ネイリスト 年収。 ネイリストのお給料事情!ぶっちゃけどうなの?

ネイリストの給料はどれくらい?エリアごとに相場を徹底解説

ネイリスト 年収

私はこんなサロンでネイリストの仕事をしていました ネイルサロンには様々な形態があります。 「大都市を中心にチェーン展開している大手サロン」「有名ネイリストがオーナーのサロン」「美容室に併設されたネイルブース」「ショッピングモール内で開業しているサロン」「個人経営のサロン(出張型も含む)」などが主に挙げられます。 私はネイルスクールを卒業したのちに、そのスクールの講師アシスタントとして勤務しながら、引き続きネイル技術について研鑽を続けていました。 その後、ご縁があってネイルの大会で入賞常連の方が運営されているサロンにネイリストとして勤務することになりました。 サロンでは、ネイルの技術力があることはもちろん、お客様にスムーズに施術できるような配慮も求められました。 スタッフ全員がお互いにサポートし合いながらサービスに当たっていました。 職位が上のネイリストでも、後輩の補助につくこともあったのですが、技術が上級の方ほどサポートも上手く、学ぶことがたくさんありました。 ネイルの業界は、常に新しい技術や流行が生まれるため、本当に毎日が勉強の日々でした。 特にネイルアートに関しては、お客様それぞれの好みがあるため、自分の美意識のみ押し付けることのないよう、ネイル雑誌はじめファッション雑誌を常にチェックしたり、街中の人々のネイルをチェックするなどして参考にしていました。 ネイリストはどんな仕事? お客様の指先を健やかに美しく演出する仕事です。 「美しく見える」だけではなく、爪の状態を見極め、適切な施術をすることが求めされています。 みなさんの中にも体験した方がいらっしゃるかもしれませんが、指先が整うと心まで明るくなり、人前でも自信を持った仕草をすることができますよね。 ネイル一つでお客様の気持ちまで変えることができる、ネイリストはとても素敵な職業といえるでしょう。 ネイリストの大まかな仕事内容 憧れの職業のひとつであるネイリストですが、具体的にどのような仕事をしているのでしょう。 ここでは、ネイリストの業務について詳しく説明します。 ネイルケア 爪の形と甘皮を整え、見た目だけではなく健康な状態を保つためにケアをします。 爪切りを日常的に使っている方は爪が割れやすくなっているため、ネイリストによる「ファイリング(紙のやすりを使って丁寧に形を整える)」によって二枚爪を防ぐことができます。 ネイリストにとって、最初に身につける基本のテクニックです。 ネイルケアに加えて、マッサージやパラフィンパックを行うこともあります。 カラーリング ポリッシュ(マニキュア)を使ったカラーリングです。 ネイルケアによって整えられたネイルに、ベースコート、ポリッシュ、トップコートを使って仕上げます。 全て爪の先端まで立体的に塗布したり、ポリッシュは通常2度塗りするなど、セルフネイルでは味わえない持ちの良さが特徴です。 ネイルリペア 割れてしまったり、かけてしまった爪を修復します。 レジンやファイバーを使い、まるで何事もなかったかのように自爪を再現します。 とても高度なテクニックです。 スカルプチュア 爪の長さを出す人工爪です。 歯科で使われるものと同じ素材である「ポリマー」と「モノマー」を使い自爪の上に作っていきます。 自爪が小さく平らな方でも、まるでハンドモデルのような縦長のすらっとしたネイルにすることができます。 ジェルネイル 基本的に自爪の上に施します。 爪への負担を最小限にできるため大変人気です。 ジェルを塗布しUVライトで固めます。 数多くのジェルネイルブランドがあり、カラーの種類も豊富です。 ブランドごとの特徴をよく理解し施術することもネイリストの技術の一つと言えるでしょう。 フットのネイルとケア ハンドのネイル同様に、フットのケアをご希望されるお客様も多くいらっしゃいます。 特にサンダルを履く季節は人気です。 フットはカラーリングやジェルネイルと同時に、角質ケアとマッサージを行うこともあります。 フット全体を隅々まで美しく整えることができるため、お客様にも大変ご満足いただける、やりがいのあるメニューです。 ネイリストの仕事はどんな人に向いている?向いている人の5つの特徴とは? ネイリストになってみたいけど、いったいどのような人に向いているの?という疑問にお答えします。 細かい作業が好きな人 ネイリストは細かい作業が多い仕事です。 お客様のネイルを整えるために、妥協せずわずかな乱れも見逃さない丁寧さが求められます。 使用する道具も、全て爪の上の繊細な作業をするために開発されており、ネイルの技術だけではなく、それら道具の手入れも重要になります。 お客様に喜んでもらうことが好きな人 ネイリストは手に職の仕事ですが、お客様あっての仕事でもあります。 接客業であることを常に念頭に置き、気持ちの良い接客ができる人が向いているでしょう。 ネイルアートが大好きな人 お客様のご要望に幅広くお応えできるようなアートのセンスを持っているネイリストには、たくさんのお客様から支持されることでしょう。 お客様のリクエストにお応えすることはもちろん、こちらから新しい提案ができることも重要です。 トータルビューティーに興味がある人 ネイルだけではなく、トータルビューティーにも関心が持てる人は、ファッションをはじめ美容全般に詳しく、まさに「美のスペシャリスト」になれる素質を持っているといえるでしょう。 ネイリストとして、幅広い業界で活躍できる可能性があります。 チームで働くことができる人 ネイルサロンで働くためには、チームで業務に取り組むことが必須になってきます。 先輩ネイリストに多くを学び、また後輩ネイリストには指導も行える、協調性のある人が求められています。 逆にネイリストの仕事に向いていない人の特徴は? 一方で、ネイリストにはあまり向いていないかな?というタイプの人とはどのような人なのでしょうか。 オシャレにあまり興味がない人 ネイルは体の一部であり、他のパーツの美しさと揃ってこそ映えるものです。 ネイルは好きだけれど、他のおしゃれや美容にはあまり興味がない人は難しいかもしれません。 細かい作業が苦手な人 ネイルの技術は微細な作業の結晶といえるでしょう。 細かいものを見ているのが苦手、という方はせっかくネイリストになれたとしても続けることは難しいでしょう。 努力し続けることが苦手な人 ネイリストとして活躍するためには、常に技術を磨いていく必要があります。 新しい材料や技法が年々開発され、それらの情報をタイムリーに入手する必要もあります。 常に努力と研鑽が求められる仕事といえるでしょう。 今持っているスキルのままやっていきたい、いう方には向いていないかもしれません。 ネイリストの仕事で活かせる経験 今までの職業や経験がネイリストの仕事の中で活かせるのでしょうか。 そんな経験について具体的にご紹介します。 接客業の経験 業種は違っても、お客様に接する業界にいた方は、基本的な接客の技術が身についているため、それがネイリストとしての強みになることもあります。 同じ技術力のあるネイリストなら、お客様はより印象のいいネイリストを指名することでしょう。 美容師の経験 美容師として活躍された方が、ネイリストに転身することもあります。 美容に関する知識が豊富なため、多角的な視点でお客様にご提案することができるアドバンテージがあります。 美容師時代に得た専門知識を、ネイルの施術時に豆知識としてお客様に提供することもでき、トークも盛り上がります。 アパレルなどのショップで働いた経験 ファッション業界にいた方は流行に敏感なため、ネイリストとしても存分にセンスを発揮することができるでしょう。 たくさんのお客様の対応をしてきた経験により、様々な価値観を受け入れることができるのではないでしょうか。 ネイルサロンにいらっしゃるお客様のお好みは様々です。 時には自分とは真逆のジャンルを好む方もいらっしゃいます。 そのようなお客様にも丁寧にカウンセリングを行い、対応することができるのではないでしょうか。 ネイリストとして働くメリットとは? 美容全般に詳しくなれる お客様へ美を提供する職業なので、必然的に自分のネイルやファッションも磨かれていきます。 美容に関する知識に触れる機会も多く、印象も洗練されていくでしょう。 年に数回、ネイルも含む美容関連のトレードショーが開催されます。 プロとして参加することができるので、毎年たくさんの新しい美の情報を得ることができます。 これは美容に従事する人の特権といえるでしょう。 トレンドに敏感になる ネイルアートは常に流行とともにあります。 お客様のご要望にお応えするためにも、そして新しいご提案ができるようになるためにも、今世の中で何が流行しているのか、どんな要素を取り入れることができるのか、常にトレンドを意識できるようになります。 まさに手に職な仕事です ネイリストは手に職をつけることができる仕事です。 場所が変わっても、この技術を忘れることがないよう磨いていく限り、活躍できる場は無限と言っても過言ではありません。 例えば、家族の転勤に伴う転居の際も、新天地でネイリストとして活躍することも可能です。 また、ネイリストとして独立する際も、必ずしも店舗を構える必要はなく、出張型の形態をとって仕事をしていくこともできます。 その後のキャリアについて この仕事についた後のキャリアアップの道は? ネイリストとして、どのような形態でお仕事するのかによって変わってきますが、まずは一般的にサロンに就職することが多いようです。 そのサロンの中で最初はアシスタントとして先輩ネイリストの補佐につきます。 一人でお客様の施術につき、指名もつくようになるころには、後輩ネイリストを指導する立場になっていることでしょう。 サロンによって職位は様々ですが、マネージャークラスになると、店舗自体の運営を任されたり、母体である会社にも多く貢献するようになっていきます。 そのくらい実力をつけたのちに、独立して自分のサロンを持つようになるネイリストもいます。 また、一方でネイルのスクールで講師として活躍しているネイリストもいます。 ネイリストとしてのキャリアは、その人の選択次第でどんどん広がっていくことでしょう。 他の仕事にもこの経験を活かせる? ネイリストとして活躍した経験は、他の様々な業種にも役立てることができます。 例えば、結婚式場に美容部や、化粧品の販売関連の仕事などです。 他にも、ネイルの仕事を通してネイル商材に興味を持ち、歯科材料を生産している会社に転職した人もいます。 ネイリストの仕事は専門性が高いため、その知識を活かせる業界を見つけ出し、ステップアップしていくことができます。 ネイリストの仕事はどうやって探す? ネイリストの募集は、そのサロンのホームページに掲載されていることがあります。 稀に、店舗に募集要項が張り出されていることもあるため、気になるサロンがあったらチェックしてみると良いかもしれませんね。 一番情報量が多いのは、ネイル技術を学べるスクールです。 就職するまで手厚くサポートしてくれるスクールも多いので、もしスクールでネイルを学びたいと考えているなら、スクール選びの際の参考にすると良いでしょう。 ネイリストの仕事で転職すると年収は上がる? 年収はそのネイリストの力量次第です。 はじめのアシスタント時代は時給制を取っているところが多く、収入はその人次第というのが正直なところです。 一人前のネイリストになると、状況はまた変わってきます。 ネイルは3週間ほどでリペアが必要になるため、常連のお客様は頻繁にサロンを訪れてくださることになります。 そのようなお客様にたくさんの支持をされるということは、ネイリストとしてサロンを代表するような立場になるということであり、かなり安定した収入を得ることができます。 ネイリストの仕事内容とキャリアについてのまとめ ネイリストの具体的な仕事内容や、向いている人の特徴、そしてネイリストとしてのキャリアについて説明してみましたがいかがでしたか? ネイリストという職業は、技術とセンスを磨く努力次第で将来の夢が膨らむ素敵な仕事といえるでしょう。 少しでもネイリストの仕事に興味を持って下さった方がいらっしゃいましたら、是非ネイリストの第一歩を踏み出してみてくださいね。

次の

ネイリストの給料・年収・収入

ネイリスト 年収

ネイリストの初任給 ネイリストの仕事は、ネイルサロンに正社員として就職するのが一般的です。 中にはパートやアルバイトとして働くケースや、アシスタントとして働く場合もあります。 正社員の場合 勤務エリアや経験、持っているスキルや資格によって給与水準は異なりますが、正社員の場合は 初任給15万円~20万円からスタートするのが一般的です。 年収にすると300万円前後ということになり、すごく良い収入というわけではありません。 しかし、サロンでの仕事は仕事に専念できる環境の中でスキルアップを目指すことができ、技術レベルが高まっていくとともに、収入もアップしていきます。 福利厚生の面では、大手は社会保険が完備されていますが、個人経営のところは整っていないところもあり、少ない収入の中から自分で保険料を払わなければならないため、経済的な大変さから挫折する新人さんもいるのが現状です。 アルバイト・パートの場合 アルバイト・パートのネイリストの給料は、時級900円~1,200円程度が相場となっています。 アシスタントで働く場合は「下積み期間」という考え方から、勤務先によっては給料がかなり安くなることもあります。 さらに、スキルアップのための研修費用もその中から捻出しなければならないケースもあり、アシスタントからスタートするには、よほどの覚悟が必要です。 また、アルバイト・パートの場合はサロンの事情によって週に2~3日程度しか働けないこともあるため、中には他のアルバイトを掛け持ちして、生活できるだけの収入を得ようとする人も珍しくありません。 せっかく資格を取っても正社員になることができなければ、経済的に苦しくてネイリストの仕事に専念できない状況になることもあるというのが実情です。 ネイリストの平均給与の統計 年齢によるネイリストの月収の統計 ネイリストの平均給与は、年齢によってそれほど大きな差がでてくるわけではありません。 具体的な平均額は、20~24歳が17万円、25~29歳が19万円、30~34歳が22万円、35歳以上では、各年代ともに 平均月収25万円~26万円前後となっています。 平均だけをみると、年齢が上がるにつれて収入が伸びるというわけではなさそうですが、各年代ともに高収入の人もいる半面、まだまだ低収入の人の割合が大きいという側面も考えられそうです。 ネイリストの主な3つの給料体系 ネイリストの給料についてお伝えする際には、ネイリストの給料体系には次のような3つの給料体系があることも忘れてはならないポイントです。 その3つとは固定給、歩合制、役職手当です。 固定給 固定給は、ネイリストの給料体系の中で最も多いタイプです。 これは、勤務時間や勤務状況に関わらず、毎月に一定の決められた給料が支払われる方法になります。 一般のサラリーマンと同じような働き方を行うことができる内容も持っており、基本的には交通費などの手当ても支給されます。 固定給のメリットは、ノルマなどが設定されていた際にそのノルマを達成できなかったとしても、原則として同じ給料が支払われる方法なので、一般的には安定している働き方として固定給を希望されているネイリストも多いようです。 一方で固定給の場合では、大きな収入を期待することが難しい場合もあります。 高いスキルやセンスを持っていて、たくさんの施術をこなせるなど、仕事に対して自信をもっているネイリストのケースでは、他の働き方を選択することも可能です。 歩合給 歩合給は来店されたお客様に対して対応できた仕事量によって給料が支給される方法になります。 ネイリストによっては1日に3人程度の少人数のお客様に対応する人から、10人近い人数をクリアする人、たくさんのお客様から指名される人などが存在します。 歩合給のメリットは、高い能力を持つネイリストが多くの収入を見込むことができる点にあります。 仕事量によって給料額が決められるので、手際良くスピーディーな仕事を行うことができたり、指名客をたくさん持っていたりするネイリストには相応しい給料体系といえるでしょう。 また、習得していく技術によってランクが分かれており、それに伴って給与が上がっていくシステムを採用しているお店もあり、高いスキルを身につけようと努力を重ねるネイリストにとっても魅力のある給料体系です。 歩合制は能力に応じて支払われる給料体系なので、一般の年功序列とは異なり、誰でも一定の年数に達すれば昇給するというものではありません。 その点がネイリストの業界と一般のサラリーマンとの違いだといえます。 歩合制を導入しているケースでは、固定給に上乗せして支払われているところが多く、安定収入を確保しながら、さらにスキルと人気を高めて収入につなげていくことが可能なシステムです。 役職手当 店長やマネージャーなどに昇格すれば、その役職に対して役職手当が支払われます。 これらの役職に就けば、自分が担当しているお客様への施術だけではなく、サロン全体の運営に責任を持って取り組まなければなりません。 大きな責任を伴いますが、若手の指導をしたり、サロンのネイリストが働きやすいように職場を改革したりするなど、今までよりも大きな視点を持ちながら、大きなやりがいをもって仕事をすることができるようになります。 役職手当のメリットは、基本給の他にも手当として支給されることになり、仕事に対する責任感やモチベーションを高くもって取り組むことができることです。 役職手当がついた店長の給料は、少なくとも30万円以上、待遇の良いサロンなら40万円以上、結果を残せば50万円に届くこともあります。 ネイリストの平均年収の統計 ひとことでネイリストといっても、その業務形態はさまざまです。 最も多いのはネイルサロンのスタッフとして働くケースですが、その立場は店長・正社員・パートやアルバイトまでさまざまです。 また、個人で独立開業しているネイリストもいますが、その年商額の開きも大きいのが実情です。 そのような状況下での ネイリスト全体の平均年収は220万円~270万円と、かなり厳しい金額になっています。 業種別にみる平均年収 ネイリストの職場には、ネイルサロンだけではなく結婚式場などもあります。 その中の主な業種の平均年収は次の通りです。 ネイルサロン:250万円• 結婚式場:240万円• ブライダルサロン:260万円• 美容クリニック:270万円 このように若干の違いはありますが、どこで働くかによる大きな違いはなさそうです。 年齢別にみる平均年収 サロンで働くネイリストの場合、月々の給料の他にボーナスが支給されます。 年収は、毎月の給料とボーナスを合わせた金額です。 年収を各年代別にみると、20~24歳が273.0万円、25歳~29歳が311. 5万円、30歳~34歳が350. 0万円、35歳~39歳が392. 0万円、40代以上は402~420万円となっています。 あくまでも平均なので、給料の受け取り方法が固定給なのか歩合制なのか、年齢が上がれば役職手当を受け取っているか否かによって、個人的な開きは出てくるでしょう。 店長やネイルスクールの講師などとして高額の年収を受け取っている人がいるにも関わらず、平均年収がそれほど高くないのは、業界全体では低所得の若いネイリストの割合が多いからだと推測できます。 高額年収を得るために 多くのネイリストは、働いているサロンで安定した収入を得てはいるものの、高額収入にはなかなか結びつかないのが現状です。 ネイリストが高額年収を得るためには、どのような方法があるのでしょうか。 働いているサロンでスキルアップ、役職を目指す 大手のネイルサロンでは、キャリアアップシステムが整えられ、ネイリストとしての成長とがんばりに応じてどんどん収入をアップさせることが可能です。 可能であれば就職の段階でこのようなサロンを選んで入社すれば、その職場の中でキャリアアップと収入アップに挑戦できる環境の中で働くことができます。 キャリアアップに必要なものは、「技術」、「資格」、「人気」です。 昇給制度を導入しているサロンでは、ほぼ確実にスコアをつけるために実技試験を実施しています。 スキルアップに対する適切な評価を得られる環境が整っているので、技術レベルが上がれば確実に昇給できます。 また、ネイルサロンによっては資格による昇給システムを導入しているところも少なくありません。 サロンに就職するためには、最低でもネイリスト技能検定2級の資格が必要ですが、ベテランのネイリストとして活躍するためにはネイリスト技能検定1級を取得するくらいの実力は欲しいところです。 さらに認定講師の資格を取れば、数万円前後給与のアップが期待できる場合もあります。 そして、ネイルサロンがネイリストに期待しているのは、何といっても稼いでくれることです。 つまり「人気のネイリスト=指名客やリピーターが多い」というのは、やはり待遇が良くなります。 人気を得るためには技術や資格はもちろんですが、お客様とのコミュニケーションや提案力、お客様の希望を汲み取る力など、総合的な接客力も必要です。 お客様に喜んでもらえるネイリストは人気が上がり、サロンにとってなくてはならない存在なのです。 サロンで収入アップを目指すには、店長やマネージャーを目指す方法もあります。 経営面での負担が増え、責任の範囲も大きく鳴りますが、高額の役職手当が支払われ、高いモチベーションを持ってできる、やりがいのある仕事です。 店長になるために必要なのは、勤続年数(経験)と実力です。 ベテランとして長く仕事を続けることで会社からの信頼も得られ、店長になる道も開かれていくのです。 講師を目指す ネイルスクールなどの講師は、ネイリストにとって人気の職業です。 毎月売り上げに追われるネイリストと違い、仕事も安定感があり、高収入が得られます。 月給は平均35万円前後で、人気講師になれば40万円以上を稼ぐこともできます。 ネイルスクールの講師になるには、当然のことながら、生徒に教えられるだけの実績と実力が必要です。 講師になるためにはネイリスト検定1級とジェルネイル検定上級の資格が必要で、できればJNA(日本ネイリスト協会)認定講師の資格を取得しておきたいものです。 認定講師の受験資格は、ネイリスト検定1級の資格に加え、プロネイリストとしての経験やJNA認定校のカリキュラムを修めていることが必要です。 そんな精鋭たちが受験しているにも関わらず、合格率は10~20%程度という、本当に狭き門です。 しかし、そのような難関を乗り越えて講師になり、業界を担う次の世代のネイリストを育てるのは、やりがいのある仕事といえそうです。 サロンを開業してオーナーになる ネイリストとして収入を上げるには、独立して自分のサロンを持つのも1つの方法でしょう。 自分のネイルサロンであれば、当然売り上げを上げた分だけ収入が増えるので、年収1,000万円以上を目指すのも夢ではありません。 個人サロンは回転率の問題で年収600万円前後が打ち止めと言われていますが、従業員を雇ったり店舗を拡大したりすれば、どんどん収入を増やすこともできます。 しかし、個人経営のネイルサロンにはリスクがあることも否めません。 事業が成功すれば収入を増やすこともできますが、お客様がつかずにサロンが潰れてしまうこともよくあります。 新規オープンしたネイルサロンの80%は3年以内に閉店しているというデータもあります。 独立開業には、それ相応の覚悟としっかりした経営計画、そして何よりもお客様を惹きつけるサロンとしての魅力が大切なのです。

次の

ネイリスト、つらい!もう辞めたい!―ホンネの退職理由&働きやすいサロンの条件とは?

ネイリスト 年収

ネイリスト・ネイルアーティストの業種別年収 ネイリスト・ネイルアーティストは様々な業種でも活躍します。 そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。 ネイルサロン:250万円 結婚式場:240万円 ブライダルサロン:260万円 美容クリニック:270万円 ネイリスト・ネイルアーティストの給与は以前は低い基本給が設定され、それに能力給や歩合給が加算される給与形態もところも多かったようですが、最近ではネイルスクールを運営しているネイルサロンが増え、給与も月給制のネイルサロンがほとんどです。 ネイリスト・ネイルアーティストの求人先もネイルサロンの他に結婚式場やブライダルサロンが普通ですが、美容クリニックなどでもネイリスト・ネイルアーティストの求人を目にするようになりました。 ただ年収面では大差がなく、他の仕事と比較すると少し低めです。 20歳~65歳の年収推移と給与ボーナス推移 各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。 年齢 年収 月額給与 ボーナス 20~24歳 273. 0万円 17万円 68. 3万円 25~29歳 311. 5万円 19万円 77. 9万円 30~34歳 350. 0万円 22万円 87. 5万円 35~39歳 392. 0万円 25万円 98. 0万円 40~44歳 402. 5万円 25万円 100. 6万円 45~49歳 420. 0万円 26万円 105. 0万円 50~54歳 402. 5万円 25万円 100. 6万円 55~59歳 283. 5万円 18万円 70. 9万円 60~65歳 283. 5万円 18万円 70. ネイリスト・ネイルアーティストで年収1000万円以上稼ぐには? ネイリスト・ネイルアーティストで年収1000万円以上を稼ぎたいのであれば、独立してネイルサロンをオープンし成功すれば不可能ではありません。 有名ネイルアーティストと呼ばれる、フリーランスのネイリストやネイルアーティストもいますが、その人気がいつまで続くは疑問です。 それよりはネイルサロンをオープンして、固定客を確実につかむことが年収1000万円以上への早道です。 ただどんなに腕の良いネイリストでもネイルサロンを経営するのであれば、経営者としてお客様の集め方や従業員の教育から、帳簿の知識なども必要になってきます。 ネイルサロンは投資金額があまり大きくないので、1店舗でなく何店舗か経営すれば年収1000万円以上も意外と早いかもしれません。 職務内容 爪のマッサージから始まり、ヤスリがけ、カラーリング、爪のトラブルの相談に対して、有効なネイルケアをアドバイスするのも、大切な仕事です。 雇用状況 美容室は全国どこにでもありますので、就職に困ることはありません。 利点 美容関係のほかの資格と一緒にもっているといいそうです。 最近では美容の複合店舗が増えているため。 ネイルプラスアロマセラピーや、そんなこともできるようになります。 ネイリスト・ネイルアーティストの仕事に就くには? ネイルアーティストになるためには、美容師と違って国家資格、公的な資格は特になく、始めようと思えば誰にでも始められますが、その分確かな技術やセンスが問われるわけで、、自分の趣味である程度技術を持っていたとしても、独学だけではプロの仕事としては限界があります。 また、ネイリスト技能検定の資格の有無でも、給料が変わって来るようです。 NPO法人日本ネイリスト協会が、日本のネイリストのさらなる技能向上と社会貢献を目的として設置している民間資格制度です。 また、1級資格を取得すると、協会認定講師試験の受験資格が得られるとともに、国際レベルで活躍する、ネイルアーティストとして認められることになります。 なかには、ネイル先進国であるアメリカのビューティカレッジで技術を身につけ、米国内で資格を取得する人も見られます。 ネイリストになるには【専門学校・学校】 ネイリストになるための資格というものは特に存在しません。 ただし、一定基準の力量を示すためのネイリスト検定なるものが存在し、それがあれば就職や仕事の際に箔がつくと考えられています。 ネイリスト技能検定試験とネイルスペシャリスト技能検定試験というものが主な検定で、本格的なネイリストを目指すのであれば、ネイリストの身分証明書としても有益なので取得しておくことをお勧めします。 取得に当たっては、通信講座や独学でもOKですが、それ以上に知識や経験をつんでから仕事に就きたいと考えている方ならば、専門学校にて学習することをお勧めします。 専門学校は主に東京に多く集中しているのですが、もちろん日本各地に点在しているので自分にあった地域の専門学校を見つけてみましょう。 主な専門学校の一覧は以下のとおりです。 ・東京マックス美容専門学校 ・東京ウェディングカレッジ ・たかの友梨美容専門学校 ・窪田理容美容専門学校 ・ECCアーティスト美容専門学校 ・福岡南美容専門学校 など これらの専門学校以外にもさまざまな専門学校があるので、自分にあった専門学校を探してみましょう。 ネイリストの求人募集 美容に関する専門的な求人が多く取り揃えられている求人サイトを参照してみることをお勧めします。 代表的なものとしては、リジョブのメイク部門、ネイリスト求人版、美プロなどといったサイトです。 また、専門学校に在籍しておらず、一般の大学などに通っている方がネイリストを目指す場合、他の専門学生に遅れをとってしまうということについて不安になってしまうかもしれません。 そんなときはアルバイトを経験するなどして訓練をしながらお金を得るというのも得策です。 そういった場合、ネイルサロンのアルバイト求人広告を取り扱っているサイトを参照しましょう。 上記のリジョブではアルバイトの条件追加ができる機能があるため、使いやすいかもしれません。 ネイリストの独立開業って大変? ネイリストの独立はかなり多いといいます。 しかし、その背後には多く廃業にまで追い込まれるほどの経営難に苦しめられた人がいるということを忘れてはなりません。 独立で失敗するケースは、ネイルサロン等での実務経験がないのにもかかわらず開業したことによる失敗というものが多いそうで、自己満足でネイルがうまいと考えている方でも、プロの目線ではまったく素人の所業と感じられることがほとんどだそうです。 まずはどこかのサロンでしっかりとした訓練をつみ、実務実績を得ます。 その後、十分な技量に達したと実感できたら、開業を視野に入れるくらいのほうがいいでしょう。 開業に当たって最低限必要とされている費用は、マニキュア代や設備費等で50万円ほどだといわれています。 これはテナントを用いず、自宅で開業した場合の費用なので都心部などに店を構える場合はそれ以上の費用が必要となります。

次の