引越し費用の相場。 【絶望!!】引越し費用・相場 3月 4月は高すぎる

【1円でも安く!】引越し 近場の相場ってどれくらいなの?

引越し費用の相場

引っ越し費用をできるだけ安く抑えたいと思うのが当然のことです。 近場の引っ越しだとそれほど料金は高くならないだろうと油断していると、見積もり額を見てびっくり!ということも考えられます。 近場へ引っ越しをする際には引っ越し料金の相場を知ることが重要です。 引っ越しの基本料金はどうやって決まるの? 引っ越しにかかる費用は、基本料金に関しては国土交通省の引っ越し約款と呼ばれる法律によって定められています。 この法律によると、引っ越しに使うトラックの大きさ、作業員の人数、引っ越しにかかる距離によって値段が決まっていきます。 近場での引っ越しの場合は、距離による加算がすくないので長距離の引っ越しよりは安くすむことが多いでしょう。 しかし荷物の量や、エレベーターがあるかどうか、何階に住んでいるのか?などの項目によって追加料金が発生することもあります。 近場への引っ越し費用の相場とは? 近場に引っ越しをする際の費用の相場は、軽トラック〜2トントラックで荷物が入る場合には作業員は1〜2名でOKですので、基本料金は2〜4万円程度と言われています。 2トントラック〜3トントラックの荷物量の場合には、作業員が2〜4人、基本料金は4〜5万円、さらに3トントラック〜4トントラックの場合、作業員は4面以上、基本料金は5〜8万円でしょう。 この基本料金にプラスして、距離料金が追加されていきます。 2トントラックまでならば20キロ増えるごとに5000円前後の追加で大丈夫なのですが、3〜4トンとトラックを利用する場合には、20キロごとの追加料金も1万円前後はかかってしまうと言われています。 つまり近場で合っても、大きいトラックを使用するとその分ガソリン代も必要になってきますので、できるだけ引っ越しを安くすませたいのであれば、荷物の量を極力減らすことが重要になってくるでしょう。 この引っ越し費用料金にプラスして各社色々なプランを追加してきます。 例えば、梱包に使う材料やダンボール費用、さらにはエレベーターがあるかないか、何階に住んでいるのか?さらにエアコンの取り外しや、ウォシュレットトイレの取り外しなどの工事料金がかかる場合もあるでしょう。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 オフシーズン(5月〜2月)の引越し料金の相場 オフシーズンの引越し料金は、繁忙期と比べてやはり費用は安くなります。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 例えば5万円の引っ越し費用であっても、ハイシーズンに引っ越しするだけで15万円もかかってしまうのです。 またハイシーズンは人手がたりませので、派遣社員やアルバイトなどを雇って引っ越し作業を行う業者がほとんどです。 つまりいつもの対応よりも悪くなってしまうことが多いのです。 慣れていないアルバイトの作業員が引っ越し作業を手伝うのではそれは仕方がありませんね。 しかし大切な家具や家電、荷物などに何かあったら取り返しがつきません。 引っ越しのハイシーズンを避けられるのでしたが、できるだけ引っ越し業者が暇な時期に引っ越しを行うのが理想的でしょう。 また引っ越し業者の中には、自分で荷物詰めを行ったり、当日の作業を手伝ったりすることで料金を安くしてくれる場合もありますので、見積もりを取る際に提案してみるのもよいかもしれませんね。 近距離が得意な引っ越し業者を見つけよう 近場へ引っ越しをする際には、まず近距離の引っ越しが得意な業者を見つけるのがよいでしょう。 引っ越し業者によっては遠距離が得意なところと近距離が得意なところがありますので、近場に慣れている引っ越し業者を探すとよいでしょう。 探し方の方法としてはインターネットなどの口コミを見たり、満足度ランキングなどをチェックしたりすると、実際に引っ越し業者を利用したユーザーからの生の声や評価を見ることができます。 また近所などで実際に利用したことがある人がいれば、その人に聞いてみるのもよいですね。 また近距離が得意な引っ越し業者を選定したら、複数の業者に見積もりを頼みましょう。 見積もりはとればとるほど安くなるといわれています。 2〜3社しかとらない人がいますが、これは非常にもったいないです。 最低でも6〜7社の見積もりは欲しいですね。

次の

引越しの見積もり費用の平均相場はいくら?料金の目安表と半額以下にするコツ

引越し費用の相場

この記事の目次• 単身の引越しでは、一人だからこそ荷物量がそれほど多くなりません。 そのため、うまく工夫して引越し費用を安くしたいと考えている方もいますよね。 単身で引越しをした場合、実際の 引越し費用の相場はどれくらいなのか知っていますか?この記事では、単身の引越し費用相場をはじめ、費用を抑えるコツについてご紹介していきます。 単身の引越しにかかる費用の相場 引越しにかかる費用は、荷物の量や移動距離などの状況に応じて大きく変わります。 ここでは、引越し費用に影響する3つの要因をはじめ、単身の引越しでの一般的な引越し費用の相場について見ていきましょう。 引越し費用に影響する要因は3つ 単身やファミリーなど人数に関わらず、引越しの費用を大きく変動させる要因に3つがあげられます。 引越し先までの移動距離• 荷物の量• 引越しの時期 単身の引越しの場合、荷物の量が少ない分引越し費用を抑えられますが、引越し先までの移動距離や時期によっては引越し費用が高くなってしまいます。 学生の場合は入学・卒業シーズンの3月前後、社会人の場合は人事異動時期の3月や10月前後に引越しが集中します。 単身の引越しにかかる引越し費用相場 引越し一括見積もりサイトの「ズバッと引越し比較」の情報によると、引越し先までの移動距離や時期に応じて、以下のような単身の引越し費用の相場になります。 参考: 通年の相場を見てみると、移動距離が20kmまでの 近場であれば3万円台で済むことが分かります。 また、移動距離が200kmを超えると2倍以上の金額になります。 移動距離を変更して引越し費用を抑えるということは現実的ではないので、安くしたい場合は他の2つの要因について工夫をする必要があるでしょう。 さらに引越しの 3~4月の繁忙期は通常期に比べると引越し費用が 15~30%程度割高になることが分かります。 引越し費用を少しでも抑えたいのであれば、繁忙期は避けて引越しを行いたいですね。 居住環境などによって引越し費用が変動することも?! 引越し費用に大きく影響する要因は3つのほか、何階建てのマンションなのか、運ぶ家具荷はどんなものがあるのかなど、居住環境や条件によっても金額が前後します。 引越し費用に影響するそのほかの要因• 旧居や新居のフロア階数• 旧居や新居のエレベーターの有無• 旧居や新居の前面道路幅(トラックの停車の可否)• 運ぶ家具に高価なものはないか• 運ぶ家具にガラスなどの繊細なものが多くはないか• 引越し業者のトラックやスタッフの空き状況 荷物を運ぶ時にエレベーターがないと、作業に時間がかかったり人数を必要としたりすると引越し費用が変わってきます。 作業の難易度やリスク、必要な人員数などによっても引越し費用は変わるのです。 「単身向けパック」と「単身向けプラン」の違いって? 「単身向けパック」では荷物を コンテナボックスで運びますが、「単身向けプラン」では通常のようにトラックに荷物を積み込んで運ぶので一般的な引越しと同様に、すべての荷物が載せられます。 荷物の量によってどちらを利用するのか選びましょう。 「単身向けパック」 積める荷物の量の上限が決まっていて、引越業者が用意したボックスに収まるだけの荷物しか運べません。 「単身向けプラン」 運びたい荷物の量に合わせたトラックで荷物を運びます。 原則ファミリー向けの引越しプランとの変わらずトラックを1台準備するため、単身向けパックよりも費用がかかります。 荷物の量が少ない単身者におススメなのが「単身向けパック」 「単身向けパック」は多くの引越し業者が提供している引越しプランです。 「単身向けパック」を提供している主な引越し業者を紹介 「単身向けパック」では、コンパクトなコンテナボックスに荷物を積んで運びます。 単身向けパックを提供している主な業者は以下の通りです。 ヤマト「単身引越しサービス」• 日通「単身向けパック」• サカイ引越しセンター「小口便引越しサービス」 荷物をコンテナボックスに詰め込んで、他の引越し依頼者のコンテナボックスと一緒にトラックなどで運ぶので、コストダウンを実現しており、 おトクな費用で引越しができます。 「単身向けパック」で運べる荷物の量はこれだけ!大手3社を比較 単身向けパックで運べる荷物の量とサイズには上限があります。 3社のコンテナボックスの大きさと料金について見ていきましょう。 「単身向けパック」のメリット・デメリット 単身向けパックの 最大のメリットは安さでしょう。 また、荷物の量を確認するために訪問して見積もりをとってもらう必要がなくお手軽です。 ただし、荷物の量に上限あるとデメリットもいくつかあります。 例えば自転車や組み立て式家具、3ドアの冷蔵庫など、単身パックでは運べないものもあります。 また、移動距離や引越し先によっては、単身向けパックを選べない場合もあります。 荷物の量が多いなら「単身向けプラン」を選ぼう 「単身向けパック」では荷物が運びきれない場合、荷物の量に上限のない「単身向けプラン」を選ぶとよいでしょう。 「単身向けプラン」を提供している主な引越し業者を紹介 単身向けプランでも、引越し業者によってはさまざまなプランが設定されています。 例えば、以下のような単身向けプランがあります。 アーク引越センター「ミニ引越しプラン」 段ボールが50枚まで無料でもらえたり、ハンガーボックスが5個まで無料で利用できたりなど、便利でおトクな特典があります。 アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」 畳3畳分程度の荷物を運んでもらえます。 目安は段ボール20箱までと、単身向けパックでは載せられない冷蔵庫や自転車、洗濯機、電子レンジ、テレビなどです。 「単身向けプラン」のメリット・デメリット 単身向けプランの場合、単身パックと異なり荷物の量を気にすることなく、自転車やベッドなどの 大きな荷物を載せられるので、荷物の量が多い方におススメです。 また、ダンボールなどの梱包資材がサービスでつく場合があるのでぜひ利用しましょう。 ただし、単身向けプランは単身向けパックに比べるとやはり引越し費用が割高になります。 単身の引越し費用を抑える3つのコツ 引越しの時期は、新居にかかる費用など、さまざまな状況で資金が必要になります。 できるだけ引越し費用を抑えるための3つのコツをご紹介します。 荷物の量が減るように工夫する 引越しの移動距離や時期については、都合によって調整できない場合が多いですよね。 それなら、引越し費用に大きく影響すると考えられる要因の一つである 「荷物の量」を少なくすることで、コストダウンを図りましょう。 例えば、古い家電や寝具があれば処分して引越し先で購入したり、不要な衣類や食器などを処分するなど、「断捨離」をしながら荷物の量を減らしてみましょう。 引越しをきっかけに不要なものを一気に処分し、気持ちよく新しい生活をスタートさせましょう。 引越し業者以外に引越しを頼む 引越し業者以外でも、 配達・配送をしてくれる業者はあります。 荷物の量や内容によって、以下のような業者を利用し引越しをすることができます。 ゆうパックや宅急便などの宅配サービス 例えば赤帽であれば、運べる荷物の量の上限は基本的に軽トラック1台分です。 荷物の量が少ないのであれば、赤帽を利用したほうがおトクになる可能性もあります。 引越しの一括見積もりで引越し費用が安い時期を選ぶ 単身向けパックや単身向けプランなど、サービス内容を吟味して引越しプランを選ぶことは引越し費用を安く済ませる方法としておススメですが、引越しの時期にも注目してみましょう。 引越し業者にとって一般的な繁忙期は共通していますが、繁忙期シーズンとして設定している日程が、引越し業者ごとに異なる場合があります。 特に 3月中旬など、超繁忙期に入る前などは料金を安く設定している可能性があるので、注意して探してみてください。 数日異なるだけで業者ごとに引越し費用が大きく変動することがあるので、引越し一括見積を利用して見積もりをとって、自分に合った引越しプランを選びましょう。 単身の引越し費用相場を知ってコストダウンしよう 単身での引越しの場合、相場を知るには 引越し一括見積もりを利用することがおススメです。 手軽に引越し費用の相場を知ることができ、よりおトクに引越しができます。 ひとつの引越し業者のだけでなく、複数の引越し業者の情報を一括してとることができ、引越しに関する豊富な知識や情報を備えていることも魅力です。 ぜひ活用してみてくださいね。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればお得に電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

家族(3人・4人・5人)引越しの費用相場

引越し費用の相場

一人暮らしの引越し費用相場 引越し先までの距離や運ぶ家具の量、新居の家賃などにより引越し費用は大きく異なってきます。 そこで引越し会社と自力引越しにおける費用の相場を見ていきましょう。 引越し会社の相場 国内には数千数万の引越し会社があり、最も多い東京都では 1800社以上あると言われています。 どの引越し会社を利用するかによって引越し費用に多少の違いが出てきますが、一人暮らしの場合の相場は 30,000~ 60,000円程度となります。 一人暮らしで最も使われる 2トントラックと、 2人の作業員で見積もりがされるケースが多くなっています。 ただし同一市内の近距離、同一県内の中距離、県外の遠距離などと、引越し先の距離により費用は異なります。 同一市内でしたらかかっても 50,000円程度ですが、 県外となると 150,000円程度になることもあります。 もちろん運搬する家具の量が多く、 2トントラックで収まり切れない場合にはその分費用も割高になりますのでご注意ください。 自力引越しの相場 引越し会社を利用せず、自分でトラックをレンタルし家族や友人に手伝ってもらう方法もあります。 いわゆる自力引越しですが、少しでも引越し費用を抑えたいという考えから引越し会社を利用しない方が多いです。 しかし自力引越しの相場というのは、引越し会社へ依頼するケースよりも高くなることも多いです。 自家用でトラックを所有していれば良いですが、レンタルする場合には 1日 15,000円程度は必要になり、その他ガソリンも満タンにして返却する必要があります。 また友人に手伝ってもらった場合には、謝礼という形で昼食や夕食などをご馳走してあげるのが一般的です。 このことから、自力引越しの相場は、概ね 40,000円程度となります。 しかも数日に渡りトラックをレンタルする場合には、その分日毎にお金がかかってくるのは言うまでもありません。 重たい家具を運搬する労力も必要ですので、 費用対効果的には引越し会社の利用をオススメします。 安価な単身パックを利用した場合は? 引越し会社では少量の荷物で引越しが完了する一人暮らしのための「単身パック」を取り扱っていることがあります。 この単身パックを利用することにより、引越し費用負担を大幅に軽減することが出来ます。 単身パックの相場 多くの引越し会社では、単身パックとして 15,000円前後が相場となります。 ただし移動距離により費用は異なり、概ね 30km以内でしたらこの程度の相場で引き受けてもらうことが出来ます。 この費用には、運搬費と人件費が含まれているため、短い移動距離で少量の家具でしたら単身パックが断然お得になります。 単身パックでは専用のボックスが用意され、そのボックスに詰められれば問題ありません。 それでは主要な大手引越し会社の具体的な料金を一覧にします。 日通 17,850円~18,900円 クロネコヤマト 13,650円~14,700円 アート引越しセンター 14,500円~16,300円 アリさんマークの引越社 14,800円~17,900円 アーク引越しセンター 14,450円~16,700円 ハトのマークの引越しセンター 13,800円~15,800円 専用ボックスの大きさにより、料金に多少の開きがありますのでご注意ください。 単身パック利用時の注意点 単身パックは多くの引越し会社で取り扱っていますが、サイズや料金、運搬可能な物に違いがありますのでご注意ください。 万が一自分の引越しに合わないプランを選んでしまうと、逆に高い費用となってしまうことがあります。 例えば 1つのボックスに入り切らないということで 2つのボックスを用意してもらうと、別の引越し会社の安価なプランを選んだ方が安くなることがあります。 単身パックにも学割プランや附属サービスが付帯されるプランなどもありますので、 事前にいくつかの引越し会社の単身パックを比較することをオススメします。 そしていらない物は積極的に処分し、出来る限り運搬する荷物の量を減らすことを心掛けましょう。 また部屋を見渡して「この程度の荷物ならボックスに収まるだろう」と考え、外に置いてある自転車の存在を忘れてしまうケースが多いので、運搬する必要のある物はきちんと洗い出しておきましょう。 一人暮らしの引越し費用を安くする方法 一人暮らしの引越しは確かに安い費用で可能ですが、もっと安くする方法もあります。 少しでも経済的な負担を軽減したいとお考えの方に、安くするポイントをいくつかお教えします。 大型家具は新居で購入 引越し会社を利用するとなると、運搬する量で費用が変わってくるため、 大型家具は新居で購入した方が安くなることがあります。 例えばベッドや洋服ダンスなどは、単身パックのボックスにはとても入り切れませんし、 2トンのトラックを利用する通常の引越しでも大きく場所を取ってしまいます。 その結果、追加で費用が発生してしまいます。 それでしたら現在使用している大型家具をリサイクルショップに引き取ってもらい、新たに引越し先周辺で購入し直した方が安く済むかもしれません。 いらない物は捨てるかリサイクルショップへ 大型家具だけではなく、新しい生活を始めるにあたり必要の無い物は、躊躇せず積極的に捨てるかリサイクルショップに売ってしまいましょう。 少しでも運搬する量を減らすために大変有効な手段です。 普通に生活をしていて 1年間触っていない物は大体不用品と思って良いでしょう。 もちろん思い出の品や将来的に使用する可能性の高い物はその限りではありません。 引越し時期や時間の調整 休日や大安日というのは、引越し会社にとって繁盛する日であり、その分費用が高く設定されることがあります。 また 3月下旬から 4月上旬も引越しシーズンであるため、平日でも高い費用になることもあります。 家族揃ってての引越しとは異なり、一人暮らしでしたら時期や曜日も調整しやすいかと思いますので、出来る限り日付をズラすことをオススメします。 さらに時間指定をせず、フリータイムで申込みをすることで割引を受けられる引越し会社もあります。 このように譲れるポイントがある場合には、事前に引越し会社へ相談してみてはいかがでしょうか? 複数社で料金比較 数多くある引越し会社ですから、最初から「この会社しか利用しない」と決めつけてしまうのは避けましょう。 大切なのは 複数の引越し会社から見積もりをもらい、それを比較してみることです。 次の項目で詳しく書かせていただきますが、自分自身で一社一社見積もりをもらっていると、激しい営業攻撃で疲れてしまいます。 オススメなのは、一括で複数社から見積もりを貰える一括見積もりサイトの利用です。 一括見積もりでお得に引越し 一括見積もりサイトというのは、そのサイトに登録をしている引越し会社からまとめて見積もりを貰えるサービスを提供しており、一度の申込みで複数社の引越し費用を知ることが出来ます。 わざわざ一社一社に電話をする必要が無くなりますし、 インターネット環境さえあればいつでもどこでも申込みが出来るというメリットがあります。 もちろん一括見積もりサイトの利用は 完全無料ですので、見積もりを貰ったからと言って、後日請求書が届くこともありません。 また一括見積もりサイトを利用したからと言って、必ずしもその中から利用する引越し会社を選ばなければいけないということもありませんのでご安心ください。 つまり「自分の引越しはいくら程度で出来るのかな?」などと、ただ単に相場を知るという目的だけでも問題ありません。 一人暮らしの引越しというのは、上手に引越し会社を利用することによって非常に安価な費用で終わらせることが出来ます。 相場はあくまでも相場であり、「相場だから仕方ない」と諦めること無く、それを下回るお得な費用で引越しを完了させてみてはいかがですか? 引越し費用を安く収めることが出来れば、余裕のある新生活をスタートさせることが出来るハズです。

次の