桔梗 石膏。 桔梗石膏

小柴胡湯

桔梗 石膏

桔梗石膏(キキョウセッコウ)は咳に効果的な漢方薬です。 ひどい咳が続くと体力まで奪われてしまうので、すぐにでも止めたいですよね。 そんな時に使えるのが桔梗石膏です。 今回は、桔梗石膏の効能と作用・副作用について紹介していきます。 桔梗石膏の効能 桔梗石膏はのどの腫れや咳に対して効能があります。 風邪の諸症状にも効果的に働きます。 扁桃炎や咽頭炎などで、のどが腫れて発赤し、咳をともなうとき等にも適しているのでこのような症状が診られる場合に処方される漢方製剤です。 桔梗石膏の副作用 桔梗石膏は漢方薬なので比較的に副作用な少ないですが、年齢、体重、体質、症状により適宜増減するので過剰摂取には注意が必要です。 事前にどんな副作用があるのか確認してみましょう。 むくみ 顔や手足などむくみを感じることがあります。 食欲不振と胃の不快感 胃の不快感は人それぞれ感じ方が違います。 例えば吐き気や胸やけといった形で表れることもあります。 少しでも異常を感じたら副作用を疑ってみましょう。 下痢 特に理由もないのに下痢が続くようなら使用をやめてください。 症状として表れる副作用はこれだけではありません。 人によって副作用の出方は、変わることがあります。 いつもと体調が違うと感じたら使用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。 桔梗石膏の注意点 妊娠中の人 妊娠中の人に対する薬の使用には未知数の部分があり、どんな症状が出るか分かりません。 かかりつけの医師に相談してみましょう。 持病を持っている人 医師に相談しましょう。 独断での使用は危険なのでやめてください。 ほかの薬を使用している人 薬を購入するときは必ず医師や薬剤師に相談しましょう。 体力が弱っている人 桔梗石膏はどちらかというと体力のある人向けの漢方薬です。 特に胃腸が弱っていたり冷えやすい人にはあまりむいていません。 漢方薬をうまく服用する方法 味や匂いが苦手な人のために漢方薬を飲みやすくする方法を紹介していきます。 香りの強い飲み物に混ぜる 香りの強い紅茶やコーヒーなど飲みものに混ぜると飲みやすく感じる人もいるようです。 スムージーに混ぜる 栄養をとりながら、漢方薬をのむことができます。 スムージーのなかに桔梗石膏を混ぜれば苦みや風味が隠れやすくなりのみやすくなります。 自分好みに味を調整することもできるので色々試してみましょう。 便利アイテムを活用しよう 便利なアイテムを活用することで、桔梗石膏を飲みやすくすることができます。 少しの工夫で無理なく漢方薬服用しましょう。 オブラート オブラートはドラッグストアでも買うことができる気軽なアイテムです。 最近ではイチゴ味といった味付きのものも販売されています。 服用ゼリー 薬を服用するために販売されているゼリーです。 チューブから簡単に出せるようになっていて、漢方薬が持っている苦みや癖をうまく緩和してくれます。 ゼリー状になっているので飲み下しやすく、途中で食道に引っかかりにくいです。 粉末タイプはもちろん、錠剤タイプにも使っていけるので便利に使うことができます。 カプセル 空の状態のカプセルが、ドラッグストアや通販サイトで販売されています。 粉末タイプの漢方薬が苦手な人は、カプセルに入れて飲みやすくしてしまいましょう。 胃の中で溶けるので口の中に嫌な風味が広がらずに済みます。 自分の好きな飲み方をみつけてみましょうね。

次の

子どもの声枯れに使える漢方の桔梗湯、効果的な飲み方と飲み合わせ

桔梗 石膏

最近おそらく一番使っている漢方エキス製剤は桔梗石膏です。 小柴胡湯加桔梗石膏が有名ですが桔梗石膏はいろいろな漢方エキス製剤と合わせることができます。 熱い暑い。 皮膚は真っ赤、喉も真っ赤です。 桔梗には載薬上行作用があります。 薬の働きを上にあげることです。 石膏は炎症を抑えます。 真っ赤な皮膚や真っ赤なのどに対しては桔梗石膏は服用しやすい。 そして他の漢方エキス製剤と併用しやすい。 うがいしながら飲む桔梗湯もあります。 桔梗湯は桔梗と甘草です、のどの痛みによく効くらしいが血圧が上がると嫌です。 署湿、まさに今の気候です。 詳しくは温病学になります。 温病では石膏は気分の熱をとる生薬です。 衛気営血弁証の世界です。 デング熱も温病学が日本に普及すると漢方薬でやっつけることができるかもしれません。 同じ麻黄甘石湯でも麻黄と石膏の比率が傷寒論と温病では異なるのです。 デング熱の診断のポイントは血小板の減少と突然の発熱です。 デング熱ウイルスにり患しても不顕性感染が80パーセントもあるそうです。 発熱に対しては出血傾向の助長とアシドーシスが怖いのでアスピリンはやめておこう。 NSAIDsは胃炎と出血の助長があるからやめておこう。

次の

小柴胡湯加桔梗石膏

桔梗 石膏

小柴胡湯加桔梗石膏の特徴 扁桃炎、扁桃周囲炎などによるのどの腫れや、痛みに用いられる漢方薬です。 口が苦い、食欲不振、悪心、発熱などの症状に加えて、主に咽喉が腫れて痛む場合に使用されます。 次のような人に有効です。 ・口が渇く ・食欲不振 ・皮膚粘膜の炎症(耳鼻、咽頭、気管)がある ・胸脇苦満症状がある• 小柴胡湯加桔梗石膏 の作用 小柴胡湯に桔梗(キキョウ)と石膏(セッコウ)を加えたもので、熱をさまし、喉の症状を改善する作用がさらに強化された処方です。 小柴胡湯加桔梗石膏の成分 小柴胡湯加桔梗石膏は、下記の9種類の生薬からなります。 ・石膏(セッコウ):硫酸カルシウム。 薬効は、熱を除き、体液の産生を促進する作用があります。 ・柴胡(サイコ):セリ科ミシマサイコの根を乾燥させたもの。 薬効は、炎症を抑え、ストレスを軽減する作用があります。 ・半夏(ハンゲ):サトイモ科カラスビシャクの塊茎を乾燥させたもの。 薬効は、咳や痰を鎮め、吐き気を抑える作用があります。 ・黄芩(オウゴン):シソ科コガネバナの根を乾燥させたもの。 薬効は、熱を除き、イライラや炎症を抑える作用があります。 ・桔梗(キキョウ):キキョウ科キキョウの根を乾燥させたもの。 薬効は、痰を鎮めて咳を止め、膿を出す作用があります。 ・人参(ニンジン):ウコギ科オタネニンジンの根を乾燥させたもの。 薬効は、免疫機能を賦活し、体力を増進する作用があります。 ・大棗(タイソウ):クロウメモドキ科ナツメの果実。 薬効は、消化を補い、精神を安定化させる作用があります。 ・甘草(カンゾウ):マメ科カンゾウの根を乾燥させたもの。 薬効は、消化を整え、痛みを止める作用、のどの痛みを止める作用があります。 ・生姜(ショウキョウ):ショウガ科ショウガの根茎を乾燥させたもの。 薬効は、腹部を温め、発汗させ、嘔気を抑える作用があります。 小柴胡湯加桔梗石膏の副作用 配合生薬の甘草(主な成分はグリチルリチン酸)の大量服用により、むくみが出たり、血圧が上る「偽性アルドステロン症」と呼ばれる症状がでる可能性があります。 甘草が含まれている他の漢方薬や、グリチルリチン酸を長期で服用する際は注意が必要です。 小柴胡湯加桔梗石膏の服用方法 ツムラ小柴胡湯加桔梗石膏エキス顆粒によると、通常、成人1日7. 5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。 年齢、体重、症状により適宜増減してください。 基本的に漢方エキス製剤は、お湯に溶かしてから服用すると良い効果が期待されます。 小柴胡湯加桔梗石膏は「清熱剤」ですので、お湯に溶かしたあと、冷やして服用するとより効果的です。 参考文献 ・NHKきょうの健康 漢方薬事典(主婦と生活社) ・今日から使える漢方薬のてびき(講談社) ・治りにくい病気の漢方治療(創元社) ・漢方薬の選び方・使い方(土屋書店) ・漢方相談ガイド(南山堂) 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の