元彼 ライン ブロックしない。 【男が教える】元彼が出す復縁の脈なしサイン〜line編〜

元彼にブロックされた…彼の本音は?解除してもらう方法とブロックされたまま仲直りできないケース

元彼 ライン ブロックしない

相手に対して腹を立て、もう二度とやり取りをしたくないと思い、ブロックをすることも。 でも日が経つにつれて、段々と相手ともう一度やり取りがしたくなるケースもありますよね。 こういう時には、こちらがブロックをしていてはいけないと思い、ブロック解除の心理が働くのでしょう。 こうしておけば、相手と再度連絡を取り合えると思うと、少し安堵する場合もあるかもしれません。 以前の楽しかったやり取りを思い出すと、懐かしさと感じる時もあるはずです。 今のままブロックをしていては、そんな日々は二度と戻ってこない。 それについて悲しいと思うので、ブロックを解除する心理になるのです。 ブロックをしていると、まるで相手を永遠に失った状態のように感じるのでしょう。 一方的にブロックをしたけれど、後から罪悪感を持ってしまうケースもあるでしょう。 相手に非があったかどうかをよく考えると、そうでもなかったと思うことも。 相手に対して憤りを覚えて、思わずブロックをしてしまう人もいます。 でもよく考えてみると、自分にも非があったと思う時も。 こういう時には、ブロック解除をして相手に連絡を入れる気持ちになるものです。 こちらから先に謝って、相手の反応を待つ時もあるでしょう。 こちらがブロックをしたままでは、ずっと相手と距離を置いた状態になり、気持ちも離れていくように思うので不安な気持ちになる可能性も。 ということは、相手を大切だと思っていると自分の気持ちにやっと気が付く人もいるでしょう。 相手が同性でも異性でも、それについては同じように言えるのです。 ブロックをしている時点で、相手と距離を置くことができる。 それを本当の意味で望んでいるのかどうかは、後から段々と分かってくる場合もあるでしょう。 元カレや元カノの連絡先に対して、ブロックをしてしまう人もいます。 これで、相手との連絡ができなくなったと思うと、寂しい気持ちもある中ホッとする人も。 別れた相手とは連絡をしないはずなのに、アカウントを消すことができずにいるのは、もしかしたら復縁の可能性があるかもしれないと、思っているからかもしれません。 しばらく時間が経ち、色々な人と出会ってみたけれど「やっぱり、自分にはあの人しかいない」と思うので、復縁をしようと決意をするのです。 この時に、ブロック解除する心理になる人は多いでしょう。 復縁をするには、まずはブロック解除をして、それからどのようなメッセージをするのか考えるもの。 あまり軽い雰囲気で連絡をするよりも、少し丁寧な文面の方が相手に対してよい印象を与えることもあるでしょう。 ブロックをしたことにより、一時的には安堵するかもしれません。 でもしばらく経つと、自分が今相手をブロックしているのが、とても辛くなってくるのです。 このまま、これで本当に関係が終わってしまうのだろうか…と思うと、とても辛くなってしまう場合もあるでしょう。 ブロックをしたままの方がよいと思う相手と、ブロックをした状態が辛くなってくる相手がいるのです。 辛いと思った時には「それならブロック解除をしよう」と思うようになるでしょう。 それに対しても、少し勇気は要るかもしれません。 でもブロックをしている現状を打破したくて、とにかく解除をする人もいるでしょう。 解除をしてみると、どのような思いを持つのか自分の心を試す人もいます。

次の

ラインをブロックする元彼の心理。復縁は不可能ではない!

元彼 ライン ブロックしない

吹っ切れていないので、忘れて前を向くために関わりを絶ちたいということも。 ラインでつながっていると、開いただけでもタイムラインが流れてきますし、アイコンやホーム画面であなたの顔が見えてしまうものですよね。 その時はブロックすることで、関わりを絶つところから始めよう……と考えたパターンもありえます。 こういう時は、元彼の中であなたに対して冷静に整理ができていない時ですので、どちらにせよ復縁に向けて動くタイミングではないと考えておきましょう。 現状では、そっとしておいて様子を見てみるのがおすすめです。 復縁するつもりがないので期待させないように、と思ったのかも!? 別れても間をあまり空けずに連絡をしたり、元彼の返事が来る前にラインを送ったりしていませんでしたか? そこで元彼からすると「別れたのにスッキリしない感じでしんどいな」「もしかして別れたいって話になった時も向こうは本気じゃなかったんじゃ……」なんてマイナスに捉えられてしまうことがあります。 そうなってしまうと、連絡をしてくるけど復縁を期待されているなら、少なくとも今はそういう風に考えられない!というブロックかも…。 ここで焦って何とか繋がろうとはしない方が無難です。 あなたの印象が今より下がらないようにするためにも、そうするほうがいいでしょう。 別れたショックや怒りの勢いでブロックしてしまった…とタイミングを失っているかも。 別れた時に「もういい、ラインもなにもかも全部拒否してやる!」となることってありますよね。 でもこれでラインブロックしてしまったものの、それを解除するタイミングが分からなくなってしまった…!という可能性もあるでしょう。 感情的になっている時の男性は、特にあとから我に返ってしまうことも多いもの。 怒りに任せて突拍子もない行動に走ってしまうことはめずらしくありませんからね。 その場合は頭が冷えて、元カノの方が「連絡してもいい」と感じていることをそれとなく知らせてあげる事ができれば、ブロック解除することもあります。 それとなく元彼を知っている友達にでもいいので「連絡は普通に取りたい」という気持ちを伝えておくといいかもしれませんね。 未練があるので復縁の作戦として、一度冷却期間を作ろうとしていることもあります。 別れたけれど元彼の方にも未練があって、あえて一度冷却期間を作ろうとしている場合は、別れ話になった時の二人の状態が大きく影響していそうです。 たとえば別れ話の時は、ふたりとも感情的になってしまっていて、あなたとしてもその時は元彼の言う言葉もまともに聞けないくらいになってしまっていたなど。 そういう姿が焼き付いた状態で離れてしまうと、復縁を望んでも「一度冷静になってもういちど自分の事を見直してもらいたい」と元彼も作戦を立てることがあるようです。 ですが、冷却期間といっても分かりやすい行動に出るのが男性心理。 復縁するためには、冷却期間を設けてその間に冷静になることは大切なことなので、この元彼の気持ちを理解してあなたも落ち着いて考えるきっかけにしましょう。 自分のアカウントを新しくして何もなかったように連絡をしてみる! いっそのこと自分のアカウントを新しくして、普通の対応を試みるなら、連絡する時は絶対にブロックのことに触れない方がいいでしょう。 そして可能ならアカウントを新しくする自然な理由も欲しいところですよね。 ここは「スマホが壊れちゃって…」というのが一番いいかもしれません。 ブロックした相手でも、予想外にアカウントが新しくなって何の気もなしに連絡してきた、という状況だとさらにブロックは一旦考えるのではないでしょうか。 そのためにも内容は明るくすることをおすすめします。 むしろブロックされていたことにも気づいていないくらいの純粋な感じが良さそうです。 SNSでコメントをし、それをきっかけに普通にやり取りができる状態を作る…! そもそも、ラインをブロックしたい相手のことは他のSNSで残しているかどうか? そこでもある程度の判断がつきます。 例えば、ラインはブロック状態でもTwitterやインスタであれば大丈夫…という状況であれば、元から完全なる拒絶とは考えにくいからです。 ラインは一番身近でやり取りも早いチャットですから、感情任せにブロックしただけという可能性が高まります。 なので、このパターンでいくなら他のSNSでコメントを残すのは間を作ってからが良いでしょう。 元彼の方の気持ちが静まり、言わないけれど「もう連絡してもいいかな」と思える時がいいですね。 友人の協力を得てもいいので、ブロックされている原因を探し出して対処してみる。 分かりやすくブロックの原因を知って謝ったり、友人の協力を得てもいいのでそのことに対して誤解があったりするなら遠回しに伝えてもらうのもいいでしょう。 具体的な原因や理由がはっきりとわかるのであれば、もちろん知っておくほうがいいです。 復縁のための冷却期間としてブロックしているとしたら、逆にそのまま待つ方がよくなります。 逆に何か誤解されていたり、元彼があなたに怒っているのなら素直に謝っておくほうが復縁には有効でしょう。 一対一ではどうにもならないこともありますが、友人が協力してくれた時に見えることもあります。 出来る限り、ブロックされている原因を突き止めて一番いい対処をしたいですよね。 復縁をしようと焦らずに一度友達としての関係を築くのも、一つの提案ですね。 もうラインブロックのことは一旦封印して、受け止めてしまい、復縁に対して焦らないでコツコツ関係を作り直すという選択肢もあります。 ブロックされてしまうということは、彼氏彼女として終わって、友達にはまだ遠いですよね。 でも、友達関係に戻るところから目指すことで逆に復縁までのスピードが速くなることもあります。 まずは普通になんでも言い合えるような友達に戻る。 その中であなたも自分自身を磨いて、今までにはなかった良さを元彼にアピールすることができます。 友達に戻るのにも少し時間はかかるでしょう。 でもずっとラインブロックし続ける人は意外と少なく、ふと、解除することが多いようです。 もしかしたら、あなたが復縁にこだわって悩んでしまう心を楽にした方が元彼もまた近づいてくれるかもしれませんよ。

次の

別れたらLINEブロック?私は別れてもラインブッロクしない理由

元彼 ライン ブロックしない

【男が教える】元彼がラインをブロックする心理と復縁の可能性を見極める方法 「 元彼にラインをブロックされてしまったけど、理由がわからない」 「 ヨリを戻したいけど、ブロックされてるからもう無理だよな」 このように、 「 元彼にブロックされた原因を知りたい!」 という方、結構いらっしゃるんではないでしょうか? 自分は何も悪いことしてないのにブロックされたとなれば、気になるのは当然ですし、復縁を望んでいるならなおさらです。 元彼とはいっても、未練が残っていたり、まだ好きな気持ちがあるのであれば、 「 もうヨリを戻すのは無理なのかな」 と悩んでしまいますよね。 しかし、元彼にラインをブロックされてしまって、「 嫌われた!」と早合点してしまい、復縁を諦めてしまう方も多いです。 男性が元カノのラインをブロックする理由は一つではありません。 今回は男性視点から「 元彼がラインをブロックする理由と、そこからの復縁方法」をご紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 もくじ• ブロックされたのは嫌われてるから? 「 ブロックされたんだし嫌われてるに違いない」 ラインをブロックされて、自分を否定されたような気持ちになり、「 嫌われた」と勘違いしてしまう女性がとても多い印象です。 確かに女性側からしてみれば、元彼に限らず男性をブロックする理由は 「しつこくてうざい」 「もう連絡しないでほしい」 といった理由がほとんどでしょう。 しかし、必ずしも男性はそのような理由からラインをブロックすることはありません。 「 男性と女性では脳のつくりがまるで違う」 と言われているように、ラインという一つの連絡手段であっても、男性の考えというのは女性にはなかなか理解できないものです。 男性視点から言わせてもらえれば、逆に、本当に嫌いな女性に対しては、 「ラインをブロックする」 といった間接的なことはしないような気がします。 (そのようなネチネチした男性もいますが) なので、まずはラインをブロックされてしまったからといって焦らないことが大切です。 もし、別れ際に揉めてしまい、「 完全に嫌われてしまっているに違いない…」という方は、の記事も併せてご覧ください。 男性が元カノのラインをブロックする理由 男性が元カノのラインをブロックする理由はいくつかあります。 今回はパターンに応じて、 復縁をしやすい順に、五つの理由を並べてみました。 気持ちの整理をするため 冷却期間 復縁するために最も大切だと言われている冷却期間。 元カノとの復縁を考えている男性は、この冷却期間を成功させるために、あえてラインをブロックしている可能性があります。 女性もそうでしょうが、やはり男性からしても「ヨリを戻したい!」と思っている元カノには、ついつい連絡してみたくなるものです。 「 付き合っていた時はもう無理だと感じたけど、少し時間が経って後悔し始めた」 という場合もとても多いですからね。 「連絡してはいけない!」 と思えば思うほどラインや電話をしてしまいたくなるものですから、その気持ちを抑えるためにあえてブロックをしているというのも、可能性としてすごく高いです。 別れた原因や状況にもよりますが、やはり少しお互い頭を冷やす時間というのが必要です。 この場合は、彼の方も復縁を考えているので、待ってればいずれ連絡が来るでしょう。 復縁を成功させる一番理想的なパターンは、「 彼の方から連絡が来ること」なので、連絡が来れば自然と寄りを戻せるはずです。 見栄を張っている これは、男性特有の心理ですね。 特に別れた直後の男性に多いと思います。 要するに、「俺は未練なんて持ってないぞ」とあなたにアピールしたいわけです。 また、自分自身を納得するためでもあります。 どのような別れ方をしたかにもよりますが、やはり男としては 「 彼女と別れたくらいでクヨクヨしてる姿なんて見せたくない」 と思ってしまうもの。 あなたのことをまだ好きでいたとしても、自分の立場を守るために、ラインのブロックという極端なことをしてしまいがちです。 例えば、ドラマなどで見たことはないでしょうか。 彼女に振られてほんと落ち込んでいるのに、男友達の前では「あんな女なんてもうどうでもいいよ!」と言っているお調子者の男性。 あのような男性はドラマだけではなく、現実にもたくさんいますので、ただ見栄を張っているだけのケースも十分考えられます。 このケースも一過性のものが多いので、しばらく様子をみてみるのが得策です。 あなたのことがまだ好きなら、大抵は耐え切れなくなって、連絡をしてくるケースがほとんどです。 喧嘩別れ直後の怒り あなたと元彼が、言い合いや、意見の食い違いなどで喧嘩別れをしてしまった場合。 彼はあなたに怒っていて、その怒りからあなたのラインをブロックしようと考えたのかもしれません。 こちらも別れた直後に多いケースですね。 あなたはもうとっくに彼のことを許していたとしても、ラインをブロックされていたら「まだ怒ってるのか」と不安になってしまいますよね。 詳しくはの記事で解説していますが、 確かに、喧嘩別れからの期間が短ければ短いほど、彼は本当にあなたを嫌っていて、怒ってるのかもしれません。 しかし、別れてからしばらくたっているという場合は、もう彼は本気で怒ってはいません。 別れたとはいっても、一度本気で愛した相手。 いくら別れの際に感情的になったとしても、いつまでもそれを引きずることはないでしょう。 「別れてからしばらく時間が経っているのにまだブロックされている」 という場合は、あなたに本気で怒ってるというよりも、引っ込みがつかなくなってる可能性のほうが高いです。 この場合は、あなたの元彼は「できれば向こうから連絡をしてほしい」と思っていますので、 もう少し時間をあけてみるか、snsや電話などで連絡を取ってみるのもアリです。 元彼の性格を思い出してみて、見栄を張ったり、自分を強く見せようとするタイプの男性であれば、あなたからアプローチするのも十分に効果的です。 いきなり電話は難しいかもしれませんので、snsなどで軽めにコンタクトを取ってみるところから始めてみましょう。 新しい彼女ができた あなたとは別に新しい彼女ができた、というのも、ラインブロックの大きな原因の一つです。 新しい彼女が出来ると同時に、彼女以外の女性を全員ブロックする男性も多いです。 一昔前まではラインのアイコンに、これ見よがしに彼女の写真を載せている男性も多かったですが、今ではあまり見かけなくなりましたね。 なので確認方法としては、彼のsnsを見る、もしくは共通の友人にも聞いてみるというのが一番確実です。 先ほども申し上げましたが、女性をブロックするタイミングとしては、彼女ができた直後に多い。 なので、略奪愛をするにしてもすぐに復縁するのは難しいでしょう。 ここで焦って連絡を取ろうとしてはいけません。 はっきり言って、付き合いたては、自分の彼女以外他のものが見えなくなってしまいます。 下手に横槍を入れると「邪魔な存在」と認識されてしまいますので、それだけは避けなくてはいけません。 対処法としては、ライン以外で連絡を取るにしても、最低2. 3ヶ月は時間を空けてみるのが無難です。 新しい彼女ができたものの、少し付き合ってみると価値観が合わずにすぐに別れてしまうというパターンも多いですから、しばらくは様子を見てみるのが吉ですね。 一つの目安ではありますが、2. 3ヶ月という期間を一つの基準にしてみましょう。 連絡しなくなった人を一斉ブロック このケースは、別れてから時間が経っている場合がほとんどでしょう。 「 いつか連絡が来るはず」と待っていても、時間が経ちすぎてしまい、彼に「 もう連絡しない人」と思われているパターンです。 あなたにも経験があるかもしれませんが、もう連絡をとらなくなった人をらいっぺんにブロックしてしまうことはよくあることです。 この場合は、非常に復縁が難しいです。 「 好きの反対は無関心」 という言葉があるように、関心を持たれていない、ということはそれだけ注目されていないということなので、 何か強烈なインパクトを与える出来事がない限り、よりを戻すの難しいです。 彼にラインブロックを解除してもらうには? ひたすら待つ 基本的に、復縁を目指す場合は、こちらから仕掛けてもうまくいかないケースがほとんどです。 さみしさや辛さのあまり、ラインをブロックされても、別の方法でひたすら連絡を取ろうとする女性も多いですが、これが1番ダメ。 彼が明らかに見栄を張っているという場合は、ゆるーくメッセージを送ってみるのもアリですが、 何か特別な理由がない限りは、こちらから連絡を取るのは極力控えるようにしましょう。 本人たちに認識がなくても、自然と冷却期間が開けば、彼が思い直してくれる可能性は十分にあります。 彼があなたのこと本気で嫌っているという可能性は極めて低いので、辛いかもしれませんが、信じて待つことが大切です。 ラインをブロックされても復縁は可能! ここまで色々な理由をご紹介してきましたが、「 彼にラインをブロックされた」といって、よりを戻すのが無理というわけではありません。 状況に応じて、適切な判断をすることができれば、復縁の可能性は十分に残っています。 また、の記事では、元彼との復縁を経験した方に寄稿してもらった 「当時24歳だった私が、結婚を考えていた3歳年上の彼氏に別れを切り出されてから、3ヶ月と少しの期間で元の関係に戻った体験談」 を掲載しています。 今現在、「 もしかしたらもう無理かもしれない…」という方は、ぜひあわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。 関連記事.

次の