カレイ 冷凍 保存。 カレイの正しい冷凍保存方法:保存可能期間は?

【知って得する!】カレーの冷凍方法、冷凍保存期間、解凍方法を紹介

カレイ 冷凍 保存

カレイの冷凍保存方法• まず下処理が済んでいないのであれば、カレイのうろこや内臓、血合いやエラを取り除き、下処理を済ませておきましょう。 内臓があると傷みやすく、臭みの原因にもなります。 保存する前に水洗いをしておき、キッチンペーパーで水気をしっかりふき取っておきます。 空気に触れないようにラップに包み、ジップつきのフリーザーバッグに入れます。 準備ができたら冷凍庫に入れましょう。 出来るだけ早く冷えた方が鮮度をキープできるので、熱伝導率の高いアルミプレートに乗せておくことをおすすめします。。 冷凍したカレイはどのくらいの期間保存できる? 生カレイの冷凍保存期間は大体2週間程度です。 加熱済みのものであれば、3週間から1ヶ月程度は保存できます。 下味はつけるべき? 保存前の味付けはしてもしなくてもどちらでも構いませんが、下味をつけてから冷凍すれば、調理の手間が省けるので忙しい時に助かります。 <スポンサーリンク>.

次の

【みんなが作ってる】 カレイ 保存のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

カレイ 冷凍 保存

買い付けから自社工場で製品に仕上げ、お客様のお手元にお届けするまで一貫して鮮度にこだわっております美味しい干物を食べて頂くためには 焼き方・保存・賞味期限が大事です。 干物の焼き方のコツ 美味しく頂くためには干物によって焼き方が若干違います。 一番よいのは七輪で強火の遠火!これ 一番です。 でも中々そういう訳にも参りませんよね!?ご家庭で焼かれるにはやはり グリルかフライパンがお勧めです。 では実際に焼かれる時のポイントです。 開き干し 網焼き 中火で皮を下にして焼きます。 骨の周りが白っぽくなったらひっくり返して身の方を軽く焼きます。 お願い・・とろ火で焼かないで!水分と旨味が飛んじゃいます。 グリル 煙やにおいが気になる方はグリルに水を張って焼くのがお薦めです。 身が白っぽくなり、そのあと程よいきつね色になりましたら裏返します。 少し火力を落として皮の方を少し焦げ目が着く程度焼きます。 皮に焦げ目がつき、身のほうが白くなったら裏返します。 身のほうにきつね色の焼き色ががついたら焼きあがりです。 この時、冷凍室から出したばかりのものと解凍したものでは、焼き時間が異なります。 お気をつけ下さい。 焼きすぎると堅くなり美味しさを損ないますのでお気をつけ下さい。 大きめの魚は中まで火が通りにくいので、まず片面を中火で程よいきつね色になるまで焼かれて、そのあと裏返してもう片方を同じ要領で焼いて下さい。 味醂干し 焦げやすいので弱火でじっくりが基本です。 少しきつね色になり裏返しても身が崩れ無いような感じになったらひっくり返して焼いて下さい。 表はきつね色。 皮の方は少し焦げ目がつく程度です。 いずれも焼き網やフライパンを温めてから焼くと魚がくっつきにくく上手に焼けます。 又、凍ったまま焼く方が美味しく焼けますし、焼きやすいです。 身の厚い魚は火加減を調節して中まで、火が通るように焼いて下さい。 保存の方法 商品到着後は当日お召し上がり分は冷蔵庫へ、翌日以降に食べられるものは、食べられる分ずつに小分けをしてラップに包み冷凍室にて保管して下さい。 又、ラップを二重にするか若しくはラップに入れ冷凍保存袋に入れて冷凍庫に保管して下さいまた、一度解けたものを再び凍らせますと味を損なう恐れがございますのでお気を付け下さい。 また、冷蔵庫の開閉が激しい場合は若干劣化が進みますのでなるべくお早めにお召し上 がりください 賞味・消費期限について 美味しくお召し上がり頂くために賞味・消費期限を定めさせて頂いております。 丸干し・開き 冷凍保存 1ヶ月 冷蔵保存 4日 味醂 冷凍保存 1ヶ月 冷蔵保存 4日.

次の

かれいを冷凍・保存・解凍調理する方法

カレイ 冷凍 保存

カレイの冷凍の仕方と解凍のコツ カレイなどの切り身の魚は、すぐに食べなければ冷凍保存すると思いますが、そのままパックのママ冷凍するとどんどん冷凍やけという現象に陥ります。 生のままの魚を冷凍した場合の賞味期限は2~3週間くらいですが、きちんと容器から出して水分をしっかり拭いて、一枚づつラップでくるんでください。 空気に触れることで乾燥や冷凍やけを起こしてぱさぱさでとても美味しくない魚になってしまうからです。 カレイをもし煮つけにする予定でだれば、冷凍前に煮つけにしてしまい、冷ましてから煮汁ごと冷凍することをおすすめします。 こうすることによりぱさぱさすることもなく美味しく食べることが出来ます。 スポンサードリンク 解凍するときの注意点とは 折角包んで空気に触れないようにして、大体風味が失われていく3週間くらいを目安に食べたとしても、解凍の仕方で全然味が変わってきてしまいます。 解凍する時は低温でじっくり解凍がおすすめです。 できれば冷蔵庫で解凍が最適です。 常温解凍だと解凍しすぎてしまい、菌が繁殖する恐れがあるからです。 品質を落とさない為にも安全面でも低温でゆっくり解凍がいいでしょう。 しかし時間がないなどといった場合は氷水解凍がいいでしょう。 短時間で解凍はできますが、その際に水がかからないように注意が必要となります。 煮つけはそのまま鍋に入れて温めだけなのでとても便利です。 カレイのような魚は長期保存するには調味料で漬け込むのが一番いい冷凍方法です。 味噌や酒粕、しょうゆなどで乾燥も防げますし味が染みてとても美味しく仕上がるのでカレイの煮つけにはお勧めの冷凍方法です。 まとめ 魚の賞味期限を延ばすにはきちんとした冷凍方法と解凍方法が重要だという事がわかりました。 カレイに関しては煮つけにしておくと美味しさを保ったままだいぶ長い賞味期限で食べることが出来る上、解凍も簡単なようなので、カレイを冷凍保存する時には煮つけにした方がいいでしょう。

次の