お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ。 『お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。』4巻について

お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。(凪木エコ@F文庫より『おひとり様』発売中)

お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ

それではいきます! まず最初に。 おひとり様シリーズ全4巻、完結とのことで凪木エコ先生、お疲れ様でした!! 1巻からかっこいいぼっち主人公として、清々しいほど貫徹した姿を描いていて、ラのラブとコメが共に強烈な作品であったように思います。 さて、そんなおひとり様シリーズ第4巻である、今回のお話は文化祭でした。 3巻ラストから少しだけ微妙な関係になってしまった主人公と羽島、そして文化祭をともにやっていく中で勝負することとなった主人公と美咲。 ヒロインとのギクシャクはぼっちラあるあるかなぁ、と思う僕でしたが、今作のギクシャクは不穏ではないというか、あくまでクラスメイトの関係として仲良くする中でのギクシャクだったのが幸せでよかったなぁ、と思いました。 シリアスはそれはそれで好きなんですけどね。 特に、美咲の心情は胸を打つものがありました。 とにかく凄くて、普通に美咲もむっちゃ凄いのに、どうしても『負けてる』と思ってしまうのは、相手を憧れているからこそのものだなぁと感じました。 それでも最後には負けて、勝って、引き分けということになって一歩前進した美咲の姿は感動しました。 主人公も基本的にはのらりくらりとしているのに、熱くなる時には一気に熱くなるのがかっこいいですよね。 よう実ほど主人公すげぇー! 感が強い訳では無いですが、それに似ていて、けれど別種のカッコ良さでした。 そんな主人公自身も、ほんの少しだけ変わっている。 あくまで日々を楽しみたい主人公にとって、仮に独り以外でも楽しいというのなら、それはそれで満更ではない。 そういう変化は微笑ましく思えました。 主人公とヒロインの間に生じている距離感への信頼というか、過ごしやすい距離感みたいなのはとてもいいなぁと思いました! これは前々から提唱してますが、可愛さを含有するかっこよさが一番かっこいいですからね!! あと、キャターとは別として、文章が面白かったです。 店舗がポンポン進んでいくので会話文がとても読みやすいです。 さて、今回はここまで! おひとり様シリーズは完結してしまいましたが、面白い作品であることに間違いはないので、ぜひ読んでみてくださいね! それでは読んでくださってありがとこーざいました! kurosirami.

次の

お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。

お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ

それではいきます! まず最初に。 おひとり様シリーズ全4巻、完結とのことで凪木エコ先生、お疲れ様でした!! 1巻からかっこいいぼっち主人公として、清々しいほど貫徹した姿を描いていて、ラのラブとコメが共に強烈な作品であったように思います。 さて、そんなおひとり様シリーズ第4巻である、今回のお話は文化祭でした。 3巻ラストから少しだけ微妙な関係になってしまった主人公と羽島、そして文化祭をともにやっていく中で勝負することとなった主人公と美咲。 ヒロインとのギクシャクはぼっちラあるあるかなぁ、と思う僕でしたが、今作のギクシャクは不穏ではないというか、あくまでクラスメイトの関係として仲良くする中でのギクシャクだったのが幸せでよかったなぁ、と思いました。 シリアスはそれはそれで好きなんですけどね。 特に、美咲の心情は胸を打つものがありました。 とにかく凄くて、普通に美咲もむっちゃ凄いのに、どうしても『負けてる』と思ってしまうのは、相手を憧れているからこそのものだなぁと感じました。 それでも最後には負けて、勝って、引き分けということになって一歩前進した美咲の姿は感動しました。 主人公も基本的にはのらりくらりとしているのに、熱くなる時には一気に熱くなるのがかっこいいですよね。 よう実ほど主人公すげぇー! 感が強い訳では無いですが、それに似ていて、けれど別種のカッコ良さでした。 そんな主人公自身も、ほんの少しだけ変わっている。 あくまで日々を楽しみたい主人公にとって、仮に独り以外でも楽しいというのなら、それはそれで満更ではない。 そういう変化は微笑ましく思えました。 主人公とヒロインの間に生じている距離感への信頼というか、過ごしやすい距離感みたいなのはとてもいいなぁと思いました! これは前々から提唱してますが、可愛さを含有するかっこよさが一番かっこいいですからね!! あと、キャターとは別として、文章が面白かったです。 店舗がポンポン進んでいくので会話文がとても読みやすいです。 さて、今回はここまで! おひとり様シリーズは完結してしまいましたが、面白い作品であることに間違いはないので、ぜひ読んでみてくださいね! それでは読んでくださってありがとこーざいました! kurosirami.

次の

お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。(小説)4巻は無料のzip、rar、漫画村で配信されてるの?

お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ

あらすじ 孤独を恥じず、集団に属することのストレスを何よりも嫌う。 学園の完璧ヒロイン・美咲華梨から友達作りを手伝うと言われ、趣味がドンピシャに合うクール美人・羽鳥英玲奈には懐かれる。 最近のトレンドですね。 『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンくんや『氷菓』の折木奉太郎が源流にありますね。 さらに、『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』でリア充と非リアの両方の人間関係が描かれるようになって陰キャが陽キャと関わるハーレムものってのが最近のトレンドになっている気がします。 『桐島くん部活辞めるってよ』って作品がありますけど。 あれもクラスのカースト下位と上位のそれぞれの物語が描かれている。 青春小説って『野ブタをプロデュース』でもクラスカーストは書いていたけどさ。 視点がカーストの下位と上位のどっちかに寄る、あるいはそれが存在しないか。 最近まであまり意識して描かれていなかったんですよね。 もちろん2005年にいじめ問題が過熱して重松清やあさのあつこさんたちがこぞっていじめを題材にした小説を書いたり、テレビドラマでいじめを扱ったり、著名人が朝日新聞で「いじめられたきみへ」で偉そうな説教をした時期が2008年くらいまで続いたんですけどね。 あれも熱が上がったらぜんぶ風邪と言ってるようなもので、熱が出たところで風邪だ風邪だと言えても、風邪になる原因だったりどういうウィルスがどんな経緯で体に侵入したのかという。 結果に対するプロセスに対する想像力に乏しい作品が多かったんですよ。 風邪ってのはあくまで体の異常に対する総称です。 それで死人が出たり、体に別の異常が出たらどんなウィルスかって調べなきゃいけないんですけどね。 なぜかその症状の名は風邪だこれは直さなければと言って解熱剤を出すだけで終わっている。 それが当時のいじめに対する過剰反応でさ。 大事なのはどんなウィルスがはいるのかという環境と経緯を明らかにすることなんですよ。 最近のラノベのいいところは、いじめになる前の微熱状態。 悪化していないけどなにかしらの問題をはらんでいる状態をさらにラノベ特有のマイルドな語り口で描けているところがいいんですよね。 この作品もこの流れの中で生まれた日陰者の主人公によるクラスカーストものなんですけどね。 そこにハーレムの要素を話を壊さないギリギリまでいれたところが特徴的です。 主人公の姫宮春一はクラスで孤独であることを愛する日陰者。 そんな彼はひょんなことからクラスの親睦会の幹事をすることになります。 学園のみんなと友達になれると信じる美咲華梨も幹事に立候補し、彼女とかかわることをきっかけにほかのヒロインの羽鳥英玲奈、倉敷瑠璃とも仲良くなる。 クラスの人気者とクラス内でのイベントをきっかけに交流するようになり、それをきっかけに彼女の属するグループと主人公が仲良くなるってのがみそです。 人間関係がつながる管が一つだけだから女の子たちと仲良くなる過程が幸運の連続でなく、親睦会の幹事をやることをきっかけにできたものだから自然なんですよ。 もし女の子と仲良くなるイベントが別々だとコミカルなりすぎちゃって後半のシリアスが嘘くさくなっちゃうんですよね。 それと1巻で主人公の魅力がしっかり出ていたのもよかったですね。 主人公はクラスに馴染めない浮いた存在なんですけどね。 そんな彼だからこそクラス内での問題を解決できるってストーリーラインは僕らがうちに抱えている自分は自分のままでいるからこそなにか人とは違うものを持っているはずだという願望を解消するカタルシスのあるストーリーになっています。 ヒロインたちも魅力的ですよね。 今回メインとなる羽鳥英玲奈と美咲華梨は本来は主人公と交わらないコミュニティの存在です。 しかし、だからこそ、そのコミュニティでは解決できない悩みを自己の内部に抱えていて。 それを主人公だけが解決できたというのが読者に納得できる形で示せていたのがよかった。 しかも、じつはオタク趣味で主人公と気の合う羽鳥とか、クラスみんなと仲良くなりたい博愛主義の美咲だからこそ問題を抱え込むところとかギャップ萌えでかわいかったですね。 主人公と女性キャラの仲良くなる過程は丁寧だし、クラス内での問題の発生と解決も自然で主人公の魅力を引き立てていました。 面白かったので2巻も引き続き読む予定です。

次の