ドラえもん 歌。 ドラえもん主題歌 年表まとめ【legacymedia.localworld.co.uk映画】

ドラえもん (1979年のテレビアニメ)

ドラえもん 歌

テレビアニメスタート時から第1期のドラえもんで長年使われてきた主題歌。 映画版でも毎回使われていました。 1979年から2004年まで放送で使われています。 ドラえもんといえば、この楽曲を思い出す方も多いのではないでしょうか。 初代歌手は、大杉久美子さん。 二代目歌手は山野さと子さん。 その後も、東京プリン、渡辺美里さん、AJIさんなど、様々なアーティストが主題歌「ドラえもんのうた」を担当しています。 第2期では、2005年4月15日~2005年10月21日まで使用。 声優リニューアル後最初の主題歌は、女子十二楽坊版の「ドラえもんのうた」。 歌はなく、インストゥルメンタルで流れましたが、歌詞の字幕はついていました。 2007年5月11日~現在まで使用中。 maoさんの歌う主題歌「夢をかなえてドラえもん」ですね。 新ドラえもん世代にとっては、「これこそドラえもんの主題歌」と思う方も多いですよね。 お馴染みの主題歌です。 歌詞の中には、「どこでもドア」「タイムマシン」「四次元ポケット」などひみつ道具の名前が登場します。 コーラスとして、ひまわりキッズが参加。 ドラえもん役の水田わさびさんもセリフで登場します。 2011年9月3日から、藤子・F・不二雄ミュージアム開業を記念して小田急小田原線登戸駅の三番線ホームでは、電車接近のメロディとして採用されています。 また、2016年9月3日からは藤子・F・不二雄ミュージアム開業5周年を記念して、JR東日本南武線宿河原駅の二番線ホームで発車メロディとして採用されています。 今後も長く愛されるドラえもん主題歌です。 青い空はポケットさ• まる顔のうた• ぼくたち地球人• 青空っていいな• あしたも ともだち• ぼくドラえもん2112• またあえる日まで• タンポポの詩• YUME日和• あぁ いいな! 踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭• ドラえもん・えかきうた• F組あいうえお• 生きてる生きてく• ジャイアンにボエボエ• フレンド オブ ザ ハ~ト• 未来のミュージアム• 光のシグナル• ウンタカダンス• パオパオダンス• 僕の心をつくってよ• ありがとう、オーレ! ドラえもん• おとなりのプリンセス• のび太くん0点 青い空はポケットさ テレビアニメ「ドラえもん」の最初のエンディングテーマ。 歌うのは、初代オープニング主題歌「ドラえもんのうた」を担当した大杉久美子さんです。

次の

映画ドラえもん主題歌ランキングTOP10!あの曲はランクインしてる?歴代人気曲をリサーチ

ドラえもん 歌

映画ドラえもん歴代主題歌一覧(2011年〜) 映画ドラえもんの歴代主題歌をまとめました。 2011年以降のものです。 2018年 『ドラえもん』星野源 2018年の「映画ドラえもん のび太の宝島」のテーマソングです。 2月28日にリリースされ、オリコン週間1位を獲得。 2017年 『僕の心をつくってよ』平井堅 2017年「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」のテーマソング。 3月1日に発売され、オリコン週間7位にランクインしました。 2016年 『空へ』山崎まさよし 2016年「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」のテーマソング。 3月2日に発売され、オリコン週間25位を獲得しました。 2月25日に発売され、オリコン週間5位を獲得しました。 2014年 『光のシグナル』Kis-My-Ft2 2014年の「ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」のテーマソング。 3月5日に発売され、オリコン週間1位を獲得しました。 Kis-My-Ft2通算10作目のシングル。 2013年『未来のミュージアム』Perfume 2013年「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」のテーマソング。 2月27日に発売され、オリコン週間2位を獲得しました。 2012年 『生きてる生きてく』福山雅治 2012年「ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー〜」の主題歌。 3月28日に発売され、オリコン週間1位を獲得しました。 また、福山さんはドラえもんに声優として登場したこともあリマス。 2011年 『友達の唄』BUMP OF CHICKEN 2011年「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団〜はばたけ天使たち〜」のテーマソング。 2月23日に発売し、オリコン週間2位を獲得。 ビルボードのランキングでは週間1位を獲得しました。 2010年 『帰る場所』青山テルマ 2010年「ドラえもん のび太の人魚大海戦」のテーマソング。 3月3日に発売して、オリコン週間63意を獲得しています。 映画ドラえもん歴代主題歌一覧(2001年〜2010年) 映画ドラえもんの歴代テーマソングをまとめました。 2001年〜2009年のテーマソングは以下の通りです。 2009年 『大切にするよ』柴咲コウ 2009年「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」のテーマソング。 3月4日に発売し、オリコン週間16位でした。 2008年『手をつなごう』絢香 2008年「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」のテーマソング。 3月5日の発売され、オリコン週間7位にランクイン。 2007年 『かけがえのない詩』mihimaruGT 2007年「ドラえもん のび太の新魔界大冒険」のテーマソング。 2月28日に発売し、オリコン週間6位を獲得しています。 2006年 『ボクノート』スキマスイッチ 2006年「ドラえもん のび太の恐竜2006」のテーマソング。 3月1日に発売し、オリコン週間3位を獲得しました。 2004年 『YUME日和』島谷ひとみ 2004年「ドラえもん のび太の恐竜2006」のテーマソング。 2003年11月6日に発売されたシングルで、オリコン週間30位にランクイン。 その後もロングヒットを続けました。 2003年 『またあえる日まで』ゆず 2003年「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」のエンディング 2002年10月17日に発売し、オリコン2位にランクインしました。 2002年 『いっしょに歩こう』KONISHIKI ドラえもんのび太とロボット王国のテーマソング。 2001年 『Love you close』知念里奈 2001年「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」のテーマソング。 3月7日に発売されたシングルで、オリコン39位獲得。 映画ドラえもん歴代主題歌一覧(〜2000年) 2000年以前の映画ドラえもん歴代テーマソング一覧をまとめました。 2000年『この星のどこかで』由紀さおり・安田祥子 2000年「ドラえもん のび太の太陽王伝説」のテーマソング。 1999年 『季節がいく時』SPEED 1999年「ドラえもん のび太の宇宙漂流記」 「Precious Time」ともに収録された曲で、2月17日に発売、オリコン週間2位を獲得しました。 1998年 『ホットミルク』吉川ひなの 1998年「ドラえもん のび太の南海大冒険」のテーマソング。 3月4日に発売され、オリコン週間69位を獲得しました。 1997年 『Love is you』矢沢永吉 1996年「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」のテーマソング。 アニメドラえもんの歴代主題歌一覧 アニメ版のドラえもんの歴代主題歌を紹介します。 ドラえもんのうた ドラえもんの主題歌として、1979年に発表。 大杉久美子・山野さと子・東京プリン・渡辺美里など様々な歌手が歌ってきましたが、2005年で主題歌としては終了となりました。 エンディングテーマソング アニメドラえもんのエンディングテーマソングは以下の通りです。 まる顔のうた• サンタクロースはどこのひと• ぼくたち地球人• 青空っていいな• ぼくドラえもん2112• またあえる日まで• タンポポの詩• YUME日和• あぁいいな! まとめ:ドラえもんの歴代テーマソング一覧 ドラえもんの歴代主題歌はかなりたくさんあります。 歴史あるドラえもんの主題歌は名曲揃い。 主題歌をじっくり聴いてみるのも一つの手です。 かなり楽しめるかもしれませんよ!.

次の

映画ドラえもん主題歌ランキングTOP10!あの曲はランクインしてる?歴代人気曲をリサーチ

ドラえもん 歌

国民的アニメ『ドラえもん』に、10月、大きな変化が訪れた。 新たな主題歌は、星野源の『ドラえもん』。 2018年公開の映画『ドラえもん のび太の宝島』用に書き下ろされた同曲だが、映画主題歌がテレビアニメ版のオープニングに使われるのは、40年の歴史で初めてのこと。 それだけでも驚くべきチャレンジだが、そのオープニングに「オシャレ」「斬新」「カッコいい」と視聴者から絶賛の声が寄せられ、大きな話題となっている。 この映像を作ったのは、映像制作会社10GAUGE(テンゲージ)。 『君の名は。 』『天気の子』『おそ松さん』『僕のヒーローアカデミア』『文豪ストレイドッグス』など、名だたる人気アニメのPVや予告編も同社の手によるものだ。 多くの視聴者を魅了した新オープニングは、いかにして生まれたのか? 10GAUGEを率いるクリエイター・依田伸隆を中心に、『ドラえもん』のチーフプロデューサーである川北桃子、『ドラえもん』を制作しているシンエイ動画の天野賢の3人を交え、制作の舞台裏に迫る。 取材・文・撮影/照沼健太 『ドラえもん』の新オープニングが、放送直後から大いに反響を呼んでいます。 手ごたえはいかがですか? 依田 長年『ドラえもん』に携わっている作画監督の浅野直之さんや、劇場版の脚本を手がけた川村元気さんから連絡をいただきました。 深夜アニメの仕事をしている方々からも連絡があって「『ドラえもん』はみんな観てるんだ!」って驚かされましたね。 でも、今回の反響でいちばん驚いたのは、普段と違って業界人以外からも連絡が来たことです。 これまでもわりと人気のアニメの仕事をしてきましたが、基本的に業界人からしかリアクションがないんです。 でも『ドラえもん』は違いましたね。 昔のバンド仲間からも電話があって、「別格すぎるな」と思いました。 川北 視聴者の方からも、オープニングの反響が大きくて。 本当に嬉しかったです。 依田さんのお話にある通り、一般の方はもちろん、幅広くアニメに精通した業界の人も、観てる。 そこが『ドラえもん』のコンテンツパワーだと思います。 そもそも、依田さんが『ドラえもん』の仕事に携わったきっかけは何だったのでしょうか。 依田 映画『ドラえもん のび太の宝島』の予告の第3弾ですね。 星野源さんの楽曲を使うことになったタイミングで依頼をいただきました。 川北 きっかけは脚本を担当した川村さんで、彼が「依田さんという天才がいる」と紹介してくれました。 『ドラえもん のび太の宝島』では、星野源さんに主題歌と挿入歌の2曲作っていただいたのですが、その曲を映像とともにどう見せていくか考えていた時に、依田さんにお願いしようということになりました。 普段のアプローチと変えたいときや、ブレイクスルーしたいときに依田さんにお願いすることが多いです。 川村さんとは『君の名は。 』もそうですが、大きいのは『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』じゃないかと思います。 最初に映画版のお話が来たとき、あの『ドラえもん』に関わるというプレッシャーはありませんでしたか? 依田 なかったですね(即答)。 というのも、お話をもらったとき「のびのびやってください」といった感じで、ビッグタイトルにも関わらず「あれを守れ。 これも守れ」みたいな制約がなかったんです。 「やべぇ……『ドラえもん』だ」と思ったのは後からです(笑)。 「のびのびやってください」というのはスゴいですね。 制作サイドの内部で、反対の声はなかったのでしょうか。 川北 なかったですね。 『ドラえもん』に関わっているスタッフは「さらに進化したい」「チャレンジしたい」という気持ちを強く持っていると思います。 今までの歴史も大事にしながら、依田さんや川村さんのような『ドラえもん』を観て育った次世代のクリエイターの作家性も重視し、彼らのドラえもん愛をとても歓迎しています。 そして今回のテレビ版『ドラえもん』新オープニングに至るわけですが、この依頼はどのような流れで来たのでしょう? 依田 新主題歌として星野源さんの『ドラえもん』を使用するとなったときに、僕に話が来ました。 川北 やはりこれまでに一緒に仕事をしてきて、信頼を置いているのが大きいですし、依田さんが『ドラえもん のび太の宝島』の仕事を通して、星野源さんの『ドラえもん』をいちばん聴き込んでいるひとりだと思いました。 チーム内も同意見で、反対する人はいませんでした。 全幅の信頼ですね。 そもそも新オープニングに、星野源さんの楽曲を使用した理由とは? 川北 まさに、曲名が『ドラえもん』ですし(笑)。 制作サイドとしても「お引越し後の新オープニングはこの楽曲だ」と満場一致でした。 歌詞にも、それぞれのキャラクターや「ドラえもん」の世界観を表現してくださっていますし。 依田 僕も『ドラえもん』っていう曲名を聞いたとき、ビビりましたからね。 たぶんみんな、戦慄が走ったんじゃないかと思います。 天野 今回、依田さんには過去に放送されたアニメデータを全部お渡ししました。 キャラクターなどのフォルムはシンエイ動画のアニメーターが描いて実際にオンエアされたものですが、それを自由に加工してもらっています。 依田 「510話のカット3ののび太くんと、600話のカット30の背景と、400話の小物を合わせて別のカットにできない?」みたいな、もはやパズルのような作業でしたね。 依田 会社にいるみんなで手分けして、のび太くんだけのフォルダを作ったりひみつ道具だけのフォルダを作ったりと、徹底的に素材を整理したんですが、『ドラえもん』ということに助けられましたね。 みんな知ってるから「スネ夫ってどんなキャラですか?」みたいな質問や説明が一切必要ありませんでした(笑)。 たしかに(笑)。 しかし、膨大な量の中、無作為に素材を選んだわけではないと思うのですが、何かしら文脈や条件はあったのでしょうか? 依田 絵柄の統一感も含めて、直近1年のものに絞りました。 それと使いやすい素材選びのコツとして、レイアウト的にキャラクターの頭が切れていない部分に絞りました。 依田さん個人として、とくに入れたいと思ったカットはありますか? 依田 ひみつ道具だけは、もらった素材の中から全部抜いて集めました。 また各キャラの中でも、笑い、アクション、泣きなど、芝居に分類して分けていき、喜怒哀楽を大事にしました。 出木杉くんやドラミちゃん、のび太のママやパパといったキャラクターも「出番としては多くないけど、無視しないでくれ」とは言いましたね。 それと作っていてすごい迷ったのが、スネ夫やジャイアンのパパとママです。 意外と出てくるし、インパクトもあるんですが、迷った末に今回は退いてもらいました(笑)。 こうして完成した新オープニングですが、川北さんご自身はチーフプロデューサーとして「攻める」ことへの不安はありませんでしたか? 川北 これまでも一緒にお仕事をしていますし、信頼しているので、そこは大丈夫でした。 なるほど。 川北 でもこの前、依田さんのオープニングの件も含めて星野源さんにその事を伝えると、「新しい切り口も、いつもの切り口もできるのが『ドラえもん』だと思うし、とても良かったと思う」と言ってもらえて、すごく嬉しかったです。 素敵なエピソードですね。 依田 テレビ本編だけを見ても、いろんなテイストの回がありますからね。 川北 感動もあるし(笑)。 原作でも相当攻めた回とかありますしね。 川北 原作の懐がとても深いんですよね。 これまでいろんなクリエイターが『ドラえもん』とコラボしてきましたが、依田さんとしてはそうした先例で意識したものはありましたか? 依田 とくにないですね。 天野 どれだけ攻めても、愛があれば『ドラえもん』は崩れないんですよね。 依田 『THE ドラえもん展』を見ても、クリエイターがどれだけめちゃくちゃに遊ぼうと、ドラえもんはドラえもんのままですからね。 みんなが『ドラえもん』へのリスペクトがあるのも大きいと思います。 依田 たしかに。 『ドラえもん』って、コラボレーションも含めて、品がよいんですよね。 クリエイターとして、『ドラえもん』とはどんな作品だと思いますか? 依田 ジーパンでいったら「リーバイス」みたいな感じだと思います。 他にもジーンズはいろいろあるけど「とりあえずこれでしょ」と最初に選んで、大人になってもはき続けられるようなものというか。 間違いなく自分の軸にありますね。 天野 原作は執筆50周年を迎える作品ですが、40年経っても50年経っても、現役で子どもたちに愛されています。 藤子先生がどれだけ子ども心を持って作っていたのかと驚かされます。 もともとの作品自体にエネルギーがあり、さらに「変わっていこう」という力もあるんですね。 天野 チーム『ドラえもん』は、攻めることも意識しないといけないと思っています。 どんなに偉大な作品でも、何もしないでいると、消えはしないけど扱われなくなってしまうんですよね。 『ドラえもん』関係者はそうならないように、ずっとチャレンジし続けています。 依田 偉大な作品だけど、偉大なままにしないですもんね。 川北 そう。 スタッフは前向きな危機感を持っています。 「みんなを飽きさせないように」「もっと楽しんでもらいたい」と。 チーム「ドラえもん」の共通認識だと思います。

次の