無限wifi 評判。 Mugen Wifiは信用できる?WiMAXやどんなときもWiFiと比較してみた|やさしくねっと.

【コスパ最強】Mugen WiFiの評判!速度・端末・料金を他社と比較

無限wifi 評判

この記事でわかること• どんなときもWIFIと無限WIFI(Mugen WIFI)は比較すると、どんなときもWIFIの方が良い と では、どんなときもWIFIを利用した方が損をしません。 料金では無限WIFIの方が得ですが、速度、安定性と通信制限でどんなときもWIFIが勝っているからです。 あれ?mugen wifiまた制限かけられたかな?今回は200GBオーバー時点。 先月は300GBやったから、300まではいけるかと思ったのに。 たまたま電波状況悪いだけかもしれへんけど、こんな時間に電波悪くなることある…? わたしにはまだUQの残りがあるもんね!と思ったら残り1GBやった。 無いに等しい。 300GBといえば1日で10GB、ヘビーユーザーくらいしか制限されないでしょうが、やっぱり不安ですよね。 ただおトクな回線には違いないので、料金面が絶対なら「MugenWIFI」、総合的に損せず快適なネットをしたいなら「どんなときもWIFI」が良いです。 気になったら早めの問い合わせがおすすめです。 月額3. 380円でポケットWIFIが使える• 無制限でネットが楽しめる(月300GBなので、ほぼ超えない)• 他社と比べて最安値の料金 評判と安定性:どんなときもWIFIが圧倒的に良い どんなときもWIFIは評判と安定性では、無限WIFIより間違いなく勝っています。 理由は無限WIFIが「300GB」で制限がかかることにあります。 けっこう速い。 北海道の田舎での測定。 都会は知らぬ Youtubeの1080p60動画やアマプラの最高画質ぐらいなら止まることなく見られる。 続きます — りふれ ref179 どんなときもWiFi 神だよ神 他のポケットWiFiとか田舎すぎて繋がらんのにどんなときもWiFiは家でもばちこり繋がるわ 契約してよかった ありがとう。 しかも無制限。 まぁ、300gbであの値段だし光来るまでの繋には良いかな。 「ようです」というのは、公式サイトで記載されていないからです。 ツイッターや評判では有名な話になりつつあります。 さらにどんなときもWIFIは、中にあるチップもアメリカ製の高品質なものを使っています。 クアルコムというチップセットでは世界1位のシェアと誇っています。 なのでどんなときもWIFIは速度も安定性も高いんです。 良いのを使用しているわけですから。 ちなみに無限WIFIは中国製のSpreadtrum社を利用しています。 月額料金:無限WIFIの方が安い 無限WIFIの月額料金はどんなときもWIFIより安いです。 業界最安値ですね。 理由はCMや宣伝に使うお金を限りなく削減しているからです。 チップセットもSpreadtrum製ですからね。 モバイルWiFi、そろそろ次を検討せねば…。 【 業界最安値】ずっと3,280円で使えるポケットWIFI• 30日間のお試し利用ができる【お金は返却事務手数料1,000円だけ】 速度と制限:どちらも速度は良い【無限WIFIは300GBで制限方向あり】 どんなときもWIFIも無限WIFIも、どちらの最大速度も150Mbpsで同じです。 しかし通信制限ではMugenWIFIの方が負けています。 300GBというと1日10GBの計算なので、そこまで使わない人には問題ありません。 PCでYouTubeを利用する場合 無限WIFIは複数人で利用したり、オンラインゲームをやりまくったりする人には向いていないです。 制限を受けたらたまったもんじゃないですから。 どんなときもWIFIは600GBと推定値でありますが、実際制限を受けた報告は聞いたことがないので、いくらでも使いたい人に向いています。 気になったら早めの問い合わせがおすすめです。 月額3. 380円でポケットWIFIが使える• 無制限でネットが楽しめる(月300GBなので、ほぼ超えない)• 他社と比べて最安値の料金 エリア:どちらも日本全国で使える【携帯3キャリアで通じればOK】 どんなときもWIFIと無限WIFIも日本全国で利用できます。 どんなときもWIFI vs 無限WIFI 項目 どんなときもWIFI 無限WIFI エリア au,docomo,softbankがつながるエリア au,docomo,softbankがつながるエリア 「クラウドSIM」と呼ばれる次世代技術を使っていて、au,docomo,softbankの電波が繋がる場所ならどこでもつながります。 実際私自身が毎日使っていますが、山の中や高速道路、トンネルは難しいですがどこでもつながります。 山の上で普通に電波があったのがうれしかったですね。 違約金:無限WIFIの方が安く辞めれる 無限WIFIの方が、辞めるときの違約金は安いです。 つまり無限WIFIは2年使い続ければ、いつでも無料で解約できるんですね。 早く辞める可能性がある方は無限WIFIの方が良いです。 どんなときもWIFIも発売当時は利用者が爆速で増え、リソースが足らず障害が発生することがありました。 しかしそのたびにリソースを惜しみなく増強してきたので、結果最強のポケットWIFIになりました。 しかし無限WIFIは料金が安すぎるので、リソースを強化できないの可能性があります。 本当はリソースを増やしていきたいんだろうけどね。 結局、どんなときもWIFIの方が良いんですよね? どんなときもWIFIの方が契約にはおすすめです。 料金では無限WIFIに負けますが、速度、通信の安定性、そして制限など総合的にみればどんなときもWIFIの方が良いからです。 私も使っていますが、特に不便と思ったことはないです。 気になったら早めの問い合わせがおすすめです。 月額3. 380円でポケットWIFIが使える• 無制限でネットが楽しめる(月300GBなので、ほぼ超えない)• 他社と比べて最安値の料金 【まとめ】どんなときもWIFIの方が、無限WIFIよりおすすめ【実際使っているが、不満なし】 どんなときもWIFIの方が無限WIFIより、利用するにはおすすめです。 なぜなら無限WIFIの方が料金は安いが、速度、安定性、通信制限など総合的に快適に利用できるからです。 どんなときもWIFIですが、 2020年4月3日から新規受付を全面停止 し ています。 理由は通信障害にあるのでしょうが、いつ再開されるかは不明です。 どんなときもWIFI 新規受付中止の発表画像 ただ 「ポケットWIFIが早く欲しい!」という方はどんなときもWIFIの代わりに以下のWIFIがおすすめです。 現在たくさんのポケットWIFIが出ていますが、現状使うべきWIFIです。 理由はどんなときもWIFIと同じく、携帯の使える場所で利用でき、実質完全無制限でネットができるからです。 月300GBまで利用可能。 月300GBなら1日10GB、よほどのヘビーユーザーでなければ十分使えますね。 発売して間もないですが、実際の評判でも良い評判を確認できます。 栃木県日光市にある足尾銅山観光付近にて回線速度を測定しました! ・44. 29がワイモバイル ・27. どうせ使うなら安くて、たくさん使えるポケットWIFIが良いですもんね。 どこよりもWIFIは、どんなときもWIFIとは違う回線を利用しているので、速度が遅いこともないです。 気になったらすぐ問い合わせだけでもしてみる方が良いです。 遅くなって、後で後悔する方がいやです。 どこよりもWIFIは 携帯が使えるエリアのどこでも使える• WIMAX申し込むならこの代理店で決まりです。 auスマートバリューが使えたり、他社から乗り換えする際の違約金補助があるのがお得です。 ただ「3日で10GB」使うと制限かかったり、山や地下でつながらないのが短所です。 動画をみるのもほどほどだし、山や地下以外で使うことが多い!という方におすすめのポケットWIFIです。 利用する機械は2位のBroadWIMAXと同じです。 要は特典が違うんですね。 ただこのキャッシュバック金額かなり高いんですが、「約1年後のメールに返信しないともらえない」というカラクリが。 メールに返信するのを忘れて、キャッシュバックもらえなかった!という不満が数多くあるんです。 当たり前ですよね。 「もらう自信ある!」という方はGMOで申し込んだ方が良いです。

次の

Mugen

無限wifi 評判

「Mugen WiFiって実際どうなの?」 「他の容量無制限のポケットWiFiに比べて何がいいの?」 と気になりお調べではないですか? 2019年10月3日よりサービスが開始されたMugen WiFi。 月額3,280円で容量無制限で利用することができるポケットWiFiで、 しかも30日間お試し利用ができるんです。 実際に使ってみてから、継続するかどうか決めれるので、安心して申し込むことができますよね。 この記事では、Mugen WiFiのデメリットやメリットをより詳しく徹底紹介。 Mugen WiFiがおすすめな人、おすすめじゃない人についてもお伝えするので、自分に合うかどうか読みながら判断してみてください。 最安値保証WiFiが今ベストな理由• 申込から最短即日発送で、すぐにでも利用ができるから• 契約期間の縛りがなく、無料で解約ができるのでリスクが少ないから• 初期費用も0円なので、気軽に契約できるから• 月額料金も3,280円と最安級だから• 月に利用できるデータ量が「100GB」と明記されて安心して利用できるから• 契約期間の縛りが無いので、テレワークや在宅勤務の短い期間だけの利用ということもできるから 最安値保証WiFiは「契約期間の縛りが無い」「無料解約」「初期費用0円」「月額料金も安い」「データ量も明確」とおすすめできる要素が詰まったポケットWiFiです。 はじめてポケットWiFiサービスを利用する人や、短期間だけでの利用がしたい人も解約金や違約金といったリスクなく気軽に利用することができます。 もし今後Mugen WiFiのサービスが再開したとしても、最安値保証WiFiのほうがおすすめできる要素が多いので、是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/ 1.そもそもMugen WiFi(無限WiFi)とは? まずはMugen WiFiの基本情報を確認しましょう。 以下に初期費用や月額料金、端末や通信速度などまとめて表にしてみました。 Mugen WiFiの基本情報 特徴 30日間の無料お試し期間あり 月額料金 アドバンスプラン:3,880円 格安プラン:3,280円 事務手数料 3,000円 回線 au,docomo,softbank 契約期間 2年 解約違約金 1~12か月:9,000円 13~24か月:5,000円 それ以降:0円 月間通信容量 無制限 3日間制限 無し 端末 アドバンスプラン:G2 格安プラン:U2s 最大通信速度 150Mbps 支払い方法 クレジットカード より詳しく見ていきましょう。 Mugen WiFiのプラン Mugen WiFiには「アドバンスプラン」と「格安プラン」の2種類のプランがあります。 使える機種が異なり、 月額料金が600円違ってきます。 プランが違っても、月額料金以外の料金は変わりません。 Mugen WiFiの端末 アドバンスプランは「G4」、格安プランは「U2s」という端末になります。 大きな違いは、 G4には「翻訳機能」「充電器機能」がついているという点ぐらいです。 どちらの端末も動画視聴やアプリの使用など、一般的な使い方であれば十分な速度が出るでしょう。 バッテリーも最大12時間はもつので、持ち歩いて使うのにも困りません。 ただ最大接続台数が5台と少ないので、家族で使う予定があるなどの人は注意するようにしてください。 G4は翻訳機能や充電器機能がありますが、特に必要のない人は、格安プランを利用するようにしましょう。 Mugen WiFiの通信制限 Mugen WiFiには通信制限がないと宣伝していますが、 実は速度制限にかかる可能性はあります。 公式ページにも「大容量通信をした場合、通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります」と記載されています。 () 384Kbpsの速度になってしまうと、テキスト中心のメッセージのやり取りやHP閲覧ぐらいはできますが、動画の再生などは難しいでしょう。 また今後どんなときもWiFiなどのクラウドSIMの利用者が増えてくると、通信制限が課される可能性もあります。 不確定な要素が多いのは、不安が残りますよね。 月300GBを超えると通信制限にかかるという口コミが多数 Mugen WiFiの通信制限に関して、 おおよそ月300GBを超えると通信制限がかかるという口コミがTwitterでも多数見受けられます。 Mugen wifi データー通信量無制限と謳っておりますが……300GBで速度制限掛かります。 月中300GB使用で月末まで速度制限!! 動画も途中で途切れてしまう速度ですよ。 解約予定です。 ソフトバンク回線ばかりでしたが、1TBぐらい使えるのかなと勝手に思っていました。 後一週間ネットがまともに使えない・・・最悪です。 — なかの kazutomo1959 通信制限下だと、動画を見たり、ネットを見るのも不便に感じる人もいるようですね。 ただし、 月300GBというのは、スマホでYouTubeの標準画質の動画(480p)を600時間以上、つまり、毎日20時間以上見ないと超えないぐらいの容量です。 ですので、「月300GBなら超えることないし、実質無制限!!」という声も多くありました。 そういう人が多いのかもしれませんが、 私は最初から無制限は、ありえないと判断してます。 wimaxの不便さ 3日で10GB制限とLTE切替の面倒臭さ で、2万円以上の解約金払って に乗り換えた物です。 まだ一ヶ月ですが、300GBは到底いかないので、ストレス無いです。 短期間に300GB使って制限されてる人いるみたいだけど、自分の生活だとどう頑張ってもそんな領域に到達しないから気にしないで良さそうだ。 家族がたくさんいて、 何台も同時に繋ぐなどの場合は、300GB以上超えることも出てくるかもしれません。 実際に今の生活でどれくらいデータ容量を使っているか確認してから、申し込むようにしてくださいね。 他の容量無制限のポケットWiFiも通信制限はあるかも、、、 「容量無制限」「通信制限なし」などと宣伝しているポケットWiFiはたくさんありますが、 完全無制限のWiFiはないと思っておく方がいいです。 たとえ容量無制限のポケットWiFiであっても、大体HPなどに小さい字で、以下のような文言が書いてあります。 万が一に備えて、「解約金」や「契約期間」も注意して見ておくようにしましょう。 Mugen WiFiのエリア Mugen WiFiはau、docomo、Softbankの3つの携帯キャリア回線に対応していて、使えるエリアもかなり広いです。 大手携帯キャリア3社が使える範囲であるなら、山の中でも地下鉄でも使うことができます。 外でWiFiを使う機会の多い人でも、通信できないということがほとんどなく、使いやすいですよね。 2.Mugen WiFi(無限WiFi)を実際に契約してみた感想 Mugen WiFiを実際に契約してみました。 私の場合は、年末年始の注文だったので届くまでに1週間ほど時間がかかりましたが、 通常であれば最短即日(土日の場合は、翌営業日)に発送してもらえますよ。 ダンボールを開けると、中には一つだけ箱が入ってます。 端末が入っている箱ですね。 さらにその箱を開けると中には「端末」「コード」「説明書」の3点が入っていました。 さっそく実際に接続してみましょう。 まずは電源をつけるために、端末の横にある電源ボタンを長押ししてください。 電源ボタンを長押しすると、3つのマークの一番左にある扇マークが点灯します。 点灯したら、端末の裏にある「SSID」「パスワード」をWiFiに繋ぎたい端末で設定してください。 以上で設定完了です。 届いたばかりの状態だと、端末の充電が少ない可能性もあるので、充電してから利用するようにしましょう。 Mugen WiFiは接続するまでめっちゃ簡単 届いて接続するまで実際に自分一人でやってみましたが、説明書を読まなくていいぐらい、めっちゃ簡単でした。 電源つけて、SSIDとパスワード入力するだけで繋がるので、WiFiが初心者の人にもおすすめです。 固定回線のように、申し込んでから工事の手続きとかも不要なので、早く簡単に導入することができますね。 Mugen WiFiの機種はスマホと同じサイズ Mugen WiFiのU2sという端末は、だいたいスマホと同じぐらいのサイズ。 ズボンのポケットにも入るサイズなので持ち運びしやすいです。 ただ少しツルツルするので、手で持ったりするときは、落とさないように注意してください Mugen WiFiの速度を実際に計測してみた Mugen WiFiの速度を計測してみました。 場所や計測するアプリによっても速度は異なってきますので、あくまで参考までに見るようにして下さいね。 今回使用したアプリは、「Speedtest—インターネット速度」と「Speedcheck Internet Speed Test」で、兵庫県で測定したものです。 YouTube動画を流していましたが、高画質で、特に問題なく見れていましたね。 こちらも問題なく、YouTubeの視聴ができていました。 ただ通信が途切れることもたまにあります。 今のところはそれほど気にならないので、問題なく使えています。 3.ここは注意!Mugen WiFi(無限WiFi)の2つのデメリット Mugen WiFiの基本情報をざっくりとお伝えしました。 ここからはMugen WiFiについて詳しく見ていきましょう。 まずは、他社の容量無制限のポケットWiFiを比較してわかった、Mugen WiFiの2つのデメリットをお伝えしていきます。 どんなときもWiFiのイニシャルをとって名前だけを変えているものになります。 WiMAXの速度を計測してみた Mugen WiFiを計測したのと同じ環境下でWiMAXの速度も計測してみました。 W06というWiMAXの最新機種で計測したです。 数値だけで言えば、Mugen WiFiに比べて5倍近く速い速度が出ていました。 オンラインゲームなどデータの重たいものを利用するときにはWiMAXの方が向いているかもしれませんね。 夜になると昼ほどMugen WiFiとの速度に違いはありませんが、やはり WiMAXの方が速度は速いです。 ただしWiMAXは3日間で10GB以上使うと、通信制限にかかります。 常にこの速度が使えるわけではないので、注意しましょう。 デメリット2.2年以内の解約の場合は端末の返却が必要 Mugen WiFiを2年以内に解約する場合には、端末の返却が必要になります。 1年だと解約金も5,000円かかってきますので、合計で24,200円も支払わないといけないことに。 2年以降であれば、端末の返却は必要ありません。 Mugen WiFiの端末の返却は必ず忘れないようにしてくださいね。 4.Mugen WiFi(無限WiFi)の嬉しい3つのメリット Mugen WiFiのデメリットについてお伝えしました。 ここからは他社の容量無制限のポケットWiFiと比較してわかった、Mugen WiFiの3つのメリットに見ていきましょう。 それぞれ見ていきましょう。 メリット1.月額料金が3,280円と安く2年以降もそのまま使える Mugen WiFiは他社の容量無制限のポケットWiFiに比べて、月額料金が安く、月額3,280円でずっと利用することができます。 2年間合計だと他のポケットWiFiの方が安く利用できますが、 2年以降のことや解約金を考えるとMugen WiFiが総合的におすすめです。 () 契約期間の2年を超えても月額料金は変わらず、月額3,280円で利用することができます。 また 2年以降であれば、解約金が全くかからずいつでも解約できるので、次の乗り換え先もゆっくり探すことができますよ。 他に良いポケットWiFiがなければ、2年以降もMugen WiFiを引き続き利用しても良いでしょう。 よくばりWiFiやNEXTmobileはおすすめじゃない? 2年間の総合料金で言うと、よくばりWiFiやNEXTmobileの方が安いです。 決しておすすめできないわけではありませんが、以下の点には注意しましょう。 返金保証の条件 以下の1~3の条件を全て満たしていること。 申し込み日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をより連絡すること。 返品の「発送日時」が30日以内であること。 例 申し込みが10月1日 PM1:00の場合、保証対象:10月30日 PM7:00の発送 、保証不可:10月31日 AM7:00の発送• Mugen WiFiの利用が初めてであること。 海外での利用の場合デイリーの利用料金が別途発生する。 50GBを超える通常レベルを超えた大容量の通信をした場合は、解約金9,000円が発生する。 返金保証の注意点• 箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円が発生。 30日以上を過ぎた場合は解約金9,000円が発生。 返却処理手数料として1,000円発生。 送料は自分で負担。 特に条件5は注意するようにしてください。 50GBを超えた状態で、箱や説明書も失くした状態で解約してしまうと、約25,000円ほどの支払いが発生する場合も。 こういったリスクもあることを確認の上、30日間のお試し利用をするようにしてください。 メリット3.解約金が安い Mugen WiFiの契約期間は2年ですが、もし途中で解約したとしても解約金が安く、安心です。 1年未満での解約なら、9,000円、1年〜2年での解約なら5,000円、それ以降の解約ならいつでも無料で解約することができます。 () 他のポケットWiFiに比べても、1,000円〜10,000円ぐらい解約金が違ってきます。 万が一のことを考えると、解約金が安い方が解約する時の負担が少なく済むので、安心して利用できますよね。 ただし端末の返却を忘れてしまうと、損害賠償金を払う必要が出きます。 解約金が安くても損害賠償金を払うことになると、意味がなくなってしまうので、端末の返却は忘れないようにしましょう。 5.Mugen WiFi(無限WiFi)の利用者の評判・口コミまとめ Mugen WiFiのメリット、デメリットをお伝えしました。 とはいえ、実際に利用している人はどう思っているの?と気になる人もいますよね。 そこでMugen WiFiを実際に使っている人の評判・口コミをTwitter上で調査し、まとめてみました。 それぞれ見ていきましょう。 5ー1.Mugen WiFiの良い口コミ まずは良い口コミから見ていきましょう。 料金も他の無制限のポケットWiFiに比べて安いので、なるべく安く使いたいという人にとっては嬉しいですよね。 速度も問題ない Mugen WifiもといD1クラウドSIMを使った感想は、当時無制限使い放題だったWimaxが近かった。 自分が契約してるのは、mugen wifiだけど基本ソフトバンクの電波掴みますね。 名寄市街地の端の方だけど18mnps出てる。 少なくともwimaxみたいに建物の中だと壊滅的って事もない。 アップロード速度が割と速い。 — シロカゲラ sirokagera Mugen WiFiの通信速度も問題なく使えているという口コミです。 通信速度はエリアや環境によっても変化しますので、一概には言えませんが、WiMAXと同じぐらいの速度が出る場合もあるようです。 クラウドSIMは3つの回線のうち繋がりやすい回線をランダムで接続します。 なので、途中で回線がする場合も出てくるかもしれません。 口コミのようにMugen WiFiの方が他のクラウドSIMよりも繋がりやすいということは定かではないので、参考程度に見ておくようにしましょう。 お試し利用してから今後続けるか判断できる mugen wifi、何より家の外で通信の容量気にせずYouTubeが見れるのが嬉しい。 後は返却期限までに通信の安定性を確認してから今後続けるか決めよう。 Mugen WiFiは、 初回の30日間なら全額返金保証してもらえるので、お試しで利用する人も多いです。 実際に使ってみてから、今後継続して利用するかどうか決めれるのは嬉しいですよね。 5ー2.Mugen WiFiの悪い口コミ 次に悪い口コミを見ていきましょう。 速度が遅い 街の中の自宅マンションで利用しているが、通信速度が遅すぎる 解約できるmugenwifiなので解約を検討しているが、どんなときもwifiなど同じU2s に乗り換えても、結果は同じと言うことになるのか U2sでない、限界突破wifiは、お試しがないので、どんな感じになるのか — higeboss higeboss464949 Mugen WiFiの通信速度は遅いという口コミです。 街の中であっても、通信速度が遅くなってしまう場合もあるようですね。 30日間以内なら全額返金保証があるので、あまりにも遅く使えないようなら返金の手続きをしてもいいでしょう。 複数台繋ぐと遅くなる MUGEN WiFi使ってる人少ないですよね。 料金改定があったばかりなので私も不安でしたが、3台接続の時は昼間 土曜日 でも下り3Mbpsくらいでした。 1台接続だと10前後って感じでした。 今のところそれほど不便ではないですし、地下や建物内でも問題なく使えるのでよかったです。 — わため Lzf9gBHT0a3UVs5 Mugen WiFiのルーターは1台であれば問題ない速度だけど、複数繋ぐと遅いという口コミです。 3Mbpsあれば、Youtubeの標準画質は見れるので、それほど気にならない人も多いと思います。 ただアプリのダウンロードをするときや高画質の動画を見るときには遅く感じることもあるかもしれません。 動画は見れるけど、高画質は見れない Mugen wifi 契約してみた。 動画見れるけど、ハイクオリティーにならず、ずっとボヤけてる。 場所や環境によっては、高画質での動画視聴は難しいこともあるようなので、その場合は標準画質で見るようにしましょう。 通信速度が遅くなる時間帯は勤務中で使わないからか 未だ「遅い」と思ったことなく毎日快適。 意外とすぐ電池が減るからモバイルバッテリーとしてなんてほぼ使わない(そもそもお前はギガだから死んだら何の意味もない) — 雨ちゃん 毒と膿 OnSatpon0505 G4の端末は、 本体が重く、持ち運びしづらいという口コミです。 G4には翻訳機能や充電器機能がついていますが、電池が減ることを考えると使わないことが多そうです。 特にこういった機能は必要ないという場合は、U2sを選ぶといいでしょう。 6.Mugen WiFi(無限WiFi)がおすすめな人、おすすめじゃない人 Mugen WiFiのメリット、デメリット、実際の利用者の評判・口コミをお伝えしました。 ここで、Mugen WiFiをおすすめできる人、できない人をまとめておきます。 すぐにでもポケットWiFiを利用したい人• 契約期間の縛りのないWiFiサービスが利用したい人• 短期間だけポケットWiFiを利用したい人• 無制限ではなく、明確に容量が決まっているWiFiが利用したい人 この条件に当てはまる人は、以下のポケットWiFiサービスがおすすめです。 契約金・解約金無料の『最安値保証WiFi』 プラン名 縛りなしプラン 契約期間 縛りなし 発送日 2日以内での発送 初期費用 0円 月額料金 3,280円 解約料金 0円 利用できるデータ量 月約100GB 支払い方法 クレジットカード 公式サイトURL 最安値保証WiFiは、現在当サイトで一番おすすめのポケットWiFiです。 「いつでも無料で解約ができる」「初期費用も0円」の2つの特徴があり、契約にも解約にもリスクなく気軽に利用することが出来ます。 月に利用できるデータ量も約100GBと明記されているのも安心できる要素です。 筆者も実際に最安値保証WiFiを利用していましたが、速度はもちろん、サポートの対応も素晴らしかったので、興味がある方は是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/• エリアが対応していなければ、使うことはできませんので、必ず確認してくださいね。 STEP2.Mugen WiFiの公式ページへアクセスする 申し込みをする時には、にアクセスして申し込みしましょう。 「30日間お試しで体験してみる」を選択すれば、申し込みページに飛ぶことができます。 お得なキャンペーンを実施している場合もあるので、申し込みをする時には、公式ページからするようにしましょう。 STEP3.端末・プラン、オプションを選択する 先ほどの「30日間お試しで体験してみる」をタップすると、以下の画面が表示されるので、端末・プラン、オプションを選んでください。 全て選び終えたら、「契約約款について」「申込みにおける個人情報の取り扱いについて」にチェックを入れ、「お申し込みはこちらから」をタップ。 () 申し込み内容に間違いがないか確認する画面になりますので、金額などもう一度確認して、間違いがなければ「決済画面に進む」をタップ。 () 端末・プラン、オプションの選択は以上です。 補償オプションって必要?? () 機器の故障などが不安なかたは、入っておくといいと思いますが、 月額が500円高くなるので、少しでも安く使いたいという人にはおすすめしません。 Mugen WiFiの補償オプションは月額500円で利用することが可能です。 補償オプションに入っておけば、Mugen WiFiの契約期間中に水没や全損で、端末が故障してしまった場合、新品と無料でしてくれます。 補償オプションに入っていない場合、機器を新品に交換するには、1台あたり20,000円の支払いが必要です。 ただし、2年間で機器が故障することはまれです。 筆者もポケットWiFiを4年近く使っていますが、故障したことはありません。 故障が心配な人は入っておくといいかもしれませんが、当記事としてはおすすめしません。 申し込む前にしっかりと考えてから申し込みをしましょう。 次月利用オプションって何? Mugen WiFiでは初月日割りを行っていないため、翌月に1日から利用するための配送予約サービスです。 1日からどうしても利用したいという人は利用してもいいでしょう。 ただし利用できるのも申し込みをした月の翌月からになってしまうので、すぐに利用したい人は次月利用オプションは選択しないようにしてください。 STEP4.決済情報などを入力する STEP3で説明した「決済画面に進む」をタップすると、以下の画面が表示されますので、必要な情報を入力していきましょう。 全て入力をしたら、「次へ」をタップ。 () 以上でMugen WiFiの申込は完了です。 STEP5.端末到着・利用開始 平日午前8時までに申し込めば、即日で発送してもらえます。 土日祝の場合、週明け月曜日に発送です。 決済完了のメールが届くので、そちらも確認するようにしましょう。 () 届いたら端末の設定をすれば、端末を使うことができます。 まずは端末の左横にある電源ボタンを長押ししましょう。 8.Mugen WiFi(無限WiFi)のよくある質問 最後にMugen WiFiについてよくある質問をまとめておきましょう。 Q1.Mugen WiFiの解約方法は? A. から解約の連絡をし、折り返しの連絡があったら、解約申請をしましょう。 更新月以外で解約すると、解約金が発生しますので、注意してください。 また2年以内に解約する場合には、端末を返却する必要があります。 Q2.初期不良だった場合はどうすればいいの? A. から連絡するようにしてください。 初期不良の場合は、無料で端末の交換などしてもらえます。 Q3.Mugen WiFiの支払方法は? A.クレジットカードのみになります。 対応してるクレジットカード会社は以下の通りです。 クレジットカードを変更したい場合は? クレジットカードを変更したい場合は、から連絡するようにしましょう。 変更届が送られてくるので、そちらを記入して提出するようにしてください。 Q4.Mugen WiFiは海外でも利用することができるの? A.海外でもそのまま利用可能です。 手続きなども必要なく、海外に持って行って電源を入れるだけで利用できますよ。 日本時間午前9時~翌午前8時59分までを1日として、1GBまで利用できます。 1GBを超えたあとは、384Kbps という速度に通信制限されますので、注意してください。 利用する国の地域によって利用料金は異なってきます。 具体的にどこの国がどこのエリアに含まれるのか、詳細はわかりません。 自分の使いたい国がどちらに該当するかは、から確認してみることをおすすめします。 Q5.未成年でも申し込みできるの? A.18歳未満での申し込みはできません。 成人している家族の名義で申し込む必要があります。 未成年の人はまず家族に相談するようにしましょう。 Q6.運営会社はどこ? A.Mugen WiFiは株式会社surfaveというHP制作などの事業を行っている会社が運営しているポケットWiFiサービスです。 運営会社である株式会社surfaveの基本的な情報を以下の表にまとめてみました。 会社名 株式会社 surfave(サーフェイブ) 代表取締役 佐藤 智之 設立日 令和元年6月1日 住所 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目15-9 シルク恵比寿 TEL 0120-541-802 公式サイト 2019年6月1日に設立された会社で、Mugen WiFiがメインの事業のようです。 Mugen WiFi(無限WiFi)まとめ Mugen WiFiについて色々とお伝えしました。 Mugen WiFiは月額3,280円という最安級の料金で利用できる、容量無制限のポケットWiFiです。 ただし、解約金が高かったり、端末の返却を忘れてしまうと、最大で約25,000円の支払いが発生するので注意してください。 Mugen WiFiはリスクもしっかりと把握したうえで、申し込みをするようにしてくださいね。

次の

Mugen

無限wifi 評判

「どうせモバイルWi-Fiを契約するなら、安くて通信速度が速いものがほしい!」 モバイルWi-Fiは1度契約すると2年・3年使うので、どうせなら安くて通信速度が速いものを選びたいですよね。 そこで、オススメなのが、2019年10月に登場したMugen Wifi(ムゲンワイファイ)です。 その名のとおり、インターネットを無限(無制限)に使えることを売りにしているモバイルWi-Fiルーターです。 「本当に、無限に使えるの?」と思っている方もいるでしょう。 私も同じように感じたので、実際にMugen Wifiを使ってみました。 この記事では、モバイルWi-Fiルーターの元販売員の私が、Mugen Wifiのメリット・デメリットはもちろん、月額料金や端末を実際に使った感想を紹介します。 Mugen Wifiに興味がある人は、ぜひ参考にしてください。 Mugen Wifiとは?通信量無制限のレンタルWi-Fi Mugen Wifi(ムゲンワイファイ)とは、株式会社surfaveという会社が提供しているモバイルWi-Fiサービスです。 商品名からも分かる通り、無限にワイファイが使えることを謳っています。 モバイルルーターの最大手「WiMAX」は3日10GB制限がある中、無限Wi-Fiにはそのような明確な制限はありません。 ただし、本当に無限に使えるかは少し怪しいでしょう。 Mugen Wifiの月額料金は? Mugen Wifiの月額料金は、以下のとおりです。 プランによって異なります。 2つのプランの違いは、使える端末の違いです。 月額料金 使える端末 MUGENアドバンスプラン 3,880円 G4 MUGEN格安プラン 3,280円 U2s 端末の簡単な違いは以下の通りです。 詳しくは後にお伝えします。 Mugen Wifiの端末の違い• 【G4】翻訳機能や地図など機能満載!• 【U2s】モニターはないが重量が軽い 3,280円は、モバイルWi-Fiルーターとしては最安値クラスです。 数あるモバイルWi-Fiサービスの中でも、Mugen Wifiだけのメリットが多数あります。 Mugen Wifiのメリット5つ Mugen Wifiのメリットは、以下のとおりです。 Mugen Wifiのメリット5つ• 世の中のモバイルWi-Fiは、「通信量無制限!」と書いてあっても、実際には「3日間で10GB以上」「1日3GB以上」など、一定の通信量を越えると通信速度が遅くなります。 なので、「本当に通信制限なしのモバイルWi-Fiルーターがいい」という人には、Mugen Wifiはピッタリですね。 ただし、ネットワークを占有してしまうくらいの大容量通信をした場合、384kbpsに通信制限されることがあります。 後で紹介するTwitterの口コミにもありますが、300GB使うと制限される可能性があるようです。 また、不正利用した場合、利用停止になる場合があります。 一般的なご利用環境における十分なデーター容量を提供しておりますが、ネットワーク品質の維持と公平な電波利用の観点から、大容量の通信を行う利用者に対し通信の停止や速度低下措置を行わせていただきます。 (略) 該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 300GBは一日約10GB使えます。 300GBで制限がかかるとしても、WiMAXの3倍は使えそうです。 実は一部光回線でも制限あるくらいです。 本当に無制限の通信サービスは私はほとんどないと考えています。 しかし、Mugen Wifiは海外でも利用できます。 しかも、レンタルWi-Fiと違って、使用しない日は料金がかからないという良心設計。 通信速度は384kbspと、ちょっと遅いですが使い放題なので、安心してインターネットを楽しめますよ。 動画もギリギリ見られます。 多くのモバイルWi-Fiサービスには、全額返金保証はないので、この点は大きなメリットですね。 送料や端末代が、無料なのは嬉しいですね! Mugen Wifiのデメリット3つ Mugen Wifiのデメリット3つ• アドバンスプランという料金プランで使える端末の方が、高機能かつ通信速度が速いです。 詳しい通信速度は、後で紹介します。 クレジットカードかデビットカードしか設定できない点は、ちょっと残念です。 全額返金の注意事項• Mugen Wifiの端末は2種類 Mugen Wifiの端末は、以下の2種類です Mugen Wifiの端末は2種類• 【G4】翻訳機能や地図など機能満載!• 【U2s】モニターはないが重量が軽い 【G4】翻訳機能や地図など機能満載! アドバンスプランで使える端末はG4です。 G4の概要• 下り通信速度:最大150Mbps• 上り通信速度:最大50Mbps• バッテリー:3,900mAH• U2sの概要• 下り通信速度:最大150Mbps• 上り通信速度:最大50Mbps• バッテリー:3,500mAH• 重さ:149g 無限Wifiの口コミ・評判ってどうなの? 無限Wifiの口コミをTwitterから拾ってみました。 実際に使っているユーザーの評判を確認していきましょう。 WiMAX使えないから解約して、速度制限なしのMugen wifiってやつにしたわー — あんぐ。 MugenWiFi使ってみて分かったこと 家で使う分には動画も見れる 下り10Mbpsほど 朝の電車の中や横浜駅周辺では弱い 2Mbpsほど バッテリーは1日持つ 結論 そこそこいいのかなと思います。 オンラインゲームは微妙で夜COBやってるとたまに止まります。 月々の料金もそこまで高くないのでそれなりに満足。 — おもちとおまめ Luka0821 結論は「そこそこいい」とのこと。 追記です。 これは半端ない場所の違いありますわ mugen-wifi — 医ちゃんねる youtube XjRpk 地域によって速度差があるようです。 なぜか超絶に復活 — ヘイゾウ ae86gtapex 25. 5Mbpsで復活ということは普段はもっと速度が遅い? mugenwifi、全然速いな。 wimaxより安定してるし、変えてよかったな。 田舎では大正解かもしれません。 — Vガミ Vgami WiMAXより速いという意見も。 mugen wifi今のところ速くて安くて無制限で最高だけど、契約者増えたら遅くなるんだろうか。 明日の朝も昼も測定してみよう。 — まさ yuyakoyatoya 契約者が増えると速度が遅くなるというのは通信サービスの宿命ですね。 mugen wifi だけど300gbで制限かかったね。 まぁ、300gbであの値段だし光来るまでの繋には良いかな。 — ぽこぽこオレンジ poko2orange 実は無制限ではない?? Mugen wifi データー通信量無制限と謳っておりますが……300GBで速度制限掛かります。 月中300GB使用で月末まで速度制限!! 動画も途中で途切れてしまう速度ですよ。 解約予定です。 最近MugenWifiの調子が少し悪い? 急にLTE接続切れて、ネットワーク最適化も繋がりにくい状態が1日1回くらいの頻度で起きてます。 電池マークが点灯…🤔 端末はU2s 画面なし でしょうか? 電池マークの点灯中に回線接続が できない場合、その要因として 端末が最適化を試みていることが 考えられます。 端末の再起動を行ったうえで、 なお状況が改善されない場合には support mugen-wifi. 品薄っぽくていつ届くか不安だったけど、6日ほどで届いた。 ただ受付完了メールも発送メールも決済完了メールも何も来なくて一切のメールが無いので届くまでちょっと心配してた。 けど今は動画も快適に見れて満足です😄 — こぷ copucopuc 満足のご様子。 mugen WiFi全然ダメだ。 Mugen Wifiの通信速度を計測してみた 「Mugen Wifiの実際の通信速度って、どのくらい?」と思っている方もいるでしょう。 そこで、2つの端末の通信速度を測ってみました。 各時間に3回計測して、平均値を出しました。 Mugen Wifiの通信速度計測条件• 端末:iPhone7• アプリ:RBB SPEED• 日時:平日• 場所:東京都新宿区 G4 下り 上り 7時台 43. 31Mbps 18. 36Mbps 12時台 45. 41Mbps 19. 62Mbps 18時台 45. 76Mbps 27. 38Mbps G4の通信速度は十分に速いですね。 ストレスなく動画も楽しめる水準です。 U2s 下り 登り 7時台 28. 66Mbps 10. 18Mbps 12時台 0. 64Mbps 4. 84Mbps 18時台 23. 89Mbps 2. 02Mbps U2sはお昼時は、ちょっと速度が苦戦しました。 昼時以外は、サクサクとインターネットを楽しめました。 最新端末だけあって、通信速度は申し分ないと思います。 Mugen Wifiを実際に使ってみた感想5つ ここからは、私が実際にMugen Wifiを使ってみた感想を紹介しますね。 Mugen Wifiを実際に使ってみた感想5つ• 地下鉄でも、電波が途切れないので便利です。 私はWiMAXのモバイルルーターも持っていますが、室内では繋がりにくいときがあります。 地下鉄だと、だいたい電波が途切れます。 「電波が繋がらなくてイライラする」ということを避けたい人には、Mugen Wifiはオススメです。 私は別のモバイルルーターを使っていたときに、通信制限にかかってしまい、その後のビデオ会議をスマホのテザリングで行うことになりました。 その結果、スマホまで通信制限がかかってしまい、先方から「ネット回線くらい確保しなさいよ」と怒られたことがあります。 「通信のプロなのに、情けないなぁ……」と凹みました。。。 Mugen Wifiなら、通信制限がないので、ビジネスシーンでも安心です。 また一人暮らしの人なら、光回線を契約する必要がなくなるので、通信料の節約にもなりますよ。 まぁ、モバイルWi-Fiルーターはカバンに入れて使うことが多いので、そこまでデザインにこだわる必要はないとは思いますが。 海外旅行や出張に行く人なら「現地での、インターネット回線の確保をどうしようか?」と悩む人も多いと思います。 スマホのローミングは高いし、レンタルWi-Fiは借りたり返したりが面倒。 でも、Mugen Wifiなら別料金はかかりますが海外でも使えます。 わざわざお店まで契約に行かなくても、スマホからカンタンに申し込みができます。 まとめ:無制限のWi-Fiを探している人にはベストな選択肢 Mugen Wifiには、以下のメリットがあります。 Mugen Wifiのメリット5つ• Mugen Wifiのデメリット3つ• 無制限のモバイルWi-Fiを探している人には、数々のモバイルWi-Fiルーターを使ってきた私からみても、理想的なサービスだと思います。 制限無しでインターネットを楽しみたい人は、Mugen Wifiを利用してみてくださいね。

次の