ピッチング 角度。 理想の投球フォームとスポーツ科学~球速と肩・肘の障害予防のピッチング~

ピッチング

ピッチング 角度

おいしいゴルフしてますか?ゴルフスイングコーディネーターの山田友人()です 今回は、アイアンのロフト角度と飛距離の目安についてです! ゴルフコースをラウンドする時に、一番知りたい情報は「ここからピンまで何ヤード?」という飛距離の情報ですよね。 キャディーさん付きのラウンドが減って、セルフプレーで自分で距離をジャッジしなければならなくなった昨今、カートにGPSで表示されたり、プレーヤーが飛距離測定器を持っていることも珍しくありません。 飛距離測定器によって正確な距離情報を得られたら、さあその通りの距離が打てるかが問われるわけです。 自分のアイアンの飛距離をしっかり把握できていないと、せっかくのデータが生かせません! アイアンのロフト角度と飛距離の目安を自分でしっかり把握しておきましょう。 アイアンのロフト角度 クラブヘッドのフェースには、ロフト角度がついています。 ロフト角度の役割とは、ボールを高く上げ飛距離を出し、目安となる距離を打ちわけるための重要な角度です。 アイアンは 一般的なセットでは、 1 番手で 10 から 15ヤード刻みの目安で打ちわけられるようにという発想でデザインされセッティングされています。 ロフト角度の目安は ショートからミドルアイアンまでが 4度刻み、そして ロングアイアンでは 3度刻みで角度を変えて作られています。 また、シャフトの長さは一般的に 、 1 番手長くなるごとに 0. 5インチづつ長くが目安になります。 5 62 62. 5 63 63 63. 5 63. 5 63. 75 38. 25 37. 75 37. 25 36. 75 36. 25 35. 75 35. 75 35. つまり、アイアンのこの番号のクラブのロフト角度は、何度でなければならないというルールはないわけです。 なので市販されている 一般ゴルファーのモデルの多くは ストロング・ロフトといって、トラディショナルなモデルやアスリートモデルよりも、同じ番号のクラブでもフェースが立っています。 しかも、その角度の度合いは、メーカーのモデルによってまちまちです。 だから クラブの番号の刻印だけを目安に買ってしまうと、飛び過ぎてしまったり、飛距離が合わなかったりするので、気を付ける必要があります。 基準となる7番アイアンで、タイプ別の平均的なスペックを比較すると?• アベレージ向け ・・・ロフト30度、シャフト37インチマッスルバック• 上級者向け・・・ロフト35度、シャフト37インチ• ディスタンス系・・・26~7度シャフト37. 5~38. 5インチ アベレージ向けの7番アイアンのロフト角度の目安は30度が平均になってきて、一昔前に「ストロングロフト」と言われるような角度が、現在ではヘッドが大型化して、低重心化したことにより、7番で30度程度が標準的になってきました。 アイアンを選ぶ時の目安は、7番で30度より小さければストロングロフト、大きければロフトが寝たタイプだと考えると良いと思います。 ストロングロフトタイプでも、見た目はアイアンのバックフェースが「キャビティバック」といって厚くなっており、ロフトは寝ているように見えたりするデザインになっているので、やさしいクラブになっていますから、安心して使えます。 対して、男子プロや上級者が使うアスリート向け「マッスルバック」と呼ばれるタイプのアイアンだと、7番のロフト角は34~5度くらいが平均で、アベレージモデルのものと比較して1~1. 5クラブ分ほどロフトが寝ている事になります。 プロは ハンドファーストで ダウンブローで打ち込むことができる分、インパクト時にはロフトが表示よりも立った状態になってくるなるので、この位の角度差がつけてあるのです。 アイアンの番手と飛距離 トーナメントでの計測や、クラブをフィッティングする時にしっかりと測定しているプロゴルファーの 飛距離はどれくらいなのかを調べてみると、女子プロゴルファーのイ・ボミ選手のデータは次のような数字になっていました。 その場合に、気をつけなければならない点がいくつかあります。 練習場では、レンジボールと言って練習用のボールで打つことが多いと思います。 レンジボールは、実際にラウンドで使う市販のボールより飛距離は出ません。 たくさん打っても柔らかい打感で、腕やカラダに負担がないように考慮して、コアのない、いわゆるオダンゴボールを使用しているのです。 だいたい市販のボールよりも目安として10%くらいは、飛距離は落ちると言われていますのでご注意ください。 また、練習場の距離表示にも問題がある場合があります。 筆者が実際に、新しい練習場のオープンに立ち会った時の本当のお話ですが・・・。

次の

横浜車輌工業株式会社 メンテナンス情報

ピッチング 角度

おいしいゴルフしてますか?ゴルフスイングコーディネーターの山田友人()です 今回は、アイアンのロフト角度と飛距離の目安についてです! ゴルフコースをラウンドする時に、一番知りたい情報は「ここからピンまで何ヤード?」という飛距離の情報ですよね。 キャディーさん付きのラウンドが減って、セルフプレーで自分で距離をジャッジしなければならなくなった昨今、カートにGPSで表示されたり、プレーヤーが飛距離測定器を持っていることも珍しくありません。 飛距離測定器によって正確な距離情報を得られたら、さあその通りの距離が打てるかが問われるわけです。 自分のアイアンの飛距離をしっかり把握できていないと、せっかくのデータが生かせません! アイアンのロフト角度と飛距離の目安を自分でしっかり把握しておきましょう。 アイアンのロフト角度 クラブヘッドのフェースには、ロフト角度がついています。 ロフト角度の役割とは、ボールを高く上げ飛距離を出し、目安となる距離を打ちわけるための重要な角度です。 アイアンは 一般的なセットでは、 1 番手で 10 から 15ヤード刻みの目安で打ちわけられるようにという発想でデザインされセッティングされています。 ロフト角度の目安は ショートからミドルアイアンまでが 4度刻み、そして ロングアイアンでは 3度刻みで角度を変えて作られています。 また、シャフトの長さは一般的に 、 1 番手長くなるごとに 0. 5インチづつ長くが目安になります。 5 62 62. 5 63 63 63. 5 63. 5 63. 75 38. 25 37. 75 37. 25 36. 75 36. 25 35. 75 35. 75 35. つまり、アイアンのこの番号のクラブのロフト角度は、何度でなければならないというルールはないわけです。 なので市販されている 一般ゴルファーのモデルの多くは ストロング・ロフトといって、トラディショナルなモデルやアスリートモデルよりも、同じ番号のクラブでもフェースが立っています。 しかも、その角度の度合いは、メーカーのモデルによってまちまちです。 だから クラブの番号の刻印だけを目安に買ってしまうと、飛び過ぎてしまったり、飛距離が合わなかったりするので、気を付ける必要があります。 基準となる7番アイアンで、タイプ別の平均的なスペックを比較すると?• アベレージ向け ・・・ロフト30度、シャフト37インチマッスルバック• 上級者向け・・・ロフト35度、シャフト37インチ• ディスタンス系・・・26~7度シャフト37. 5~38. 5インチ アベレージ向けの7番アイアンのロフト角度の目安は30度が平均になってきて、一昔前に「ストロングロフト」と言われるような角度が、現在ではヘッドが大型化して、低重心化したことにより、7番で30度程度が標準的になってきました。 アイアンを選ぶ時の目安は、7番で30度より小さければストロングロフト、大きければロフトが寝たタイプだと考えると良いと思います。 ストロングロフトタイプでも、見た目はアイアンのバックフェースが「キャビティバック」といって厚くなっており、ロフトは寝ているように見えたりするデザインになっているので、やさしいクラブになっていますから、安心して使えます。 対して、男子プロや上級者が使うアスリート向け「マッスルバック」と呼ばれるタイプのアイアンだと、7番のロフト角は34~5度くらいが平均で、アベレージモデルのものと比較して1~1. 5クラブ分ほどロフトが寝ている事になります。 プロは ハンドファーストで ダウンブローで打ち込むことができる分、インパクト時にはロフトが表示よりも立った状態になってくるなるので、この位の角度差がつけてあるのです。 アイアンの番手と飛距離 トーナメントでの計測や、クラブをフィッティングする時にしっかりと測定しているプロゴルファーの 飛距離はどれくらいなのかを調べてみると、女子プロゴルファーのイ・ボミ選手のデータは次のような数字になっていました。 その場合に、気をつけなければならない点がいくつかあります。 練習場では、レンジボールと言って練習用のボールで打つことが多いと思います。 レンジボールは、実際にラウンドで使う市販のボールより飛距離は出ません。 たくさん打っても柔らかい打感で、腕やカラダに負担がないように考慮して、コアのない、いわゆるオダンゴボールを使用しているのです。 だいたい市販のボールよりも目安として10%くらいは、飛距離は落ちると言われていますのでご注意ください。 また、練習場の距離表示にも問題がある場合があります。 筆者が実際に、新しい練習場のオープンに立ち会った時の本当のお話ですが・・・。

次の

絶対に上達する!サンドウェッジの上手なロフト角の選び方を解説!

ピッチング 角度

ウェッジは、今回ご紹介するピッチングウェッジから、バンカーで活躍するサンドウェッジ、90ヤード程度の中距離のアプローチで活躍するアプローチウェッジと、3種類あり場面ごとに使いこなすことが理想です。 ピッチングウェッジでは、ついやってしまいがちなシャンクやダフりのミスを減らし、ピッチエンドランの形で打つことが大切なのですが、やってみると難しいものですよね。 ですが、ベストスコア更新のためには、短いショットをしっかり運ぶことはとても重要です。 そこで今回は、数あるウェッジを使う場面の中から、ピッチングウェッジを選びたい場面と、ピッチングウェッジにありがちなミスを改善する打ち方、理想的なピッチエンドランの形で打てるようになる2つのポイントをご紹介していきます。 ここでピッチングウェッジの使い方を押さえて、更なるアプローチの精度向上を目指しましょう。 「ゴルフの学校」読者が選んだ いま人気のレッスン本はこちら! ゴルフ界で異例の15万部のベストセラー! ゴルフを思いのまま上達させる 「ビジネスゾーン」を完全解説! 目次 1. ピッチングウェッジの特徴2つと選びたい場面 ピッチングウェッジの特徴は• ロフト角が45度から47度の間• 狙う飛距離は100ヤード程度 の2つがあります。 ピッチングウェッジは、ロフト角は45度から47度の間とご紹介しましたが、ロフト角は45度に近づけば近づくほど飛距離が伸びるため、目安としては100ヤード程度飛び、ウェッジの中でもピッチングウェッジが最も飛ぶクラブとなっています。 ご自身の飛距離によって変わってきますが、もう少し短い距離、具体的には80ヤード以上で90ヤード以内を狙う場合はアプローチウェッジを、80ヤード以内を狙う場合はサンドウェッジを選ぶようにしましょう。 ピッチングウェッジは、グリーンやピンなど、狙う場所まで100ヤード程度の場面が最適です。 ピッチングウェッジでありがちなミスを減らすコツ2つ ピッチングウェッジは、シャンクとダフりのミスが出やすいクラブです。 ピッチングウェッジに限らずウェッジは、バウンスと呼ばれるクラブの先端が地面に刺さりやすいため、クラブが地面に刺さることによって、シャンクやダフりが起こりやすいという特徴があります。 ここでは、シャンクとダフりのミスを改善する方法を2つご紹介していきます。 アウトサイドイン軌道とは、上の図のように、クラブを外から内側へ、アウトからインへスイングする軌道のことを言います。 このようなスイングをすることで、球筋がスライスしてしまうだけでなく、シャンクのミスを生んでしまいがちです。 インサイドイン軌道へ修正すると、クラブのネックにボールが当たってしまうことを防ぎシャンクのミスが減るだけでなく、ボールを芯に捉えやすくなり、飛距離もコントロールしやすくなります。 現状の自身のスイングを確認して、ゆっくりインサイドイン軌道のスイングを繰り返すなどして、身体で覚える練習をしましょう。 ダフりのミスを力を抜いて改善する ピッチショットは、腕を少し曲げて力を抜いて打つようにしましょう。 ダフりのミスは「ボールを上げよう」という意識から、すくって打とうとすることによって、画像の左ように力みが生まれ、腕を伸ばすことによって起こります。 このような状態で打ってしまうと、脇が開きやすくなり、うまくミートすることが出来なくなってしまいます。 うまくミートするためには、あまりボールを上げることを意識せず、力を抜いて打ちましょう。 画像の右ように、自然と腕を少し曲がってきます。 腕が少し曲がると脇を締めやすく、ボールがミートしやすくなります。 また、この時ヒジが地面を向いているようにすることもポイントです。 グリップを短く持つ• 足の体重配分は、6対4で左足に重心をかける• ハンドファーストで打つ があります。 グリップを短く持つ アプローチショットの際は、グリップする位置はいつもより若干短く、両方の手がグリップの真ん中にくる程度に持ちましょう。 身長の低い方はもう少し短く持っても大丈夫ですが、逆に身長の高い方は短く持ちすぎないように注意して下さい。 画像のようにグリップを少し短く持つと、クラブの重心が安定するため、ボールがコントロールしやすくなり、スイングも自然とアプローチに適した、コンパクトなスイングになります。 足の体重は、6対4で左足に重心をかける アプローチショットでは体重移動はせず、イメージとしては左足に6割の体重をかけて重心を固定して打ちましょう。 アプローチはスイングが小さいため、スイング中に体重を移動しようとすると、かえってスイングも右へ左へとフラフラしてしまい、スイングが安定しなくなってしまいます。 スイングを安定させるためには、最初から左足に体重をかけておき、スイング中は体重を移動させないことが大切です。 この時、体重移動をしないことを意識しすぎて「下半身を固定しよう。 」と意識される方がいらっしゃいますが、下半身は自然と動くものですので、重心のみを意識しましょう。 下半身を固定してしまうと、逆にダフリを生み出す原因となってしまいます。 ハンドファーストとは、画像のように手首が打ち出す方向に先行して打つことを指します。 ハンドファーストで打てるようになると、クラブフェースが少し立った状態になるため、ボールをしっかり捕まえることができるので、その分強い弾道でボールを飛び、ピッチエンドランの形になりやすくなります。 ハンドファーストのコツは、トップを作ってから、しっかりと手をターゲットの方へ出して振ること、ドライバーのヘッドスピードをあげるようなスイングをすると、正しいハンドファーストのインパクトになります。 この時、手元を左足の外側に押し出す意識で打つと更にうまくショットができます。 細かいハンドファーストのコツと打ち方に関しては、『』にまとめてありますので、あわせて参考になさってください。 まとめ アプローチは、ドライバーとセカンドショットで折角ナイスショットを続けても、たった一打で台無しにしてしまうこともある非常に重要なプレーです。 今回はピッチングウェッジに関してご紹介しましたが、ウェッジを使いこなせるようになると、自ずとスコアは改善してくるものです。

次の