日テレ 24。 日テレ「24時間テレビ」放送明言「内容を工夫して」詳細は「検討」 一部で“放送危機”報道も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

コロナ禍でフジ「27時間テレビ」は中止、“必ずやる”日テレ「24時間テレビ」との差

日テレ 24

1990年 -• 1991年 - (アナウンス専門部長)• 1992年 - (アナウンス部専門副部長兼チーフアナウンサー)• 1993年 -• 1994年 -• 1995年 -• 1996年 -• 1997年 - 、• 1998年 - 、• 2000年 -• 2001年 -• 2002年 -• 2003年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2006年 - 、• 2008年 -• 2009年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 -• 2014年 - 、• 2015年 -• 2016年 -• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 、 女性 [ ]• 1980年 - (アナウンス専門部長)• 1990年 - (アナウンス部次長)• 1996年 -• 1998年 -• 2001年 -• 2003年 -• 2010年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 - 、、• 2014年 - 、• 2015年 - 、• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、、• 2019年 - 、• 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字は編成局アナウンス部在籍期間。 (1985年 - 2003年、取締役常務執行役員。 社長室出向局次長現職出向)• (1986年 - 2006年、情報・制作局次長)• (1987年 - 1996年、事業局24時間テレビ事務局担当副部長)• (1990年 - 1999年、コンプライアンス推進室)• (1991年 - 1999年、総務局総務部長)• (1992年 - 1998年、NTV International代表)• (1996年 - 2004年、報道局ニュースセンタープロデューサー)• (1999年 - 2011年、事業局プロデューサー)• (2002年 - 2006年、編成局制作部)• (2003年 - 2005年、スポーツ局)• (2003年 - 2016年、報道局)• (2004年 - 2010年、情報・制作局プロデューサー)• (2008年 - 2010年、報道局) 女性• P代表取締役社長、日テレイベンツ常務取締役。 グループ戦略室出向局次長現職出向)• (1984年 - 1996年、人事局厚生労務部担当部次長)• (1991年 - 2001年、報道局社会部専門副部長)• (1993年 - 2004年、事業局プロデューサー)• (1993年 - 2003年、スポーツ局プロデューサー)• (1996年 - 2012年、営業局首都圏営業部)• (1997年 - 2005年、営業局スポット営業部)• (2002年 - 2018年、編成局)• (一時期姓が 石田の時期あり)(2006年 - 2018年、インターネット事業局、2016年6月から2018年5月まではアナウンサーとの兼任) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字は日本テレビ在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや、、として活動している。 男性 [ ]• (1953年 - 1975年) - より移籍。。 (1953年 -? (1953年 -? ) - より移籍。 (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? ) - 1997年没。 (1956年 - 1978年)• (1956年 - 1972年) - 退社後フリー。 アナウンサープロダクション『シオノ事務所』代表取締役。 (1956年 - 1994年) - 2018年没。 (1957年 -? ) - 1997年没。 (1957年 -? 2017年現在、東京相撲記者クラブ会友。 (1957年 - 1994年)• (1957年 - 1994年) - 後に報道局へ異動。 (1960年 - 1990年 ) - 退社後、分野を中心としたに転向。 番組出演は2004年まで日本テレビに限定していた。 長女は元NHKアナウンサーの。 (1960年 - 1997年)• (1962年 - 1993年) - 同年へし、その後退職。 (1962年 - 2004年 ) - 2006年4月より『』• (1963年 - 1989年) - 退社後フリー。 (1963年 - 1992年) - より移籍。 定年退職後フリー。 (1964年 - 2001年) - 定年退職を以て引退。 (1965年 - 2002年 ) - 元常務取締役、• (1966年 - 1991年) - 1970年に報道局より異動。 退社後フリー。 (1967年 - 2003年 ) - 元取締役。 (1967年 - 2004年) - 元(現:)取締役社長。 2006年に取締役相談役に就任。 (1968年 - 2006年 ) - 2013年没。 妻は江川範子。 (1968年 - 1972年) - 退社後フリー。 (1969年 - 2011年 ) - ラジオ日本退職後フリー。 (1974年 - 2011年 ) - コンテンツ事業局を経て定年退職後フリー。 (1977年 - 1986年) - 退社後フリー。 2019年4月より。 (1977年 - 2014年 ) - ラジオ日本「小鳩の愛〜eye〜」パーソナリティ。 (1979年 - 2014年 ) - 常務取締役。 (1981年 - 2006年) - 広報局へ異動後退職しフリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1981年 - 2008年) - より移籍。 定年退職後フリー。 会社『パーフェクト・スピーチ』代表取締役社長。 (1982年 - 2019年) - 報道局、出版部、スポーツ局を経て退社。 (1984年 - 2007年) - より移籍。 事業局を経て退社後フリー。 『若林健治アナウンススクール』主宰。 (1985年 - 1991年)• (1988年 - 2005年) - 退社後フリー。 (1994年 - 2011年) - 退社後フリー。 (1997年 - 2006年) - 一般企業勤務。 (1999年 - 2015年) 女性 [ ]• (1953年 -? (1953年 -? (現姓:横田、1954年 -? (現姓:細田、1956年 -? (1956年 -? (現姓:加藤、1956年 -? (1956年 -? (1957年 -? (現姓:小坂、1958年 -? ) - 夫は元日本テレビプロデューサーの小坂敬。 (現姓:斎藤、1958年 -? (1959年 -? (現姓:田矢、1959年 -? (村上姓を経て田原姓、1959年 -? ) - エッセイスト。 2004年没。 夫はの。 (1959年 -? (1959年 -? (1961年 -? (現姓:久保、1961年 -? ) - 夫は、長女は元NHKアナウンサーの久保純子。 (1961年 - 1998年)• (1962年 - 1999年)• (1962年 - 1999年)• (1963年 - 2000年)• (現姓:青尾、1963年 - 2000年 ) - 定年退職を以て引退。 (現姓:守田、1964年 - 2001年)• (1964年 - 2001年)• (現姓:白石、1967年 -? ) - 日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:神山、1967年 - 2013年 )• (1967年 -? ) - 元日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:中西、1968年 - 2003年)• (1968年 - 2005年)• (現姓:芦沢、1970年 -? ) - 退社後フリー。 夫は芦沢俊美。 (1974年 - 1981年) - 退社後フリー。 (1974年 - 2010年 ) - 定年退職後、教授に就任。 (1976年 -? ) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1977年 - 2009年 ) - 在職中に死去。 (1981年 - 1987年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1982年 - 2019年) - 報道局、経理局、営業局、コンプライアンス推進室を経て、退社。 (1983年 - 1995年) - 国際局、広報局を経て退社。 (1986年 - 1994年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1987年 - 2007年) - 在職中に死去。 (1988年 - 2000年) - 退社後フリー。 (1988年 - 1996年) - 退社後フリー。 (1989年 - 1995年) - 2001年没。 (1991年 - 2001年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1992年 - 1999年) - 退社後フリー。 (1992年 - 2009年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2004年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2011年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1997年 - 2014年) - 退社後フリー。 (1998年 - 2004年) - プロ野球投手と結婚、退社。 (1999年 - 2002年) - スポーツ部を経て退社。 元選手、フリーアナウンサー、日テレ学院アナウンススクール講師、フィギュアスケート、広告宣伝・ブランディング会社『ディオ』代表。 (1999年 - 2010年) - 在職中(育児休暇中)に死去。 (2000年 - 2006年) - のと結婚後、活動を休止。 現在は東京都在住。 (2000年 - 2008年) - 退社後活動休止。 (2000年 - 2016年) - 後にスポーツ局へ異動。 退社後フリー。 (2001年 - 2007年) - 退社後フリー。 (2001年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2003年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2004年 - 2009年) - 退社後フリー。 (2005年 - 2010年) - 退社後活動休止。 (2006年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2007年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2008年 - 2017年) - 退社後フリー。 (2009年 - 2016年) - 退社後フリー。 元日テレ学院アナウンススクール講師。 局契約 [ ]• (1968年 - 1971年) - 元、(局契約)アナウンサー。 NETとの契約満了後に移籍し、「」「」のMCを務めた• (1983年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (1985年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (2006年 - 2013年) - 元アナウンサー。 主に・を担当• (2014年 - 2015年) - 元アナウンサー アナウンサー番組 [ ]• (2014年 - ) ラジオ日本• (2012年4月中は放送休止。 ) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2015年6月から2017年5月まではのアナウンサー・運営スタッフとして出向していた。 2016年以前は報道系番組等で本名の「鈴木崇司」で出演していたが、2017年から名義を統一した。 2004年6月28日 - 2012年5月は報道局・キャスター担当部長。 1951年入局。 1940年二次入局。 1950年入局。 1947年後期入局。 後に報道局へ異動し、記者を経てキャスター兼コメンテーター。 国際局長を経て日本テレビアナウンスカレッジ(現・日テレ学院アナウンススクール)の創設に参画。 2000年に定年退職し、その後契約社員として勤務。 1960年入社。 報道局へ異動後、政治部長などを歴任。 福島テレビは系列局なので誤り。 報道局記者として入社。 後に報道局へ異動• 1996年に事業局へ異動。 定年前にアナウンス部教育担当部長を務める。 2003年にラジオ日本へ出向。 エグゼクティブアナウンサー、取締役編成局長、同営業局長を歴任。 2003年にコンテンツ事業局へ異動。 2000年にコンテンツ事業局へ異動。 現在、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団の業務に従事。 1990年代前半にアナウンサーを退き、人事局勤務を経て関連会社役員を歴任。 1970年入社• 1981年入社• 1992年に事業局へ異動し、定年まで勤務。 1986年に報道局へ異動し、その後事業局、広報局に勤務。 定年を迎えた後も約9年間嘱託でドラマやバラエティの広報を担当。 2001年より関連会社役員を務める。 1994年に編成局・ネットワーク局・営業局等異動し、定年まで勤務。 1993年に報道局へ異動。 出典 [ ]• NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、13頁。 『』 -• 「」 pdf 『日本記者クラブ会報』第577号、、2018年3月10日、 25頁、 2019年4月17日閲覧。 NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、15頁。 , 日本民放クラブ 2017年11月22日閲覧• 1997年にアナウンス部を離れ、代表取締役社長、日本テレビ取締役副社長など重役を歴任。 メディアハウス. 2018年9月21日閲覧。 群馬県立沼田高等学校. 2018年9月19日閲覧。 中村こずえのひとりごと. はまぞう. 2019年4月17日閲覧。 「 」 『社団法人日本映像ソフト協会会報』NO. 121、、2007年4月10日、 13頁、 2017年9月9日閲覧。 朝日新聞 朝日新聞社. 2004年8月13日. の2004年8月13日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 「DJ訪問 江川範子」『週刊朝日』、朝日新聞出版、1978年5月12日、 50頁。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2009年4月23日. 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2007年2月3日. の2016年5月31日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2001年9月19日. の2001年12月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 日刊スポーツ新聞社 日刊スポーツ新聞社. 2010年7月28日. 2019年4月17日閲覧。 参考文献 [ ].

次の

コロナ禍でフジ「27時間テレビ」は中止、“必ずやる”日テレ「24時間テレビ」との差

日テレ 24

フジテレビは、夏恒例の特別番組「FNS27時間テレビ」を今年は放送しないことを発表した。 「8月の放送を目指して準備を進めていましたが、新型コロナウイルスの影響で中止となった」という理由だ。 一方、日本テレビの「24時間テレビ」は3月の段階で、早々に小杉善信社長が自ら「必ずやる」と宣言していた。 この差は一体どこから来るのか。 *** 日テレ関係者は語る。 「むしろフジはホッとしているかもしれませんよ。 コロナのお陰で、ようやくやめられると……。 昨年の『27時間テレビ』の平均視聴率はわずか5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)でした。 ゴールデンまで含めた27時間なのに、『めざましテレビ』の約半分、『とくダネ!』よりも下の数字では、放送する意味もないでしょう。 当然ながら、スポンサーにも売れません。 コロナ禍で、お金を出せる企業も限られます。 営業のスタッフだってリモートワークですから、売り込みようもない。 作りたいというスタッフだっていないかもしれません。 コロナによる中止は渡りに船だったんじゃないですか」 絶頂期の「27時間テレビ」では、車庫入れと称して、明石家さんまのレンジローバーをビートたけしが運転。 ぶつけまくって傷だらけに……なんて名シーン(?)を覚えている人も少なくないのでは。 「フジが『27時間テレビ』を始めた頃は勢いがありましたからね。 『27時間テレビ』をフジが作ったのは、明らかに日テレ『24時間テレビ 愛は地球を救う』への当てつけだったと思います」(同) 日テレが「24時間テレビ」をスタートしたのは78年のこと。 米国のチャリティ番組を参考に開局25周年記念特別番組として制作された。 「寝たきり老人にお風呂を! 身障者にリフト付きバスと車椅子を!」をテーマに募金を集め、12億円近くが集まった。 平均視聴率15・6%と好調だったことに加え、予想を上回る募金額に翌年以降も続行することが決まったという。 一方、フジの「27時間テレビ」がスタートしたのは87年。 あわせて読みたい関連本•

次の

日テレ『24時間テレビ』放送強行「この局狂ってる」「ヘドが出る」「いい加減偽善番組はやめたらいいのに」批判殺到

日テレ 24

フジテレビは、夏恒例の特別番組「FNS27時間テレビ」を今年は放送しないことを発表した。 「8月の放送を目指して準備を進めていましたが、新型コロナウイルスの影響で中止となった」という理由だ。 一方、日本テレビの「24時間テレビ」は3月の段階で、早々に小杉善信社長が自ら「必ずやる」と宣言していた。 この差は一体どこから来るのか。 *** 日テレ関係者は語る。 「むしろフジはホッとしているかもしれませんよ。 コロナのお陰で、ようやくやめられると……。 昨年の『27時間テレビ』の平均視聴率はわずか5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)でした。 ゴールデンまで含めた27時間なのに、『めざましテレビ』の約半分、『とくダネ!』よりも下の数字では、放送する意味もないでしょう。 当然ながら、スポンサーにも売れません。 コロナ禍で、お金を出せる企業も限られます。 営業のスタッフだってリモートワークですから、売り込みようもない。 作りたいというスタッフだっていないかもしれません。 コロナによる中止は渡りに船だったんじゃないですか」 絶頂期の「27時間テレビ」では、車庫入れと称して、明石家さんまのレンジローバーをビートたけしが運転。 ぶつけまくって傷だらけに……なんて名シーン(?)を覚えている人も少なくないのでは。 「フジが『27時間テレビ』を始めた頃は勢いがありましたからね。 『27時間テレビ』をフジが作ったのは、明らかに日テレ『24時間テレビ 愛は地球を救う』への当てつけだったと思います」(同) 日テレが「24時間テレビ」をスタートしたのは78年のこと。 米国のチャリティ番組を参考に開局25周年記念特別番組として制作された。 「寝たきり老人にお風呂を! 身障者にリフト付きバスと車椅子を!」をテーマに募金を集め、12億円近くが集まった。 平均視聴率15・6%と好調だったことに加え、予想を上回る募金額に翌年以降も続行することが決まったという。 一方、フジの「27時間テレビ」がスタートしたのは87年。 あわせて読みたい関連本•

次の