マグロ 漬け めんつゆ。 マグロの漬けの日持ちはどのくらい?常温?冷凍?作り置きの方法は?

漬けマグロ/ヅケマグロのレシピとタレの作り方

マグロ 漬け めんつゆ

刺身って閉店前やまとめて買うと安くなったりするので、つい買ってしまいがちじゃないですか。 勢いで買ってしまったものの、けっこうな量の刺身を消費するのはなかなか大変なんですよね……。 そんなときにオススメしたいのが 「漬け」。 漬けにしておくと日持ちもするし、アレンジ次第で味のレパートリーも広がります。 ただ、「漬け」と聞くと「マグロの漬け」や「カツオの漬け」を思い浮かべる人が多いはず。 ですが、マグロなどの赤身の魚以外でもいろんな魚を漬けにしてみるとおいしく食べられます。 むしろ、魚の脂がほどよくまろやかになり、漬けの方が好きという人も。 ……というわけで、魚の漬けを作ってみました。 まずは魚をチョイス! 魚って、 「赤身魚」と 「白身魚」がありますよね。 赤身か白身かどうかの違いは魚の筋肉の色によって変わってきます。 遠海まで泳ぐ魚は赤い筋肉、近海を泳ぐ魚は白い筋肉がついているそうです。 筋肉が違えば、味も違う!というわけで、赤身魚の場合は脂肪分が多い傾向にあるので濃厚で旨味が強いのが特徴。 対して白身魚は脂肪が少なく、低カロリーで淡白な味わいです。 そこで、今回用意したのがこちらの赤身と白身の魚。 サワラが白身魚で、サーモンが赤身魚。 と思うでしょうが、 実はサワラが赤身魚でサーモンが白身魚なんです。 人は見た目じゃないのと同じく、魚も見た目からは判断できないですね……。 なんでこんなことが起こるかというと、サワラはミオグロビンの量が~、サーモンはアスタキサンチンという色素が関係していまして~……という難しい説明は置いておいて、早速漬けていきましょう。 まずは煮きり酒を造る! 調味料は、 酒、醤油、みりんです。 分量はそれぞれ1:1:1でOK。 魚の大きさに合わせて分量は調節してください。 ここでポイントになるのが料理酒です。 生のまま使うとお酒の臭みが出てしまいます。 なので、一回沸騰させて 「煮きり酒」にすること。 この作業だけでグッとおいしくなります。 煮きり酒は沸騰させたら冷やします。 あとはその他の調味料と合わせて……。 漬け込むだけ。 これだけでOK! 半日~1日置けば味がしみこんでおいしく食べられます。 サワラ漬けはタイムなどを散らすと、ちょっとイタリアンっぽくなりますよ。 特にサーモン漬けは、日本酒はもちろん、白ワインにも合いますよ。 こちらも同じように、めんつゆにごま油を入れて漬けておけば完成。 5分ほどおいておくだけでも十分味がつくようです。 ちゃちゃっとできあがるので、寂しい男の家呑みで重宝されるかも? 漬けた魚は丼やノリ巻きにしても〇 さて、このまま漬けた魚をそのまま食べるのももちろんグー! でも、それでは腹が満たされぬ……という人は丼にしてみるのもいいですよ。 白米の上に漬けた魚を乗せ、真ん中に卵黄をポトン。 最後にネギや大葉を散らせば立派な海鮮丼! 少し面倒ではありますが、酢飯を作り、海苔巻にしてみてもいいかもしれませんね。 漬け込むだけで簡単にできる一品。 いろいろな魚で挑戦してみれば、レパートリーがグッと広がりますよね。 刺身を安く手に入れたら、作ってみてはどうでしょうか。 漬け込むだけなので簡単。 刺身を安く手に入れたときは、試してみてはどうでしょうか。 書いた人:中村直人 日本酒、ワインが好き。 休日には魚をさばいたり、燻製したり、干物を作ることも。

次の

驚くほど簡単! 築地のお寿司屋さんに聞いた「マグロの漬け」裏ワザ

マグロ 漬け めんつゆ

漬けマグロの漬け込み時間は?5分で完了? 漬けマグロの漬け込み時間は…お好み次第でOKです! ホントにそうなんですよ~! でも「お好み次第」と言われても、ちょっと困りますよね。 普通はどのくらいの時間なのか?を知りたいのに、それではあまりにも大雑把すぎる。 そこで、一応の目安として三つのプランを立てみました。 この中で、好きな時間を一個選んでください。 5分から10分 マグロ本来の風味を楽しみたい 場合は、5分から10分の短い漬け時間がいいと思います。 ちょっと高級めなマグロを新鮮なうちに「漬け」にするなら、漬け時間が短い方が美味しい。 下ごしらえや、つけダレにも拘って、最高の漬けまぐろを食べるなら5分から10分です。 1時間 漬けマグロを 1時間漬け込むと、 しっかり味が染み込みます。 食べきれなかったマグロのお刺身を、翌日に回す場合は1時間くらい漬け込むといいんです。 というのは、マグロのお刺身って、一晩おくと少し新鮮な風味が失われます。 そこで、しっかりと味付けされた漬けにすれば、鮮度が落ちても漬けダレの味で大分ごまかしが効きます。 一晩 一晩漬けマグロを漬け込むと、 ちょっとしょっぱい感じに仕上がるかも? でも「しょっぱい漬けマグロ」も、なかなかオツなものですよ。 お刺身単体として食べるには、ちょっとしょっぱいんですが…おかずとして食べれば、ご飯が進みます。 それに、がっつり味付けされた漬けマグロは、3日くらい置いても鮮度の劣化が気にならない。 ご家庭にあるもので十分です。 それでは、どんな調味料がマグロの漬けダレに使えるか、ちょっと見ていましょう 醤油 一番シンプルで簡単なのが「 醤油」。 わさび醤油などを、 上からサーっとかけるだけで完了。 醤油は、味付けが濃い目に入るので、漬け込み時間は様子を見て調整してください。 めんつゆ 「 めんつゆ」も漬けマグロのつけダレに使います。 この場合、めんつゆは水で薄めないで原液を使用。 醤油と比べて味がマイルドに仕上がりますから、失敗がないと思います。 ちなみに、自宅でイクラの味付けをする時にもめんつゆが使えます。 便利な調味料ですね! 手作りのタレ ご自宅で、漬けマグロを思いっきり楽しみたい方は「 手作りのタレに」調整してみるのも良いんじゃないでしょうか。 醤油、みりん、料理酒を基本にして、お好みの割合でブレンドする。 (例えば…醤油1:みりん1:料理1とか) 隠し味にごま油、鷹の爪、わさび等を入れる等アイデアいろいろ。 自分で作るとその分を美味しく感じるのが、手作りの面白いところですよね。 マグロのユッケ 残ったマグロの刺身で「 マグロユッケ」を作るのも楽しい! 砂糖入れた甘辛い醤油に、ごま油を加えれば、ソレっぽい漬けダレができます。 お家にコチジャンがあれば、なお宜し。 プルコギのたれをブレンドしてもいいし、豆板醤を入れて辛めに仕上げても美味しいと思います。 盛り付けの時に白胡麻や万能ねぎを散らすと、 ビジュアル的にも盛り上がります。 あと、お嫌いでなければ卵黄もトッピング。 漬け過ぎたらどうしよう? 漬けマグロを作ると、時々漬け込みすぎて しょっぱくなっちゃう事があるんですよね。 漬けたのを忘れて、そのまま放置しちゃうとか… でも、それはそれで美味しい食べ方はあります。 マグロのお茶漬けにするとか、小さく切って マグロチャーハンの具材にしても美味しい。 定番的なところで言えば、 マグロ納豆とか マグロの山かけなど。 僕個人の好みでは、マグロの山かけはマグロがしょっぱい方が好き。 それに、漬け過ぎてしっとりしたマグロは、山芋とよく絡んでくれます。

次の

安いマグロも高級マグロに!プロが教える!お家で簡単!美味しい漬けマグロのレシピ!

マグロ 漬け めんつゆ

刺身って閉店前やまとめて買うと安くなったりするので、つい買ってしまいがちじゃないですか。 勢いで買ってしまったものの、けっこうな量の刺身を消費するのはなかなか大変なんですよね……。 そんなときにオススメしたいのが 「漬け」。 漬けにしておくと日持ちもするし、アレンジ次第で味のレパートリーも広がります。 ただ、「漬け」と聞くと「マグロの漬け」や「カツオの漬け」を思い浮かべる人が多いはず。 ですが、マグロなどの赤身の魚以外でもいろんな魚を漬けにしてみるとおいしく食べられます。 むしろ、魚の脂がほどよくまろやかになり、漬けの方が好きという人も。 ……というわけで、魚の漬けを作ってみました。 まずは魚をチョイス! 魚って、 「赤身魚」と 「白身魚」がありますよね。 赤身か白身かどうかの違いは魚の筋肉の色によって変わってきます。 遠海まで泳ぐ魚は赤い筋肉、近海を泳ぐ魚は白い筋肉がついているそうです。 筋肉が違えば、味も違う!というわけで、赤身魚の場合は脂肪分が多い傾向にあるので濃厚で旨味が強いのが特徴。 対して白身魚は脂肪が少なく、低カロリーで淡白な味わいです。 そこで、今回用意したのがこちらの赤身と白身の魚。 サワラが白身魚で、サーモンが赤身魚。 と思うでしょうが、 実はサワラが赤身魚でサーモンが白身魚なんです。 人は見た目じゃないのと同じく、魚も見た目からは判断できないですね……。 なんでこんなことが起こるかというと、サワラはミオグロビンの量が~、サーモンはアスタキサンチンという色素が関係していまして~……という難しい説明は置いておいて、早速漬けていきましょう。 まずは煮きり酒を造る! 調味料は、 酒、醤油、みりんです。 分量はそれぞれ1:1:1でOK。 魚の大きさに合わせて分量は調節してください。 ここでポイントになるのが料理酒です。 生のまま使うとお酒の臭みが出てしまいます。 なので、一回沸騰させて 「煮きり酒」にすること。 この作業だけでグッとおいしくなります。 煮きり酒は沸騰させたら冷やします。 あとはその他の調味料と合わせて……。 漬け込むだけ。 これだけでOK! 半日~1日置けば味がしみこんでおいしく食べられます。 サワラ漬けはタイムなどを散らすと、ちょっとイタリアンっぽくなりますよ。 特にサーモン漬けは、日本酒はもちろん、白ワインにも合いますよ。 こちらも同じように、めんつゆにごま油を入れて漬けておけば完成。 5分ほどおいておくだけでも十分味がつくようです。 ちゃちゃっとできあがるので、寂しい男の家呑みで重宝されるかも? 漬けた魚は丼やノリ巻きにしても〇 さて、このまま漬けた魚をそのまま食べるのももちろんグー! でも、それでは腹が満たされぬ……という人は丼にしてみるのもいいですよ。 白米の上に漬けた魚を乗せ、真ん中に卵黄をポトン。 最後にネギや大葉を散らせば立派な海鮮丼! 少し面倒ではありますが、酢飯を作り、海苔巻にしてみてもいいかもしれませんね。 漬け込むだけで簡単にできる一品。 いろいろな魚で挑戦してみれば、レパートリーがグッと広がりますよね。 刺身を安く手に入れたら、作ってみてはどうでしょうか。 漬け込むだけなので簡単。 刺身を安く手に入れたときは、試してみてはどうでしょうか。 書いた人:中村直人 日本酒、ワインが好き。 休日には魚をさばいたり、燻製したり、干物を作ることも。

次の