お手数 を かける。 Amazonは郵送費にまで手数料をかけるのは納得できない。

「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

お手数 を かける

「お手数」の意味と使い方 お手数は、「 お手数を掛ける」または「 お手数をお掛けする」が基本的な使い方です。 「手数」が、本来、何かを行うときに取る手段・手法・手続きなどの数を意味することから、「手数が掛かる」の形で「手間取る」・「面倒」・「煩雑」などを意味することになりました。 お手数は人の行為や行動に敬意を払う尊敬語であり、「お手数を掛ける」または「~お掛けする」の形で、人に面倒を掛けることに対する謝罪や感謝の気持ちを表します。 また、それが簡略化されて、「 お手数です」という使い方もされます。 なお、「お手数」には「 おてかず」と「 おてすう」という二つの読みがあります。 「てすう」が重箱読み(正確には湯桶読み)であることや、伝統のある囲碁・将棋で「てかず」と呼ばれていることから、本来は「おてかず」と読むべきなのでしょう。 しかし、 現在では両方の読みが容認されている一般名詞ですので、ビジネス文書でどちらの読みをしても構いません。 お手数の例文 この度は大変 お手数をお掛け致しました。 皆様のご親切に心より御礼申し上げます。 お手数をお掛けしましたが、お蔭でどこに出しても恥ずかしくない優れた報告書が仕上がりました。 ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。 お手数を掛けて申し訳ありません。 製品の安全性と弊社ブランドに対する信頼性の向上のため、関係各社のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 お手数ではございますが、会員各社におかれましては、社員各位への周知徹底を図って頂きますようお願い致します。 今般リコール対象の製品名および型番は以下の通りです。 お手数ですが、ご使用の弊社製品をかならずご確認頂きますようお願い申し上げます。 スポンサードリンク お手数の類語の例文 昨日ご説明したプランは、お客様のおもてなしもアトラクションの演出も、弊社の社員が責任をもってとり行います。 けっして皆様に お手間を取らせませんので、何卒ご検討のほどお願い申し上げます。 貴社が製造を担当して頂けることになり、これに過ぎる喜びはございません。 ご面倒をお掛けしますが、新しい人気商品を開発するために頑張りましょう。 スタッフは全員が未経験の若い社員たちです。 ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、よろしくご指導ご鞭撻のほどお願い致します。 これまで実績のないプロジェクトですので、金井さんの ご苦労も少なくないと思います。 私どもと致しましてもご協力を惜しまぬ覚悟ですので、よろしくご指導のほどお願い申し上げます。 このたびはご専門外のことでも お手を煩わせまして、誠に申し訳ございません。 お蔭様で、これまでにない斬新な店舗に仕上がったと社内では大変好評でございます。 スポンサードリンク.

次の

「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

お手数 を かける

会話では「を」を省くことが多いのですが、この場合には「を」を入れます。 「手数 てすう・てかず 」は、<それをするのに要する動作・作業などの数><他人のためにことさらにかける手間>という意味の名詞です。 動作・行為を表す名詞には「する」をつけて動詞にすることができますが、「手数」 は動作・行為を表さない名詞ですので、「する」をつけて動詞にすることはできません。 【ご参考】 基本的に、意味の上で、動作性・行為性が高かったり、時間経過やそれに伴う変化を表わしたりする名詞が「する」と結びついて動詞になります。 〔~する〕 は、名詞を動詞化するためのサ行変格活用の語尾です。 「サ変動詞」の多くは、漢語の名詞に「する」が付いた複合語であり、その他、外来語を語幹とするもの(例:「キャッチする」)、 和語の名詞+「する」の形のもの(例:「早起きする」)、擬態語+「する」の形のもの(例:「どきどきする」)が見られます。 特に、外来語の名詞でこれらの性質があるものは、サ行変格活用の動詞になりやすく、原語に動詞形があったとしても、それを採り入れず、日本語の動詞化の形を使います。 シャツを洗濯をする 日本語を勉強する 日本語の勉強をする....... 日本語を勉強をする 公園を散歩する 公園で散歩をする......... 公園を散歩をする.

次の

「お手数おかけします」の意味と正しい使い方!類語や例文も解説

お手数 を かける

「お手を煩わせる」という言葉はよく使いますか?どういう状況のときに使うのでしょうか。 相手に迷惑をかけるときや、面倒をかけるときに使うことがあると思います。 「手を煩わせる」というのは「面倒をかける。 手間を取らせる。 」という意味があります。 「手を煩わせる」の丁寧な言い方が「お手を煩わせる」という言葉になるのです。 日常的にも使われていますが、ビジネスシーンにおいて、会話やメールでもよく目にする言葉でしょう。 相手に何か頼み事をするときにも「お手を煩わせて申し訳ございません」という言い方をすると思います。 具体的にどんな状況で、どういう使い方をするのでしょうか。 ここでは詳しく調べていきたいと思います。 お手を煩わせるの使い方 「お手を煩わせる」は、上記でも少し説明しましたが、相手に迷惑をかけたときや、何か頼み事をするときに使われています。 直接相手に使い場合もありますが、第三者に対して使うことも出来ます。 「〇〇さんにはお手を煩わせてしまって、大変申し訳ございませんでした」というような使い方もします。 もう済んでしまったことに対しても使いますが、これから迷惑をかけるだろうという予想される出来事があるときにも使います。 「弊社の者がお手を煩わせるかもしれませんが、宜しくお願い致します。 」というような使い方も出来ます。 それと誤解が生じたときにも、「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 誤解を解くことができたときに「お手を煩わせてしまってすみません」と一言付け加えると良い印象を持たれます。 敬語表現? 「お手を煩わせる」は敬語表現なのでしょうか。 「お手」と「お」と付けているので丁寧語ではあります。 この言葉と合わせて敬語を使うことができます。 「面倒かけてすみません」というよりは「お手を煩わせてしまって、申し訳ございません」という言い方をした方がより丁寧な印象を持ちます。 きちんとした文章を書くときにも、この表現を使った方が良いでしょう。 少し長い文章になってしまいますが、全体でみると綺麗な表現になっています。 丁寧な表現ですが、意味もよく分かる簡単な言葉なので、ビジネスシーンにおいてはよく使われています。 相手にも誠意が伝わりやすい言葉です。 日常生活でも誰かに迷惑をかけてしまったときに使ってみると良いでしょう。 「お手を煩わせる」は英語に訳するとどう表現するのでしょうか。 「お手を煩わせる」は「give somebody trouble」または「give 主語 述語 trouble」若しくは「cause 主語 述語 trouble」と表現します。 また「お手を煩わせて、申し訳ございません」という表現だと「Sorry for bothering you」や「Thank you for your trouble」という風にも言います。 「trouble」は問題や心配事という意味がありますが、「面倒なこと」や「困ったこと」という意味もあります。 日本語でもそうですが、英語表現においても、謝罪の言葉や感謝の言葉と合わせて使われています。 ビジネスメールでどのように使われているのでしょうか。 例文を上げて詳しく説明していきます。 」 これは見積もりの訂正を依頼したが、まだ届いてないときに早く送ってもらうように催促するメールです。 面倒なことではありますが、約束していることなので送ってもらうのは当たり前のことです。 ですが、「お手を煩わせる」という言葉を使うことで柔らかい表現になっています。 」 これは謝罪するときに送るメールです。 本当に相手に面倒なことをしてしまい、謝らなければいけない状況のときにも「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 基本の意味になるのですが、「迷惑をかける」の丁寧な言い方が「お手を煩わせる」なのです。 会話における「お手を煩わせる」例文 会話の中ではどのような使い方がされているでしょうか。 ここでも例文を見ていきましょう。 」 これは、相手に謝罪している状況です。 こちらの不手際で、相手に迷惑をかけてしまったときに使える言葉です。 特に〇〇様にはお手を煩わせてしまって申し訳ございませんでした。 」 これは取引先の会社の人に対して、仕事が終わったときにかける言葉です。 特に迷惑をかけた訳ではなくても、仕事で特にお世話になった人に対して「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 メールにおいても会話においても「本当に迷惑をかけたとき」と「迷惑をかけた訳ではないとき」の両方とも「お手を煩わせる」を使います。 状況によって意味合いが異なりますので、使うときや受け答えをするときには注意しましょう。 何か協力をしてもらって「お手を煩わせる」ことになったときは感謝の言葉も一緒に述べましょう。 「お手を煩わせて... 」の後に続くのは謝罪の言葉になりますが、その後にも「ありがとうございました。 」と感謝の気持ちを伝えましょう。 申し訳ないという言葉でも感謝の意味にも捉えることはできるのですが、言葉ではっきり「ありがとうございます」と伝えた方が相手にも気持ちよく聞こえます。 「申し訳ございません」というような謝罪の言葉はマイナスのイメージがあります。 それに比べると「ありがとうございます」という言葉はプラスのイメージがあります。 プラスのイメージがある言葉を添えるだけで明るい気持ちにさせてくれるのです。 相手も「今後も協力し合ってもっと良い仕事をしよう」と思ってくれるでしょう。 希望を持って仕事を進めるためにも「ありがとうございます」と感謝に気持ちを表していきましょう。

次の