チャーハン レシピ 玉ねぎ。 失敗しないシーフードチャーハンのレシピ・作り方

「失敗なし! 簡単パラパラチャーハンのレシピ」

チャーハン レシピ 玉ねぎ

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の

玉ねぎを使ったチャーハン人気レシピ!パラパラのコツやアレンジも!

チャーハン レシピ 玉ねぎ

パラパラのチャーハンに仕上げるには、いくつかのコツがあります。 まずは、 強火で一気に炒めて余分な水分を飛ばすことです。 ご飯はなるべく水分が少ないものを使用し、ご飯を固めに炊いたり、ラップをしないでレンジで加熱したりしましょう。 また、 ご飯をあらかじめ卵と混ぜておき、卵かけご飯のような状態にしておく方法もあります。 油の代わりにマヨネーズやラードや牛脂を使用してもパラパラに仕上がるそうです。 チャーハンを炒める時は、混ぜるというよりはご飯をお玉の底でほぐすようなイメージです。 美味しいチャーハンに仕上げるには炒める順番やタイミングが大切で、何より手早く作ることが基本です。 あらかじめ食材や調味料を小分けにし手元に置き、スムーズに作れるように準備しておきましょう。 【材料】1人分• ごま油:小匙4• 卵:1個• ご飯:200g• グリンピース:10g• 鶏がらスープの素:小匙1• コショウ:少々• ツナ:30g• マヨネーズ:小匙1• 醤油:小匙1• 酒:小匙1 【作り方】• ツナとマヨネーズは、あらかじめ軽く混ぜておきます。 熱したフライパンにごま油をひき、卵を入れてすぐに白ご飯も入れます。 ご飯と卵をほぐしながら炒め、玉ねぎとグリーンピースを加えます。 ご飯がパラパラになってきたら、鶏からスープの素とコショウと1を入れます。 全体に味が馴染んだら、醤油と酒を混ぜたものを鍋肌にまわしかけます。 サッと全体を炒めたら完成です。 【材料】• ご飯:200g• 卵:2個• 豚ひき肉:100g• 万能ねぎ:少々• 紅生姜:少々 A• 油:大匙1• 創味シャンタン:小匙1• カレー粉:小匙1• 中濃ソース:小匙半分 【作り方】• ご飯に卵を入れて、軽く混ぜておきます。 フライパンに油をひき、ひき肉と玉ねぎを入れて炒めます。 ひき肉に火が通ったら1を加えて、卵が固まってきたら混ぜながら炒めます。 3に創味シャンタンとカレー粉を入れて、全体に味が馴染むように炒めます。 仕上げに中濃ソースを入れて、サッと炒めます。 皿に盛って、上から万能ねぎを散らし紅生姜を添えたら完成です。 【材料】• 玉ねぎ:20g• 人参:20g• パプリカ:20g• ズッキーニ:20g• 長ねぎ:20g• 鰆 さわら :一切れ 60g• 塩コショウ:適量• サラダ油:小匙1• ごま油:小匙1• バター:8g• 卵:1個• ご飯:300g• それぞれの野菜を約5mm角に切ります。 鰆に両面塩を振りフライパンで焼き、身をほぐします。 フライパンを一度洗い、切った野菜類をごま油で炒めます。 別のフライパンにバターを入れ、卵をさっと炒めます。 ご飯を加えて更に炒めて、2と3を加えます。 醤油を入れパラパラに炒めたら完成です。

次の

チャーハン(炒飯) レシピ 人気 クックパッド つくれぽ 2000人以上

チャーハン レシピ 玉ねぎ

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の