スラッシュアックス最強武器。 【モンハンワールド:アイスボーン】スラッシュアックスおすすめ武器とおすすめスキルまとめ

【ソロ・マルチ別】2019最新!MHW(モンハンワールド)最強・おすすめ武器ランキングまとめ

スラッシュアックス最強武器

最強のバッタ!エリアル大剣! 発売当初から強い強いと言われてました。 簡単で強いです。 一人で使っても強いですし、乗りダウンを取りやすい関係でPTプレイでも強いです。 基本的にずっと飛んでいるので切れ味の回復するセルレギオス大剣と相性が良いです。 通常大剣と異なり、集中と抜刀術【技】が必須ではないのでスキル自由度が非常に高いです。 空中攻撃メインなので飛燕はつけておきましょう。 推奨武器:セルレギオス系 推奨狩技:絶対回避、絶対回避【臨戦】。 前者は納刀が便利。 後者は切れ味回復が便利です。 装備例:黒煙王キメラ 装備例:キメラ 空中でも地上でも強い!エリアルスラッシュアックス! 使い勝手が非常に良いため、旧シリーズで使用者の少なかったスラッシュアックスの使用者数を跳ね上げた組み合わせです。 昔から強かった地上での縦切りループに加え、距離詰めと回避を兼ねた踏み付け斬りが非常に強力です。 ソロでももちろん強いですが、PTプレイでも乗りダウンが連発できるので強力です。 距離詰めが容易になる回避距離UPがあると立ち回りが格段に楽になります。 推奨武器:セルレギオス系。 会心率盛って白疾風も強いです。 スラッシュゲージが全回復する。 2倍になる。 スラッシュゲージの減少が、攻撃時ではなく、時間経過になる。 ゲージのリロード回復はできなくなる。 ゲージMAX時の発動で2分程度持つ。 剣鬼形態時でも発動できる。 モーション時間は長いが、合計モーション値は高い。 剣鬼形態時、狩技の効果が1. 15倍になる。 剣鬼形態を発動し、ゲージがなくなりそうになったらエネルギーチャージを発動することにより超火力を維持し続けます。 狩技ゲージが溜まりやすくなる二つ名武器を使えばエネルギーチャージ維持が楽になるので二つ名武器を振り回したい組み合わせです。 2倍になる」というものである。 中略 以下の狩技については、上記とは異なる特殊効果が発生する。 絶対回避 【臨戦】含む 2連続で発動する。 これによりダウンしたモンスターに高速で近づくことが可能になる 【臨戦】の斬れ味回復は1回分。 獣宿し【獅子】 攻撃上昇効果が1. 15倍上がる オルケスタソウル 笛吹き名人の効果が必ず出る 竜の息吹 砲撃の追加ダメージが1. 2倍になる 剣鬼形態 狩技の効果が1. 15倍になる 全弾装填 動作が速くなる 火薬装填 火薬の装填数が5発増える wikiより 上位オストガロアがソロ0分針で倒される動画がこちら。 ソロ専用!?近接TA最速!ストライカーランス! 突き3発目が旧シリーズ同様強突きにならないため、旧シリーズと同じ使用感で使えるスタイルです。 突進突きのフィニッシュが他スタイルより強力であるため、細かく突進キャンセルすると高い火力が出せます。 また、ガードレイジが強力で、発動時にガードする攻撃次第ですが、3分間攻撃力が最大1. 3倍になります。 PTプレイ時では非常にコカされやすいため、野良でPT参加するとストレスフルですが、ソロでの立ち回りでステップ回避を繰り返すと非常に楽しいです。 推奨武器:二つ名ディノバルド 推奨狩技:ガードレイジ、他は自由 装備例:キメラ 二つ名ディノバルドLv10をソロ0分針する動画がこちら。 スポンサードリンク 最強武器!ブシドー弓! 最近のシリーズで最強武器の呼び声高い弓ですが、今作でも相変わらず強いです。 ブシドーのジャスト回避発動で溜め時間なく溜め3が撃てるというビックリ仕様になっているため、クリティカル距離を保ちつつ弱点を狙撃できる腕があれば凄まじいDPSをたたき出せます。 実力が火力に直結するため、使っている内にクリアタイムが短くなってくると上達している感が得られるのでストイックな方にオススメです。 推奨武器:テオ弓(連射) 推奨狩技:アクセルレイン 装備例:キメラ アルバトリオンをソロで6分で倒す動画がこちら。 避ける固定砲台!ブシドーヘビィ! ブシドーのジャスト回避を利用し、ギリギリまで撃った後にジャスト回避で避ける&リロードで回避直後に攻撃再開。 鬼のDPS 1秒あたりのダメージ を稼げる組合せです。 ジャスト回避のおかけで回避系スキルを外して攻撃系スキル盛っても生存率が下がらない点も火力UPに貢献しています。 また、しゃがみ撃ちからの回避でもジャスト回避はできるので、今まで罠にはめた時くらいしか使えなかったしゃがみ撃ちがメチャクチャ狙いやすくなります。 PTプレイだと敵が向かってきてくれず、追いかける必要があるため戦いにくいですが、ソロでオトモも外せば常に向かってきてくれるのでずっと撃てます。 推奨武器:シャガルマガラヘビィ 通常 、タマミツネヘビィ 貫通 推奨狩技:火力装填、回避系 装備例:シルソルキメラ 通常特化、ソロTA向け 装備例:キメラ 貫通特化、PT汎用向け 回避距離は移動用です。 しゃがみ撃ちジャスト回避でアカムが5分で沈む動画がこちら。 スポンサードリンク 集まればお手軽に最強!バイジン装備(ライトボウガン)! スタイルとは関係ないですが壊れ性能な銃があるので紹介します。 複数人プレイかつガンナーのみのプレイ推奨です。 近接がいると近接を吹っ飛ばしてしまうので気をつけましょう。 亡国の宝銃バイジン:徹甲榴弾1が速射対応。 さらに各種徹甲榴弾、拡散弾が装填可能。 徹甲榴弾の速射が非常に強力です。 徹甲榴弾はオマケみたいな弾ダメージとメインの爆発ダメージの2段ダメージなのですが、速射による威力減衰はオマケの弾ダメージにしか適用されません。 オマケに砲術系スキルやネコ飯の砲術スキルも乗せて最大1. 4 に跳ね上げた肉質無視ダメージを叩き込むことができます。 また、徹甲榴弾は怯み値も入るため、頭に当て続ければスタンも取れます。 防御無視攻撃でスタンまで取れるとか頭おかしい。 イメージ的にはスタンが取れる爆弾を投げ続けるようなものです。 バイジンはエルドラマスケットから強化していくライトボウガンで、キー素材は「豪華な遺物」「超豪華な遺物」になります。 「豪華な遺物」系はモンニャン隊(海岸)でのレア素材になります。 「豪華な遺物」が下位、「超豪華な遺物」が上位になります。 必須武器:亡国の宝銃バイジン 推奨狩技:全弾装填 装備例:キメラ バイジン装備 装填速度-1が発動していますが、基本的に速射以外の弾は全弾装填でリロードするため、そこまで気になりません。 アカムトルムが2分台で沈む動画がこちら スポンサードリンク.

次の

モンハンワールドスラッシュアックスの最強装備とおすすめスキルを徹底解説!上位オススメの最強防具は?【モンハンワールド攻略】

スラッシュアックス最強武器

スラッシュアックスでよく使われている人気のスキルについて、実際に集会所で使われている数を数えて調査してみました。 そのため、実際の有用度とはまた異なることに注意してください。 ダブルクロスのどの近接武器でも人気のあるスキルで、武器の多くが紫ゲージが長くなるため使いやすいスキルです。 スラッシュアックスの人気のあるスキルの特徴として「飛燕」「乗り名人」がよく使われており、エリアルスタイルが人気なので使用しているプレイヤーが多い結果となっています。 ダブルクロスの近接武器では「超会心」と会心率を上げるスキルの組み合わせが人気なことが多いですが、スラッシュアックスでは超会心のスキルは使用しているプレイヤーはいるものの、他の武器と比べると使用している割合は少なめでした。 モンハンクロスのスラッシュアックスの人気スキルランキング 以下は、前作のモンハンクロスでの人気スキルランキングです。 1位:弱点特効 1位になったのは、弱点肉質 肉質45以上の箇所)に対して攻撃する時に会心率がアップする「弱点特効」のスキルです。 人気防具である「黒炎王」シリーズで発動するなど、多く使われる人気のあるスキルとなっています。 こちらも人気防具である黒炎王シリーズで発動することも人気の要因の1つとなっています。 また、スラッシュアックスではエリアルスタイルが一番人気の狩猟スタイルとなっているので、乗り攻防時の咆哮を無効化でき、乗り攻防が成功しやすくなるのもメリットといえます。 3位:超会心 3位になったのは、会心時のダメージがアップする「超会心」のスキルです。 スラッシュアックスでは、「白疾風」シリーズの防具が人気のため、結果として使う人が多いスキルの1つとなっています。 4位:回避距離UP 4位になったのは、回避行動時の回避距離がアップする「回避距離UP」のスキルです。 スラッシュアックスはガードが不能で、かつ剣モードでは抜刀状態での移動速が遅く武器出し状態で回避行動を利用する機会が多いためか、人気のスキルとなっています。 また、このスキルも、3位の超会心と同様に「白疾風」シリーズの防具で発動するのも人気の理由になっています。 どの近接武器でも人気の高い黒炎王シリーズの防具ですが、スラッシュアックスでも高い人気となっています。 ガード不能なスラッシュアックスにとって、回避性能が大きく上がることにより機動力がアップする白疾風防具のシリーズは、黒炎王装備に続く人気装備となっています。 8位:剛刃研磨 8位は、砥石を使用することで一定時間斬れ味が減少しなくなる「剛刃研磨」のスキルです。 「燼滅刃」シリーズの防具で発動することが多いスキルで、本作で剣士に人気のあるスキルの1つとなっています。 このスキル自体は特別に人気のあるスキルというわけではありませんが、人気防具である「燼滅刃」シリーズで発動するので、よく使われるスキルの1つになっています。 10位:飛燕 10位は、ジャンプ攻撃でのダメージと乗り蓄積値がアップする「飛燕」のスキルです。 スラッシュアックスでは、エリアルスタイルが人気のため、エリアルスタイルのジャンプ攻撃と相性が良い飛燕のスキルを追加スキルとしてつける人が多く見られました。 13位:砥石使用高速化 13位は、砥石使用時の時間が短縮される「砥石使用高速化」のスキルです。 毎回剣士人気のある定番スキルですが、本作でも人気で、空いたスロットで発動させることが多いスキルの1つとなっています。 燼滅刃シリーズの防具も、本作では剣士に人気のある定番の防具の1つになっています。 15位:心眼 15位は、攻撃時に、武器の斬れ味ゲージや相手の肉質に関係なく攻撃が弾かれなくなる「心眼」のスキルです。 斬れ味が悪い武器と相性が良い他、本作では新スキル「鈍器使い」との相性が良いスキルの1つとなっています。 関連記事• 防具・スキルデータ• 武器データ• 武器ごとの各種人気ランキング• 基本情報• 狩猟スタイル• オトモ、ニャンター• 狩りの基礎知識• モンスターデータ• 【ア行】• 【カ行】• 【サ行】• 【タ行】• 【ナ行】• 【ハ行】• 【マ行】• 【ラ行】• 二つ名持ちモンスターデータ•

次の

モンハンワールドスラッシュアックスの最強装備とおすすめスキルを徹底解説!上位オススメの最強防具は?【モンハンワールド攻略】

スラッシュアックス最強武器

思考の整理も兼ねて文章化。 めっちゃ長いので各自で飛ばして、どうぞ。 スタイル選択 スラッシュアックスは6つのスタイルそれぞれにメリットがあり、最適な立ち回りも異なる。 いずれも使用に耐えうる性能をしているため十分に吟味が必要。 ーギルドスタイルー 各スタイル固有の動作以外の全ての動作を行うことができる。 特にプレイに影響があるのは剣モードの縦ループと横ループの両立 これはギルド以外にはエリアルしかできない や斧モードのぶんまわしフィニッシュ。 ただし、固有の動作もないため、 何かに特化した動き方をすると他のスタイルの劣化になる場合が多い。 柔軟で丁寧な立ち回りを要求され、豊富な攻撃パターンから状況に適したコンボを繰り出さなければならないため、初心者には不向き。 弱点が動きやすいモンスターや、SP状態でアイテム使用が高速化することを活かせるモンスターに対して選択すべきスタイル。 最初から全力を出せるため格下のクエストにいくには都合がよいスタイルでもある。 ーストライカースタイルー 狩技を3枠積むことができ更に常時狩技が溜まりやすい。 狩技で立ち回りを補助するスラッシュアックスにとって非常に重要なアドバンテージ。 "剣鬼形態"+"エネルギーチャージ"の組み合わせを用いるなら必然的にこのスタイルとなる。 剣モード時の横2連斬りが使用できないため横方向への定点攻撃は苦手。 剣鬼エネチャで剣モードを極限まで強化する剣特化スタイルとなる。 操作が簡単なのも初心者向け。 単純な定点物理火力としては全近接武器の中でもトップクラスに入る。 ーブシドースタイルー ジャスト回避でスラアクの弱点である防御性能を克服している。 代わりに剣モード縦ループが使用不可になっており定点火力は控えめ。 ジャスト回避後の攻撃が斧・剣ともに高火力なため、定点攻撃を捨ててモンスターを追いかけることに特化したスタイルとも言える。 ーエリアルスタイルー 斧モードに大幅に制限がかかり 突進突きが使えない 、剣モードで跳躍すると自動的に足元を斬り付け火力を稼げることなどから、ひたすら剣で跳躍しまくるスタイルとなる。 立ち位置としてはエリアル大剣に近い。 剣モードに特化しているにも関わらずストライカーと違い狩技を1つしか積めないため、どうしてもカバーできない隙が生じる。 乗りやエア回避が特に有効なモンスターに対して選びたいスタイル。 ーブレイブスタイルー イナシによりブシドー同様に弱点である防御性能をカバーできる。 ブレイブ状態になると、「高速連続ステップによる超機動力」「変形切りループによる ビンに頼らない超火力」を兼ね備える化け物と化す。 強撃ビン一強であったスラアク界を轟かす新星。 斧と剣を織り交ぜて攻守隙のない立ち回りを可能とし、更に動きも派手とおススメのスタイル。 剣横2連斬りが使えず変形切りループは範囲が広いため、定点火力には剣縦ループを用いる。 ただし剣に比重を置くとストライカーに火力で劣る。 過去作では斧運用は「強撃ビン以外の武器を無理矢理使うための手段」といった認識で主流ではなかったが、斧を強化する狩技"テンペストアクス"と付加価値としてレンキンシステムが登場し実用に足るものとなった。 手数が他のスタイルより増える傾向にあるため属性ダメージを稼ぎやすく、属性の通りがよいモンスターに対して選択したい。 レンキンシステムの都合上スロースターターになるため大連続クエや超大型モンスタークエでも活躍する。 武器選択 【ビン】 スタイル毎に火力面での剣と斧の比重が異なり、剣に偏れば偏るほど 強撃ビン が有力となる。 どの形態でいる時間が長いかではなく、主力となる攻撃パターンでのダメージ比率の話。 更に、手数が増えるほど属性偏重に、手数が減るほど物理偏重となる。 ブレイブは変形切りループが異常ビン確定発動である点も考慮して、滅龍ビン以外の全てが候補に入る。 レンキンは斧主体で動くためビンの影響が少ない。 素の性能で選びたい。 【二つ名武器】 狩技の回転率がそのまま立ち回りのしやすさに繋がるスラアクでは、 二つ名武器の狩技補正は非常に大きい。 二つ名武器であるというだけで多少のスペックの差はひっくり返せる。 【武器候補】 期待値は爪護符込み。 特に有用で作成の優先順位が高いものは大文字にした。 全部読む気が無ければ大文字の四つだけで問題ない。 似たり寄ったりの性能の武器の細かい解説は省略し、 もう片方の武器解説に名前を出すという形をとった。 スラアクに触りたいだけならこれ一本で事足りる。 匠無し火力1位であるにも関わらず、火力以外の差別化点であるスロットと斬れ味の長さにも隙がない。 おまけに防御も上がる。 スロット3強撃ビンスラアクは7本しかなく、その中で期待値2位が匠を使っても448。 紫20を有するのも6本しかなく、2位の期待値は445 白20を含めてもスロ無し455。 よってこの武器を担がない理由として考えられるのは、 「匠有りでの物理火力」「属性」「二つ名補正」ぐらいしか存在しない。 以下に記載する武器はいずれもこの三点のいずれかを満たす。 ちなみに強撃ビン以外の武器を含めても匠無し斧火力2位である。 二つ名武器補正を活かし、ストライカー運用に特に向いている。 スロットが0で匠必須であるから、ストライカー以外だと火力スキルを増やした真名に劣る場合が多い。 一つ上の大解放と比較したとき、 「切れ味が一つ落ちて白になっても真名を上回る」点以外は劣化である。 しかし白10を含めても切れ味30でありメリットとするには弱い。 さらに下に記載する匠有り順位3位と4位が紫30武器であるため使うメリットは皆無。 大解放と比べると非常に作りやすい。 スロット持ちとしては最大火力であるためスロット1欲しい場合の有力候補。 大解放の項でも触れたが匠必須であるため火力スキルを増やした真名に劣る場合が多い。 基本は龍属性弱点に対して担ぐことになるだろう。 期待値ではやや下回る。 ただし属性倍率にも10の差があることを考えるとなお微妙。 弱特やエネチャを使わず、会心率upは見切り程度で済ませる時には候補に入るかも、くらい。 ちなみに会心率30超会心発動で期待値505相当 最も黒龍剣斧と差がつく。 スロットが2である点以外大解放以下4点の劣化である。 スロットを1つ減らし防御力を60減らし匠をつけて真名を期待値2だけ上回る。 属性も無い。 当然採用されるレベルには程遠い。 真名の壁は高かった。 二つ名武器でもないのにスロットがないのが痛い。 スロットが1つ欲しければ 光焔斧リオエクシードに乗り換え。 二つ名補正もありレンキンで斧運用すると強い。 海王斧ナバルディードと 太虚ノ剣斧【天維】に物理火力で僅かに負けているが、 どちらも他の欠陥を抱えているため扱いやすさでこちらが優る。 ブシドーで匠つけてもよし、レンキンで狩技を回しつつ斧運用してもよし。 スロットが1つ欲しければ にはたづみ流麗玉筆斧に乗り換え。 ちなみに匠無し物理期待値が二つ名強撃ビン内では1位。 匠切ってストライカーするときもコレ。 レンキンで斧振り回し用に。 スキルの自由度と属性値が二つ名補正とトレードオフ。 物理偏重属性武器の中で珍しいスロット2を持つ。 素の切れ味に難があるため匠を切って斧運用には向いてない。 同じ属性偏重武器の ミラアンセスヴェルデより扱いやすい。 物理火力では大解放に敵わないため、匠が切れることや属性値の差で差別化することになる。 スロットが要らない装備での斧運用とするのが妥当か。 スロットが1つ欲しければ 琥牙剣斧ラヴィーナ、 2つ欲しければ ギガフロストアンバーへ乗り換え。 業物すら必要としないため専用装備を組む必要があるが、属性特化斧運用としては最適。 スロットが必要なく、他の属性の装備を使いまわすなら 龍焔剣斧【竜喰】も候補。 滅気ビンにスタンは期待できないため疲労状態を狙うことになる。 似たような性能の滅気ビンがいくつかあるが、 素紫で斧火力トップのこの一本で十分だと思われる。 獰猛化モンスターは疲労状態にならないため大人しく強撃ビンを。 斧火力が凄まじく高いため、ビンのハンデを負いながらもブレイブスタイルなら候補に入る。 しかし無属性武器であるため手数を稼ぐレンキンには不向き。 二つ名武器であり、毒という肉質無視のダメージソースもあるため 真名とは差別化ができている。 切れ味が10と短いためスキルでのカバーは必須。 匠を切れるため剣主体で毒が欲しい場合こちらが有力。 これ以外の麻痺武器では完全に物理性能を捨てることになるので、 他の武器種でおkになりがち。 一応麻痺ビンなら完全に麻痺タイミングを調節できる近接というポジションにはなれるけど。 そもそも睡眠が三本しかないが。 そこそこの剣火力と睡眠属性を両立しており上手く睡眠爆破できれば強い... かもしれない。 スラアクは大技が多段ヒットする武器種なので自前で睡眠を活かすことはできない。 狩技選択 明確な目的がない場合とりあえず臨戦で間違いはない。 ーギルドスタイルー• ギルドの持ち味である柔軟な立ち回りをサポートする。 絶対回避をSP設定すると納刀してすぐに高速アイテム使用ができる。 切れ味に難がある武器なら臨戦、無い武器なら絶対回避が無難。 ーストライカースタイルー• 剣を限界まで強化して物理で殴る。 回避性能を積んでいて切れ味が長い武器なら 臨戦を切ってトランスラッシュでロマンを求めるのもいいかもしれない。 ーブシドースタイルー• 絶対回避【臨戦】 最安定。 スラッシュゲージが余り気味なためエネチャは必須ではない。 納刀しなくとも防御性能が高いスタイルであるため絶対回避にする必要性も薄い。 ーエリアルスタイルー• 絶対回避【臨戦】 安定を取る場合。 切れ味消費が激しく地上での機動力が皆無な点をある程度改善する。 スラッシュゲージが切れたらリロードする必要があるためmh4時代のリロードソードになる。 機動力を犠牲にリロードの手間を省いても、結局今度は研ぐハメになる。 ーブレイブスタイルー• 絶対回避【臨戦】 最安定。 これが欲しい、というよりも消去法でこれになる。 ーレンキンスタイルー• 残り二枠は立ち回り補助とSP状態維持のためにW絶対回避がド安定。 スキル選択 剣士テンプレのネセト、グギグギグ系以外では 回避距離UPを内包しているGXミラルーツベースのキメラ 白疾風にXRグリードで匠を追加したキメラ が特におススメ。 超特殊許可などの高難易度クエストでは防御力の高い一式も選択肢。 【必須】• 超会心 mhxx最強の火力スキル。 スラアクにはマイナス会心で強力な武器も特にないため裏会心にする選択肢もない。 見切り・連撃・弱点特攻・挑戦者 超会心を採用する以上会心率UPも併用が必須。 スタイルやモンスターによって適切なものを使い分けられると尚よい。 匠・業物 匠で上の切れ味が現れるなら匠を。 業物は臨戦と相性がよい。 【任意選択】• 回避距離UP 武器の特性上回避で位置取りを行うことが多く、 これ一つで距離の詰めやすさと離脱のしやすさを兼ねる。 納刀術 納刀が遅いため選択肢となる。 回避距離UPでも追いつけないほどのモンスターには 大人しくブレイブかブシドーで張り付いたほうがいい場合も多いが。 ーギルドスタイルー• 回避性能 回避距離UPとの違いは スタイルで補えない防御性能を各段に上げることができる点 咆哮や振動をフレーム回避し手数を稼げる点 細かい位置取りに適している点 ーストライカースタイルー• 回避性能 ギルドスタイルと同様• 明鏡止水 狩技の回転数を上げる。 つまり業物を切りつつ切れ味完全維持が可能となる。 ーブシドースタイルー 特に必要スキル無し ーエリアルスタイルー• 飛燕 ジャンプ攻撃を主体とするため必須火力スキル。 回避距離UP 全スタイルで有用なスキルだが、 回避を攻撃の始動とするエリアルではそのまま攻撃射程距離の延長にも繋がる。 ーブレイブスタイルー• 挑戦者の納刀 このスキルは武器種毎に切れ味の回復量が決まっており、 納刀頻度が低い武器種ほど多く設定されている傾向にある。 スラアクはかなり多めの14。 モンスターの怒りやすさにもよるが、 イナシで納刀できるブレイブスタイルなら切れ味補助として一考の価値がある。 体術 高速ステップを多用するためあるとスタミナ管理が楽になる。 狂走薬でいい上に体術のSPがついていて有用そうなのが パッと見GXジンオウやルーツくらいしかなさそうだが... ーレンキンスタイルー• 明鏡止水 狩技3つにレンキンゲージまで加速するためストライカーよりさらにシナジーが強い。 狩技とレンキンが既に強いシナジーを持っているため、 両方をブーストすると凄まじい効力となる。 心眼 斧運用がメインとなり、匠を積む余裕がないことが多いため弾かれが気になる場合がある。 特に物理肉質は固いが属性が通りやすいモンスターに対して付けたい。 砥石使用高速化 レンキン狩技砥石の存在により、他のスタイルよりも使い勝手が向上する。 5スロスキルであるためスキルポイントを圧縮できるのもポイント。 耳栓・耐震・風圧無効etc 各種耐性系。 レンキンタルを振ったり、レンキンアイテムを使用する隙を作るのに有用。 回避性能と違い安全で大きな隙を作れるため住み分けは出来ている。 属性攻撃強化系 属性値で攻める場合候補に入る。 細かくダメージ計算をし超会心軸とどちらが有効か確認するのが望ましい。 立ち回り 移動は基本的に斧。 剣主体のストライカーとエリアルは納刀ダッシュか距離UP回避。 攻撃チャンスには突進突きか縦斬りから入りそのまま変形斬りで剣ループ。 再度変形斬りで斧になって離脱のサイクルが望ましい。 これだけを徹底すればあとはスタイル固有のアクションを随所に挟み、 各スタイル最強の攻撃を叩きこんでやればいいだけ。

次の