下痢 が 止まら ない。 病気かもしれない!下痢が続いて悩む時に考えられる原因まとめ

腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

下痢 が 止まら ない

スポンサーリンク 大便の状態は健康かどうかに大きく関わってきます。 下痢という便が柔らかい状態が続くと体にも負担がかかりますし、体力も消耗していくように感じるのは私だけでしょうか。 下痢の種類の中にはただ大便が柔らかいだけではなく水っぽい下痢もあります。 いわゆる水下痢というものですね。 おならがたくさん出るのが嫌で我慢していた人が便の状態が水下痢になってそれが続いている。。 ということもよくあるようです。 下痢という症状は腸が過剰に働くことにより消化物が吸収されることなく水分と便が多く混ざり合うことで水分量が多い便になります。 水下痢というのはその便の水分量がもっとも多い便の状態のことです。 水下痢になる原因としては一番最初に考えられるのがウィルスや最近に感染してしまうこと。 食中毒や食あたりなども水下痢の原因になります。 体の中の悪いものを出そうとして水下痢になるので一種の防御反応なのです。 なので体にとっては水下痢は悪いものを排除するための作用なのです。 冬の時期などはノロウィルスに感染してしまうお子さんやお年寄りも多いので注意が必要なんですね。 ウィルスに感染して起こる水下痢の場合、水下痢いがいに吐き気や腹痛もともないます。 もしそういう症状が出たら早めにお医者さんに診察してもらってくださいね。 スポンサーリンク よく水下痢とおならが続いて・・・というひとは過敏性腸症候群の可能性があります。 過敏性腸症候群の原因はこれといってはっきりしたものはないので診断が難しくなかなか治らなくて大変な思いをする人が多いのです。 過敏性腸症候群の原因のひとつとしてストレスが考えられます。 おならを我慢しているうちに腹痛や水下痢などになってしまった。。 というのはおならを気にするあまりにストレスで過敏性腸症候群を発症してしまう可能性が高いですね。 腸がもともと弱いと緊張する場面やストレスを感じる場面に面したときにそれがもろ腸を直撃してしまいます。 おならを出したくない出したくないと我慢するあまりに腸の調子が悪くなって・・・腸の調子が悪くなるとまたおならが出やすくなって。。。 と負のスパイラルが起きてしまうのです。 腸ってデリケートなんですよね。 普段から腸内環境をよくして腸の状態をよくすること。 ストレスなど感じてもそれをガス抜きできる手段をもつこと。 これらのことが大切になってきます。 水下痢になってしまっても慌てないで対処することも大事です。 水下痢になると体の外に水分が余計排出されてしまうので脱水症状になります。 これを補うことが大事です。 腸が弱いなと思う人は冷たい飲み物ではなく白湯や麦茶など体に優しい温かいものを少しずつ飲んで腸をいたわってくださいね。 スポンサーリンク.

次の

飲み過ぎで下痢が止まらない!そんな時の対処法とは

下痢 が 止まら ない

腹痛・嘔吐・下痢が止まらない!とっても辛い食あたりの治し方 家族が食あたりになってしまい、少しでも症状を軽くしてあげたい!けど、どうしたらいいかわからない…なんてこともありますよね。 こんな食あたりの症状に悩まされたこと、誰でも一度はありませんか?• 「お腹が痛い…」• 「吐き気がする…」• 「下痢がひどくてトイレから出られない…」 一度かかったら誰もが「もう二度とかかりたくない!」と強く思ってしまうほど辛い食あたり。 今回は私たちの身近に潜んでいる食あたりの原因と対処法について紹介していきたいと思います。 食あたり=食中毒!身近に潜む食あたりの原因と症状 食あたりというのは医学用語ではありません。 食品の毒に中る あたる で食中毒、つまり食あたりのことを医学用語でいうと食中毒といいます。 食あたりには大きく分けて二つの原因があります。 ウイルス その中でさらに複数の種類に分かれており、その原因や症状も様々です。 細菌 細菌による食あたりは主に 夏場 6月~8月 に多くみられます。 食品についていた細菌が体内で増殖して食あたりを引き起こす感染型と食品内で増殖した細菌が出した毒素をとりこんで起こる毒素型に分かれます。 細菌名 原因物質 特徴 潜伏期間 カンピロバクター菌 肉類 特に鶏肉 鶏や牛など家畜をはじめとし、ペットや野生の動物など多くの動物が保菌している。 通常、加熱調理で死滅するため、生肉を食べない、よく火を通すことで予防できる。 特に鶏肉の加熱が不十分で感染するケースが多い。 症状としては、腹痛・下痢・発熱・嘔吐・腹部の張りが起きる。 死亡例は少ないが、カンピロバクター菌に感染した数週間後に手足の麻痺や呼吸困難を起こす「ギラン・バレー症候群」を発生する場合もある。 2日~11日 腸炎ビブリオ菌 魚介類 海水の常在菌。 食塩濃度が0. 5%~10%で生育され、水温が高いほど緊密度が高くなる。 そのため、発生のピークは6月~10月となる。 症状は激しい腹痛 特に上腹部が胃痙攣のような痛み 、下痢、発熱、嘔吐があるが、症状は長くは続かない。 ただし、潜伏期間が短いほど重篤な症状が出やすい。 その場合、チアノーゼやしびれが起こることもある。 10~24時間 リステリア菌 食肉加工品・生乳製品 河川水や動物の腸管内など広く分布していますが、加熱により死滅します。 4度以下の低温でも菌が繁殖するため、冷蔵庫に入れていても菌が増殖する恐れがあります。 主に、胃腸炎症状がでますが、悪寒や発熱といったインフルエンザのような症状がでたりすることもあります。 健康な成人の方が感染しても、よほど多量に摂取しない限りは発症まで至らず、万が一発症しても軽度で自然に治るとされています。 ただし、高齢者や妊婦などの免疫力が低下している方は本来発症しない量のリステリアでも発症し、敗血症や髄膜炎など重篤な状態になることもあるので注意が必要です。 感染者の健康状態や摂取菌量などにより大きく左右されるが、平均数十時間 サルモネラ菌 肉類 特に鶏肉 ・鶏卵 河川水や動物の腸管内など広く分布しています。 加熱により死滅するので、鶏肉の加熱不十分や卵などの生食は新鮮なものに限るなど注意も必要です。 症状は吐き気や嘔吐から始まり、激しい腹痛、下痢、発熱がおこります。 6時間~3日 ウェルシュ菌 学校給食・カレー・作り置き料理など 冷ましたものや冷凍したものの解凍時の加熱によって食品内で増殖する。 ほとんどの場合、軽度の腹痛や下痢だけで、比較的症状も軽く、一日ほどで治る。 6時間~18時間 o-157 管出血性大腸菌 生肉(牛レバーなど) 大腸菌は、人の腸内にも存在し、そのほとんどは無害です。 ですが、まれに下痢や嘔吐、合併症を引き起こすことがあり、それが病原大腸菌と呼ばれています。 病原大腸菌の中でもさらに、毒素を出し、出血を伴う腸炎などを起こすものを腸管出血性大腸菌と呼びます。 症状は、激しい腹痛、下痢 血便 が起こります。 合併症が起きる場合も多く、幼児や高齢者は死亡率も高くなります。 感染の可能性がある場合には自己判断せず、ただちに医療機関へかかりましょう。 3日~9日 セレウス菌 米や麺類などの穀類 土壌などの自然界に広く生息します。 毒素を生成し、加熱や家庭用消毒薬でも死滅は難しい。 症状は嘔吐型と下痢型に分かれており、嘔吐型は吐き気や嘔吐、下痢型は下痢や腹痛が症状としてあらわれる。 嘔吐型:30分~6時間 下痢型:8時間~16時間 ボツリヌス菌 肉類の缶詰、真空パックなど、ハチミツ 土壌中や河川、動物の腸管などに生息しています。 酸素のないところでも増殖するため、真空パック、缶詰や瓶詰といった保存食品にも生息することができます。 症状はめまい、頭痛、汗の分泌障害が起こりますが、呼吸困難、発生困難などの神経障害が起こることもあります。 また、1歳未満の乳児にハチミツを与えると、乳児ボツリヌス症を発症する恐れがあるため、絶対に与えてはいけません。 8時間~36時間 黄色ブドウ球菌 おにぎり、サンドイッチ、弁当など 皮膚常在菌が食品へ移行し、食品表面で増殖、毒素を生成します。 黄色ブドウ球菌は加熱では死滅できません。 症状は腹痛、嘔吐、下痢、筋肉痛などが起こります。 重症化することは少なく、通常24時間以内に症状は治まります。 1~4時間 ウィルス 少量の菌でも発症するため、感染力が非常に強く集団感染なども起こりやすい。 ウィルス名 原因物質 特徴 潜伏期間 ノロウイルス 牡蠣などの二枚貝や二次感染 感染力がとても強く食あたりになった人の年間約半分はノロウィルスが原因です。 特にそのうち約7割は冬の時期(11月~2月ごろ)に発生しています。 ノロウイルスは主に調理をする人間を通じた食品汚染により発生するため、調理をする人は消毒や二度洗いをするなど、念入りに手洗いを行いましょう。 二次感染を防ぐため、周りで嘔吐物などを処理する場合に床や衣類などを塩素消毒することが効果的です。 症状は発熱、吐き気、嘔吐、下痢や腹痛が起こります。 嘔吐や下痢が強くでるため、脱水症状になる危険もあるため、水分を補給することがままならないほどの吐き気がある場合は医療機関に行くほうがいいでしょう。 1日~2日 ロタウイルス 二次感染 二次感染が主なため、直接食品が原因ではないが、食あたりと同じような症状 嘔吐、下痢、発熱 が出ます。 特に2歳未満の乳幼児が発症しやすく、大人は感染しても症状が重くならないことも多いです。 白色の水便がでたり、高熱が出たりするため、乳幼児は重症度が高いためロタウイルスの疑いがある場合は速やかに医療機関で診てもらいましょう。 1日~3日 他にも、フグ毒や毒キノコなどの自然毒や化学物質の誤飲による食あたりもあります。 自然毒や化学物質による食あたりの場合、命に危険がある可能性も考えられますので、速やかに医療機関を受診してください。 早く治したい!少しでも緩和したい!食あたりの対処法 食あたりの症状は、基本的には嘔吐や下痢によって体外へ原因となる細菌やウイルスを排出することで徐々に治まってきます。 でも、吐き気や嘔吐、下痢といった症状はとても辛いのでできるだけ症状を早く和らげたいですよね。 病院に行き、処置をしてもらったり薬をもらったりすることが回復の近道なのは間違いないですが、食あたりは症状によってはセルフケアで回復できることも多いです。 その場合、この4点に気を付けましょう。 水分補給をしっかりする 下痢や嘔吐により、水分だけではなく、ナトリウムやカリウムなども失ってしまうので、スポーツドリンクが効果的です。 ちなみにスポーツドリンクそのままだと糖分が多いため、2倍3倍に薄めて飲むとさらに良いでしょう。 食物繊維を多く含む食品や香辛料・油が多く含まれる食品は避ける 細菌やウイルスにより胃や腸が弱っています。 刺激を与えたり、負担をかけたり、腸の運動を活性化させる食品は避けましょう。 睡眠をたっぷりとる 嘔吐や下痢といった症状は体力を奪います。 体を正常に戻すには十分な睡眠をとって体に休息を与えることが重要です。 嘔吐や下痢がつらく、なかなか寝付けないという場合は横になっているだけでもかまいません。 これはNG!逆効果になる対処法 また、辛い症状を少しでも緩和するために良かれと思ってしたことが逆効果になってしまうこともあります。 市販の下痢止めを飲まない 下痢は辛い症状ですが、体内に入った細菌やウイルスを体外へ排出しようとする自然な反応です。 薬で無理に止めてしまうと、細菌やウイルスを体内に留めてしまうために症状が長期化したり悪化したりする恐れがあります。 それでもどうしても辛い場合は市販薬に頼らず、医療機関で適切な薬を処方してもらってください。 吐き気・嘔吐があるときは無理に飲食をしない 水分補給や栄養補給は大事ですが、吐き気・嘔吐の症状が強く出ているときは、無理に飲食しないほうがいいでしょう。 無理に飲食をし、すぐに吐いてしまうと飲んだ以上の水分を吐いてしまうこともありますし、さらには食道を傷つけてしまったり、体力が奪われ衰弱してしまったりする恐れがあります。 嘔吐の後、少し時間をおいてから口に少量の水を含んでみたり、少しずつ何回かに分けて飲んでみたりするといいでしょう。 油断禁物!食あたりをあまくみずに医療機関へ 今回紹介した対処法はあくまでセルフケアできるレベルの食あたりの対処です。 乳幼児や高齢者といった免疫力の低い方• おしっこが半日以上出ない• 長時間下痢が続く• 血便が出る• 便の色が赤や黒、白、緑など普段と違う• 呼吸困難や意識障害など神経障害がみられる場合• 自然毒 毒キノコやフグ を食べてしまった場合• 水分すら摂取できずに脱水症状が出ている場合 このような症状がある場合や症状があまりにひどいときには、もしかするとほかの原因が隠れていたり、医療機関の助けが必要だったりするときもあるかもしれません。 決して無理をせず、辛いときにはお医者様に診てもらい、適切な処置をしてもらいましょう。

次の

水下痢が止まらない原因は?腹痛なしでも注意したい病気!

下痢 が 止まら ない

下痢に隠された病気!3つのチェック項目とは!? 下痢になったとき、あなたの体に病気が隠されているかもしれません。 便は、体の病気を知るサインにもなるのです。 そんな病気を見逃さないために、3つのチェック項目をそれぞれ見ていきましょう。 それぞれの違いについて見ていきましょう。 急性の下痢 急性の下痢は、下痢を発症してから数日で症状が治まることが多いです。 細菌やウイルス、寄生虫の感染によって引き起こされます。 また一方で、暴飲暴食やお酒の飲み過ぎ、食物アレルギーなどで引き起こされることが多いです。 また、下痢とともに発熱や腹痛を伴うことが多いというのも特徴です。 代表的な病気 ノロウイルス感染、食中毒、急性胃腸炎などがあります。 慢性の下痢 慢性の下痢は、日常的に下痢の症状を示し、長い期間下痢の症状が続くことがあります。 ウイルスや細菌による感染性の場合もありますが、そのほとんどは非感染性のものが多いです。 代表的な病気 潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性大腸炎などがあります。 潰瘍性大腸炎とクローン病はどちらも難病と言われており、治療薬はありません。 下痢の他に、血便・腹痛・発熱・貧血を伴うことがあります。 この二つは病気の症状が似ており、非特異性炎症性腸疾患とも呼ばれて、主に若い人に発症することが多いと言われています。 それに対して、過敏性大腸炎は難病ではなく、ストレスなどの環境下で精神的に不安な状況が続くと起こることが多いとされています。 日本人の3人に1人が過敏性大腸炎を患っているとされています。 血便の特徴ごとに、考えられる病気について見ていきましょう。 便の色ごとに、考えられる病気について見ていきましょう。 まとめ 一言に下痢と言っても、便の性状で様々な病気が隠れていますね。 今回ご紹介した3つのチェック項目において考えられる病気のほとんどは、 病院で抗生剤の治療やきちんとした診断を必要とするものが多いので、チェック項目に当てはまる場合は病院を受診しましょう。 早期の対応が症状を早く和らげることにつながります。 上記のチェック項目を参考にしてください。

次の