ウナちゃんマン ケロ。 珍味団

ちゃんマンvsケロちゃん Ⅱ [ニコニコあっぷる]

ウナちゃんマン ケロ

名前 : ウナちゃんマン 愛称 : ウナ、佐野、乞食など 性別 : 男性 年齢 : 43歳 血液型 : O型 住所 : 東京都 職業 : 飲食店経営者(キャバクラ)であり高所得者で年収2,3000万前後はあると配信当初は嘘をついていたが実際は無職 自称プロヒモ であった バツイチでヒモである。 子供は3人いて、そのうち二人は育児放棄し祖父母が育て、その内の娘一人だけが同居していたが、2011年12月に一人暮らしを始めたらしい 最終学歴は中卒。 高校中退の理由は後輩いじめをする野球部の先輩の足を金属バットで殴り退学処分と嘘を吐いていたが実際は、所属していた野球部内でいじめられ、いじめを苦痛に高校を中退した(ウナちゃんマンの母が発言) 17歳の時に親元から追い出され、歌舞伎町を中心としたクラブにスナック類などのおつまみを卸す仕事を始め成功し、そのあと運送業を始め会社を売却しキャバクラを開店しオーナーになったと嘘をついていた。 実際は珍味販売業は失敗し内縁の妻をスナックで働かせ、内妻の稼ぎで生活している。 調べによると、佐野容疑者は、一月十八日午前二時ごろ、新宿区新宿三の路上を歩いていた都内の 都立高定時制一年の女生徒(16)に、「自宅まで送ってやる」と声をかけ、友人から借りたワゴン車に乗 せた。 約一時間後、大田区東海五の大井岸壁に車を止め、車外に逃げ出した女生徒を追いかけて顔な どを殴ったうえ、約三メートル下の海に突き落とした疑い。 女生徒は約二週間のけが。 女生徒は、近くに いた人に助けられた。 1991.05.02 読売新聞 夕刊 さん 2012. 17 元・組員に聞いた!「こいつヤクザだな」って男の特徴9つ AKB48指原莉乃 ついに出てしまったスキャンダル、、、。

次の

ちゃんマンvsケロちゃん Ⅱ [ニコニコあっぷる]

ウナちゃんマン ケロ

ウナちゃんマンは、「大衆酒場うな」というお店を経営しています。 しかしながら、現在はどうやらお店の経営状態は不定期なようです。 ニコ生で沢山のファンを獲得していたウナちゃんマンといえども、お店を経営していくには、ニコ生の配信者としての人気だけでなく、料理人としての腕と経営者としての能力が必要なようです。 開店の経緯としては、どうやら自費ではなく、スポンサーとなるファンによる出資によるものであるようです。 そして、プロの料理人としての経験の無いウナちゃんマンが、頑張って料理を研究、練習している様子はニコ生でも配信されていたようです。 肝心のお店の料理は、やはりプロの料理店と比べると、格は落ちるというのがネットユーザーによる評価であるようです。 確かに、ウナちゃんマンのアンチがあえてお店の悪口を言っているという事も考えられますが、あまりの批判の多さからも、実際に不手際等があったことは否めない部分はあったと考えられるのではないでしょうか。 ウナちゃんマンは、同じニコ生配信者であるケロという女性と交際していました。 ウナちゃんマンが言うには、ケロの母親は、ケロが子供の頃に目の前で刺されて亡くなり、父親はそれを機に精神を病んで病院へいくことになったニコ生で語っていました。 しかし、ウナちゃんマンは度々嘘をつく癖があるので、どこまでが本当なのかは分かりません。 また、ウナちゃんマンとケロの関係は健全なものではなかったようです。 ニコ生の配信内で、ケロは「殴られ、捕まえられ、お金も持たせてもらえず逃げられない。 就職も蹴らされて、あんたのせいで人生ボロボロだ」と涙ながらにウナちゃんマンに訴えかけていました。 ケロとウナちゃんマンの関係は、ウナちゃんマンがケロ対してかなり支配的であったことが伺えます。 ウナちゃんマンの交際相手であったゲルゲもまた、ニコ生の配信者でした。 ケロと比べてみると、年上の女性であるようです。 また、ウナちゃんマンとの交際中には、ウナちゃんマンの経営していたお店「大衆酒場うな」を手伝ったりしていたようです。 また、他の女性の常連客がウナちゃんマンに絡もうとした際に、嫉妬心を見せるようなところもありました。 また、ウナちゃんマンはゲルゲと同棲していたようです。 しかし、別れ際になると、あることで揉めるようになりました。 というのも、どうやらウナちゃんマンは家賃をゲルゲに支払わせていたようで、ゲルゲのリスナーからも「何故家賃を全部支払うの?」といった声も上がっていたようです。 最終的に、ウナちゃんマンはゲルゲ宅を立ち退く事になるのですが、その際も、あくまでもニコ生の配信上でやり取りをするなど、険悪な別れ方だったようです。 また、ゲルゲはその後もウナちゃんマンに対して嫌悪を露骨に露わにした態度をとっており、ウナちゃんマンは恨まれるような別れ方をしたようです。

次の

ウナちゃんマンの現在が悲惨!バール事件や彼女は?引退・逮捕の噂も調査

ウナちゃんマン ケロ

ウナちゃんマンは配信中に毎回缶ビールを飲みます。 その際、ウナちゃんマンの「あんた達いくわよ、いいわね。 KP(乾杯の意味)」という合図でリスナーが一斉にKPとコメントするのがお決まりとなっています。 ウナちゃんマンはリスナーとの一体感を感じさせ、リスナーの心を掴むのがうまい配信者なのです。 ウナちゃんマンは生配信中に時々ケンカをするなど、短気でカッとなりやすく好戦的な性格のようです。 べらんめえ口調で口が悪く、配信中に他の配信者とトラブルを起こすこともしばしばでした。 ですが、自然体そのものの姿に人間らしさや情を感じ、親近感を持ったリスナーも多いのではないでしょうか。 ウナちゃんマンの話はどこまが本当でどこからが嘘なのか、半信半疑なところもあります。 リスナーにとってはそんなところもウナちゃんマンの魅力の一つだったようです。 ウナちゃんマンの実家はうなぎ屋を経営しているようです。 ウナちゃんマンというハンドルネームも、それが由来です。 実家がうなぎ屋だったためか、ウナちゃんマンはかなりの食通で食に対しての強いこだわりがあり、自分で料理を作ることも得意です。 配信中にお酒のアテを自分で作ってリスナーに披露する姿もたびたび見られました。 リスナーはウナちゃんマンが作る料理はどんなにおいしいのだろうか、という妄想を膨らませながら配信を見ていました。 ウナちゃんマンはとある事情で住まいを東京から大阪に移すのですが、支援者から開店資金を募り、得意な料理の腕を生かして大阪で居酒屋をオープンします。 お店は現在も開店しているようですが、出店に至った経緯について元カノとのエピソードを交えながら説明していきます。 ウナちゃんマンはケロという女性と10年以上同棲し、内縁関係にありました。 ケロは優しい雰囲気を持つ美人で、リスナーの間でも美しいと評判でした。 ケロはウナちゃんマンとの間に子どもができたことがありますが、堕胎しています。 ウナちゃんマンはケロと付き合う時、ケロとは入籍はしないと断言していました。 ウナちゃんマンは自分は働かずに家で配信をし、ケロを自身が経営する店で働かせていました。 ケロはウナちゃんマンとの生活に疲れて出ていこうとしたことがありました。 しかしケロは、ウナちゃんマンに殴られ捕まえられ、お金も持たせてもらえず逃げることができませんでした。 ケロの人生はウナちゃんマンに完全に支配されていました。 ゲルゲ(grgとも表記される)は、ウナちゃんマンがケロと同棲しているときに愛人状態だった女性です。 くっきりした二重の美人です。 ウナちゃんマンは、ケロという長年自分を支えてくれた女性を置いて、ある女性と入籍すると配信で宣言して大阪に移住しました。 そのお相手がゲルゲでした。 ですが、入籍の話はゲルゲの親からの反対を受け、結局実現しませんでした。 ゲルゲの家は相当なお金持ちだそうで、ゲルゲの両親からしてみれば4度の逮捕歴がある上、働きもせず他人からお金をもらって暮らしている男性との結婚を認める心境にはなれなかったのでしょう。 1度の逮捕歴でもマイナスイメージが強いのに4度の逮捕となると、年頃の若い娘の親から結婚を認めてもらうのはなかなか難しいものです。 ケロはリスナーから好意的に受け入れられていましたが、対照的にゲルゲはアンチが多くいました。 ケロには裏方に徹して支える奥ゆかしさがありました。 ゲルゲは略奪のイメージがある上、嫉妬深さやあざとさも見受けられました。 ゲルゲ自身も配信者であるため、自己アピールが強く、自己中心的なゲルゲの言動に反感を持つリスナーも多数いました。 ゲルゲもケロ同様、ウナちゃんマンと同棲していたマンションの家賃を全額支払っていました。 ウナちゃんマンの寂しがりで女性に対して甘え上手なところに、ケロやゲルゲは母性本能をくすぐられて、ウナちゃんマンを支えたいという感情を強く持っていたのではないでしょうか。 ウナちゃんマンは移住先の大阪で「大衆酒場うな」を開店し、料理人・佐野智則として始動しました。 ゲルゲも店を手伝っていました。 ウナちゃんマンはこの店で、料理人・佐野智則であると同時にウナちゃんマンとして店内から配信を行っていました。 そして、お店の様子をリスナーにアピールしていました。 ネット上で閉店したとの情報もありましたが、現在お店は土日に営業しているようです。 リスナーやアンチの人たちがお店を訪れ、ネット上で口コミを書いています。 お店で提供しているメニューや、実際のお料理の写真なども出ていましたので、興味のある方は検索してみてください。 ゲルゲは現在も配信を続けており、またTwitterでもゲルゲの現在の様子を知ることができます。 しかし、やはりゲルゲにはアンチが多く、残念ながらゲルゲに対する好意的なコメントはあまり見られません。 ゲルゲはどうも自分本位で自分勝手なところが目立つようです。 2人が別れた後もウナちゃんマンはゲルゲ名義で借りているマンションに住み続けますが、家賃が払えず取り立てがゲルゲのところに来るため、ゲルゲは精神的に参っていきます。 その件に関しては、ゲルゲとウナちゃんマンとの間で個人的に話が付いていました。 しかしゲルゲは、ウナちゃんマンに対して腹の虫がおさまらなかったようで、ウナちゃんマンが口外してほしくなかった情報を配信で暴露していまいます。 売られたケンカは買うとばかりにウナちゃんマンも反撃に出ます。 ゲルゲのプライバシーに関わる情報を、配信やTwitterで暴露し始めたのです。 水掛け論的にヒートアップしていき、最後にはウナちゃんマンもほとほと疲れ果ててしまったようです。 現在、ゲルゲとはすっぱり縁が切れたようです。 ウナちゃんマンは一般人とはかけ離れた感覚で、自分らしく生きています。 そんな様子が男女問わず良くも悪くもリスナーの気を引くのでしょう。 自由な生き方をうらやましく思う人もいれば、出る杭が気に入らなくて打とうとする人もいます。 ウナちゃんマンの言葉を借りれば、ある意味それも佐野ラブです。 ウナちゃんマンに興味があり、気になるからこそ文句を言いながらもつい配信を見てしまうのです。 ウナちゃんマンは持ち前のバイタリティでたくましくこの世を渡ってきました。 これからも配信を続けながら、のらりくらりと生きていくことでしょう。 逮捕やバール事件などの騒動はこのくらいでストップして、この先引退などせず元気に配信を続けていって欲しいものです。

次の