 これは、薬物更生施設入所中の田代まさしへのエールだった可能性も十分に考えられますよね。 グーで箸を握り込んで食べ物を掻きこむ桑野信義には、ネットでも「頭悪そう」「絶対に食べ物を掴めない」「逆に器用……」との声が多発。 このトンデモナイ箸の持ち方について「水曜日のダウンタウン」が本人を直撃したところ、桑野信義の父親・先名信勝もまた同様の箸使いをしていたことが判明しました。 「トランペットも継いで、箸の使い方も継いだ」という、実に単純な理由が真相だったようです。 しかし、近年は料理番組に出演するたびに「やめてください」と言われるようになったため矯正したのだとか。 後は、息子MASAに遺伝していないことを祈るばかりです。 桑野信義の現在!田代まさしがいた頃のバカ殿様エロ騒ぎが懐かしい 桑野信義の現在といえば、「志村けんのバカ殿様」の二代目じい役です。 桑野信義は1957年4月4日、東京都生まれ。 幼稚園から中学校まで一緒だった鈴木雅之に誘われてシャネルズのトランぺッターとなったのは、正則高等学校卒業後の1975年のことでした。 ラッツ&スター活動休止後のバラエティ躍進期も、ラッツ&スター復活シングル「夢で逢えたら」で、1996年の紅白歌合戦に初出場を果たした時も、思えばそこに田代まさしがいました。 2010年の田代まさし5度目の逮捕以降、糖尿病の悪化で体重が激減してテレビ番組出演を控えていたという桑野信義。 地方の音楽イベント出演と、ブログで明かされる息子MASAとの音楽の語らいで、トランぺッター桑野信義が健在であることは分かっていました。 ただ、田代まさしがいた頃のエロ騒ぎを懐かしく思う中高年層と同様に、桑野信義も一抹の寂しさを抱えながらやっているとしたら切ない話です。

次の

桑マンは今現在何してる?死亡説など考察してみた

バカ 殿 じい

画像引用元:Twitter 名前 東 八郎 本名 飛田 義一(ひだ ぎいち) 生年月日 1936年5月31日 没年月日 1988年7月6日 出身地 東京都台東区浅草 活動期間 1952-1988年 弟子 萩本欽一、すず風金魚 芸風 コント 経歴 中学卒業後にコメディアンを志して 歌手の田谷力三さんに弟子入りをした東八郎さんは、 浅草公園六区の浅草フランス座などで活躍するようになります。 1964年に 小島三児さん原田健二さんと共にトリオ・スカイラインを結成し、テレビに進出しました。 コントを行い人気を得ましたが トリオ・スカイラインは1971年に解散となります。 その後は三波伸介さんと共に NHK『お笑いオンステージ』にレギュラー出演し、全国区の有名なコメディアンと成長しました。 そして東八郎劇団を結成して後進の育成にも力を注ぎ、全国各地で喜劇を演じ、 晩年では『志村けんのバカ殿様』の家老役でも人気でした。 また人気コメディアンとしてテレビや舞台を数多くこなし、 RCAビクターから『娘へのバラード』を発売するなど歌手活動も行っていたそうです。 『娘へのバラード』は、結婚披露宴で歌われる定番曲のひとつとして広く知られていました。 また 1986年には芸能人養成のために私塾「笑塾」を開きます。 ですが、それから間もない 1988年7月6日の昼過ぎ、自宅にて眠っている最中に突然脳溢血を起こし、緊急搬送されましたが、意識が回復することなく 同日15時30分に亡くなられました。 東八郎さんは、晩年芸能人の育成や養成に力を注がれていたんですね。 52歳という若さで亡くなられたなんて早すぎますよね。 まとめ 今回は、志村けんのバカ殿に、初代じいとして出演していた東八郎さんについて調べてみました。 てっきりバカ殿のじいはクワマンさんのイメージだったので、とても意外でしたね。 しかも東MAXさんの父親だったというのも驚きです。 晩年、芸能人の育成や養成に力を注がれていたという事で面倒見の良い人望の厚い方だったのでしょうね。

次の

1/9「バカ殿」正月SPに豪華ゲスト→不思議な気分だったよ。

バカ 殿 じい

志村けんさん(享年70)の通夜、告別式は4月11、12日の両日で、近親者によって営まれた。 「お別れの会」は、「新型コロナウイルスに関連する一連の状況が収束したのち」に開くという。 国民的コメディアンの突然の死は、お笑い界の大きな痛手だ。 2日、ナインティナインの岡村隆史(49)が、パーソナリティを務めるラジオ『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、志村さんへの感謝を述べた。 「僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー。 パクリに近いと思います」 「岡村隆史という人間の7割が志村さんで構成されている」 志村さんと岡村は公私にわたって親しかった。 「実は、あの志村さんにも低迷期がありました。 『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)終了後の'90年代後半は、ゴールデンタイムのレギュラー番組がなくなり、『志村けん死亡説』が流れたこともあったほど。 その低迷期を脱する契機となったのが、岡村さんがバラエティ番組で連発した志村さんの『アイーン』だったんです」(演芸関係者) 自身の冠番組で「お笑いの教科書」だった志村さんをまねて、「アイーン」を繰り返した岡村の活躍で、本家・志村さんの人気は再燃。 再びお笑いの第一線に復帰した。 「岡村さんにも芸能活動を休止した時期があります。 10年前、体調不良で、半年間の活動休止でした。 本人自ら『地獄を見た』という入院療養中、心配した志村さんから彼に電話が入ったそうです。 志村さんは彼の心の叫びを、ずっと聞いてくれたそうです。 何度も食事をともにし、笑いについて語り合ってきた岡村は、ことあるごとに、バカ殿の後継者として立候補していたようだ。 「6年前、芸人6人で慰安旅行に行く番組の企画でのこと。 温泉に入り、酒が入った席で、岡村が志村さんに『どうすんですか? 死んだら。 バカ殿とかやっぱり誰かが残していかないといけないじゃないですか』『バカ殿、終わらすんですか?』と、矢継ぎ早に詰め寄っていました。 ふだんから、岡村は志村さんと会うと必ず、このことを聞いていたみたいです」(テレビ局関係者) 同年11月の『ウチくる!? 変なおじさんは誰が継ぐのかということを遺書に残しておいていただきたい」と、懇願している。 しかし、志村さんは岡村の度重なる懇願にもかかわらず、首を縦に振ることはなかったという。 インタビューでこう語っている。 「(岡村には)『そうはいかねえよ』と返している。 俺のマネをしてもしょうがない。 超えなきゃ意味ないから。 岡村には、『おまえはコントをやらないからキャラができないんだ』って言ったけど、コントって結局、それが大変だから、若いやつはやらないんだよね」(『報知新聞』'14年6月17日付より) 岡村のさらなる飛躍を期待して、志村さんは愛のむちを振るったのだ。 そんな志村さんが晩年、気に入っていたのが千鳥の大悟(40)だった。 '16年の『志村けんのバカ殿様最新作 笑いの金メダルSP』で初共演し、翌年3月の『志村けんのだいじょうぶだぁ ドリフみんな大集合SP』(ともにフジテレビ系)に出演した大悟。 「千鳥のトークコーナーを見て、志村さんは、昔の芸人のような荒っぽい雰囲気に加え、自分を作っていない大悟を気に入り、収録後、飲みに誘ったんです。 そこで意気投合して、それからは週3回、一緒に飲む仲になっていました。 ある日、志村さんは笑いながら『俺が死んだら、おまえがバカ殿をやったらいい』と言っていたほどなんです」(テレビ局関係者) 志村さんは大悟に、自分と同じにおいを嗅ぎ取っていたのだろう。 「大悟さんは『バカ殿は志村さんのものですから』と断っていましたが、亡くなって『志村さんが天国で笑ってくれるなら……』という気持ちも出てきているようです。 フジテレビも志村さんが遺した国民的キャラクター『バカ殿』をこのまま終わらせたくないようです。 「女性自身」2020年5月5日号 掲載.

次の