舟券の買い方。 【初心者必見!】競艇で舟券の買い方『全種類』を解説!

競艇の舟券の買い方は?的中させるためのベストの組み立て方法など詳細まとめ

舟券の買い方

例えば、下記のレースの場合ですが 階級と 2連立の勝率、 進入コースが 1コースであることから 断然の人気になっている 1号艇のレースですが 結果がこちらとなります。 【単勝】 まず、 単勝ですが「 確定オッズは¥100」でした。 という事は、 世の需要は全て「 1号艇が1位」であると 結論付けている証拠になります。 全てのレースの1番人気がこの通りになる訳では ありませんが、オッズは限りなく低くなることが 予想されます。 また、 単勝であると 1レース当たりの売上金額が 10万円程度との事ですので、 高額投資をすると オッズが一気に下がってしまいます。 よって、市場の 予想がバラつくレースを選ぶことが ポイントになってきます。 【複勝】 次に、 複勝です。 複勝は「 2位以内に入る艇を1艇当てれば良い」 ので、 当選率は「単勝」よりも高くなります。 この勝式も1レース当たりの売上金額は低いことが 想定されますので、高額投資ですとオッズに 影響が出る恐れがあります。 ポイントとしては「 2着予想」をする事です。 2着予想艇を当てることにより、1着艇よりかは オッズが高くなることが予想されます。 こちらも 当選率は高いため、仲間との予想で 盛り上がれる事は間違いないと思います。 【拡連複】 拡連複は… 3着までに入る艇を順位を問わず 2艇当てれば良い勝式です。 ポイントは「 2着艇・3着艇」を当てる事です… 一一 オッズを見ると 「3=6」で「15. 7倍」ですので 魅力的ですが、やはり1レース当たりの売上金額が 低いため、高額投資ですとオッズに影響が出る 恐れがあります。 1番人気ですと「¥200を切る」事が多々ありますので オッズに注力することは必須です。 頭艇の固定ができないレースに向いている 勝式となります。 但し、人気艇の場合は「¥130」という 場合もありますので、注意が必要です。 どちらにせよ、 人気艇をからめて買う場合は オッズは低くなりますので、 絞り込みが 必要になってきます。 》 お勧めの方法は多々あり、 奥が深い勝式です。 【3連複】 3連複は… 3着までに入る艇を、順位を問わず 3艇当てる勝式です。 ボックス予想をする方には 縁深い勝式となると思います。 3連複の複数買いをすると、より当選率は 上がります。 (=ボックス) 但し、 3着艇を当てるということは 予想が困難になってきますので 3連複1通りですと当選率は下がる傾向にあるでしょう。 1番人気にもなると「¥300台」なんていうのも 少なくありませんが、逆に 高額配当の「万舟券」は 毎日ゴロゴロしており、 非常に魅力的ですよね。 この 3連単は「 当選率と回収率」共にきっちりと レース選びさえすれば、 現実的な値になります。 さすがに、 1通りでの当選は困難を極めますが 最小限に絞り込みをすると、こういった 「中穴当選」は 現実的なものになります。 ちなみに、 今回の回収率は「 656%」にもなります。 》 その 絞り込み方法さえ習得してしまえば そう難しい予想方法ではありません。 ・予想の仕方が分からない ・自分にあったレースの選定ができない ・当たってもトリガミばかり… …などなど、悩みは尽きないことでしょう。 本誌は、 ブログを運営しており アクセス数は現在、ご好評を頂き 急増しております。 1ヶ月間で「 20,000」PVを超える アクセスを頂いているからこそ いろいろな方からの、 お問い合わせや ご質問をお寄せ頂いておりますので 皆さまの「 悩み所」が分かるのです。 その 悩みを解決して、 ノウハウを習得する 事により、 応用を効かせる事ができ 自分で予想に取り組めるようになってきます。 空いた時間で、 効率よく、 そして楽しく こなしていければ、より一層 充実した 人生が送れます。

次の

競艇(ボートレース)の

舟券の買い方

ページ内目次• 当たる舟券を買うためには 初心者が当たる舟券を購入するためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか? ボートレースの知識が増えるにつれて、で当たる確率はアップしていきます。 まずはボートレース好きな人と一緒について行き教えてもらうのも良いですね。 ボートレースの知識を増やす ボートレースの知識を増やすことで、レースの展開が見えるようになります。 レースの並びから第一マークの展開を予想できるようになることで、的中しやすくなります。 初心者の方は知識を増やすに、以下のことをやっていきましょう。 出走表を隅々まで見て理解する• 展示航走を理解する• モーター状況を把握する• レース場の特徴を覚える• 風向き、波、潮の影響を覚える 好きな選手を作る 特定のボートレーサー 競艇選手 のファンになりましょう。 インが上手い選手・アウトからのマクリが上手い選手などなど。 ボートレーサーには様々な方がいます。 数ヶ月同じ選手を追いかけてレースを見ていくと性格や特徴がわかってきます。 また特定のボートレーサーを追っていくことで、ボートレースの知識を増やしやすくなります。 一般戦を狙う 一般戦は比較的売上が少ないのが特徴です。 ですので売上を上げるために、堅い 当たりやすい レースを組んでいます。 ここで狙いたいレースは進入固定戦 コース取りを行わず枠番通りの並び です。 圧倒的に1号艇が有利になります。 ただし1号艇が着外になった場合、高配当となります。 また1レースの売上を上げるために、堅めに設定しているレース場もあります。 配当は低いですが、当たる確率は大幅にアップします。 ボートレース場の特徴を覚える ボートレース場ごとに様々な特徴があります。 海や河川を利用した水面だったり、プールだったり。 海の場合は塩分濃度、潮の満干があります。 レース場によっては良く吹く風向きもあります。 またレース場ごとに形も違うため、それぞれの特徴に合わせて予想を考えなければなりません。 レース場ごとの特徴を覚えることで、どういった買い方をすれば良いのか徐々にわかってきます。 まずは最寄りのボートレース場の特徴を覚え、慣れてきたら他のボートレース場も覚えていきましょう。 風向きは日によって変わりますが、水質は変わりません。 先に各ボートレース場の水質について覚えましょう。 レース場 水質 桐生 淡水 戸田 淡水 江戸川 汽水 平和島 海水 多摩川 淡水 浜名湖 海水 蒲郡 汽水 常滑 海水 津 淡水 三国 淡水 びわこ 淡水 住之江 淡水 尼崎 淡水 鳴門 海水 丸亀 海水 児島 海水 宮島 海水 徳山 海水 下関 海水 若松 海水 芦屋 淡水 福岡 汽水 唐津 淡水 大村 海水 次に1コースの勝率は下記の通りです。 ボートレース場 1着率 2着率 3着率 4着率 5着率 6着率 桐生 44. 8% 16. 2% 13. 2% 15. 5% 7. 6% 2. 9% 戸田 38. 2% 17. 6% 16. 1% 17. 7% 7. 9% 3. 1% 江戸川 40. 7% 22. 7% 15. 1% 11. 8% 6. 7% 3. 9% 平和島 41. 9% 16. 5% 15. 1% 14. 8% 8. 5% 3. 7% 多摩川 41. 1% 17. 8% 15. 9% 14. 8% 8. 1% 2. 9% 浜名湖 44. 6% 17. 5% 14. 3% 13. 9% 8. 0% 2. 3% 蒲郡 50. 8% 13. 6% 12. 5% 14. 2% 6. 6% 2. 7% 常滑 45. 9% 16. 8% 14. 6% 14. 2% 5. 7% 3. 3% 津 49. 3% 16. 4% 13. 5% 11. 9% 6. 2% 3. 2% 三国 47. 5% 17. 8% 15. 2% 11. 9% 6. 2% 1. 9% びわこ 38. 6% 18. 1% 15. 0% 17. 3% 7. 8% 3. 6% 住之江 51. 2% 16. 7% 12. 3% 12. 6% 5. 9% 1. 8% 尼崎 48. 6% 15. 2% 12. 9% 13. 8% 7. 5% 2. 3% 鳴門 40. 9% 16. 8% 15. 7% 15. 1% 9. 1% 3. 0% 丸亀 48. 4% 15. 9% 12. 8% 14. 4% 6. 6% 2. 4% 児島 50. 8% 15. 7% 12. 4% 12. 7% 6. 6% 2. 3% 宮島 50. 3% 13. 4% 15. 3% 10. 9% 7. 6% 3. 1% 徳山 56. 7% 15. 4% 10. 9% 9. 6% 6. 3% 1. 8% 下関 51. 2% 15. 8% 12. 9% 12. 6% 5. 4% 2. 7% 若松 51. 4% 15. 2% 14. 6% 11. 8% 5. 4% 2. 2% 芦屋 54. 4% 12. 5% 11. 3% 12. 8% 7. 3% 2. 2% 福岡 35. 4% 20. 0% 19. 7% 15. 4% 8. 1% 1. 7% 唐津 48. 1% 17. 9% 14. 2% 12. 1% 6. 1% 2. 1% 大村 59. 0% 14. 5% 11. 6% 9. 2% 4. 4% 1. 7% こうして一覧で見るとどのレース場でも1コースが強いとわかります。 「第一マークが狭い」「向かい風が多い」「海水でうねりが多い」などが低い勝率の原因です。 予想を絞るコツ 舟券はたくさん買えば当たりやすいですが、的中しても配当金が低くてマイナスになってしまうことがあります。 とにかく買えば良いというわけではないのです。 予想はある程度絞る必要があります。 負けそうな選手を予想する 6艇のうち、どの選手が必要ないかを考えましょう。 勝率が1点代と明らかに低い選手、フライングを2本持っていてスタートで勝負できない選手など。 まずは必要ない選手を省くことで、予想を絞りやすくなります。 展示レースを参考にする 展示レースを参考にして、省く選手を決めます。 スタートタイミングが遅い選手で、今節スタートが良くない選手。 展示タイムが明らかに遅い選手。 こちらも予想から省くことで、絞りやすくなります。 オッズで絞る 的中したが、結果的に購入金額より少なくなった ガミると言います。 これは避けたいところです。 例えば2連単で1-2が3倍、1-3が5倍、1-4が7倍、1-5が15倍、1-6が20倍とします。 全て100円ずつ、合計500円購入します。 1-2で決まったとすると、300円の配当が付き結果的に200円マイナスになります。 せっかく的中したのにマイナスでは納得いきませんよね? 1-2、1-3で100円ずつ購入するか、1-3、1-4、1-5、1-6を100円ずつ購入すれば 「賭け金 < 的中時の最低の配当金」となるため、負けても納得がいきます。 選手の強さがはっきりしているレースを選ぶ 一般戦では1号艇にA級レーサー、残る5艇をB級レーサーというように堅めに設定しているレースがあります。 こういったレースは1号艇から流すことで的中率が大幅にアップします。 大抵の場合、「朝一の1レース」「お昼の12時~13時頃のレース」「夕方のレース」に堅めなレースが存在します。 基本的に堅い決着になるため、初心者には当てやすくオススメです。 1号艇が外れると高配当になることもありますが、予想を絞りやすいので初心者に最適です。 出走表を分析する 出走表には様々なデータが記載されています。 モーター情報やクラス、フライング状況などなど。 今回はコースごとの勝率について紹介します。 出走表にはコースごとの1着率、2着率が記載されています。 またどのコースに進入し、スタート何秒で何着だったのかまで記載されています。 1コースが弱い選手。 外からの勝率、2着率が高い選手などは予想の候補に上げても良いでしょう。 また三日目ともなると今節のスタートタイミングの良し悪しがわかってきますので、 スタートが良い選手は買い、悪い選手は予想の対象から外すといった形で絞っていきます。 勝ちやすい買い方 勝ちやすい買い方となると、やはり1号艇からの購入となります。 ボートレースは1号艇が圧倒的に強く、スタートさえ決まれば上手く逃げることができます。 ただし以下の場合は、1号艇からの購入は避けたほうが良いでしょう。 アウト勢が前付け 進入時に内枠に入ってくる を行っているレース• 全体的に1号艇が来ていない• 優勝戦前の特別選抜戦• 1号艇での勝率が低い選手 こうしたレースは避けましょう。 逆に穴から遊んでみるのも良いと思います。 上記以外のレースで1号艇が強いと判断した場合、3連単で流して購入してみましょう。 2着3着は2号艇~6号艇から3艇選びます。 ただし勝率が明らかに低い選手は避けましょう。 例:1-246-246 合計600円で購入 配当が6倍に満たない場合もありますが、的中率は高くなります。 もっと低予算で楽しみたい方は3連複の購入をオススメします。 例:1246 合計400円で購入 ただし1号艇が絡むと、オッズが1倍代になる可能性があります。 穴気配のときは思い切って1号艇を外すのが良いでしょう。 4艇選びだと高配当が狙え、しかも当たりやすいのでオススメです。 「買わない」と判断できることも大事 全てのレース場で、全てのレースを購入していると資金がいくらあっても足りません。 不安材料がある場合は「買わない」のもひとつの勇気です。 「負けているからすぐに取り戻そう」ではなく、じっくり取り戻せば良いのです。 買わずに予想だけを行い、「こういう結果になったか。 」と、勉強することも大事です。 関連記事•

次の

競艇予想で勝つ競艇ボートレースの「舟券の買い方」〜競艇マークシートの書き方

舟券の買い方

ボックス買いの例 例えば、3連単で「1」「2」「4」の3艇でボックス買いをするとなると、下記のような組み合わせ(買い目)を購入する事になる。 ・ボックス買い「点数早見表」 2艇ボックス 2通り 3艇ボックス 6通り 4艇ボックス 24通り 5艇ボックス 60通り 6艇ボックス 120通り とりあえず「ボックス買い」についてはこんなところでしょう。 ボックス買いのメリット・デメリット 基本をおさらいした上で、ボックス買いのメリット(良い点)・デメリット(悪い点)を見てみましょう。 2艇ボックス流し• 3艇ボックス• 4艇ボックス それぞれ簡単に解説しておきます (参考画像のレース内容は無視してくれ)。 2艇ボックス流し(8通り) ボックス買いの中でも人気なのがこの買い方、1・2着を2艇でボックスにして3着は総流しするというちょっと変則的なボックス買い。 大きいレースなど2艇の一騎打ちと展開が読めるレースならこの買い方がかなり美味い、初心者には難しいかもしれないが今後使えるように勉強しておこう。 3艇ボックス(6通り) 「このレースはこの3艇で決まり、だが着順に関してはどう転ぶか分からない」なんて時におすすめなのが3艇ボックスだ、 点数も6点と少なめなのでお財布にも優しい。 問題があるとすれば、 「1艇でも飛んでしまうとその時点で舟券がただの紙切れと化すこと」、なのでこの買い方をする時は3艇で間違いないと考えられるレースにしなければいけない。 ただ、 そんなレースはオッズが安いことがほとんどなので、それなら最初から本命で1着固定でフォーメーションを組んだ方が遥かに賢いのが現実だ。 4艇ボックス(24通り) 4艇ボックスの場合24通りもある分お金もかかりトリガミになりやすいのだが、 4艇も選べる分的中率も上がり穴狙いで万舟券も視野に入れる事ができる。 ただ4艇ボックスの場合、トリガミがほとんどなのでボートレースで 勝ちを重視する人にはオススメできない、逆に 「1発でかいのを当てたい」って方にはオススメできる。 ボックス買いの注意点「基本オススメできない」 ここまで色々と解説してきたわけですが、当ブログ(ふねバカ)としては3艇・4艇ボックス買いというのはあまりオススメできない。 そもそも、ふねバカの考えとしては「ボートレースは展開を読んで勝つ」ってのが第一にあるので、とりあえずボックス買いという選択肢はなく、着 順が絞れないのであれば最初からそのレースは避けるべきなのだ。 もちろん「身内でワイワイ遊びたいというならボックス買いもあり」ではあるが、ボートレースに対する基本姿勢として「ボックス買い」はないとここでは主張しておきます。

次の