新 立 文子。 大津事故 右折 新立(しんたて)文子容疑者52歳が原因62歳はしっかり

立呑や いしもん

新 立 文子

園児の列に突っ込んだ運転手2人を逮捕 毎日新聞ほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。 8日午前10時15分ごろ、大津市大萱(おおがや)6の滋賀県道交差点で、右折中の乗用車と対向車線を直進していた軽乗用車が衝突。 軽乗用車がはずみで信号待ちをしていた保育園児13人と女性保育士3人の列に突っ込み、保育士1人を除く15人が病院に搬送された。 園児の男女2人が死亡、男女2人が意識不明の重体となった。 県警は乗用車を運転していた同市の無職、新立(しんたて)文子(52)と、軽乗用車を運転していた同市の無職、下山真子(みちこ)(62)の両容疑者を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕した。 現場はJR瀬田駅の北西約1キロの琵琶湖沿いで、信号機のある片側1車線の丁字路交差点。 県警などによると、園児たちは約200メートル南にあるレイモンド淡海(おうみ)保育園(同市萱野浦)に通っている2~3歳の男児5人、女児8人で、搬送された保育士は27歳と47歳という。 散歩中に横断歩道を渡ろうと信号待ちをしていて、事故に巻き込まれたとみられる。 保育園を運営する社会福祉法人檸檬(れもん)会(和歌山県紀の川市)は「このような痛ましい事故が発生し、大変な驚きと同時に本当に心を痛めております。 名前:新立文子(しんたて ふみこ) 年齢:52歳 職業:無職 在住:滋賀県大津市一里山3丁目 新立容疑者は8日午前10時15分ごろ、大津市大萱の県道の歩道で、保育園児ら16人が歩いている列に軽乗用車が突っ込んだという事故において、普通乗用車を運転していたとされる人物です。 ちなみに、新立文子容疑者に関しては顔画像などの情報は公開されておらず、また、特定するにも至っておりませんので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。 出典: また、現場上空からの映像がこちらです。 速報:滋賀県 大津市大萱の交差点で園児の列に車が突っ込み、けが人が複数人出ているとのことです — Twitter モーメント MomentsJapan そして、こちらを調査してみた結果以下の様な場所である事が判明しました。 現場は、琵琶湖のほとりを走っている県道559号線(さざなみ街道)と市道とが交差するT字路であり、基本的には片側一車線の中央分離帯のない道路であります。 警察によりますと、直進してきた軽乗用車が、交差点を右折しようとした乗用車と衝突し、軽乗用車がはずみで園児の列に突っ込んだということです。 出典: 交差点においての基本的な原則は、直進が最優先であり右折する車は対向車の直進を待ってから右折しなければなりません。 この事故現場の交差点においては右折専用の信号機があり、直進方向が赤信号となっても十分に右折することが可能なのですが、新立容疑者が運転する車が右折しようとした際に直進する軽自動車と衝突をしたということで、これは新立容疑者側の過失割合が非常に大きくなるのではないかと考えられます。 なぜならこの事故で2人の容疑者が逮捕されているからです。 もし仮に新立容疑者側の右折専用の信号が青であれば、直進方向の軽自動車が赤というこになり、信号無視となって衝突したことになりますから、新立容疑者は何も悪くなく、一方的に直進方向の軽自動車が悪いとなって逮捕されるのは1人なはずなのですが、今回は2人とも逮捕されているので右折側(新立容疑者)に問題があったとみて間違いないでしょう。 このことにより、軽自動車は直接的に園児を轢いてしまったという過失と、その元凶となった右折による事故を引き起こした新立容疑者の2人が逮捕されるのは納得がいきます。 事故が発生した時間帯というのは午前10時半であり、園児たちはお散歩の時間で信号待ちをしていたそうなのです。 レイモンド淡海保育園は日本一大きい湖琵琶湖のほとりにあり、四季折々に移り替わる美しい自然豊かな場所で、比叡山を背に琵琶湖のさわやかな風を毎日感じ、日ごと変わる美しい夕日を毎日保育室から眺めることのできる素敵な保育園として知られております。 地元の方の意見では、お金持ちのお子さんが多く集まる場所ということの様で、0歳から5歳までの現在70名の園児が在籍しているということです。 園児の一日のスケジュールに関してはこちらです。 出典:レイモンド淡海保育園 レイモンド淡海保育園では、一人ひとりに寄り添った暖かい言葉かけを行い、自己肯定感を育てる教育方針であるそうです。 レイモンド淡海保育園の運営母体は和歌山県紀の川市古和田240にある社会福祉法人檸檬会というのが法人の本部であり、東京都港区芝2-2-15に東京本部、大阪市北区天神橋2-5-16には大阪本部があります。 檸檬会は、平成19年2月14日に設立された法人で、現在のことろパートも含めればおよそ1,000名ほどの従業員がおり、保育事業のほかに就労移行支援事業や、児童発達支援事業、放課後等デイサービスなど、幅広く社会福祉に貢献している法人としても有名であります。 信号機が設置されている 直進車A、右折車Bともに青で進入 20 80 直進車A黄で進入、右折車B青で進入黄で右折 70 30 直進車A、右折車Bともに黄で進入 40 60 直進車A赤で進入、右折車B青で進入赤で右折 90 10 直進車A赤で進入、右折車B黄で進入赤で右折 70 30 直進車A赤で進入、右折車B青矢印の右折か信号で右折 100 0 直進車A、右折車Bともに赤で進入 50 50 出典: この過失割合は過去の判例に基づいているのだそうで、基本的にどの様な事故においてもこの過失割合で決定します。 今回の事故の場合、Bの車が新立容疑者の運転する車で、Aの車が下山真子容疑者の運転する車でありますから、過失割合に関しては下山容疑者が赤信号を無視し、新立容疑者が青でない限りはどちらにもあるという結論に至ります。 もちろんそれぞれの状況下で過失の割合は大きく異なるのですが、直進してきた軽乗用車と右折しようとした乗用車が接触したという警察の表現からしても、直進車A、右折車Bともに青で進入したみて、20対80の割合で新立容疑者が悪いと判断されて然るべきでしょう。 事故は未然に防ぐことは可能ですが、こうした不慮の事故というのはドライバーがマナーやルールの遵守を徹底しない限りなくなることはなく、何も罪のない歩行者はただただ被害を受けるだけとなってしまいます。 また、未来ある園児2人の命がまたしても大人によって奪われたというこの構図にもものすごい憤りを感じざるを得ませんし、右折のミスであれば絶対に回避できたわけですから、この様な事故は起きなくてもよかったのです。 こうした事故が後を絶たない背景には、ドライバー自身が自分とは無関係であるという心理が働いているからであり、自分の身にふりかかるまでは気がつかないというのが大きな問題であることでしょう。 何れにしても、亡くなった2人の園児には心よりご冥福をお祈り申し上げます。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

新北市立樹林幼兒園: 幼兒園公告

新 立 文子

交通事故の公判で「考え事をしていた」と供述した新立被告 今年の5月8日、大津市内で保育園児2人が死亡するなどした事故で、原因となった右折車を運転していた新立(しんたて)文子被告(52)が地方公務員の男性(49)にストーカー行為をしたとして逮捕された事件。 新立被告の7月17日の初公判では、交差点進入前に被害園児らを見かけ、「かわいいな」などと考えていたとする被告の供述調書も読み上げられました。 注意力が散漫なまま右折 今回の事故は、右折をした新立被告が直進車と衝突したという事故ですが、新立被告は買い物帰りに交差点で信号待ちしていた被害園児らを見かけ、直前に見た別の園児の集団と「同じ保育園ではないか」「別の方向に散歩に行くのか」などと考え事をし、注意力が散漫なまま右折を始めたと検察側に指摘されています。 注意力散漫というか、ただボーとして右折したというところでしょうか。 6月下旬には出会い系サイトと男性と知り合う 事故後、保釈されていた新立容疑者は、この初公判前の6月下旬には、滋賀県内在住の男性と出会い系サイトで知り合っていました。 しかし、直接会ったことがないまま、男性が「連絡を止めましょう」と新立被告にLINE上で伝えると、新立被告は8月27日、男性とのやり取りをネット上などに晒すと、複数回にわたって脅迫した疑いが持たれています。 また、9月2、5日には、男性が勤める役所に計10回以上も電話し、「2ちゃんねる(5ちゃんねる)に写真を上げたらどうするの?」などと男性に話して連絡を取ることを強要しようとしたとされています。 事故についての反省がない新立容疑者 J-CASTニュースによると新立容疑者は裁判所におめかしをして出廷したとのことです。 事故の被害弁護団の広報をしている石川賢治弁護士は10月1日、初公判のときの女の様子について、取材にこう話した。 「法廷に入って来たときは、検察官席近くにいる被害者の皆さんに頭を下げることなく、被告人席に歩いて行きました。 会釈をするのが普通だと思っていましたが、見向きもしなかったですね。 服は肩にレース状のヒラヒラが着いた白いブラウスを着ており、髪も内側にカールしておめかしした姿で、ちょっと感覚がおかしいのではないかと思いました。 法廷を出るときも、被害者の方を見向きもしなかったので、呆気に取られましたね。 被害者の皆さんからは、『反省の態度が見られない』との声が上がっていました」 J-CASTニュースから引用 裁判官の心証は、ストーカー事件でさらに悪くなったものと思われます。 次回の裁判は10月8日 2回目の公判は10月8日に予定されています。 新立被告がストーカー事件を起こしたことで証人尋問や被告人質問はなくなり、併合審理にするのかといった公判の進め方を確認することになるということです。 裁判所におめかしをしてくるとは、新立被告側の弁護士と打ち合わせをしていなかったのでしょうか。 事故後も新立被告の頭の中は、亡くなった子供よりもストーカーをした役所の男性のことでいっぱいだったのかもしれません。

次の

大津園児死亡事故・新立文子は初公判に「おめかし」出廷。保釈中のストーカーで実刑確定か

新 立 文子

大津の園児死傷事故、判決延期 新立(しんたて)文子被告(53) 直進車にも過失があると主張 また、別件でストーカーで起訴も されていることも影響 どういう女なんだ 新立被告は19年12月の公判後に保釈されたが、判決の言い渡しが予定されていた1月16日の公判で突如、起訴内容を争う姿勢を示し、言い渡しが延期されていた。 検察側は禁錮5年6月を求刑していたが、論告求刑はやり直される見通し。 今後の公判の日程は未定。 引用:毎日新聞・yahooニュース 滋賀県大津で園児2人が亡くなった悲惨な事故。 2台の衝突で1台がふっとび園児の列に直撃した。 2台を運転していた両者とも即逮捕となったが 1人は保釈されている。 この事故の原因は 右折したグレーの車の前方不注意だった。 右折した車を運転していたのが 新立(しんたて)文子容疑者(52歳)だった。 歳だと62歳の方がっ?と思ったが違った、 それにしてもちょっとしたミスではすまない。 スポンサードリンク 新立文子容疑者 過失運転致死傷罪 新立(しんたて)文子容疑者(52歳)は 事故後すぐに自動車運転処罰法違反、 過失運転致傷で逮捕されましたが その後, 過失運転致死傷罪に変わりました。 新立(しんたて)文子容疑者を知る人は 普段から運転はしているが、運転でのトラブルなど聞いたことがない 愛想が良く、穏やかな人だと話しているようです。 軽自動車(直進側)の車を運転していた 下山真子さん(62)を知る人は いつも運転するときは低速で注意を払いながら しっかりとしていた。 大津事故、直進の軽自動車を運転していた 下山真子さん(62)をよく知る人は 「車を家から出すときもスピードは出さず、しっかりと左右を確認していた」 引用:産経ニュース スポンサードリンク.

次の