サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク。 ザクシリーズのバリエーション

サイコミュ高機動試験用ザク

サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク

サイコミュ試験型ザク ニュータイプ専用のザク ジオン公国軍が開発研究を進めていた「サイコミュ兵器」は、 ニュータイプの特性を利用したもので、その計画のコードネームは「MS-16X」という。 なお、計画がスタートした最初の段階で、機体の名称は既に「ジオング」に決まっていたという。 テスト用に用意された機体は3機 サイコミュ実験において、テストや データ収集用として以下の3機の機体が用意されている。 中型戦闘機• ブラウ・ブロ• この機体は実験部隊がサイコミュ・システムの試験運用において、その精度をどこまで高められるかと言う任務において用いられた機体である。 Z型はザクの名称が付いてはいるものの、機体を見れば分かるように頭部以外はもはやザクではない。 腕部分がやけに太いのは、ジオングと同じ「有線式ビーム砲」が装着されているためである。 プラモデルの登場 なお、サイコミュ試験型ザク(MS-06Z)のプラモデルは1984年(昭和59年)5月に「Zタイプザク」の名称で発売されている。 機体スペック• 名称:サイコミュ試験型ザク• 型式:MS-06Z• 登頂高:17. 重量:60. 4t 武装•

次の

機動戦士ガンダム サンダーボルト

サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク

MSN-01 サイコミュ高機動試験用ザク(Psycommu System Zaku) [ ]• 登場作品:、• 分類:専用試作型• 装甲材質:不明• 頭頂高:17. 重量:65. 主動力:• 出力:不明• 推力:不明• センサー有効半径:不明• 開発組織:• 所属:• 主なパイロット: 高機動時のの運用試験ができなかったため、の2号機を改修した機体。 両脚部分は熱核ロケットエンジンに変更されており、高速運用時のサイコミュの試験を行った。 しかし、燃料積載量が考えられておらず稼働時間が極端に短かった。 この機体を元にが開発された。 登場作品と操縦者 [ ] 出典作品。 ビリーが搭乗し防衛戦に参加している。 漫画版ではサイコミュを使用できていないが、アニメ版ではサイコミュを使用し多数の敵機を撃墜している。 装備・機能 [ ] 武装・必殺攻撃 [ ] 有線式5連装メガ粒子砲 両腕の指に装備されたビーム砲。 有線式でオールレンジ攻撃が可能。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] 原型機。 データを元に新たに設計された機体。 機体のコンセプトを引き継いだ機体。 商品情報 [ ]• リンク [ ]•

次の

【ザクの系譜】ザクの種類や後継機一覧

サイコミュ 高 機動 試験 用 ザク

pixiv. 派生型や特定の環境に特化したものなど、 様々なタイプがある。 naver. 他にタイプとして、MS-05A、MS-05Bがある。 長射程のビームスナイパーライフルが使用可能となっている。 型式番号からA型とも呼ばれる。 なんと、核弾頭が扱える! 別名「ザクC型」。 汎用性が高くその後の機体のベースになった。 MS-06F ザクマインレイヤー 宇宙機雷散布の為のザク。 推進剤の増量、 機雷散布用ランドセルへの換装といったカスタムが行われている。 コクピットも巨体のドズルの為に広く作られている。 後期型、後期生産型とも呼ばれるほか、 型式番号からF-2型(F2型)とも呼ばれる。 改良に改良を重ね、かなり便利になった。 黒い三連星などが専用カラーで使用した。 ビーム兵器稼働を目指したが断念した。 ビーム兵器開発が 間に合わなかった時のための実弾装備仕様プランとして、フルバレットザクがある MS-06R-3 ゲルググ先行試作型 ビームライフルの運用を可能とした高機動型ザクIIの最終型。 頭部にザクのイメージがあること以外に共通した点はなく、 もはや別物とさえ言える。 スラスターの形状からタコ足ザクなどと呼ばれることも。 MS-06J ザクIIJ型(湿地帯用) 地上で必要ない装備を排除するなどして地上戦に特化させた機体。 当然宇宙空間では姿勢制御がほぼ不可能。 MS-06JC ザクIIJC型 08小隊に登場した機体。 J型を改良したタイプで、ある程度の水中戦すら可能。 MS-06D ザク・デザートタイプ 関節などに防塵処理が施され、冷却システム、装甲、推進システムの強化が行われた機体。 MS-06M ザク・マリンタイプ 水中用MSの先駆け。 地球上の大半を占める海洋や河川といった 水中での戦闘に対応させるべく開発された機体。 ザクに対しシーリングを施すなどの改造が行われている。 ソーラ・レイ改造に投入された。 MS-06E ザク強行偵察型 偵察行動に特化。 両肩や腰部にもカメラを備えており、武器の代わりにカメラガンを装備。 MS-06E-3 ザクフリッパー MS-06Eの発展機で、背中に6基の可動式ブームセンサーを装備。 これがフリッパー(ひれ)と呼ばれる理由。 「ザク・フリッパー」の後継機ではないか?といわれている。 MS-06MS バルブス 類人猿が操縦する事を前提としたカスタム機。 既に旧式化した宇宙世紀0136年において、交戦した連邦軍機を圧倒する驚異的な戦闘力を見せた。 地上での高機動を得るために脚部にスラスターの追加等がされている。 機体の形状や仕様は 同じ地上用派生機である機体とは違いグフやドムに近いものであった。 MS-06K ザクキャノン 地上での後方支援、航空機撃墜に特化した機体で、 右肩に180mmキャノン砲を装備、頭部にも砲撃用サブカメラがついている。 MS-06JK ザクハーフキャノン ザクキャノンの簡易型とでも言うべき機体。 ランドセルをキャノン等と一体化したタイプに換装した機体。 MS-06V ザクタンク 損傷したザクの上半身とマゼラトップを失ったマゼラベースを合体させた作業用機体。 現地で改修された機体なので、同じ型は2つとない。 MS-11 アクト・ザク ペズン計画によりザクを再設計した機体。 マグネットコーティングが施されているほか、 ビームライフルの運用が可能で機動性もすさまじい物とされる。 RMS-106 ハイザック F2型をベースに連邦規格のパーツを組み込んで開発された機体。 RMS-106CS ハイザック・カスタム ジェネレーターを換装し、狙撃に特化させた機体。 RMS-116 ホビー・ハイザック 用途廃止で民間人に払い下げられた機体。 軍用機とは異なる派手なカラーリングが施されている。 RMS-119 アイザック 偵察及び早期警戒機として改修した機体。 RX-106M マリン・ハイザック 水陸両用機として開発された機体。 厳密に言うとハイザック試作型がベース機である。 AMX-011 ザクIII アクシズがザク系の最終型として開発した機体。 ザクと名を関する機体はこの機体で一応最後となる。 AMX-011S ザクIII改 ザクIIIの改造機。 パイロットによって装備を変えられる。 AMX-011RG ザクIII R-G型 ザクIIIを地上用の汎用量産型モビルスーツに改修機体。 機体形状がザクIIに近いプロポーションになった。 AMX-011C ザクIII後期型 ザクIIIを発展させた機体。 この機体が後のドーガ系列機の礎となる。 AMS-119 ギラ・ドーガ ネオ・ジオンが持ち出した機体を元にアナハイム・エレクトロニクス社が開発した機体。 ザクIIのコンセプトを踏襲し、汎用性が高められている。 AMS-119 ギラ・ドーガ重装型 バックパックを換装した機体。 この機体のバックパックは改良され、ギラ・ズールに使用される。 AMS-129 ギラ・ズール ギラ・ドーガを改修した機体。 高い汎用性が引き継がれている。 AMS-129M ゼー・ズール 水陸両用機として開発された機体。 Me02R メッサー マフティーが運用する機体。 ギラ・ドーガ系をベースに開発された機体と言われている。 OMS-06RF RFザク オールズモビルが運用する機体。 外見はザクIIだが性能は時代相応な物となっている。 MS-50 ザク50 アナハイム・エレクトロニクス社がデモンストレーション用に開発したMA。 技術をアピールするために開発された機体。 pixiv. php? 単準に考えて、あとに作られたものが強い気もするのですが…。 111,783件のビュー 2019年1月11日 に投稿された• 41,583件のビュー 2019年1月15日 に投稿された• 36,937件のビュー 2019年10月7日 に投稿された• 29,935件のビュー 2019年7月15日 に投稿された• 19,660件のビュー 2019年1月16日 に投稿された• 18,627件のビュー 2019年1月8日 に投稿された• 13,372件のビュー 2019年7月13日 に投稿された• 12,981件のビュー 2019年9月17日 に投稿された• 12,710件のビュー 2019年1月31日 に投稿された• 12,597件のビュー 2019年7月22日 に投稿された.

次の