たった 一人 の 私 の 味方 相関 図。 たった一人の私の味方

新韓流ドラマレーベル『チョア!韓流』|ワーナー・ブラザース

たった 一人 の 私 の 味方 相関 図

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 103話 あの老人が自ら出頭したことを受けて、ドランはスイルを探し出発するバスから引き留める。 スイルはドランから聞かされた事実に耳を疑う。 すぐに警察署へと向かったドランとスイル。 老人はスイルを見るなり、何度も何度も謝罪をする…。 しかし、スイルは自分が28年も収監されドランの成長を監獄の中で見守り、更に出所後も人の命を奪った者として自ら罪の意識を背負い、娘のドランまで幾度となく辛い思いをしてきたことに、この取り返せない時間をどうしてくれるんだ!! と怒りを爆発させ涙する…。 ドランも老人だけでなく、警察の捜査怠慢にも責任があるとして、スイルの身の潔白を改めて証明するように訴える。 そんなドランの姿にスイルは涙を流し、警察は何も言い返すこともできずうつむくしかなかった…。 土下座をしながら泣く老人の声を後ろに、スイルは力の抜けたドランを支えて警察署を後にする。 デリュクは警察署へやって来てドランとスイルを見舞う。 ドランはデリュクが真実を突き止めてくれたことに、改めて感謝の気持ちを伝えるのだった…。 一方、ホンシルとゴレは衝撃的な真実を知り、スイルに改めて挨拶をするべきだと話していた。 しかし、ダヤは自分が今までスイルとドランにしてきたことを思い返し、躊躇する。 だが、ゴレはダヤを厳しく質して一緒に家を出るのだった。 そのころ帰宅したスイルは放心状態であった。 冤罪だったとしてもこの28年間罪人として生きてきたことに、大切な人が亡くなったことに変わりはなかったからだ。 スイルの言葉にドランは涙して、スイルを慰めようとする…。 ほどなくして、ホンシル達がスイルとドランに謝罪しにやって来る。 スイルとドランは神妙な面持ちで、ホンシル達の言葉を受け止める…。 その夜、教会に向かったスイルはホンジュと再会し、二人は強く抱きしめ合いスイルはホンジュに苦労を掛けたことを謝罪する。 ホンジュは大丈夫だと言って、二人はお互いの愛を確かめ合うのだった。 その後、スイルとドランはパン屋へとやって来るが、パン屋の扉にはたくさんのメッセージが貼り付けてあり、近所の人々が謝罪と冤罪が晴れたことを祝福しにやって来てくれたのだった。 スイルはその気持ちに感謝し、気持ちを新たにする。 そのころ、デリュクは両親にスイルの冤罪がハッキリしたことを受けて、ドランとよりを戻す!と宣言する。 その言葉に家族は動揺するが、ウニョンは前向きに受け止めることは出来なかった。 ウニョンは一人でスイルに会いに行くと、再婚を邪魔するような話を吹き込もうとする。 あくまでもウニョンは二人の再婚を認めないつもりであった…。 二人のやり取りを聞いてしまったドラン。 スイルもまたドランの表情を見て、ドランの気持ちを察する。 デリュクはドランと話をしようと連絡をして会う約束を取り付ける。 しかし、そこにやって来たのはスイルだった。 驚くデリュクにスイルはドランの代わりにやって来たこと、そしてデリュクに真実を明らかにしてくれたことに感謝をしつつもデリュクとその家族との再婚は決して認められない。 と伝えるのだった。 その言葉にデリュクは言葉を失う。 スイルはデリュクの家族からドランが受けた屈辱を決して許す気にはなれないのだった。 その後もスイルとテプンたちはパンの配給を行っていたが、スイルはドランを見つめるテプンを見て、彼がドランを想っていることに気付く。 テプンもまたドランへの気持ちを告白し、スイルはテプンを応援する姿勢を示す…。 韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 104話 その夜、デリュクはドランの元へやって来る。 デリュクはドランにもう一度やり直したい気持ちを伝えに来たのだが、ドランはデリュクにもう戻るつもりはない気持ちを伝える。 その言葉に、デリュクは呆然としてそれ以上かける言葉が思いつかないのだった。 帰宅したドランもまた気持ちを落としていた…。 あくる日、パン屋にスイルを訪ねて老人がやって来る。 老人の姿に気付いたテプンは急いで店を出て話をしようとするが、スイルは二人がおじいさんがテプンの祖父であることを知り、テプンにきちんと向き合うように言いつける。 動揺するテプンだが、スイルの言葉に従いパン屋の中で話し合うことに。 テプンは祖父の願いを頑なに断ろうとするが、二人の会話を来たスイルはテプンに大切な家族のことを考えて行動するべきだと諭す。 テプンはその言葉に戸惑いを覚えながらも、気持ちを固めようとしていた。 一方、デリュクはソヨンから呼び出されるが、デリュクはこれ以上、将来を見据えた関係を作るつもりはないと、ソヨンを振ってしまう。 この事実を知ったウニョンはデリュクを非難するが、この言い争いにグムビョンまで加わり大混乱となってしまう。 ジングクはスイルと二人で話し合うために、二人だけで会うことに。 ジングクは改めてこれまでの無礼を詫びて和解の道をと考えていた。 しかし、スイルはドランの為にこそよりを戻すべきではないとその決心は固まっていた。 ジングクはスイルの言葉に返す言葉もなく、去るスイルを引き留めることは出来ないのだった。 帰宅したジングクはデリュクに、スイルから許しが出ないことを伝える。 困惑するデリュクは頭を抱えて思い悩むのであった…。 その頃、テプンはドランを映画に誘い、二人はささやかながら楽しいひと時を過ごす。 そんな二人の様子を偶然にもウニョンの友人が捉えて、すぐにウニョンに写メを送りつける。 ウニョンはドランがもうデリュクに未練がないんだと思い、すぐにその写真をデリュクに見せつける。 デリュクはいい加減にしてくれとあしらうが、内心大きな不安に駆られるのだった…。 ドランとテプンはまた一つ心を通わせていく。 そんな二人は帰宅をするが、デリュクはその姿を見つめることしかできないのだった。 一方、スイルのお祝いするために、ホンシルの家族とヤンジャたちは食事会を開く。 すると、ヤンジャはホンジュがおめでたであることに気付き、ついにホンジュとスイルもそのことを認めるのだった。 嬉しい知らせに、一同の喜びは一層盛り上がる。 ほどなくしてドランから突然赤ちゃん用の靴をプレゼントされたドランとホンジュ。 二人はドランが気付いていたことに気付き、恥ずかしい思いになる。 その後、ドランはイリュクの店にやって来るが、そこでダヤがある女性を連れ出す姿を見て…。 ダヤはイリュクの浮気を突き止めていたのだった…。 同じころ、ジングクは新規の融資案件の為に、ある老人と青年と重要な面会に挑む。 その場に駆け付けたデリュクは、その青年がテプンであることに気付き、二人は無言で顔を合わせるのだった…。 韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 105話 デリュクはボムエンフードの新たな出資者ソング会長と面会するが、そこには出資会社の責任者の一人としてテプンがおり動揺する。 ウニョンもまたパン屋にいたテプンが投資会社の人間と知り、驚きドランとの関係を詮索する。 悩んだデリュクはテプンに真意を確認しようとする。 するとテプンは「私はドランさんが好きだ」と言い、デリュクは「自分とドランの関係を知っているはずだ?」 と伝えるも、テプンは離婚が成立している以上、関係のないことだと冷静に反論し、デリュクは言い返すことが出来なかった…。 同じころダヤはイリュクの浮気相手を追求するが、反撃されてしまう事態に…。 そこに駆け付けたドランはダヤを助け、事なきを得る…。 ダヤはドランをお姉さん!と呼び、助けてくれたことを感謝する。 その後、二人でイリュクを追求し、追い詰められたイリュクはすぐに心を入れ替えることに…。 ダヤはドランの親切に心から感謝し、これまでの数々の無礼を謝罪する。 こうして二人の関係はようやく修復されるのであった。 一方、スーツ姿でスイルのパン屋にやって来たテプンは、祖父ソング会長とともに事業に参加することを報告する。 立派になった姿にスイルとドランは喜ぶのだった。 そして、テプンはドランを食事に誘う。 ドランは少し戸惑いながらもスイルから背中を押されて、迎えに来たテプンと共に夕食に向かうのだった。 だが、そんなドランがテプンの車に乗り込む姿を目撃してしまったデリュクは、大きな落胆を味わうことに。 デリュクは帰宅したドランにどういうことなのか、話してほしいと求める。 しかし、ドランはデリュクに対して、もう関係が終わったんだと突き放してしまう。 デリュクはやり場のない気持ちを抱えて、一人酒を呑むことしかできなかった。 翌朝、玄関前で酷く疲弊した姿で見つかったデリュクに家族は驚き、病院で治療を受けることに。 デリュクは酒を呑んで寒空の中で眠ってしまっていたのだった。 ウニョンはデリュクの疲弊した姿を見て、そこまでドランを想っているのだと気付く。 困ったウニョンはドランにデリュクのことを連絡し助けを求める。 しかし、スイルはデリュクの元へ行こうとするドランを引き留める。 スイルはドランを迎えに来たウニョンに、いい加減にしてくれと伝えたはずだと念を押す。 しかし、ウニョンはどうしてもデリュクにはドランが必要なんだと涙ながらに訴える。 だが、スイルはこれ以上ドランを振り回されるわけにはいかないと、決して会わそうとはしないのだった…。 この状況にドランは一人涙してうつむくしかなった。 ホンジュはドランのためにスイルを説得しようとする。 しかし、スイルの決心は固まっていた。 スイルに断れて帰宅したウニョンは涙していたが、スイルもまたウニョンの言葉を思い出していた。 そんな中、スイルの店にソング会長が訪ねて来る。 テプンとの関係を修復してくれた御礼を伝え、更にテプンとドランの関係が良くなってくれることを伝える。 その言葉にスイルは嬉しくなるのだった。 一方、デリュクはジングクの元へやって来ると、辞表を提出して…。 韓国ドラマ「たった一人の私の味方」あらすじ 106話(最終回) デリュクはドランを忘れる為にジングクに辞表を提出し、国を離れる決心をする。 帰宅したデリュクはウニョンとダヤにも国を離れることを伝える。 ウニョンはデリュクの辛い思いを想像して涙するのだった。 ダヤはすぐにドランのいるパン屋へと向かい、デリュクのことを伝える。 動揺するドランだが、そこにスイルが帰ってきて何が起きたのかと心配する。 その夜、スイルはウニョンから懇願されたこと、ドランが今もデリュクを想っていること考えて、自分は何をするべきか悩んでいた。 ドランもまた眠れぬ夜を過ごして…。 翌日、ドランはテプンとのデートに向かうが、ドランはデリュクのことが気になり自分の気持ちに嘘を付けないと決意する。 そして、テプンに「デリュクのことを忘れられないと」申し訳ない気持ちを告げて、席を立ってしまうのだった。 テプンはドランの気持ちを尊重し、ドランを見送るがテプンにとっては失恋の瞬間であった…。 席を立ったドランの元にウニョンから連絡が入る。 ウニョンはデリュクがもうすぐ飛行機で飛び立ってしまうと告げる。 焦るドランの前にスイルが帰宅し、ドランはデリュクへの想いを断ち切れない!と告げて。 そんなドランにスイルは「行きなさい」と言って背中を押すのだった…。 スイルに感謝を告げて、空港へ急いだドランは出発直前のデリュクを見つけ、デリュクもまたドランの姿を見てつけて二人は強く抱きしめ合う…。 こうして、ドランとデリュクは再びデリュクの家族と共に生活を始めることに。 ほどなくして再びイリュクの浮気問題が持ち上がる。 ダヤとドランはイリュクの店に乗り込んで行くが、すでにイリュクは相手の家族からこっぴどい仕打ちを受けていた。 更にイリュクの浮気はジングクとデリュクにも発覚して、徹底的に叱られることに…。 家族の問題にも積極的に協力するドランは、ダヤとも姉妹のように一層仲を深めて行く。 デリュクはスイルに改めて御礼をして、穏やかな日々を歩み始める。 それから2年の時が経ち、ドランは大学でもう一度夢を追うために勉強を始めていた。 ヤンジャと妹は高層マンションに住み、セレブな生活を謳歌していた。 その日はスイルにとって特別な日であった。 スイルとホンジュの間には子どもが産まれ、多くの家族、知人が集まって養護施設の子どもたちと共にお祝いの席を設ける。 ユジン、グムオク、子を授かりお腹を大きくしたミランとダヤもいた。 スイルは記者からの取材を受けて、自分が経験したようなことは、味方になってくれる存在が一人でもいれば、きっと違う結果になるはずだ。 とそんな誰かの為に出来ることをしたいという思いからであった。 そして、自分の半生を振り返り、今が一番幸せだと話す。 沢山の家族と共に和やかな時間を過ごせていることに、スイルは心から感謝するのだった。 ほどなくしてミランとダヤは出産の時を迎える。 出産に立ち会ったゴレとイリュクは、ハイタッチをして喜ぶ。 嬉しい報告にドランとデリュクも喜び、デリュクはゴレとイリュクに先輩パパとしての秘訣を聞こうと走り出す。 ドランはデリュクの行動に笑ってしまう。 そこにグムビョンが現われて、二人のキューピットでもあるグムビョンがドランに笑顔を贈るのだった…。

次の

新韓流ドラマレーベル『チョア!韓流』|ワーナー・ブラザース

たった 一人 の 私 の 味方 相関 図

2020. 3% 시청률 最低視聴率第5回17. 2% 最高視聴率第102回49. 4% あらすじ 病気の妻の治療費をめぐるトラブルで誤って人を殺害してしまったヨンフン(チェ・スジョン)。 無期懲役の判決が下り、ヨンフンは幼い娘ドランを、ともに施設で育ち自分を兄のように慕うドンチョルに預けることにする。 27年後、ヨンフンは模範囚として出所するが、ドランとは関わらずに生きようと名前を変えて大手食品会社「ボム&フード」経営者一族の家で運転手として働き始める。 一方、明るくまじめに育ったドラン(ユイ)は、検事になるためロースクール入学を目指していた。 しかし、唯一ドランをかわいがっていたドンチョルが交通事故で亡くなり、さらに養母ソ・ヤンジャから実の子どもではないと家を追い出されてしまう。 苦しい生活の中、思わぬ出会いから「ボム&フード」で働くことになったドランは、会長の長男デリュク(イ・ジャンウ)と急接近。 そして運転手として働いていたヨンフンとばったり出会ってしまう。 出典: 相関図 出典: キャスト チェ・スジョン カン・スイル役 (50代半ば)ドランの実の父。 生まれてすぐ孤児院に捨てられ、両親を知らずに育った。 幼い頃から優しくて情に厚い性格だった。 孤児院で出会った自分と似た境遇のドンチョルを実の弟のように可愛がっている。 ユイ キム・ドラン役 (28歳)ドンチョルとヤンジャの家の長女。 ミランの姉。 ソウルで中~上位圏の教育大学 英語教育科卒。 家計が厳しい中、バイトも勉強もこなしたしっかり者。 現在は、バイトをしながらロースクールの試験勉強に励む。 幼い頃からミランばかりをひいきする母と確執がある。 イ・ジャンウ ワン・デリュク役 (32歳)フード会社の本部長。 グムビョンの孫。 ジングクとウニョンの家の長男。 家族の誰にも反抗せず、学生時代は一生懸命 勉強し、アメリカへの留学、MBAまで終えたエリート。 ハンサムで優しく、経営手腕が優れている一家の自慢の息子だ。 ユン・ジニ チャン・ダヤ役 (28歳)ホンシルの娘。 ゴレの妹。 イリュクの彼女。 フローリストで小さなフラワーショップを運営中。 豊かな暮らしはしていたが、父親なしで育った心の傷が大きい。 母の友達ウニョンの次男イリュクとは幼い頃から親しく、自然と恋人関係に。 チョン・ウヌ ワン・イリュク役 (30歳)デリュクの弟。 アメリカの名門料理学校 出身。 小さなフュージョンレストランを経営中。 幼稚園の時から彼女がいて、恋愛に対してドライなところがある。 ナ・ヘミ キム・ミラン役 (27歳)ドンチョルとヤンジャの家の次女。 ドランの妹。 性格はいいが、一度かんしゃくを起こすと止めようがない。 母親が過保護に育てたため、純粋で世間知らず。 母親の指示に従い玉の輿を狙うため、お金持ちの歯科医師ゴレに近づく。 パク・ソンフン チャン・ゴレ役(32歳) ホンシルの息子。 ダヤの兄。 歯科医師。 江南にある母親所有のビルで歯医者を運営中。 母からは純粋で世間知らずだと心配されている。 女性に対して少しトラウマがある。 交際経験はあるが、本気の恋愛はまだしたことがない。 キム・ドランの家族 イ・ドゥイル キム・ドンチョル役 (50代初め)ドランとミランの父。 ヤンジャの夫。 ドランに愛情を注いで育てたが、実はドランの実父ではない。 一生の恩人ヨンフンが殺人罪で捕まり、娘ドランを孤児院に送ってほしいと言ったが、ドランを引き取った。 27年間秘密を守ってきた。 イム・イェジン ソ・ヤンジャ役(50代初め) ドランとミランの母。 ドンチョルの妻。 貧しい家に生まれ、無知な両親を恨んでいて実家とは縁を切っていた。 ドンチョルに出会い恋に落ち、子どもも生まれた。 この人となら幸せに暮らせると思っていたがある日、ドンチョルがドランを連れてくる。 衣類ショップ経営。 ドランに好意。 キム・チュウォル ヨジュ (60代)デリュクの家の家政婦 責任感強く口が重い。 ファン・ヒョウン ミス・チョ(40代) デリュクの家の家政婦 イム・ジヒョン ユジン (28歳)ドランの友人 イ・ヨンイ グモク (60代)ユジンの祖母 イ・サング ペドロ神父(60代初め) 聖堂の神父、保育園運営 コ・ウリ チャン・ソヨン (30歳)JSグループ会長の一人娘。 理知的でよどみなく、生まれながらにすべてを持つ女性。 28年前、スイルがお金を借りて行った消費者金融オフィスの社長。 自分は、韓国のKBSで放送されている韓国ドラマをよく観ているのですが、「たった一人の私の味方」も視聴しました。 その作品の前は、今ひとつ面白くなかったため、「今回はどうかな」と期待しながら観ていたのですが、「とても面白かった」です。 なんなら今までKBSで観てきたドラマの中でも、トップクラスに入るのではないかと思うくらい、よくできた作品だと感じました。 たった一人の私の味方は、生き別れになった親子が、様々な出来事を乗り越え再会するという、ざっくりいうとこんなストーリーなのです。 個人的に、このドラマで良かったなと感じたのは、カン・スイルを演じている「チェ・スジョン」です。 さすが、安定感のある演技をしているなと観ていて思いました。 このドラマを観て気になったので調べたのですが、チェ・スジョンはもう「55歳」になっていて、今も男前でスマートですが、昔は日本でいう「木村拓哉」ばりにカッコよく、めちゃめちゃ人気がありました。 キャストとしては、チェ・スジョンが良かったですが、ストーリー展開も面白いのですが、ドラマ内での人間関係が複雑化しすぎてわかりづらい部分を感じました。 まあ、様々な韓国ドラマを観てきたので、人間関係が複雑でわかりづらいのも慣れてきました。 観れば観るほど、「あれ、この人はなんの関係の人だっけ?」と思ってしまうので、一気に観れる環境にあるなら、一気に観た方が面白いと思います。 たった一人の私の味方は、全53話なのですが、「1回で2話分」放送するため、全106話になります。 ドランとデリュクとの関係が深まるにつれて、周りの人たちの様々な嫉妬や思惑が絡まってくるので、展開は波乱万丈になっています。 まさかの最終回には、「大どんでん返し」が待っていたので、とても観ていても面白かったですし、「こう来たかぁ」と驚かされたドラマでした。 ドランとデリュクの想像を絶するような苦労が報われた時は、観ている方もホッとして、全身の力が抜けましたよ。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

新韓流ドラマレーベル『チョア!韓流』|ワーナー・ブラザース

たった 一人 の 私 の 味方 相関 図

家族への愛が奇跡を起こす! 感動のヒューマンドラマ 地上波初放送 韓国で最高視聴率49. 4%を記録した話題作がついに登場! 愛する人との幸せな人生に突然現われた犯罪者の父親。 悲劇にも屈せず生き抜くヒロインと、その家族の姿を描く。 犯罪者となり、愛する娘を手放した父親を演じるのは、「大祚榮 テジョヨン」「大王の夢」など多くの時代劇で活躍してきたチェ・スジョン。 名優による父性愛あふれる演技は見どころ。 娘役を演じるユイは、「契約主夫殿オ・ジャクトゥ」など多くのヒット作に出演。 その恋人役のイ・ジャンウも「バラ色の恋人たち」「オ・ジャリョンが行く!」 などで主演を務め、2人の息の合った演技にも注目。 あらすじ 病気の妻の治療費をめぐるトラブルで誤って人を殺害してしまったヨンフン(チェ・スジョン)。 無期懲役の判決が下り、ヨンフンは幼い娘ドランを、ともに施設で育ち自分を兄のように慕うドンチョルに預けることにする。 27年後、ヨンフンは模範囚として出所するが、ドランとは関わらずに生きようと名前を変えて大手食品会社「ボム&フード」経営者一族の家で運転手として働き始める。 一方、明るくまじめに育ったドラン(ユイ)は、検事になるためロースクール入学を目指していた。 しかし、唯一ドランをかわいがっていたドンチョルが交通事故で亡くなり、さらに養母ソ・ヤンジャから実の子どもではないと家を追い出されてしまう。 苦しい生活の中、思わぬ出会いから「ボム&フード」で働くことになったドランは、会長の長男デリュク(イ・ジャンウ)と急接近。 そして運転手として働いていたヨンフンとばったり出会ってしまう。 Licensed by KBS Media Ltd. All rights reserved.

次の