ミロ の ヴィーナス 香水。 ルーブル美術館と『BULY(ビュリー)』のコラボが実現!名画の香りとは?

ミロのヴィーナスの平均価格は19,837円|ヤフオク!等のミロのヴィーナスのオークション売買情報は20件が掲載されています

ミロ の ヴィーナス 香水

OFFICINE UNIVERSELLE BULY から、ルーブル美術館とコラボレーションした限定コレクションの香水やルームフレグランスなどが登場。 ルーブル美術館から着想、世界初の水性香水 限定コレクションでは、ルーブル美術館の代表的な美術作品から着想を得たフレグランスアイテムを展開する。 「オー・トリプル」は、世界初の水性香水。 アルコールを含まない水溶性の製法によって、天然香料本来の香りを最大限に活かしている。 ブジー・パルフュメ フレグランスキャンドル 21,000円+税 その他、フレグランスキャンドルやフレグランスストーン、紙せっけんなどを発売。 ほのかに香るポストカードには、ルーブル美術館の代表作品のがあしらわれている。 8種の名作からインスパイアされた香り 香りは、8人の調香師がそれぞれルーブル美術館の作品からインスパイアされた、8種の香りを用意。 「ミロのヴィーナス」や「サモトラケのニケ」といった名作から着想を得て、やなウッディ、など、多彩な香りが紡ぎ出されている。 オー・トリプル 21,000円+税 「かんぬき」ムスクを焚き染めた豪奢なベッドに広がる百合。 「ヴァルパンソンの浴女」レモングラスとオレンジブロッサムを彩るパチュリとインセンス。 「ニンフとさそり」ムスクとアンバーの香りを引き立たせるジャスミンとヘリオトロープのエッセンス。 「庭園での語らい」ペパーミントとベルガモット、ローズ。 「サモトラケのニケ」神秘的なミルラ、チュベローズに マグノリアとジャスミンのハーモニー。 「大工の聖ヨセフ」ウッドとピンクペッパー、ベチバーとバーベナ。 「グランド・オダリスク」インセンスとピンクペッパーをふち取る濃厚なムスクの香り。 「ミロのヴィーナス」芳醇なマンダリンと繊細なジャスミン、 アンバー、ウッディ。 体験型イベントが伊勢丹新宿店で ルーブル美術館とコラボレーションした限定コレクションの体験型イベントが、伊勢丹新宿店に登場。 2019年12月18日 水 から12月31日 火 までの期間限定で開催される。 奥のスペースにはルーブル美術館やアートにまつわるゲームを楽しめる小部屋も設置し、コレクションの世界観を体感できる場所に仕上げている。 会場では、ルーブル美術館とのコラボレーションによる香水やルームフレグランスなどを取り揃えるだけでなく、オリジナルのレザー調ラッピングや、金字で入れるイニシャル刻印、カリグラフィーでのメッセージサービスも展開。 クリスマスのギフト探しにもぴったりのイベントとなっている。

次の

ビュリーの新作!ルーブル美術館の名作に着想された香水が登場!

ミロ の ヴィーナス 香水

概要 [ ] ミロのヴィーナスはにおける女神の像と考えられている。 高さは203cm。 材質は。 発見時は碑文が刻まれた台座があったが、ルーヴル美術館に持ち込まれた際に紛失している。 「ミロ」は女神像の発見地の形で、「」はアプロディーテーの名(Venus)の読みである。 ただし英語では通常ルーヴルで表示しているフランス語式綴りをとって 「 Venus de Milo」と表記し、これを英語式に「ヴィーナス・デ・マイロ」に近い発音をする。 作者は頃に活動していた彫刻家、と考えられているが、彼の生涯については殆ど分かってない。 ミロのヴィーナスを初めて日本に紹介したのは、西洋美術史家のである。 1821年に描かれたミロのヴィーナスのスケッチ。 失われる前の碑文の刻まれた台座部分が描かれている。 ミロのヴィーナスは、にであったヨルゴス・ケントロタス(Yorgos Kentrotas)によって統治下のエーゲ海にあるで発見された。 彼は最初、官吏に見つからぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人のに発見され没収された。 後に、は、この像を見て価値を認め、フランスに頼みこんでトルコ政府から買い上げた。 これは修復された後にに献上された。 ルイ18世はこれをに寄付し、現在でもそこで管理されている。 以後、ルーヴルを出て海外へ渡ったことはただ1度、4月 - 6月、の()および()で行われた特別展示のみである。 この際、日本への輸送時に一部破損が生じ、展示までに急遽修復されている。 1900年頃にルーヴルで一度だけ型取りされており、現在もその型を元にや縮小モデルが作られている。 ヴィーナスの両腕 [ ] フルトヴェングラーによる両腕復元像。 さまざまな芸術家や科学者が欠けた部分を補った姿を復元しようと試みているが、現在のところ、定説と呼べるほど成功しているものはない。 しかしながら、俗説として、林檎を手にしているという話が広く伝わっている。 この林檎とはの際、とを出し抜いてから得たのことである。 による復元像でも、やはり、左手に林檎を持っている。 また、この像は本来ミロのヴィーナスではなかったという説もある。 当時ヨーロッパでは土着の神話はほとんど信仰されておらず、信仰の対象はほとんどオリエント由来の神々であった。 異教の神である証拠となる部分を切り落としローマ由来の神の像として存続させようと図ったのだという説もある。 一方、詩人・作家であるは、第二評論集『手の変幻』に収録された『ミロのヴィーナス』の中で、ヴィーナスの両腕の不在のゆえに、そこには想像力による全体への飛翔(原文では「特殊から普遍へ」の飛翔とある)が可能なのだと述べている。 参考文献 [ ]• 、『』監修、訳、創元社〈「知の再発見」双書 46〉、1995年3月。 『』講談社〈 現代日本のエッセイ〉、1990年9月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 『』 -• 『』 -• - この項目は、・に関連した です。

次の

靉嘔「ヴィーナス・オヴ・ミロ」|コレクションギャラリー|Artrip Museum 大阪中之島美術館コレクション

ミロ の ヴィーナス 香水

概要 [ ] ミロのヴィーナスはにおける女神の像と考えられている。 高さは203cm。 材質は。 発見時は碑文が刻まれた台座があったが、ルーヴル美術館に持ち込まれた際に紛失している。 「ミロ」は女神像の発見地の形で、「」はアプロディーテーの名(Venus)の読みである。 ただし英語では通常ルーヴルで表示しているフランス語式綴りをとって 「 Venus de Milo」と表記し、これを英語式に「ヴィーナス・デ・マイロ」に近い発音をする。 作者は頃に活動していた彫刻家、と考えられているが、彼の生涯については殆ど分かってない。 ミロのヴィーナスを初めて日本に紹介したのは、西洋美術史家のである。 1821年に描かれたミロのヴィーナスのスケッチ。 失われる前の碑文の刻まれた台座部分が描かれている。 ミロのヴィーナスは、にであったヨルゴス・ケントロタス(Yorgos Kentrotas)によって統治下のエーゲ海にあるで発見された。 彼は最初、官吏に見つからぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人のに発見され没収された。 後に、は、この像を見て価値を認め、フランスに頼みこんでトルコ政府から買い上げた。 これは修復された後にに献上された。 ルイ18世はこれをに寄付し、現在でもそこで管理されている。 以後、ルーヴルを出て海外へ渡ったことはただ1度、4月 - 6月、の()および()で行われた特別展示のみである。 この際、日本への輸送時に一部破損が生じ、展示までに急遽修復されている。 1900年頃にルーヴルで一度だけ型取りされており、現在もその型を元にや縮小モデルが作られている。 ヴィーナスの両腕 [ ] フルトヴェングラーによる両腕復元像。 さまざまな芸術家や科学者が欠けた部分を補った姿を復元しようと試みているが、現在のところ、定説と呼べるほど成功しているものはない。 しかしながら、俗説として、林檎を手にしているという話が広く伝わっている。 この林檎とはの際、とを出し抜いてから得たのことである。 による復元像でも、やはり、左手に林檎を持っている。 また、この像は本来ミロのヴィーナスではなかったという説もある。 当時ヨーロッパでは土着の神話はほとんど信仰されておらず、信仰の対象はほとんどオリエント由来の神々であった。 異教の神である証拠となる部分を切り落としローマ由来の神の像として存続させようと図ったのだという説もある。 一方、詩人・作家であるは、第二評論集『手の変幻』に収録された『ミロのヴィーナス』の中で、ヴィーナスの両腕の不在のゆえに、そこには想像力による全体への飛翔(原文では「特殊から普遍へ」の飛翔とある)が可能なのだと述べている。 参考文献 [ ]• 、『』監修、訳、創元社〈「知の再発見」双書 46〉、1995年3月。 『』講談社〈 現代日本のエッセイ〉、1990年9月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 『』 -• 『』 -• - この項目は、・に関連した です。

次の