引越し エアコン サカイ。 便利なサービス|【公式】サカイ引越センター 引越しの見積もりは引越しのサカイへ

引越しでエアコンを処分するにはどうしたらいいの?

引越し エアコン サカイ

死亡事故まで起こっている、エアコン取付工事をされました。 【注意】 サカイ引越センターとエレコンからの、隠蔽工作と、小馬鹿にした対応と嫌がらせが続く。 パナソニックは、日本冷凍空調工業会の役員だが、法規違反をしてまで、サカイ引越センターの電気工事を支持をしている。 サカイ引越センターのエアコン電気工事は、株式会社エレコンが行った。 2013年6月16日 エアコンのスイッチを入れると 室外機から、焦げ臭いにおいがし 発煙 サカイ引越センターに電話を入れると 総勢6名が自宅に 嫌がらせ をしに来た。 株式会社エレコン 兵庫支店支店長 行待弘喜• サカイ引越センター 営業 藤田• サカイ引越センター 支店長 山田• エレコンの工事担当者 桃田(今回の電気工事をした人)• パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社 姫路サービスセンター技術チーム 主事 中嶋秀行• エレコン桃田は、引越中に落ちた埃が、発煙の原因と説明。 パナソニック中嶋秀行は、 「発煙の原因の判定」として、を主張。 しかし、室外機点検を行う準備もせずに来て 夜間の為、近隣への迷惑もあり、工具を使用しない室外機の点検しか行っていない。

次の

サカイ引越センターの不用品回収・買取サービスと料金相場

引越し エアコン サカイ

エアコンを旧居から新居へ持っていく場合、引越し業者にお願いすれば問題ありません。 ただし、引越し業者は エアコンの• 取り外し• 取り付け に関しては、提携している専門業者にお願い 外注 するため、あまり値引きが効かず全体的な料金が高くなってしまうところでもあります。 古いエアコンの場合でしたら、その後の電気代等も計算して、買い替えを考えた方が良いかもしれません。 このエアコン引越し料金は、業界的に相場があって、大きな差が付くところではありませんが、アリさんとサカイさんで料金を比較しましたので参考にしてみてください。 また、トラブルが起こりやすいところでもありますので、大きな問題が起こらないように注意点もまとめておきました。 アリさん 「アリさんマークの引越社」で、旧居にあるエアコンを外して、そのまま廃棄していくという場合は、• 取り外し+処分:6825円 となります。 次に旧居から新居に持っていく場合には、いくつかパックのプランがあります。 基本工事:11550円• スーパーパック:21000円• 化粧カバーパック:25000円 プランの違いについては非常に大事なところです。 まず 1 基本工事は「旧居で取り外して新居で取り付ける」のみの作業となります。 もし取り付け時に追加の作業が発生することになると、どんどんと料金が増えていく可能性があります。 続いて 2 スーパーパックは、エアコンと室外機を結ぶパイプ ホース の延長が6メートルまで可能となります。 また「ガス量の確認と補充」「電圧切替」の作業量も含まれますので、少し高くなりますが想定外の追加料金を防ぐためには、このプランが安全です。 3 化粧カバーパックは、室内と室外のパイプ部分に見栄えの良い化粧カバーを付ける作業が 2 に加わります。 外観にもこだわる方は 3 がお勧めです。 サカイさん 「サカイ引越センター」の方がアリさんより少し値段が安くて、• 取り外し+処分:5000円 となっており、エアコン引越しパックもアリさんに比べて、少しずつ安くなっています。 アリさんとパックの名前が違う部分がありますが内容はまったく同じです。 基本工事:10000円• スーパーパック:19000円• スリムダクトパック:23000円 トラブルを回避する為の注意点 繰り返しの部分もありますが、エアコンの引越しに関しては 「どのパックを選ぶか?」ということが非常に重要です。 ここを考慮しておかないと、引越し当日に数万円レベルで追加料金が発生することにも成りかねません。 特に気をつけてもらいたいのがエアコンと室外機を結ぶパイプの長さです。 もし新居での取り付け時にパイプの長さを追加することになると1メートルにつき3000円の料金が発生します。 リビングにエアコンを取り付ける場合などはベランダに置く室外機まで数メートルのパイプが必要になるケースはザラにありますので、あっという間に5メートル 1万5000円分 延長ということになってしまいます。 ですから、追加料金の発生を防ぐために、新居に下見に行ったときにエアコンを取り付ける場所と室外機の場所を確認して、パイプの長さを計算しておくことが必要です。 そして、判断が微妙な時、よくわからない時は、少し高くなりますが 2 のパックを選んでおいた方が無難だと思います。 アリさんもサカイさんも、引越し当日になってのエアコンパックのプラン変更は不可能ですし、取り付け業者は容赦なく追加料金を要求してきますので、 2 のプランを選んでおくことが一番効果的な対策だと考えられます。 その他のエアコン引越し方法 エアコンを旧居から移動する方法には、引越し業者に依頼する以外にもいくつか手段がありますので、合わせて紹介していきたいと思います。 (1)専門業者に依頼する エアコンだけを 専門業者に依頼するという方法もあります。 最近では、引越し業者を通して依頼するよりも低価格で受注しているところも増えてきているので、引越し費用を安くしたいという方は、この方法を検討してみるのもアリだと思います。 この場合、• 引越し業者• エアコン業者 の2社と自分で連絡を取り合って、スケジュール調整する手間が発生します。 このデメリットが嫌でなければ、節約の為に試してみましょう! (2)思い切ってエアコンを買い換える 少し古いエアコンを使っている方は、 思い切ってエアコンを買い替えてしまうのが得策だったりします。 買い替えのメリットとしては、• 新型の方が電気代が安くなる• 配送先を新居にすればエアコン廃棄のみとなり作業が減る(廃棄は引越し業者に依頼可能) となるからです。 トラブルが起こりやすいのは、旧居で取り外したエアコンを新居に設置する時なので、そのリスクが無くなるというのも買い替えの大きなメリットです。

次の

サカイ引越センターでの単身・家族別の見積もり料金相場と口コミ・評判|引越し侍

引越し エアコン サカイ

エアコンの引越しには2つのパターンがあります。 エアコンだけを移動したい• 引越しに合わせてエアコンも移動したい 結論から言ってしまえば、• (1)エアコン専門業者に依頼する 住居の引越しとは関係なく 「エアコンだけを移動したい」という方は、エアコンの移設を専門にやっている業者にお願いしましょう。 引越し業者のオプションを利用するよりも安く済ませることができます! 料金は業者によりけりなところはありますが、• 取り外し• 取り付け のセットで「2万円前後」が相場です。 専門業者はネットで探せばたくさん見つかりますが、 「取り外し+取り付けのセットで8,000円〜」という料金設定で行っているエアコンサポートセンターがオススメです。 料金は見積り後に出されるので、実際はもう少し高くなってしまうのですが、それでも「1万円前後だった」という口コミが多いです。 他の専門業者より、かなり安くエアコン引越しができます。 (2)引越し業者のオプションで依頼する 引越し業者は「エアコン引越しにも対応している」ので、わざわざエアコン専門業者に依頼する必要はありません。 料金を安くしたい場合は別途、エアコン専門業者にお願いしても良いとは思いますが、引越し業者にまとめてお願いした方が手続きが簡単になるというメリットがあります。 業者が用意しているエアコン引越しプラン プランとしては、大手なら 大体3つのコースを用意しています。 今回は代表して「アリさんマークの引越社」と「サカイ引越しセンター」を参考にして料金を出しています。 基本工事:1万〜1万2千円 当日に追加費用のリスク高• スーパーパック:1万9千円〜2万1千円 追加費用分も込み• 化粧カバーまで取付:2万3千円〜2万5千円 追加費用分も込み 基本工事を見ると、一見安くできそうに思ってしまいますが、単純な取り外しと取り付け作業だけのコースなので「ホースの延長」などが発生すると、いちいち追加料金が発生してしまうリスクがあります。 ちなみに、引越し業者もエアコンに関しては外部に委託していますので、技術的なところは本職の専門の方がやってくれるので心配いりません。 参考:エアコンの廃棄費用 エアコンを買い替えるから「今使っているやつは捨ててしまおう」と、お考えの方もいるかと思いますが、その場合も「処分費用(廃棄費用の相場は5千円)」が必要になってきます。 基本工事コースの落とし穴 先ほども少し説明しましたが、大手の引越し業者は、エアコンの引越しコースの中に、一番値段の安い「基本工事コース(作業内容は取り外しと取り付けのみ)」というものを用意しています。 相場が2万円なので「これは安い!」ということになるのですが、 このコースは危険がいっぱいです。 「当日に追加料金が発生しやすい(ほぼ発生してしまう)」という罠が潜んでいるのです。 なぜなら、エアコンの取り外しと取り付け時には、• ホース(パイプ)の交換、延長• ガスの補充 が、ほとんどの場合で発生することになるにも関わらず、基本工事コースには、その料金が含まれていないからです。 他にも、コンセントの形状変更が必要だったり、特別な工事が必要になったりという可能性もあります。 例えば、• パイプは1メールにつき2,000円程度で5Mほど追加• ガスの補充で1万円弱 かかった場合、それだけでも、あれよあれよと追加料金が2万円〜3万円ということになってしまいます。 引越しに慣れていない方は、まさかそんなに追加費用がかかるとは思いませんから、追加費用分まで含まれている2万円の「スーパーパック」ではなく、1万円の基本工事コースを選んでしまいまいがちです。 そして、当日になって追加費用を3万円も要求されて、基本料金と合わせて4万円になったりというトラブルが発生してしまいます。 しかも、当日には絶対にコース変更は認めてくれません。 ですから結果的に、古いエアコンを高値で引っ越すくらいなら、「新しく購入した方が良かった」なんてことにもなりかねません。 かくいう、私もトラブルに遭ったひとりです。 トラブル体験談 私が始めて引越し業者にお願いして引っ越しをした時のことです。 5年ほど使っているエアコンを持っていこうか、買い替えしようか迷っていたところ「業者が1万円で持っていってくれる」ということでしたので、「買い替えよりかなり安く済む!(ラッキー)」と思ってお願いしました。 移動時のガスの補充やパイプの説明も受けましたが、業者の方もあっさり説明してましたし、費用が発生することはレアケースだと思いました。 そして、引っ越し日の当日ではなくて、その翌日にスケジューリングされたエアコン取り付け日にトラブルは起こりました。 担当の専門業者が取り付けの際に見積もった追加料金が 3万8千円という驚きの金額だったのです。 既に、基本工事の料金として事前に1万円を支払っていますから合計で4万8千円です。 新品でエアコンを買う時の最安値の価格帯にまで届く金額にまでなってしまったのです。 私は、その金額を聞いた瞬間から、怒りのスイッチが入ってしまい、専門業者の方には少し待ってもらって、引越し会社に電話をしました。 「こんな金額になるなんてありえない。 どうにかしてください。 」 と交渉したのですが、引越し会社の担当者は事前にきちんと説明したの一点張りで、まったく譲歩もしてくれないのです。 そして、20〜30分くらいラチの開かない話し合いが続き、結局は専門業者の見積もり金額どおりに、こちらが支払うことになり、大変、悔しい思いをしました。 私としては、エアコンの移動は、そういう金額になる可能性があるということを、引越し会社がしっかりと説明する義務があったはずだと今でも思っています。 追加料金が発生しないエアコンプランを選択しよう! ですから、皆さんがエアコンの引越しをする際には、追加に発生する費用のことを、業者にしっかりと確認しておいてください。 また、仮に「一番安いコースでも大丈夫そう」と思ったとしても、安全策を取って 追加料金なしのオプションパックを選択することをお勧めします。 新品を購入できる金額で、古いものを移動することは本当にむなしさだけが残ってしまいますから。 余計に増えてしまう1万円の分は、一括見積もりを活用することで、「引越し料金」の方で値引きをして取り戻しましょう! 2社以上で比較することで、軽く1万円以上は安くなると思います。 また、当サイトで紹介している見積もりサイトからは、追加料金込みの「スーパーパック」を用意している大手業者と連絡を取ることができますので、下記よりぜひご活用ください。

次の