単眼鏡。 単眼鏡のおすすめ15選。アウトドアはもちろん美術館などでも大活躍

単眼鏡|用途別おすすめ15選のまとめ|YAMA HACK

単眼鏡

双眼鏡と違い、非常にコンパクトでポケットなどにも入り、さっと取り出して手軽に使えます。 一方で、片目で見るため双眼鏡のように立体感や距離感が掴めません。 倍率は10倍前後にとどめる 倍率が高い程よく見えるというのは大間違い。 倍率が高いとその分視野が狭くなり、暗くなってしまいます。 高くても8倍から10倍ぐらいのものを選びましょう。 用途に合わせて最短合焦距離を考える 美術館などで近くのものの細部を見たり、山でふと見つけた植物や野鳥などを見たい場合、最短合焦距離を近くしましょう。 スポーツ観戦や遠くの山などの景色を見る時は数cmではなく遠めのものを選ぶと良いでしょう。 3.活用シーンで重量も気にする 登山やアウトドアなどの野外でのアクティビティでは軽量を選んだ方がいい場合もあります。 単眼鏡は双眼鏡より比較的軽量ですが、幅があるので注意しましょう。 ピント合わせも双眼鏡のIF方式、または右眼のピント合わせと同じように接眼レンズを回転させてピントを合わせる方式なので、(ツアイスの単眼鏡のような直の伸縮式と異なり)双眼鏡に慣れている方ならピント合わせも楽です。 また、アイレリーフ長も17.5ミリあり、かつ接眼部がアイカップ方式なので眼鏡(めがね)使用でも問題なく使用することができます。 付属のストラップはしっかりしたもので長さも長く、首からぶら下げて使用することを想定しているようです。 高価なので落とさないように首からぶら下げる方が良いでしょうし、短いのがよければ携帯用のストラップを通せばいいので。 細かい点ですが評価して良い点でしょう。 一方で、首からぶら下げるなら接眼部に埃等がたまらないことが重要なので、一層のことレンズキャップをストラップや筐体と一体になるものにして欲しかったとも思います。 また、ツアイスは接眼部がゴムになっていますが、眼鏡(めがね)使用には直径が狭いのでゴムの折り返しが困難ですが、本機はアイカップ方式なので問題ありません。 実際、ツアイスの単眼鏡目当てで店を訪れて、本機と見比べた結果、本機を買うお客さんもいるそうです。 レンズキャップと重量だけもうちょっとなんとかならなかったか?と思いますので星1つ減としますが、レンズやコーティングの内容から高価なのは仕方ないし、それに見合った像を提供してくれます。 出典: 遠距離のみならず至近距離での使用も可能、携帯性も損ねておらず、単眼鏡の魅力が盛りだくさん…ここまではAmazon記載のスペックから判断がつくのですが、想像していたより像が鮮明でいい意味で裏切られました。 しかもこの価格ですし、買って得こそあれ、損は無い品です。 もちろん光学製品には「上には上」があるわけで、解像感の高さ等、いわゆる「見え味」を重視される方は、最初から上のクラスの製品を求めたほうがいいです。 この品の優秀さはあくまで『一般実用レベルにおけるコスパが高い』というところにあります。 難点を申し上げますと、ひとみ径が小さいので幾分暗いですがストレスになるほどではありません。 付属のストラップは首掛けできる長さは確保されていますが、かなり安っぽいです。 付属のケースも、一応クッション素材ですしベルトに通せる仕様ですが、やっぱりかなり安っぽいです。 機能的には十分な付属品ですが、こういうところを気にされる方は自分でアレンジすることを考えて下さい。 長く楽しむことが可能なレベルの単眼鏡ですから、ストラップやケースを新調してもすぐに元は取れると思います。 出典: 美術館・博物館好きの妻の古希の祝にギャラリースコープをプレゼントしようと思った。 しかし、レンズものには全く予備知識がないので、例によってネットで調べていたところ、「ギャラリースコープを選ぶ その1とその2」というブログがとても参考になった。 目的は遠くのものを見るのだから、単純に倍率が高ければよいと思っていたが、そのブログによると、ギャラリースコープとして大事なことは、倍率はともかく、レンズの明るさと最短焦点距離(どれだけ近くの物に焦点を合わせることができるか)それに眼鏡をかけていても問題ないことだと知り、目からウロコ。 値段とデザインの良さを加味して、このブログが推奨している機種の一つであるNikon 単眼鏡 モノキュラー HG5X15D に決めた。 大きさもかさばらず、手軽に持ち運びができ、眼鏡必携の妻に喜ばれた。 妻がでかけるとき「ギャラリースコープは持ったか?」が近頃の口癖になっている。 出典: 私はプロではないので精査的な意見は述べられないかもしれませんが、趣味で山登りをする素人ならではの視点として… 曇り空の天気でのレビューです。 自然と触れ合っていると「綺麗だ、すてきだ」と思われる場面で、もっと大きく見てみたいと遠くの物を見るときに使ってみました。 外は決して快晴ではない曇り空ですが、思いのほか露出が高めなのか明るく見えた事に驚きました。 お値段が安いのであまり期待をしてなかったので、嬉しい誤算。 500メートルくらい先を飛んでる鷹はちゃんと見えました。 素人的には山登りの便利グッズとして、満足の行く商品でしたね。 この手の商品に詳しい方の使用だと、他のレビュワー様の方が精査的ですので参考にされると良いかも。 小さなお子様がいて、海水浴などのレジャーに「子供を探したい」というような場面でも思いがけず役に立つような気がします。 私はそういう使い方としては高評価を差し上げたい商品でした。 満足です! 出典:• グリップに落下防止用のストラップの付いた、単眼鏡です。 右手で握るとちょうど人差し指でピント調整ができるデザイン。 接眼レンズも大きく、3段階に視力に合わせて調整が可能。 実際の見え方は、まっすぐ光を通すイメージを大切にすれば、けっこうしっかり見えます。 安い単眼鏡だとかなり視野が狭いのが嫌だったのですが、こちらは思った以上に視野が広いです。 解像感は何万もするものとは違うでしょうが、あまり動きまわらないモノを見るくらいなら充分でしょう。 中国製品特有の化学臭さもほとんどなく、なかなかいい商品だと思いました。 (3枚目の画像は、3メートルほど離れたところにあるハンドクリームを、当機にデジカメを押し付けて撮影したもの) 無償サンプルを頂いてレビューしています。 出典: 単眼鏡で日常に新たな発見を 単眼鏡はコンパクトなものも数多く、持ち運びにも便利でかさばりません。 使い方も遠くを観察したり、ルーペとして手元をクローズアップしたり様々な使い方ができます。 アウトドアでの使用はもちろん、普段の生活の中でも活躍してくれること間違いありません。 The discovery new daily by quizzing glass. 単眼鏡で日常に新しい発見を.

次の

単眼鏡のおすすめ15選。アウトドアはもちろん美術館などでも大活躍

単眼鏡

近いものをしっかり見たいときに、ピントを合わせられる距離が双眼鏡と比較して近いという点が単眼鏡のメリット。 この距離のことを「最短合焦距離」といいます。 双眼鏡の場合にはどれだけ頑張っても50cm程度が限界ですが、単眼鏡ならばもっと近くでもピントを合わせられるものも。 最短合焦距離については自分の使い方にも関係してきますが、美術館などのように、それほど離れていない場所に見たい対象物がある場合は、近くまでピントが合わせられる単眼鏡の方が双眼鏡よりもメリットがあります。 また、携行性に優れているという点も利点。 多くの単眼鏡はカバンの中でも邪魔にならないサイズに作られているため、持ち運びが苦になりません。 さらに使用する際にもさっと取り出すことができ、双眼鏡のように周囲の人に大げさなイメージを与えにくいというのも優れた点でしょう。 高倍率でどんな場面にもぴったり 雨の日でも使える完全防水仕様!クールな見た目も魅力 高倍率でマルチに活躍。 美術作品鑑賞にぴったり 最安値 倍率 7倍 10倍~100倍 8倍 12倍 7倍 4倍 4倍 6倍 7~21倍 7倍 明るさ 6. 8 - 20. 2 - 6. 8 9 9 - 9~1 4. 4 最短合焦距離 3m - 5m - 1m 約0. 2m 0. 16m 0. 24m 3m 0. 8m サイズ 9. 4cm 10. 8cm3. 8cm 13. 5cm 15. 6cm 8. 4cm 5.

次の

初心者必見!失敗しない上手な単眼鏡の選び方を徹底解説

単眼鏡

単眼鏡を選ぶ際のポイント 単眼鏡にも様々な種類があり、その中でも 最も大切なのはスペックの各数字のバランスです。 スペックの合わない単眼鏡や粗悪なものを選んでしまうと全く綺麗に見ることができず、後悔することになってしまいます。 しかし、 使用目的とスペックのバランスが合致すればこんなに便利な物はありません。 そこで、これから解説する事項と「目的に合わせたスペック」を参考にしていただければ大きな失敗をすることはありませんのでぜひご活用ください。 ズームと高倍率には要注意! まず ズームや高倍率だけを謳っている単眼鏡には注意しましょう。 倍率が高ければそれだけ拡大して見ることはできますが、「拡大しても綺麗に見える」とは書いていないからです。 実際、 高倍率で綺麗に見えるを実現するためには対物レンズの有効径を大きくしなければ明るさが足りず、視野も狭くなるので高倍率でコンパクトというスペックはバランスが悪く、あまり良い単眼鏡とは言えないでしょう。 単眼鏡の方がコンパクトですが、見え方は平面です。 単眼鏡は片目で使用するため、双眼鏡ほど距離感や立体感は得られません。 ただ、 どちらもメリットデメリットがあるので一概にどちらが優れているとは言えず、目的に合った方を使うと良いでしょう。 それぞれに適した使用目的があり、良い単眼鏡を選ぶためには「目的に合った単眼鏡選び」が最も重要です。 昼の明るいときにはその環境に適したスペック、夜の暗いときにはその環境に適したスペックがあるので、様々な目的別に適した単眼鏡のスペックを紹介していきます。 もうすでに目的が決まっている方は上述のリンクを選択していただければ、適した選び方と、おすすめの単眼鏡を紹介した部分へジャンプできます。 夜間のライブやホールコンサート向けの単眼鏡選び• 倍率:4~16倍• ひとみ径:3~5ミリ• 明るさ:9~25 夜間のライブやホールコンサートで最も重要なのは明るさで、最低でも明るさ9はあったほうが良いでしょう。 見掛け視界はグループのコンサートなど多くのアーティストをいっぺんに見たい場合や激しい動きがある場合には広い方が見やすくなります。 倍率は会場の大きさによって使い分けます。 手持ちで10倍以上の場合には防振単眼鏡を選びましょう。 倍率:3~5倍• ひとみ径:3~5ミリ• 明るさ:9~25 観劇やミュージカルは 会場の広さにもよりますが、倍率は5倍もあれば十分でしょう。 例えば劇団四季(夏)は、• 客席数が1200席• 舞台前から客席最後列(22列)までの距離が25. 5メートル• 舞台奥行きが18. 8メートル キャストが舞台真ん中に立ったとして客席最後列からの距離は34. 9メートルです。 5倍の単眼鏡であれば7メートルまで近付いて見たときと同じ大きさで見えます。 薄暗いことも考慮して明るさは9以上のものを選びましょう。 倍率:4~8倍• ひとみ径:2~3ミリ• 明るさ:4~9 昼間の野外ライブや音楽フェスは明るいので明るさは4~9あれば十分明るく見ることができます。 このようなライブでは激しく動くものは少ないので見掛け視界もそこまで広い物は必要ないでしょう。 野外ライブということで突然の雨も心配されます。 防水仕様のものだと安心でしょう。 倍率:野外でのスポーツ観戦なら8~12倍、室内なら4~8倍、会場が広い場合は8~10倍• ひとみ径:昼間の明るいスポーツは2~3ミリ、ナイターなど少し暗い場合には3~5ミリ• 明るさ:昼間の明るいスポーツは4~9ミリ、ナイターなど少し暗い場合には9~25 どんなスポーツかにもよりますがいろいろ見に行くことが多いのであれば 見掛け視界は広めの方が良いでしょう。 10倍以上の場合は防振の単眼鏡で、野外の場合には防水仕様のものもおすすめです。 倍率:6~8倍• ひとみ径:3~5ミリ• 明るさ:9~25 旅行やアウトドアではポケットに入るサイズが理想なのでこのようなスペックがおすすめです。 ふとした瞬間に取り出せる携帯性を重視しましょう。 野外で使うので防水機能はおすすめです。 倍率:8~12倍• ひとみ径:干潟など明るい場所では2~3ミリ、森内など薄暗いところでは3~5• 明るさ:干潟など明るい場所では4~9ミリ、森内など薄暗いところでは9~25 バードウォッチングでは 速い野鳥を捉えるために視野が広い単眼鏡が適しています。 明るさは観察したい場所に応じて決めましょう。 10倍を超える場合には防振機能や三脚の使用をおすすめします。 同じく野外なので防水機能も良いでしょう。 倍率:4~7倍• ひとみ径:3~5ミリ• 明るさ:9~25• 最短合焦距離:できるだけ短い方が近付いて見えます 美術鑑賞ではなんといっても 軽量でスタイリッシュなことと最短合焦距離の短さが大切です。 双眼鏡よりも優れている最短合焦距離の短さを存分に引き出した使い方と言えるでしょう。 倍率:7~10倍• ひとみ径:5ミリ以上• 明るさ:25以上 天体観測では明るさが最も重要です。 明るさは人間が対応できるギリギリの25~49のものを選びましょう。 この明るさを実現するために倍率は7倍がおすすめで、それ以上なら防振機能や三脚の使用も視野に入れましょう。 ここでは 各スペックの見方と選び方のポイントを解説します。 〇が倍率• 倍率は使用目的によって大きく変わるので先に目的を決めてから選ぶと良いでしょう。 具体的には、• コンサートや観劇、屋外スポーツなどは3~16倍程度(会場の規模による)• バードウォッチングには7~10倍程度• 野球やサッカーなど、競技場の観戦には7~8倍程度• マリンスポーツには7倍以上• 旅行、ハイキング、ドライブなどのレジャーには7~8倍程度• 先ほどの倍率とこの対物レンズ有効径のバランスで明るさと解像度が変わるので、倍率によって必要な対物レンズ有効径が決まります。 基本的には対物レンズ有効径が大きければ性能は良いですが、単眼鏡自体が大きく重くなってしまうので 使用目的に合ったサイズを選びます。 コンサートや観劇、屋外スポーツなどで3~8倍程度の倍率なら対物レンズ有効径は10~20ミリ台• バードウォッチングで7~10倍程度の倍率なら対物レンズ有効径は20~40ミリ台• 野球やサッカーなど、競技場の観戦で7~8倍程度の倍率なら対物レンズ有効径は20~30ミリ台• マリンスポーツで7倍以上の倍率なら対物レンズ有効径は20倍以上• 旅行、ハイキング、ドライブなどのレジャーで倍率が7~8倍程度なら対物レンズ有効径は20~30ミリ• 実視界は単眼鏡を覗いたとき、その視野がどのくらいの角度に広がって見えるかを表しています。 この実視界は倍率によって変わるものなので、他の倍率の単眼鏡と比べることができません。 しかしこの実視界と倍率をかけた 見掛け視界であればどの単眼鏡とも比べることができるので、具体的な数字は次項に示します。 この数字であれば他の単眼鏡と比べることができるので、実視界よりも頻繁に使われますし、慣れればこちらの方が使いやすいでしょう。 この見掛け視界が広ければそれだけ広く見ることができ、 目標を捉えやすくなる半面、解像度が悪くなります。 この数値が大きいと暗い場所でも明るく見えるようになります。 晴天下でとても明るい場合にはひとみ径2ミリ以下でも可• 普通に明るいところならひとみ径2~3ミリ• 薄暗いところではひとみ径3~5ミリ• 暗いところではひとみ径5~7ミリ• 天体観測など真っ暗な所ではひとみ径7ミリ ちなみにひとみ径の値が大きい物を明るいところで使うと まぶしくて使えないなんてことはないので安心してください。 逆に暗い場所でひとみ径の値が小さいと暗くて見えないので注意が必要です。 単眼鏡や双眼鏡で明るさを考える場合はこちらの数字を使うことが多いです。 晴天下でとても明るい場合には明るさ4以下でも可• 普通に明るいところなら明るさ4~9• 薄暗いところでは明るさ9~25• 暗いところでは明るさ25~49• 天体観測など真っ暗な所では明るさ49 明るさ49(ひとみ径7)は人間が対応できるギリギリの明るさです。 遠くのものを見る場合にはあまり気にしなくて良いですが、 美術館などで近いのもを見る場合にはなるべく距離の短い物を選ぶと良いでしょう。 単眼鏡のアイレリーフ 単眼鏡を覗いたときに視野全体を見ることができる眼の位置から接眼レンズまでの距離のことです。 アイレリーフが長いほど見えやすく、眼鏡をかけた方でも視野全体を見ることができます。 メガネを使用する場合にはアイレリーフ10~15ミリあると良いでしょう。 単眼鏡のサイズと重量 単眼鏡のサイズは基本的に 高スペックほど大きく重くなります。 これは高スペックにするために対物レンズの有効径などを大きくしなければいけないためです。 使用する目的ごとに最適なスペックと重量のものを選びましょう。 100~200グラムだと手軽に持つことができ、300~500グラムでもまだ手持ち可能で500~1000グラムで長時間の手持ち使用が難しくなり、1000グラムを超えると三脚が必要になります。 重量は腕が辛いだけでなく手ブレの大きさも関係してくるので重要です。 もちろん人によって筋力が違うので一概にこれという数字は出せませんが、使用目的に合ったスペックと重量のものを選びましょう。 単眼鏡の機能 ここまで見ていただいたのが単眼鏡の基本的なスペックになりますが、使用目的によっては他にも役に立つ機能があります。 防水単眼鏡 防水単眼鏡は字の如く 防水機能を備えた単眼鏡です。 防水機能があれば野外使用での突然の雨やマリンスポーツに持って行くこともできます。 防振単眼鏡 防振単眼鏡も字の如く 防振機能を備えた単眼鏡です。 防振機能があると高い倍率でも手ブレが少なくなるので三脚が必要なくなり、手持ちで楽しむことができるようになります。 初心者におすすめな単眼鏡メーカー 初めて単眼鏡を選ぶ際におすすめのメーカー3社を品質や価格、使い勝手の良さや評判といった部分をもとにご紹介します。 ニコン nikon の単眼鏡 言わずと知れた有名な大手メーカーです。 1917年設立の日本のメーカーで、カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学機器および関連製品を製造、販売しています。 単眼鏡のラインナップは多くありませんが、美術館や博物館に持って行く方が多く使っています。 初めての単眼鏡でも粗悪なものがないので安心して選ぶことができます。 天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、スポッティングスコープ、ルーペ、コンパス、CCDカメラ等の開発、設計、製作業務及び各商品の国内販売、輸出、輸入業務等をおこなっています。 ビクセンは単眼鏡にも力を入れていてラインナップもそれなりにあります。 スペックによりますが、そこまで手を出しにくい値段でもないため、 初心者から中級者まで愛されています。 写真用品、光学製品、監視装置、交換レンズ、CCTVレンズ、X線撮影装置の開発・販売をおこなっています。 ケンコーも単眼鏡には力を入れていてラインナップも豊富です。 価格的にはこの3メーカーの中で 最も手を出しやすいので最初の1台に選ばれることが多いです。

次の