とびひ リンデロン。 とびひの薬は何が良い?ゲンタシン?リンデロン?

とびひの治療薬!!市販薬や自宅でのケア方法も!

とびひ リンデロン

とびひの薬ゲンタシンとはどんなお薬? とびひの薬で良いといわれているゲンタシンというお薬ですが、どうしてとびひに効果があると言われているのかをご存知ない方もいると思うので説明いたします。 ゲンタシン軟膏というのは軟膏で処方されるお薬で、 細菌感染を起こしてしまった皮膚炎などに効果があると言われている殺菌作用のある軟膏です。 アミノグリコシド系の抗生物質が配合されており、とびひの原因と言われている黄色ブドウ球菌などにも効果を発揮してくれるお薬なのです。 どんな効果があるのか? ゲンタシン軟膏はレンサ球菌属やエンテロバクター属、プロテウス属、プロビデンシア族、クレブシエラ属、緑膿菌などなどの細菌にも効果があります。 感染してしまうとびひにも処方され、 二次感染などを防ぐ目的でも処方していただけるお薬なのです。 このお薬は単品で処方される事もありますが、とびひなどの二次感染が予想される場合には、他の抗ウィルス系のお薬と一緒に処方される事もあるようです。 ゲンタシンには副作用がないの? ゲンタシンはいわゆる ステロイド系のお薬ではありませんので、抗菌作用があるといっても副作用の報告は殆ど無いと言われています。 すると安心して使えるのか!と思うかもしれませんが、全くないという事ではないので用法用量を守ってお使いください。 ちなみにごく稀にですが、耳鳴りを感じたりめまいが起こったりする事もあるようですが、長期間使い続けた結果であるので長期間使わないようにするなど、 用法用量をしっかりと守って使いましょう。 全てのとびひに効果があるわけではない! ゲンタシン軟膏はとびひにとても効果がある薬だと言えるのですが、実はとびひの中でも ぐじゅぐじゅになってしまったような場合には効果がないと言われています。 その場合には別の薬を使う方が良いので使用をやめ、病院に行ってとびひの状態にあう薬を処方していただくようにしてくださいね。 とびひの薬リンデロンとはどんなお薬? リンデロンというのはどのようなお薬なのかというと、この薬はいわゆる ステロイド系のお薬ですので、もしも持っていたらとびひに塗ろうとはしない方がいいでしょう。 なぜならば、とびひの中にはステロイド系の薬を塗る事によって、治るどころかひどくなってしまう事があるからなのです。 例えば リンデロンを塗っても大丈夫なとびひというのは、じゅくじゅくとしている水疱が無い場合のとびひのみで、使い方を間違えてしまうととんでもない事になってしまいます。 余計にひどくなって重症化してしまう事が多いと言われていますので、リンデロンをやたらととびひに塗らない方がいいでしょう。 リンデロンはどんな薬なのか? リンデロンは基本的に炎症が起きている皮膚炎に適しているのですが、ステロイドというのは皮膚の免疫を落としてしまう事があるため、 細菌が増殖しやすくしてしまう欠点を持っています。 なので水疱などがあるとびひに使ってしまうと余計にひどくしてしまう事になるわけです。 リンデロンがあったからといってとびひに塗ってしまうと、余計にひどくなってしまい驚く程広がってしまう事があるというわけなのです。 リンデロンは病院でしっかりと症状を診て頂いてから処方してもらったものを塗るようにした方がいいでしょう。 とびひの薬を塗る時の注意とは? とびひの薬を塗る時にはまず 患部をしっかりとキレイにしてあげてから塗るようにしましょう。 まず患部をしっかりと石鹸をつけて触らないようにして泡で洗ってから、シャワーを使ってしっかりと石鹸を洗い流してください。 その後はしっかりと水分を拭き取ってから抗菌作用のある軟膏をぬり、ガーゼなどで保護してあげる必要があります。 定期的に薬を塗ってあげなくてはなりませんが、その都度キレイに洗い流してあげるといいですね。 あとがき いかがでしたか? とびひのお薬の中でも有名なリンデロンとゲンタシンの薬の説明をしてみました。 とびひはとても身近な皮膚病の一つなので、できればとびひにならないように注意をしてあげるといいですよね。 また、ひどくなってしまう事があるので、できるだけ リンデロンは素人判断では使わない方が良いという事もわかっていただけたら幸いです。 カテゴリー•

次の

とびひの薬は何が良い?ゲンタシン?リンデロン?

とびひ リンデロン

一方、「リンデロンV」という塗り薬もあります。 「G」が付くやつと付かないものがあるのですが、これは「ゲンタマイシン」という抗生剤を含むか含まないを表しています。 軟膏は、大人も子どもも出されることが多いでしょうが、もちろん皮膚科と内科、小児科がメインだと思います。 私の印象では、全国的に最も処方されている塗り薬ではないかと思っています。 実際に医師から出されたという経験のある患者さんも多いと思います。 今はインフォームドコンセントと言って、患者さんに説明した上で薬を処方しなければいけないのに、「これを塗っておきなさい」なんて軽い感じで処方されているケースも多々あると思います。 ちなみに、この薬はステロイド軟膏です。 ステロイドであることを説明もされずに、処方されているケースが多いのです。 当院はアトピー性皮膚炎の患者さんを多く診ていますが、「ステロイド」という言葉に過敏に反応される親御さんも未だに少なくないと思っています。 アトピー性皮膚炎の場合はステロイドを上手に使って、皮膚症状をコントロールしていく必要があるので、当院ではステロイドに関する不安を取り去る努力をしています。 だからこそ、医師から説明もなく処方されている現状に違和感を覚えています。 さらに、誤使用も結構目立ちます。 先日、ある小児科で風邪と診断されていた患者さんが、熱も下がらず、唇も荒れているということで当院を受診されました。 実は、ぜんそくもあり、前医では見逃されていました。 今回は「咳」ではないのですが、親御さんは、いつも何度通っても良くならないため、いつか医者を代えようと思っていたそうです。 こういう感じで受診される患者さんは、毎日のように受診されており、敢えて言えば前医の先生には、もっと頑張ってもらわないと思っています。 唇の荒れにも、冒頭のリンデロンVG軟膏が出されていました。 私であれば、まだ小さいお子さんの顔にリンデロンという強いステロイドは使いません。 多分、化膿していると思って、その薬が選択されたのだと思います。 これは一般の方でも感じていることでしょうが、口の中に傷ができても化膿することってまずないですよね?。 唇の内側がただれたようになっていましたが、普通は「化膿」しないところです。 にもかかわらず、リンデロンVG軟膏が処方されていました。 確かに、一部の皮疹を除き、大抵の湿疹にステロイドは有効ですから、効く確率は高いはずです。 しかし、全く改善していませんでした。 「これはおかしい」と考えなければなりません。 丁寧に診察するとヒントは、いくらでもあります。 まず唇の病変は、よく観察すると水疱であること、口の中にも水疱はあり、歯茎が赤く腫れあがっています。 小児科医ならば、誰でも経験のある「ヘルペス歯肉口内炎」という病気でした。 診察に時間をかけていないのが原因かもしれません。 ヘルペスウィルスが原因の病気なので、アラセナA軟膏などのヘルペスの増殖を抑える薬を使うべきで、リンデロンVG軟膏は効くはずもないのです。 また、ある小児科で「オムツかぶれ」と診断され、やはりリンデロンVG軟膏が処方されている赤ちゃんが、改善しないと当院を受診されたことがあります。 オムツかぶれも、通常のオムツかぶれとカンジダ性皮膚炎の2種類があると思います。 通常のオムツかぶれは、ステロイドが著効しますので、リンデロンVG軟膏が効かないはずがありません。 そう、この赤ちゃんのオムツかぶれはカビが原因で、逆にステロイドを塗ることで悪化させていたのです。 私も、カビでないオムツかぶれだと分かれば、ステロイドを使うこともありますが、リンデロンVG軟膏ほどの強い薬は必要になったことは個人的にはありません。 分かりにくいこともありますが、よく観察すれば、区別はさほど難しくなかったと思います。 アトピー性皮膚炎の患者さんにも、リンデロンVG軟膏が処方されていることもあります。 アレルギー学会などで第一人者の先生の話を聞くと、リンデロンVG軟膏はあまり使わないことと言われることが多いのです。 何故なら、抗生剤が混ざっているので、菌がいないであろう皮膚に抗生剤を使えば、「耐性菌」が増えてしまうから、むやみに抗生剤を含む軟膏は使わないようにという意味です。 ステロイド軟膏の中でも、リンデロンVG軟膏は結構と気軽に処方されている印象がありますが、今回例を挙げてきたように、必ずしも適正に使われていないケースも目にします。 料理に「包丁」は欠かせませんが、使い方を間違えると指を切ったり、怪我のもとになります。

次の

とびひにリンデロンvg軟膏を使う時の注意点!悪化の危険性は?

とびひ リンデロン

一方、「リンデロンV」という塗り薬もあります。 「G」が付くやつと付かないものがあるのですが、これは「ゲンタマイシン」という抗生剤を含むか含まないを表しています。 軟膏は、大人も子どもも出されることが多いでしょうが、もちろん皮膚科と内科、小児科がメインだと思います。 私の印象では、全国的に最も処方されている塗り薬ではないかと思っています。 実際に医師から出されたという経験のある患者さんも多いと思います。 今はインフォームドコンセントと言って、患者さんに説明した上で薬を処方しなければいけないのに、「これを塗っておきなさい」なんて軽い感じで処方されているケースも多々あると思います。 ちなみに、この薬はステロイド軟膏です。 ステロイドであることを説明もされずに、処方されているケースが多いのです。 当院はアトピー性皮膚炎の患者さんを多く診ていますが、「ステロイド」という言葉に過敏に反応される親御さんも未だに少なくないと思っています。 アトピー性皮膚炎の場合はステロイドを上手に使って、皮膚症状をコントロールしていく必要があるので、当院ではステロイドに関する不安を取り去る努力をしています。 だからこそ、医師から説明もなく処方されている現状に違和感を覚えています。 さらに、誤使用も結構目立ちます。 先日、ある小児科で風邪と診断されていた患者さんが、熱も下がらず、唇も荒れているということで当院を受診されました。 実は、ぜんそくもあり、前医では見逃されていました。 今回は「咳」ではないのですが、親御さんは、いつも何度通っても良くならないため、いつか医者を代えようと思っていたそうです。 こういう感じで受診される患者さんは、毎日のように受診されており、敢えて言えば前医の先生には、もっと頑張ってもらわないと思っています。 唇の荒れにも、冒頭のリンデロンVG軟膏が出されていました。 私であれば、まだ小さいお子さんの顔にリンデロンという強いステロイドは使いません。 多分、化膿していると思って、その薬が選択されたのだと思います。 これは一般の方でも感じていることでしょうが、口の中に傷ができても化膿することってまずないですよね?。 唇の内側がただれたようになっていましたが、普通は「化膿」しないところです。 にもかかわらず、リンデロンVG軟膏が処方されていました。 確かに、一部の皮疹を除き、大抵の湿疹にステロイドは有効ですから、効く確率は高いはずです。 しかし、全く改善していませんでした。 「これはおかしい」と考えなければなりません。 丁寧に診察するとヒントは、いくらでもあります。 まず唇の病変は、よく観察すると水疱であること、口の中にも水疱はあり、歯茎が赤く腫れあがっています。 小児科医ならば、誰でも経験のある「ヘルペス歯肉口内炎」という病気でした。 診察に時間をかけていないのが原因かもしれません。 ヘルペスウィルスが原因の病気なので、アラセナA軟膏などのヘルペスの増殖を抑える薬を使うべきで、リンデロンVG軟膏は効くはずもないのです。 また、ある小児科で「オムツかぶれ」と診断され、やはりリンデロンVG軟膏が処方されている赤ちゃんが、改善しないと当院を受診されたことがあります。 オムツかぶれも、通常のオムツかぶれとカンジダ性皮膚炎の2種類があると思います。 通常のオムツかぶれは、ステロイドが著効しますので、リンデロンVG軟膏が効かないはずがありません。 そう、この赤ちゃんのオムツかぶれはカビが原因で、逆にステロイドを塗ることで悪化させていたのです。 私も、カビでないオムツかぶれだと分かれば、ステロイドを使うこともありますが、リンデロンVG軟膏ほどの強い薬は必要になったことは個人的にはありません。 分かりにくいこともありますが、よく観察すれば、区別はさほど難しくなかったと思います。 アトピー性皮膚炎の患者さんにも、リンデロンVG軟膏が処方されていることもあります。 アレルギー学会などで第一人者の先生の話を聞くと、リンデロンVG軟膏はあまり使わないことと言われることが多いのです。 何故なら、抗生剤が混ざっているので、菌がいないであろう皮膚に抗生剤を使えば、「耐性菌」が増えてしまうから、むやみに抗生剤を含む軟膏は使わないようにという意味です。 ステロイド軟膏の中でも、リンデロンVG軟膏は結構と気軽に処方されている印象がありますが、今回例を挙げてきたように、必ずしも適正に使われていないケースも目にします。 料理に「包丁」は欠かせませんが、使い方を間違えると指を切ったり、怪我のもとになります。

次の