ピン g410 ドライバー 評価。 ピンG410プラスドライバーの試打評価|PINGの2019年新製品

【2019ドライバー分析】ピンの最新作「G410」は「G400」よりも「さらに真っすぐ」は本当か? HS36、40、44m/sで試打検証

ピン g410 ドライバー 評価

目次 ピンG410プラスドライバーの試打評価|PINGの2019年新製品 ピンG410プラスドライバーのデザイン ピンG410プラスドライバーは、黒ベースに赤色でラインと410の文字。 大きくPINGと入っており、非常に高級感がありかっこいいです。 マットな仕上がりも私個人的には好きなデザインです。 ピンG410プラスドライバーの試打シャフト ピンG410プラスドライバーの試打シャフトですが、ショップで選ぶことが出来ませんでしたので、残念ながらピンの純正シャフトでの試打となります。 実際試打したピンG410プラスドライバーの全体的な感触 全体的なピンG410プラスドライバーのバランスを率直に感じたままに伝えると、率直に「扱いやすいドライバー」だと感じました。 難しい印象を持つことはなく、平均して安定したボールを打っていけるようなドライバーだと私は感じました。 ピンG410プラスドライバーの打感は? G410プラスドライバー打感については、平均的な感じでしたので、決して悪くはありません。 ピンG410プラスドライバーはウェイト調整機能付き この写真の通り、G410プラスドライバーは手前にDRAWの文字があり、奥側に見辛いですがFADEの文字があります。 今回私が試打した時は中間でしたのでスクエアだったのでしょう。 恐らくこのウェイトでヘッドの動きを変えてフックやスライスを調整するのでしょう。 ピンG410プラスドライバーの試打データ G410プラスドライバーについても、いつも通り3球試打しましたので、一番よかった数値を下記に記載いたします。 飛距離 242ヤード キャリー — ボールスピード 61. 1 打出角 15. 3度 サイドスピン -130 バックスピン 1330RPM 総スピン量 — ミート率 — ヘッドスピード 41. 打出角もいい感じでしたので、高く上がって軽いドローがかかってる感じの球筋ですね。 実は、このデータの際に、思いっきりフェードをかけるように打ったのですが、それでもドローが出てしまっていることから、G410プラスドライバーは捕まりやすいヘッドだと感じました。 捕まりが良いですが、捕まりすぎることはなく、直進性能に優れたドライバーだと思いますので、フェアウェイを捉えやすいのではないでしょうか。 初級者も上級者もドライバーを選ぶ際はしっかりシャフトも選んでいった方が良いでしょう。 ちなみに私のオススメはマミヤの新製品「」です。 ジアッタスについてもシャフトとしての試打記事を用意しておりますので、ぜひご覧ください。

次の

ピンG410LST試打評価|低スピン?上級者向け?前作のLSTと何が変わった??

ピン g410 ドライバー 評価

PINGのG400ドライバーは高評価を得て人気を獲得しました。 2017年は、男子ツアー賞金王、宮里優作選手も、女子ツアー賞金女王、鈴木愛選手もG400ドライバーを使用していたことも話題となり、人気に拍車をかけました。 2018年はG400 MAXドライバーが登場し、人気を獲得しました。 そして2019年はG410ドライバーが堂々登場です! G410ドライバーは 「G400ドライバーよりもさらに飛びをプラス」というキャッチコピーを採用しています。 今回、G410には『LST』が加わり、ヘッドは『PLUS』『SFT』『LST』の3種類のラインナップ。 G410ドライバーには、可変式弾道調整ウェイトが搭載され弾道調整機能が付きました。 ピン G410ドライバー【LST】 【PLUS】【SFT】のソールには赤いラインが入っていますが、【LST】は赤いランがなくソールすべて黒で、より精悍な印象を受けるデザインになっています。 【PLUS】【SFT】のヘッド体積が455㎤であるのに対し、【LST】は450㎤で、やや小ぶりでシャープなヘッドになっています。 ヘッド体積の差は5㎤ですが、【LST】はディープフェイスであるため、構えた時には5㎤以上に、【PLUS】【SFT】よりもヘッドが小さく感じます。 また、【PLUS】【SFT】のが59. 5度であるのに対し、【LST】は58. 0度と、1. 5度フラットになっていて、つかまりすぎを抑えたヘッド形状と言えます。 25 45. 25 45. 25 フレックス ー 5S 6S 569S 661S 60S 70S 重量 g 40 54 63 59. 5 66 64 72 トルク 度) 5. 9 5. 6 3. 6 4. 5 3. 7 3. 5 2. 9 キックポイント 先 中 中 先中 先中 手元 手元 ピン G410ドライバー【LST】 試打 測定結果 使用した弾道測定器はで、ボールはブリヂストンのレンジボールです。 測定したヘッドとシャフト ロフト角は9度のヘッドを使用しました。 シャフトは、• PING TOUR 173-65 S• TENSEI CK Pro Orange 50 S• ALTA JCB RED S 」 の3種類を試打しました。 PING TOUR 173-65 S 測定結果 TENSEI CK Pro Orange 50 S 測定結果 ALTA JCB RED S 測定結果 ピン G410ドライバー【LST】 試打 レビュー やはり「PLUS」「SFT」に比べて、ボールがつかまりにくいです。 左へのミスを抑えたり、ふけ上がりを抑えたいゴルファー向けのクラブのようです。 今回試打した3つのシャフトの中では飛距離は「ALTA JCB RED」が最も出ました。 クラブスピードやボール初速も、最も大きい数値となりました。 他の2つのシャフトよりも0. 5インチ長いことによる部分が大きいとは思いますが、ボールを弾いている感じが最も体に伝わってきました。 方向性の安定感があったのは「TENSEI CK Pro Orange 50」でした。 飛距離もまずまず出ていて、筆者がこの3つの中で選ぶとすればこの「TENSEI CK Pro Orange 50」でしょうか。 「PING TOUR 173-65」は筆者の場合は慣れる必要があるかもしれません(筆者が普段使用しているシャフトが、50グラム台のトルク多め、です)。 PING(ピン) G410ドライバー LST 参考価格:62,100円(税別).

次の

ピン「G410 LST」ドライバー

ピン g410 ドライバー 評価

YouTubeアナライズチャンネル 最新動画はマーク金井がテーラーメイドM6ドライバーを試打しています すっかりスキーモードのT島です。 T島あんなに好調だったパターが不調でございます。 YONEXの新しいパターにしようか、にしようかなどと迷っておりますが、ゴルフ行ってないんですわ〜 こちらのパター、ロフト角、シャフトの挿入位置などが選べます。 ゴルフは行かないといいつつ、ピンさんの新製品が試せるチャンスがあるなら・・ 行くでしょゴルフ 新しいクラブは、やっぱりコースでチェックしたいです。 はい!ピンG410のドライバー G410プラスとG410SFTです。 LSTは6月ぐらいになるとかならないとか・・・大切なことなので繰り返しますが、G400(G30、Gもです)のスリーブとG410ドライバーのスリーブは互換性がありません!(まあぶっちゃけ、AmazonでG410用のスリーブを売り始めると思うので、それを買って入れ替えればOK) まずG410プラスドライバー えーっと・・・構えてみるとG400よりもちと大きいのでは?と感じる。 455ccって大きいねぶっちゃけ・・G400MAXっぽいです。 その平均飛距離をアップする感じ。 直進性が高いので、安心して振れるから一発の飛距離も出る感じのドライバー このウエイトですが、移動します。 かなり効果があります。 センター位置でドローになるので、フェードっぽく打ちたいなと思ったら、右の林へ飛んでいきました(汗)合理的な設計かと思います。 ピンさんは、エピックフラシュやM5、M6みたいな派手なテクノロジーは使っていませんが、大ヒットしたG400を進化させています。 試打会などでわかってもらえるかが心配ですが、使っているうちに手放せなくなりそうです。 ピンのドライバーですが、ソールするとフェースが開きます。 そしてピン顔って好き嫌いがはっきりしていますね。 そしてG410SFTドライバー こちらはウエイトがヒール寄りに固定されています。 このドライバーが一番ニュートラルかと思います。 たとえばMグローレのようなボールが捕まる!!!!!って感じじゃないですが、歴代のSFTよりも捕まりは良くなっています。 全然安心して使えるドライバーです。 でもスライサーがドローが打てるわけではありませんよ。 そこんとこ誤解しないでほしいです。 んでフェアウェイウッド ボールが上がりやすい。 スピン量が適量で扱いやすいです。 SFTは、ボールが捕まるのですがヘッドがメッチャでかく感じました フェアウェイウッドにはLSTというのがあります。 3Wだけでロフトが14. 5度でヘッドが小ぶり。 んでUT 試打できたのは22度の4UTでしたが、これはとても気に入りました。 T島的にUTを作るのが上手いなぁ と感じるのはピンです。 今回もいい感じでございます。 G400との差は可変スリーブになって、距離の調節ができるようになったことでしょうか?そもそもG400ハイブリッドも非常にできが良かったので、G400のハイブリッドが安くなっているので買うというのも悪くないと思います。 あG410ハイブリッドも買ってください んでこちら G410アイアン はい。 ピンっぽくない外観です。 えーっとこのアイアンですが飛びます。 フェースの弾きを感じます。 ロフト設定より気持ち飛ぶ感じがします。 フェースをターンさせるタイプのゴルファーだと、返さないと右に弱い球、返すと左という球がでますが、イマドキのドライバーを使いこなせる。 シャットなフェース使いの人は・・ これ好き・・ ってなるはず。 T島もアドレスの時のフェースのポジションがわかったら、いい球がでました。 ややオフセットが減ったので、気持ち右に出る感じがしますが、距離もしっかり出ます。 純正カーボンALTA J CB REDがタイミングが取りやすく扱いやすかったです。 えーっとかなり気に入ったんですけど・・・ ピンのセットウエッジ、UとかSとかLって歴代非常に使いやすかったんだけど ソールの感じはとてもいいんですけど、ほかの番手とフェースの構造が同じなんです。 30ヤード以内で、気持ち飛んでしまう気がして、今回のG410アイアンを買うなら 5〜Wまでにしましょうか・・・って感じです。 今回の新製品、各社ドライバーに注目が集まっているんですよね。 その中でG410のアイアンはかなり好きです。 コントロール性のある小さめのヘッドをうまく開閉して打つ人には扱いづらいかもしれません。 えーっと、ホントにキャロウェイとテーラーメイドが派手な宣伝合戦しているので、他社が地味な感じを受けますがピンのクラブは正常進化しています。 できれば試打会とかよりもレンタルして試してみると良さがわかると思います。 プロが打って飛ぶ。

次の