閉塞 性 動脈 硬化 症 看護。 閉塞性動脈硬化症の手術|心臓血管外科|診療内容|医療法人松山ハートセンター よつば循環器科クリニック|愛媛県松山市

末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)の原因や症状とは?

閉塞 性 動脈 硬化 症 看護

心臓血管外科の病気:閉塞性動脈硬化症• 血管の働き 心臓から出た血液は瞬く間に全身の臓器にくまなく流れていきます。 血液を全身に運ぶ管が動脈です。 水道管が全家庭に配管しているように、動脈の中に血液が常に充満してある程度の圧(血圧)をもって全身に供給しています。 圧がなくなると臓器に供給できなくなり、全身の機能はストップします。 動脈の管が詰まると同じように臓器に供給できなくなり、臓器の機能はストップします。 血管の病気は殆どが動脈硬化による動脈の病気です。 全身の血管 閉塞性動脈硬化症とは 足の血管がつまり、足の血の巡りが悪くなる病気です。 動脈瘤と違い症状がはっきりでてくる病気です。 原因は 動脈硬化です。 よって動脈硬化のリスクファクターである糖尿病、高脂血症、高血圧、ご高齢、タバコ等が原因となります。 他の原因で血管がつまる病気がありますか? 血栓が突然飛んできて足につまる病気(急性下肢動脈血栓症)がありますが別の項で説明いたします。 原因不明の血管の炎症による血管の閉塞症(バージャー病)があります。 バージャー病は若い男性に多い原因不明の病気ですがタバコと関係があると言われています。 足の先の血管が細くなっているため治療が困難な場合があります。 症状は• しばらく歩くと足が痛くなって、それ以上歩けなくなる。 足が冷たい。 足がしびれる。 足の色が悪い。 足の傷がなかなか治らない。 ちょっとした打撲でも傷が大きくなったり、治りが悪い。 足の皮膚が黒ずんで欠損し、腐ってくる場合があります。 診察で判りますか? 診察でおおよそわかります。 足の脈を見させていただいて、脈の触れが弱ければおおよその診断ができます。 脈が触れていても閉塞性動脈硬化症の可能性もあります。 足の色、温度、皮膚を見て診断も可能です。 病院にかかる必要は 以上のような症状がある場合は、病院での診察を受けることをお勧めします。 病院に来られた場合の我々の対応は まず、お話を聞き、診察、そして超音波検査での足の血管の血流、血圧を測定します。 異常があれば、CTまたは下肢血管造影検査を行います。 超音波血流検査で何がわかる? 足の血圧を超音波検査(またはドップラー聴診器)と組み合わせて測定します。 いつも計る腕の血圧と比べて足の血圧が低い場合に閉塞性動脈硬化症が疑われます。 本来は、手の血圧と足の血圧は同じか少し手の血圧が高いのですがでは足の血圧が、胸の血圧の0.8倍以下であれば閉塞性動脈硬化症が疑われます。 直接足の血管の血流を超音波画像で見て診断できることもあります。 血液検査で何がわかる? 血液検査では、閉塞性動脈硬化症の診断は不可能です。 しかし、原因が動脈硬化なので、動脈硬化のリスクファクターである、糖尿病、高脂血症、腎臓病のスクリーニングとして是非うける検査です。 閉塞性動物硬化症と診断されたら 症状、診察、超音波検査で閉塞性動脈硬化症の診断はほぼ可能です。 診断された場合つぎにCT、MRIを行い最終的に下肢動脈造影検査を行います。 下肢動脈造影検査で動脈の閉塞または狭窄(細り)の場所を見つけます。 病変の場所と程度によって治療方法を決めていきます。 下肢動脈造影検査とは 閉塞性動脈硬化症の原因が、足の血管の異常ですから、造影検査にて血管の内腔に造影剤を流し、レントゲンで見ます。 これによって、足の血管あるいは足の根元の血管のどこの場所にどの程度のつまりがあるかがはっきり判ります。 最終診断であり、カテーテル治療、バイパス手術をするために必要な検査です。 動脈硬化が原因ですから、狭心症を合併する場合も多く、同時に冠動脈造影検査もさせていただくことがあります。 下枝血管造影検査 CT、MRIでも判る? 最新式のCT、MRIでははっきりわかることがあります。 ただし、石灰化が強い場合等個人差もあり造影検査ほどはっきりわからない場合もあります。 検査で異常は無いけど足が痛い、冷たい等の症状がある場合は? ご高齢の方には、足が痛む、足が冷たいという症状でお困りの方がいらっしゃいます。 その方すべてが閉塞性動脈硬化症ではありません。 神経および筋肉の病気から同じような症状がくることがあります。 よくあるものに脊椎管狭窄症があります。 整形外科の診察を勧めします。 糖尿病の患者さんでは足の血管には大きな異常はなくても足が冷たい足の色が悪いとの症状がある場合があります。 目に見えないほどの毛細血管の異常により足の血の巡りが悪くなることによる症状です。 治療の必要があるのは 症状があるもの、ほっておくと進行してひどくなるものは治療が必要になります。 治療しない場合どういうことが 症状が進行してくる場合があります。 さらにひどくなった場合は歩かなくても足が痛くなり、足が冷たくなって色が悪くなる場合があります。 最もひどい場合は足が黒ずんできて皮膚の細胞が死んで腐っていくこともあります。 まれですが、この場合は足の切断をしないといけなくなります。 治療の方法は 治療の方法は• 薬物療法• カテーテル治療• 手術治療 があります。 薬物療法は程度が軽い場合、または逆に手術ができないほどひどい場合に行います。 薬物療法 血管を拡張させ足の血流を改善する薬を使います。 例:エパデール、パルクス(点滴) 血管が細くなり血液の流れが悪い場合は血栓ができやすくなります。 そのため血栓ができにくくする抗凝固剤、抗血小板剤の投与を行います。 例:ワーファリン、小児用バファリン、バイアスピリン、パナルジン カテーテル治療 足の血管がつまりにかかっているところや一部細くなっている場合に行います。 完全に閉塞している場合は不可能なことが多いです。 細い管(カテーテル)を血管内に挿入し病変のところで風船をふくらませて広げたり網目状の管(ステント)を使って広げたままにします。 患者様の負担も少なく日帰りまたは1泊入院が可能です。 風船療法って何 カテーテル 風船を膨らませたところ カテーテルによる風船療法 正常血管 詰まりかけている血管 血管の中で硬い風船で膨らませている 膨らんだ後の血管 ステントって何? 金属製の網で血管の中に入れるように細く折りたたんでいます。 中から風船で膨らませると大きくなり、形状がそのままになります。 風船を膨らませているところ• 拡張前• 拡張後 バイパス手術 血管が完全に閉塞していてカテーテルでは通らない場合に行います。 自分の足の静脈または人工血管でバイパスを行います。 全身麻酔または下半身にのみの麻酔(腰椎麻酔)で手術が可能です。 1週間ほどの入院になります。 病変の場所にもよりますが大腿の血管のバイパスが最も多いです。 右総腸骨動脈閉塞• 術前(右総腸骨動脈閉塞)• 術後(大腿動脈ー大腿動脈バイパス) 左浅大腿動脈閉塞• 術前(左浅大腿動脈閉塞)• 術後(大腿動脈ー膝窩動脈バイパス)•

次の

下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)-足、下肢の痛みやしびれ・長い距離を歩くと足が痛む

閉塞 性 動脈 硬化 症 看護

動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。 しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。 このような状態を 「動脈硬化(どうみゃくこうか)」といいます。 動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、など)や脳血管疾患(、、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。 「動脈硬化が心配」という悩みを抱えていると毎日が憂鬱ですが、そんな悩みがなくなれば、ストレスなく楽しい毎日が過ごせて長生きすることができますので、動脈硬化の症状(足の動脈硬化など)・原因、動脈硬化を予防・改善する食事について正しい知識を持って、生活習慣を見直しましょう! ちなみに、動脈硬化は、英語では「arteriosclerosis」、フランス語で「arteriosclerose」、中国語で「動脈硬化」と呼びます。 【目次】• アテローム性動脈硬化症 心臓は、全身に酸素や栄養を運ぶために血液を送り出していますが、心臓自身も血液の供給を必要としています。 冠動脈はその心臓に血液を供給する血管を言います。 動脈が詰まる原因は、アテローム性動脈硬化症です。 アテローム性動脈硬化症とは、高血圧や高血糖などの理由により血管内膜が傷つき、その隙間から血管内膜の下に入り込んだコレステロールが白血球の一種であるマクロファージに捕食され、その死骸が溜まり、アテローム(粥状の塊)と呼ばれる沈着物(血液中の脂肪、コレステロール、カルシウムおよびその他の物質)が動脈の内側に蓄積した状態で、血管のしなやかさが失った状態です。 アテローム性動脈硬化症により、冠動脈が詰まった状態を、冠動脈疾患といい、冠動脈が狭くなることを冠動脈狭窄といいます。 アテローム性動脈硬化症をそのままにしておくと、脳梗塞、心筋梗塞などの病気になる恐れがあります。 動脈硬化の症状 動脈硬化は、動脈硬化だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで動脈硬化を早期発見することは難しいです。 しかし、動脈硬化を放っておくと、心臓病や脳血管障害、閉塞性動脈硬化症など重大な病気を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での検査()を行なうことや自宅など定期的に体重を測り、血圧を測るなどして、動脈硬化を早期発見しましょう。 動脈硬化のサイン ・ ・ ・ ・ 閉塞性動脈硬化症(足の動脈硬化)の症状 足への血流が徐々に減少してくると、安静にしていても痛みが起こり、足の指の色が悪くなって、ひどい場合は 壊死(えし)を起こします。 壊死した部分にばい菌が感染すると、赤く腫れたり、膿が出たりして、指や下腿部を切断しないといけなくなることもあります。 動脈硬化の原因 動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣の違いによって大きく影響されることがわかっています。 たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。 それらが血管壁に付着して血管を詰まらせたり、血管が破れたりする原因になります。 また、動脈硬化は、動脈硬化の危険因子について確認し、生活習慣を見直し、予防することが大切です。 動脈硬化の危険因子• 運動不足• 偏った栄養バランスの食事(動物性脂肪の多い高カロリー食など)• アルコール• ストレスの有無 悪玉コレステロールの増加 増えすぎた悪玉コレステロールが傷ついた血管壁の隙間に入り込みます。 それが、白血球によって退治され、その残骸が血管壁にこびりつき、血管を狭め、動脈硬化を引き起こします。 その傷が大きいと、悪玉コレステロールが血管壁の内側に入り込んできます。 中性脂肪自体は動脈硬化を進行させるわけではありませんが、中性脂肪は悪玉コレステロールを小型化させることで、悪玉コレステロールが入ることのできないわずかな傷の隙間でも侵入可能であるため、動脈硬化を進行させてしまうのです。 また、インスリンの効きを悪くし、血糖値を下がりにくくして、糖尿病を引き起こします。 は皮下脂肪に比べて、悪玉ホルモンを分泌しやすいため、内臓脂肪型肥満のほうが動脈硬化になりやすいと考えられます。 喫煙によって、動脈硬化が促進されて、虚血性心疾患の発症リスクが増加すると考えられます。 加齢 動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえます。 しかし、動脈硬化は、急にあらわれるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状があらわれてくることが多いのです。 つまり、動脈硬化の予防は若いうちから行なう必要があります。 少しずつ動脈硬化の原因となる生活習慣を改善していきましょう。 動脈硬化の予防・改善方法 【 動脈硬化を予防する食事】 食事・食生活の改善・バランスのとれた食事に 動脈硬化の予防には食事・食生活の改善は欠かせません。 バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給しましょう。 また、食事の量にも気をつけましょう。 ダイエットをして、肥満を解消する 肥満は動脈硬化の原因の一つだと考えられているので、ダイエットをしましょう。 EPAを含む青魚を食べる 血管の老化が進むと、動脈硬化を引き起こしやすくなるため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるのですが、EPAには赤血球の膜を柔らかくする効果があったり、血管をやわらかくしなやかにする作用があることで、血液がスムーズに流れてくれるため、病気のリスクを下げてくれるそうです。 によれば、青魚に含まれるEPAを摂取することで、中性脂肪値が著しく低下するといわれています。 【関連記事】 ・ ・ オメガ3の多い食事を心がける クルミなどのナッツ類を毎日食べていると、患者の空腹時の血糖値とヘモグロビンA1cが下がってコントロールが良くなったそうです。 その理由としては、クルミに食物繊維を多く含まれていることやクルミのマグネシウムが血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを良くしたためと考えられるそうです。 の多い食事(青魚、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品)を積極的にとる。 【関連記事】 ・ ・ ・ エクオール エクオールと血管の硬さを調べたところ、血管年齢が20歳若返ったという研究結果が出たそうです。 【関連記事】 ・ タウリン 近年、若い人たちの間で増えつつあるは、肝臓に脂肪が溜まり、を始めとするさまざまなを引き起こす、極めて危険な症状です。 *脂肪肝とは、肝臓にがたまった状態で、肝臓のです。 カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。 つまり、 タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。 まずは一度試してみませんか? ケルセチン 玉ねぎには動脈硬化対策につながると期待とされる「ケルセチン」という栄養素が含まれています。 ケルセチンには、血管をしなやかにする働きがあるため、血管年齢を若返らせてくれるそうです。 1.血圧の低下 最高血圧と最低血圧ともに摂取前後で有意に低下することがわかったそうです。 に含まれるカカオポリフェノールによって、炎症が軽減され、血管が広くなり、血圧が低下すると考えられるようです。 2.善玉コレステロールが増加 チョコレートを食べたことで善玉コレステロールが増えたそうです。 また、カカオポリフェノールには、酸化抑制効果があるので、LDLコレステロールの酸化を防ぐことが期待されています。 【関連記事】 ・ 脂身の多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎに注意する 葉酸の多い食品を摂取する 最近の研究によれば、が不足するとホモシステインという物質が増加することがわかってきたそうです。 ホモシステインが増加すると、血管壁に衝突して傷つけてしまい、動脈硬化を誘発してしまうおそれがあるそうです。 葉酸を摂取することによって、ホモシステインを減らすことが、動脈硬化を予防し、血管年齢を若くすることにつながります。 若いコラーゲンは弾力があり、皮膚にもハリが出て、血管や骨もしなやかさを保ちます。 しかし、コラーゲンに糖分がくっつくと、AGEに変化します。 例えば、血管の壁を覆うコラーゲンに糖分がくっつくと、しなやかだった血管壁が硬くなってしまいます。 これが、動脈硬化です。 が進行すると、脳梗塞やを起こす恐れがあります。 AGE年齢が高くなる要因には2つあります。 1つは、血糖値が高いこと、もう1つは、AGEを多く含む食品を食べることです。 1.が高い 食事をすると血液中に糖分が増加し、エネルギーとして使われます。 しかし、食べ過ぎで糖分が余ってしまうと、たんぱく質とくっついてAGEになります。 血糖値が高い人は、大量のAGEを作っているということになります。 2.AGEを多く含む食品を食べる ポイントは、AGEは調理法によって量が大きく変わってしまうということ。 AGEが多くなる要因は、「温度」と「油」。 高温になると、タンパク質と糖分が結合しやすく、AGEとなります。 また調理時間が長いものほど熱が加わり、AGEが形成しやすいです。 【関連記事】 ・ アディポネクチン アディポネクチンは、の燃焼を助けるホルモンで、内臓脂肪が少ないほど分泌量が増えるそうです。 反対に、が進行する=内臓脂肪が増えると、アディポネクチンは減少してしまいます。 アディポネクチンを増やす方法としては、内臓脂肪を減らす・を多く含む海藻類の摂取・オスモチンを含む野菜や果物の摂取・・禁煙です。 血圧を下げる効果• 血液中のを下げる効果• を下げる効果• ブドウ糖と酢を同時に摂る(例:お寿司)と、血糖値の上昇が抑えられていることがわかったそうです。 白米だけ食べた場合と、白米+お酢で食べた場合の食後のの上昇を比較すると、お酢と一緒に食べた方が血糖値の上昇が緩やかになったそうです。 炭水化物を食べると、消化・分解され、ブドウ糖になって腸から血液の中に吸収されます。 お酢はその消化・分解を抑えるため、糖の吸収が緩やかになって、食後の血糖値が急激に上がるのを防ぐと考えられます。 【関連記事】 ・ 大麦 によれば、悪玉コレステロールを減らして、動脈硬化を予防する食材は 「大麦」。 アメリカ農務省の2004年の研究報告によれば、30代〜50代のコレステロールが高めの人に大麦を中心とした食生活を5週間続けてもらった結果、悪玉コレステロールの値が13. 8〜17. 4%も減少したそうです。 アメリカ・ミネソタ大学の2007年の研究によれば、155名の悪玉コレステロールが高い方に大麦を6週間食べてもらった結果、悪玉コレステロール値が9〜15%減少したそうです。 によれば、肝臓から腸に分泌される「胆汁酸」の排出を促すことで、や、の改善が期待できるそうです。 そうなると、足りなくなった胆汁酸を補おうと、肝臓は血液中からコレステロールを集め、新たな胆汁酸を作る結果、血液中の悪玉コレステロールが減少し、動脈硬化の予防が期待できるのだそうです。 【 動脈硬化を予防する生活習慣】 ストレスを解消する ストレスは血圧にも影響を与える。 自分にあったストレスを解消するリラックス方法を見つけましょう。 規則正しいで休息をとる 塩分の取りすぎに気をつける 塩分の摂りすぎは血圧を上昇させる。 運動 動脈硬化予防に良い方法とは、有酸素運動。 軽いジョギングなどのをすると、血管の内側の内皮細胞が整列して血流が良くなり、血管を広げる作用がある「NO(一酸化窒素)」という物質がより多く出るようになって、血管が広がりやすくなるそうです。 血管が広がりやすくなり、血流が良くなることで、血管を傷つけにくくなり、動脈硬化を予防できるそうです。 【関連記事】 ・ ・ ・ お酒(アルコール)の飲みすぎに気をつける タバコを控える 喫煙は血管を収縮させ、動脈硬化を促進させるので禁煙をする。 体重・血圧を測り、自己管理に心がける 肥満や血圧の高めな人は、体重計と血圧計を用意して、体重そして血圧の自己管理を心がけることも大切です。 ちょっとした食事などの生活習慣の改善が動脈硬化の予防に役立ちます。 定期的な検査 健診では、血圧、、中性脂肪、HDLコレステロールの値などを検査し、動脈硬化の進行度を診断します。 生活習慣病になるメカニズムはこのようになっています。 定期的な検査で、肝臓の脂肪蓄積をチェックして、生活習慣(食生活の見直し、運動不足の解消)を改善して、動脈硬化を予防しましょう。 また、かかりつけの医師と良い関係を築き、生活・食事指導を受けましょう。 動脈硬化の新しい指標:「LH比」 動脈硬化が進んでいるかどうかの目安として、との比率「LH比」と呼ばれる新しい指標が注目されているそうです。 なぜLH比が注目を集めるようになってきたのでしょうか。 それは、最近の研究で、LDLが140未満の人でも心筋梗塞になるケースがあり、またHDLが高い人でもまれに動脈硬化を起こすこともわかってきたからのようです。 つまり、これまで推奨されてきた基準値内でも動脈硬化になる可能性があり、新たな診断基準が必要になってきたということです。 そこで注目されてきたのが「LH比」というわけです。 LH比が高い人ほど動脈硬化がリスクが高く、LH比が1. 5以上になると動脈硬化の可能性が高くなってくるそうです。 LH比1. 5以下を目標に、食生活や運動、禁煙など生活習慣を改善しましょう。

次の

慢性下肢動脈閉塞症・心臓血管外科

閉塞 性 動脈 硬化 症 看護

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 昭和伊南総合病院健診センター長 動脈に起こる異常にはどんなものがある? には常に高い圧力がかかっているので、様々な異常が起こりがちです。 代表的なものが動脈硬化で、血管壁にアテローム(内部に粥状の内容物を蓄えた固まりで粥腫(じゅくしゅ)といいます)が生じ、血管がプラークにより狭窄して血流が阻害されます()。 図1性動脈硬化 動脈硬化が進行すると、血管が閉塞してが全く流れなくなり、 心筋梗塞や 脳梗塞を発症します。 また、血管壁がもろくなることで、 脳出血を起こしやすくなります。 なお、四肢の血管の動脈硬化が進むと、 末梢動脈疾患( 閉塞性動脈硬化症)を引き起こします。 動脈瘤(どうみゃくりゅう)も、動脈壁の異常の一種です。 動脈の内腔が部分的、あるいは全周的に拡張し、こぶ状になります。 血管壁が弱くなるため、が破裂する危険性が高くなります。 にできた動脈瘤が破裂すると、 クモ膜下出血を引き起こします。

次の