しょうぶ し 力士。 コロナに倒れた勝武士を悼む声 角界蝕む糖尿病リスクに [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

亡くなった力士・勝武士さんは「高田川部屋の盛り上げ役」だった(FRIDAY)

しょうぶ し 力士

引退後にダイエットに成功した歴代最重量力士に、話を聞いた。 「おすもうさんの生活で健康を守るのは難しい」 元幕下の巨漢力士、大露羅(おおろら)のアナトリ・ミハハノフさん(37)はそう語る。 現役時代、元大関小錦の285キロを超える288キロを記録して史上最重量力士になった。 その後も体重増加は止まらず、引退直前に計測された292・6キロは今も角界の最重量記録だ。 故郷のロシア・ブリヤート共和国に戻って「絶対にやせる」と決意した。 1日2食のドカ食いだった力士時代の反省から、今では1日5食で少しずつ食べる。 「日本の脂っこいラーメンが食べたい」と心は叫ぶが、夕食はゆで野菜で我慢し、夜7時以降は食べ物を口にしていないという。 「自分の身を守るのは自分自身。 相撲部屋では誰も気にかけてくれませんから」とミハハノフさんは言う。 入門時、すでに体重は190キロもあったが、兄弟子から「たくさん食べて強くなれ」と丼メシを渡されると断れなかった。 すしなら200貫を平らげ、ビールは1晩で1ケースを空にした。 かわいがってくれた師匠の北の湖親方(元横綱)と、2人で5升の焼酎を飲み干した夜もある。 「食べたらすぐ寝る生活もよくなかった。 歩くのも、動くのも面倒だった」。 当時は高血圧で、上の数値は180に達した。 ボンベの酸素を吸いながら始めたウォーキングも、当初は足腰が悲鳴を上げたが、今では毎日6キロを楽に歩く。 日本では縁が無かったジムにも通う。 減量を始めてから1年間で体重が100キロ以上も落ち、血圧は130台に下がった。 「おすもうさんの時に、もっと運動しておけばよかった。 やめて初めて気がつきました」 糖尿病を患っていた勝武士さんが28歳の若さで亡くなったことに心を痛めている。 「糖尿病は免疫が下がるから、風邪もひきやすいし、傷も治りにくい」。 今でも大相撲を愛する元力士として、思う。 「食べなきゃ稽古はできない。 ただ、体を壊したら意味がない。 今の力士たちには食事と運動に気をつけて、健康を一番に考えてほしい」.

次の

28歳勝武士さんコロナ死、国内20代で初の事例

しょうぶ し 力士

勝武士さん(高田川部屋のホームページから) 日本相撲協会は13日、西三段目82枚目の勝武士(しょうぶし)さん(本名末武清孝=すえたけ・きよたか=、山梨県出身、高田川部屋)が同日午前0時30分、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、東京都内の病院で死去したと発表した。 28歳だった。 協会員の新型コロナウイルス感染による死者は初めてで、厚生労働省によると国内で20歳代以下の感染者の死亡が報告されたのも初めて。 相撲協会によると、勝武士さんは4月8日に東京都内の病院に入院。 転院先で10日にPCR検査で陽性と判定され、19日から集中治療室で治療を受けていた。 勝武士さんは2007年春場所初土俵。 部屋では師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)や十両白鷹山も感染し、その後退院。 勝武士さんは幕下以下だったため、当初は非公表だったが協会員で最初に感染が確認された。 相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったかと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれた。 安らかに眠ってほしい」との談話を出した。 大相撲は夏場所の中止が決まっており、協会は7月19日~8月2日に名古屋から東京・両国国技館に場所を変え、無観客による本場所開催を目指している。

次の

28歳勝武士さんコロナ死、国内20代で初の事例

しょうぶ し 力士

takadagawa. 28歳だった。 協会発表によると、勝武士は4月4日から5日にかけ、38度台の発熱。 師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所に電話をかけたが、つながらなかったという。 6日から7日にかけ複数の病院に診断を依頼したものの受け付けてもらえず、医療機関が見つからなかったとした。 takadagawa. html 勝武士:しょうぶし(本名・末武清考)とニュースで公表されていますが、高田川部屋の公式ページでは本名(大森清考)と紹介されています。 どちらが正しいのかは調査中です。 山梨県甲斐市生まれ。 体重は108. しかしそれでも受け入れ先が見つからず夜になり都内の大学病院へ入院 この時点で簡易検査をするも陰性。 しかし同日帰らぬ人に。 一度コロナ検査で陰性と診断されましたが、症状悪化の後PCR検査。 そして陽性と診断されました。 一度目の検査で陽性と診断されていればさらに早期治療が可能だったハズなのです。 nikkei. 簡易検査とは、酵素の反応から30で結果を出せる簡易検査キットを使ったもの。 対してPCR検査は結果が出るまでに4~6時間必要。 簡易検査はスピーディーな検査が可能ですが、正確性はやはりPCR検査の方が上。 ・昨日陰性と判断されても、今日検査して陰性とは限らない ・検査は職人技で、出来る人と設備が限られる ・簡易検査キットは簡易なりの精度 こういう記事、なんで広まらないんだろう。 から — Akihito ・。 ・ 自宅警備員型ヒューマギア Akihitweet 簡易検査で陰性であっても、症状が疑わしいのであれば繰り返しの検査が必要なのではないだろうか。 PCR検査も万能じゃない PCR検査は感度のとても高い検査です。 そのため「偽陰性」や「疑陽性」という判断ミスも起こる可能性あるようです。 PCRの感度が高すぎることによる弊害もあって、偽陽性の可能性もある。 PCR検査は検体内のウイルスの遺伝子を対象にしている。 本来の感染管理では生きているウイルスの情報が必要だが、それを得ることができないためだ。 そうすると、ウイルスの死骸にたまたま触れて鼻をさわったというようなときも陽性になりうる。 本当に陽性であっても、生きているウイルスではなく人に感染させない不活性ウイルスかもしれない。 病院の受け入れ状況が露呈した 芸能関係の人や著名人がコロナに感染し、入院報告が度々報道されますが、ここに来て「入院することすら難しい」という状況が見えてみました。 まず保健所に連絡するのすら難しい状況。 さらに、初めの発熱から入院までが3~4日後。 PCR検査までが約5日かかっています。 病院の受け入れ状況が切迫しているという報道がされていますが、症状によっては入院すらできない。 という状況のようです。 若くして亡くなった人は少ない この度亡くなった勝武士さんは、28歳。 コロナが原因で亡くなった人で30歳以下は全国初。 (非公表を除く) 今までは年配の方や肺炎など持病のある方が注意喚起されていましたが、どんな年齢の方でも注意が必要という警告でもあるのではないでしょうか。 今回亡くなった勝武士さんは公表されていなかった一人ということが考えられます。 お見舞いの際に感染してしまったのかなど経緯は不明です。 ただ、大相撲力士の方が脱力してしまった状態で一般人が運び出すのは至難の業。 感染が確認されていなかったのもあってか手を貸して移動を手伝ったりした可能性も考えられますね。 5月24日を初日とする夏場所(両国国技館)が予定されていましたが、その稽古だったとは考えたくない… 糖尿病とコロナとの因果関係は? 日本大相撲境界の発表によると、勝武士には糖尿病の持病があったとのことです。 ただ、糖尿病を患っていたからといってコロナウイルスに感染しやすいということは今のところないようです。 皆さんがもし糖尿病を患っているとしても、一般の方より新型コロナウイルスに罹患しやすいということはありません。 しかし、新型コロナウイルスは一部の糖尿病患者さんにおいて、重症化や合併症を引き起こす可能性があります。 そのため、政府から通達されているに従い、手洗いや、他の人との接触を避けることが非常に重要です。 club-dm. html 糖尿病サイトによると、糖尿病が原因でコロナにかかりやすくなるということはない。 ただ、一部の糖尿病患者さんにおいて重症化や合併症を引き起こす可能性があるとのこと。 今回の勝武士さんが亡くなった件も、もしかしたら重症化のキッカケになったとも考えられる内容です。 糖尿病の方は血糖管理を大切に コチラの糖尿病ネットワークサイトによると、血糖管理をしっかりすることで感染後も重症化を防げると書かれています。 中国の武漢大学人民病院のLihua Zhu氏らは、中国湖北省で7,337人のCOVID-19患者を対象に調査を行った。 うち952人が2型糖尿病だった。 2型糖尿病患者のうち、282人は血糖コントロールが良好で、528人は不良だった。 php その他にも基本的なことですが• 手洗い、うがい• 人ごみを避ける• 触れるものには意識的にアルコール消毒 が引き続き感染予防には大切になってきます。

次の