ストレンジャー シングス 意味。 ダスティンと名言で読み解く『ストレンジャー・シングス』

必読!今さら聞けない「ストレンジャー・シングス」超ガイド! (1/3)

ストレンジャー シングス 意味

理由1. 80sの再現度が高い 1つ目のストレンジャー・シングスがおもしろい理由は、「 80sの再現度が高い」です。 ストレンジャーシングスは 1980年代を舞台にしており、シーズン1は1983年、2は1984年のインディアナ州が舞台になっています。 監督であるザ・ダファー兄弟が実際に 80年代当時に体験したことが盛り込まれており、親の監視が現代よりも緩かったり 子どもだけで夜中にでかけるなど 、線路の上を歩いて冒険するといった80年代だからこそできた描写もあります。 また、シーズン2でははじめて都会が登場し、80年代 パンクも登場します。 そしてもちろん、携帯電話など存在しない時代なので、 トランシーバーが主な通信手段として活躍します。 80年代を生きた人はもちろん、 80年代を知らない若者も、きっとこの世界観に魅了されるはずです。 理由2. キャラクターが魅力的 2つ目のストレンジャー・シングスがおもしろい理由は、「 キャラクターが魅力的」です。 監督のザ・ダファー兄弟は、ストレンジャーシングスのキャラクター制作にあたって、 あえてステレオタイプを元につくるようにしたそうです。 例えば、主人公の少年たちのパーティ グループ には ダスティンというぽっちゃり系の少年がいるのですが、彼は典型的な ムードメーカータイプです。 80年代の映画には彼のようなムードメーカーが必ず1人いました。 高校生のスティーブはイケメンでモテる スクールカーストの上位、対してジョナサンは音楽と写真オタクで カーストの下位という構造もわかりやすいです ジョナサンの逆転劇にも注目。 また、シーズン2から加わるビリーは 典型的な手のつけられないワルで、主人公たちの邪魔をしてきます。 このように、典型的なアメリカのステレオタイプを元にキャラクターが構成されているので、 初めて見るのに初めてじゃない感覚ですんなりと世界観に入っていけます。 現代を舞台にした作品であれば、 多様性を重視しなければならないのでこのようなステレオタイプはなかなか描くことができません。 80年代が舞台の作品だからこそ描けるキャラクター像が魅力的なのです。 理由3. シーズンごとに話が完結する 3つ目のストレンジャー・シングスがおもしろい理由は、「 シーズンごとに話が完結する」です。 海外ドラマにありがちな、すごく良いところでシーズンの最終回を迎えてしまうということは、ストレンジャーシングスでは まずありません。 シーズン1はウィルの失踪事件、シーズン2は研究所との戦いを描いていて きちんと完結します。 ただ、最後にちょっとだけ 続編を匂わせるような演出があるだけです。 このように、ストレンジャーシングスの 脚本はとても良くできていて、 矛盾点やツッコミどころも少ないです。 というよりも、 後で突っ込まれそうなシーンは、事前に説明を入れているケースが多いです。 例えば、「どうして銃を借りてモンスターと戦わなかったの?」というツッコミが入りそうな場面では、銃はもらったけど、緊迫感のあまりうっかり置いていってしまうというシーンを 意図的に入れています。 ストレンジャーシングスはすでに シーズン4で完結することが予告されていて 参考: 、人気が高いからといって 無理に話を引き延ばす予定もないそうです。 この脚本へのこだわりが、ストレンジャー・シングスがおもしろい理由の1つなのかもしれませんね。 最後に 今回は、「 ストレンジャー・シングスがおもしろい3つの理由」についてご紹介しました。 もちろん、この他にも、 あまりにもかっこよすぎるオープニングや音楽、映像の美しさもストレンジャー・シングスの魅力です。 ストレンジャーシングスシーズン2は、 配信開始から3日で1,560万人が視聴したと言われており、シーズン3の配信にも期待がかかっています。 ストレンジャーシングスはこれほどまでの人気に関わらず、視聴方法は ネット配信のみで、DVD等はリリースされていません。 作品の舞台は80年代ですが、 製作と視聴方法は最新式というのも、ストレンジャー・シングスの魅力ですね。 皆さんもネットフリックスでストレンジャーシングスを楽しんでみてはいかがでしょうか。 視聴はこちら: Netflixで「」を観よう.

次の

SF嫌いな私の【ストレンジャー・シングス】感想~Netflix海外ドラマ(ネタバレなし)

ストレンジャー シングス 意味

理由1. 80sの再現度が高い 1つ目のストレンジャー・シングスがおもしろい理由は、「 80sの再現度が高い」です。 ストレンジャーシングスは 1980年代を舞台にしており、シーズン1は1983年、2は1984年のインディアナ州が舞台になっています。 監督であるザ・ダファー兄弟が実際に 80年代当時に体験したことが盛り込まれており、親の監視が現代よりも緩かったり 子どもだけで夜中にでかけるなど 、線路の上を歩いて冒険するといった80年代だからこそできた描写もあります。 また、シーズン2でははじめて都会が登場し、80年代 パンクも登場します。 そしてもちろん、携帯電話など存在しない時代なので、 トランシーバーが主な通信手段として活躍します。 80年代を生きた人はもちろん、 80年代を知らない若者も、きっとこの世界観に魅了されるはずです。 理由2. キャラクターが魅力的 2つ目のストレンジャー・シングスがおもしろい理由は、「 キャラクターが魅力的」です。 監督のザ・ダファー兄弟は、ストレンジャーシングスのキャラクター制作にあたって、 あえてステレオタイプを元につくるようにしたそうです。 例えば、主人公の少年たちのパーティ グループ には ダスティンというぽっちゃり系の少年がいるのですが、彼は典型的な ムードメーカータイプです。 80年代の映画には彼のようなムードメーカーが必ず1人いました。 高校生のスティーブはイケメンでモテる スクールカーストの上位、対してジョナサンは音楽と写真オタクで カーストの下位という構造もわかりやすいです ジョナサンの逆転劇にも注目。 また、シーズン2から加わるビリーは 典型的な手のつけられないワルで、主人公たちの邪魔をしてきます。 このように、典型的なアメリカのステレオタイプを元にキャラクターが構成されているので、 初めて見るのに初めてじゃない感覚ですんなりと世界観に入っていけます。 現代を舞台にした作品であれば、 多様性を重視しなければならないのでこのようなステレオタイプはなかなか描くことができません。 80年代が舞台の作品だからこそ描けるキャラクター像が魅力的なのです。 理由3. シーズンごとに話が完結する 3つ目のストレンジャー・シングスがおもしろい理由は、「 シーズンごとに話が完結する」です。 海外ドラマにありがちな、すごく良いところでシーズンの最終回を迎えてしまうということは、ストレンジャーシングスでは まずありません。 シーズン1はウィルの失踪事件、シーズン2は研究所との戦いを描いていて きちんと完結します。 ただ、最後にちょっとだけ 続編を匂わせるような演出があるだけです。 このように、ストレンジャーシングスの 脚本はとても良くできていて、 矛盾点やツッコミどころも少ないです。 というよりも、 後で突っ込まれそうなシーンは、事前に説明を入れているケースが多いです。 例えば、「どうして銃を借りてモンスターと戦わなかったの?」というツッコミが入りそうな場面では、銃はもらったけど、緊迫感のあまりうっかり置いていってしまうというシーンを 意図的に入れています。 ストレンジャーシングスはすでに シーズン4で完結することが予告されていて 参考: 、人気が高いからといって 無理に話を引き延ばす予定もないそうです。 この脚本へのこだわりが、ストレンジャー・シングスがおもしろい理由の1つなのかもしれませんね。 最後に 今回は、「 ストレンジャー・シングスがおもしろい3つの理由」についてご紹介しました。 もちろん、この他にも、 あまりにもかっこよすぎるオープニングや音楽、映像の美しさもストレンジャー・シングスの魅力です。 ストレンジャーシングスシーズン2は、 配信開始から3日で1,560万人が視聴したと言われており、シーズン3の配信にも期待がかかっています。 ストレンジャーシングスはこれほどまでの人気に関わらず、視聴方法は ネット配信のみで、DVD等はリリースされていません。 作品の舞台は80年代ですが、 製作と視聴方法は最新式というのも、ストレンジャー・シングスの魅力ですね。 皆さんもネットフリックスでストレンジャーシングスを楽しんでみてはいかがでしょうか。 視聴はこちら: Netflixで「」を観よう.

次の

「ストレンジャー・シングス」シーズン4はいつ配信?ホッパーは ?ストーリー考察も!|Enjoyブログ

ストレンジャー シングス 意味

ストレンジャー・シングス シーズン3予告 シーズン4への伏線 「ストレンジャー・シングス」のクリエイターであるマット&ロス・ダファー兄弟は、「Entertainment Weekly」でシーズン4の構想は語っているようです。 シーズン4はシーズン3とまた違う感じのストーリーになるとのことです。 どういったストーリーになるのか、少しこれまでのシーズンの中であったふせんも踏まえ振り返ってみます。 シーズン3 クライマックスの伏線 シーズン3までは、1980年代前半アメリカのインディアナ州ホーキンスという架空の小さな街で起きていましたが、シーズン3の最後にバイヤーズ家とイレブンが街を出ることになるので、おそらくホーキンス以外のところで、ストーリーが続くのではないかと考えられます。 もしくは、マイクがイレブンにクリスマスにパーティーをここでやろうと約束をしていたので、ホーキンスに戻ってきた時に、何か事件が起こる可能性も予測できますね。。 また、クライマックスで、ジョイスとホッパーが決死の覚悟でゲートを閉じ、マインド・フレイバーを倒したはずでしたが、ソ連のカムチャッカ半島で、一人のドイツ人がデモゴルゴンに牢屋で襲われるシーンで終了します。 これは明らかにシーズン4へのふせんだと考えて間違いないのではないかと、誰もが予想できそうな終わり方でした。 おそらくまたソ連とアメリカの関係性が関わってきそうですが、一体なぜデモゴルゴンが生きているのか、デモゴルゴンを使って何をしようとしているのか、このあたりが次回の物語に鍵になりそうです。 ホッパーは本当に死んだのか シーズン1からシーズン3まで警察署長、そしてジョイスと親しい関係にあり重要な役割を果たしてきましたが、シーズン3の最後で爆発により完全に消し飛んでしまい、死亡しました。。 がこれには少し疑問が残ります。 シーズン1では、イレブンが超能力を使って、デモゴルコンを自分ごと消し去りますが、結果的にはパラレルワールドに移動して、生きていました。 もしかしたら、あのキーとゲートの爆発と同時にパラレルワールドに移動して、その世界の中で生きているのではないかということも考えられます。 3ヶ月経っても戻っていないのは、おそらくゲートが完全に閉じてしまっているので、通常の世界に戻ってこられないという可能性も考えられます。 またシーズン3の最後にソ連の刑務所で軍人が捕まっている 「アメリカ人」について話していましたが、これがホッパーではないかというファンの中でも予想されているようです。 視聴者としては、ぜひシーズン4でも復活して活躍してほしいですね。 腕に刻まれた数字の意味 シーズン2で出てくるカリの8とエルの11。 彼女たちは同じ研究所に監禁されていた義兄弟ということでしたが、この数字の意味についてはまだ謎のままです。 なぜ彼女らにこの数字が刻まれているのか、そして、8や11以外にも当然数字があっても良いのではないかと予想できます。 おそらく同じ研究所で他にも何人かの人間が同じように監禁され、実験に使われていた可能性があり、同じように超能力を使うことができる人間がいるのではないかと思われます。 このあたりの謎についても、おそらくシーズン4もしくはそれ以降に明らかになっていくのではないかと考えられます。 シーズン4の配信時期 シーズン3が2019年7月4日と配信されたばかりで、シーズン4はまだNETFLIXでも制作発表を行なっていないので、当分先になることは間違いないでしょう。。 いずれにしてもファンとしては、次回シーズンが待ち遠しいですね。 いずれにしてもファンとしては、次回シーズンが待ち遠しいですね。 まとめ 今回は、「ストレンジャー・シングス」シーズン4のストーリー、配信時期、予想を書いていきました。 まだまだ謎が残りますが、ストーリーも徐々に物語の確信に迫っているので、次回作も見逃せないですね。

次の